美容のスペシャリストが教えるキレイ

ローズウォーターの効能と使い方!化粧水にヘアケアに!専門家に聞く

本日のキレイの先生

山野 笑子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ローズウォーター」です。

アロマテラピースクール&サロン irodori の山野 笑子 先生にインタビューさせていただきました。

ローズウォーターは、バラの水溶性の成分を含んだ水で、自然なバラの香りも心地よくて、私自身も大好きです。

美容面での効能にも優れていて、単体で化粧水代わりに使うこともでき、しかも、お肌への負担が少ないので、年齢肌から敏感肌まであらゆる肌タイプに使いやすいです。

そんなローズウォーターの効果・効能や使い方について、山野先生に教えていただきました。

目次

ローズウォーターとは
・水蒸気蒸留法で得られるハーブウォーター
・ローズウォーターの産地は?

ローズウォーターの効果・効能
・バラそのものの香りで気持ちのバランスを整える

ローズウォーターの使い方
・化粧水として使うのがおすすめ
・ジェル化粧水を手作りして保湿感を高める
・ヘアケアや香水代わりに使う
・日常生活で使えること

編集部の選ぶおすすめのローズウォーター化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

ローズウォーターとは

山野先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ローズウォーター」です。

まずは、ローズウォーターとは何なのですか?

ローズウォーターは、「ロサ・ダマスケナ(Rosa damascena)」を、水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)を行ったときに得られる、ローズの芳香成分を含む水のことをいいます。

「ロサ・ダマスケナ(Rosa damascena)」というのは、バラの種類なんですか?

はい、バラには、色々な種類がありますが、バラというと、お花屋さんにある赤いバラを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

お花屋さんのバラは、品種改良された、目で楽しむための「観賞用」のものです。

それに対して、ローズウォーターは、「香料用」のバラを使い、こちらは、ピンク色をしたバラです。

その香料用のバラが、「ロサ・ダマスケナ」という品種なんですね?

はい、そうです。

バラについて

・お花屋さん:観賞用のバラ
・ローズウォーター:香料用のバラ(ロサ・ダマスケナ)

水蒸気蒸留法で得られるハーブウォーター

ローズウォーターは、その「ロサ・ダマスケナ」を、水蒸気蒸留法をしたときに得られるとのことでした。

水蒸気蒸留法とは、何ですか?

アロマテラピーでは精油を使いますが、水蒸気蒸留法は、精油を植物から抽出する方法のひとつで、もっとも歴史が古くてポピュラーな方法です。

ローズを水蒸気蒸留法すると、ローズの精油とローズウォーターの両方が得られます。

水蒸気蒸留法は、まずは、ハーブを蒸留釜に入れて蒸気を当てます。

そうすると、植物に含まれる香りの成分が揮発(きはつ)します。

それを冷却して液体に戻すと、油分と水分に分かれます。

油分には油溶性(油に溶ける)の成分が、水分には水溶性(水に溶ける)の成分が溶け込んでいます。

その油分が「精油」に、水分が「ハーブウォーター」になります。

ハーブウォーターは、水に精油を溶かしたりハーブを浸(ひた)したりしたものではなく、水蒸気蒸留法でしか抽出できないものです。

(参考:アロマセラピストに聞くハーブウォーターについて

ローズウォーターは、ハーブウォーターのひとつなんですね?

はい、そうですね。

「ハーブウォーターの歴史は、ローズウォーターの歴史」ということもできます。

それは、どういうことですか?

水蒸気蒸留法の歴史は古く、10世紀の頃、イブン・シーナというペルシャ人の医師によって開発・確立されたのですが、それは、ローズウォーターを抽出するためだったそうです。

え、水蒸気蒸留法は、精油を抽出するために生まれたわけじゃないんですか?

はい、ローズの精油を抽出するには、たくさんの花びらが必要になりますが、当時は、バラの生産が本格化されていませんでした。

ローズウォーターは薬用にも利用されていて、ローズウォーターを中手するために、水蒸気蒸留法が開発されたといわれています。

ローズウォーターの産地は?

ローズウォーターの主な産地はどこですか?

トルコブルガリアなどがよく知られています。

先生のスクールでは、どこのローズウォーターをお使いになっているんですか?

私は、国産のローズウォーターを使用しています。

無農薬の農場で育てられたダマスクバラから抽出されたものです。

ちなみに、ローズウォーターは、自分でも作ることができるんでしょうか?

簡易的なハーブウォーターメーカー(蒸留装置)は、市販されていますので、原料があれば作れないことはありません。

ただ、生のダマスクローズを手に入れるのが、少し難しいかもしれません。

ローズウォーターの効果・効能

ローズウォーターは、どんな効果・効能を期待できるんでしょうか?

ハーブウォーターは、精油と比べると、研究が進んでいるわけではありません。

ただ、数百年の歴史がありますので、伝承的に伝わるものや、経験をもとにお伝えさせていただきますね。

ローズウォーターは、化粧水として優れていて、どんな肌タイプの方でもお使いいただけます

特に、年齢を重ねた方や、乾燥肌の方にいいですよ。

ローズウォーターは、刺激が少ないので、お肌への負担もあまりありません。

例えば、市販されているスキンケア化粧品は色々な成分が入っていて、お肌の弱い方は反応が出てしまう場合もあります。

それに比べると、ローズウォーターは、お肌の弱い方でも使いやすいです。

スクールの敏感肌の生徒さんにも、ローズウォーターを化粧水として使うようになって、「お肌が落ち着いた」という方もいらっしゃいました。

それから、ローズウォーターには、収れん作用があります。

ですので、お肌をひきしめる効果も期待でき、たるみなどにもいいです。

(参考:エステティシャンに聞く肌たるみについて

後は、ローズウォーターは、抗炎症作用もあるため、日焼け後のケアにもお使いいただけます。

(参考:美容セラピストに聞く日焼け後のお手入れについて

ローズウォーターの効能

どんな肌タイプでも使える(特に、年齢肌や乾燥肌におすすめ)
刺激が弱いため、肌の弱い人でも使いやすい
収れん作用で肌の引き締めに(肌たるみにもおすすめ)
抗炎症作用で日焼け後のケアに
など

バラそのものの香りで気持ちのバランスを整える

ローズウォーターには、「フェニルエチルアルコール」という芳香成分が含まれています。

これは、ローズの精油ではなく、ローズウォーターの方に溶け込みます。

フェニルエチルアルコールは、ローズそのものの香りの成分です。

ですので、ローズの精油よりも、ローズウォーターのほうが、「あ、バラの香りだな…」とお感じいただけると思います。

それに、ローズウォーターは、香りがそこまで強くないので、強い香りが苦手な方にも、ちょうどいいくらいの香りです。

ローズウォーターの香りにも、効能があるんですか?

そうですね、気持ちのバランスを整えたり、不安を抑えたりするのにいいですよ。

後は、バラの香りは、女性ホルモンのバランスを整えるのにもいい、という話も聞いたことがあります。

はい、自律神経(人の心と身体をコントロールしている神経)が整うことによって、ホルモンバランスが整うことにもつながりますね。

ローズウォーターの使い方

化粧水として使うのがおすすめ

ローズウォーターは、どんな使い方ができますか?

精油は基本的に、原液のままお肌に塗布することはできず、植物オイル(キャリアオイル)に希釈(きしゃく・濃度を薄めること)して使う必要があります。

(参考:アロマセラピストに聞く精油を希釈する方法

それに対して、ローズウォーターもそうですが、ハーブウォーターは、希釈せずにそのまま手軽に使うことができます。

そうして、手軽にアロマの効能を得られるのも、ハーブウォーターの魅力ですね。

はい、ちなみに、私は、ローズウォーターをそのまま顔に付けて使っています

それは、ローズウォーターを化粧水としてお使いになっているんですか?

はい、そうです。

それから、ローズウォーターをコットンに浸(ひた)してパックにするのも良いですよ。

「ローションパック」ですね。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

はい、実際、アロマサロンのフェイシャルコースで、ローズウォーターをパックに使っているセラピストさんもいらっしゃいます。

ジェル化粧水を手作りして保湿感を高める

市販のスキンケア化粧品をお使いになっている方は、ローズウォーターを化粧水代わりに使うと、最初は「保湿感が物足りないな…」と感じることもあるかもしれません。

ただ、ローズウォーターをたっぷり使うようにすると、それだけでも化粧水として十分に使うことができます。

それでも、保湿感の物足りなさを感じたときは、ローズウォーターに水性ジェルを混ぜて、ジェル化粧水を手作りするのもいいですよ。

それは、市販のジェル化粧品に、ローズウォーターを加えるんですか…?

いいえ(苦笑)。

手作り化粧品用の水性ジェルの器材(化粧品のベースとなる材料)がありますので、それを使用します。

ローズウォーターでジェル化粧水を手作りするときの分量を教えてください。

分量は、お好みの固さに合わせて、臨機応変に変えて大丈夫ですよ。

例えば、ローズウォーターが20mLに対して、ジェルが10gでもいいですね。

ジェル化粧水の作り方

(分量はお好みで可)
ローズウォーター:20mL
水性ジェル(手作り化粧品用の基材):10g

ジェル化粧水にすることで、保湿力が高まるので、乾燥しやすい目元などにもおすすめです。

(参考:エステティシャンに聞く目元の乾燥について

後は、ローズウォーターに、「グリセリン」や「ヒアルロン酸」を入れて、保湿感を高めることもできます。

ただ、グリセリンを入れすぎると、お肌の水分を取ってしまうこともあるので、入れすぎには気を付けていただきたいです。

ヘアケアや香水代わりに使う

ローズウォーターは、化粧水以外では、どんな使い方ができますか?

シャンプーの後のヘアケアに使うこともできます。

それによって、髪の毛を保湿して、なめらかに整えてくれます

それに、私は、外出前に、髪の毛にローズウォーターをシュッシュッとかけたりもしていますし、朝の寝ぐせ直しにもいいです。

それから、ローズウォーターは、香水代わりにもなります。

それは、ローズウォーターを香水のように振りかけて使うんですか?

はい、そうです。

ローズウォーターは、そんな使い方もできるんですね(笑)。

ローズウォーターには防腐剤が入っていませんので、開封したら、3ヶ月くらいで使い切るようにしたいです。

もし、使い切れそうにないときは、お風呂に入れるのもいいですよ。

それは、美肌効果も高そうなアロマバスです(笑)。

ローズウォーターの使い方

シャンプーの後に使う
外出前に、髪の毛にかける
朝の寝ぐせ直しに使う
香水代わりに使う
お風呂に入れる(ローズウォーターを使いきれそうにないときにおすすめ)

日常生活で使えること

ローズウォーターは、日常生活で使うこともできます。

例えば、リネンウォーターとして、ワイシャツにアイロンをかけるとき、襟(えり)のところにローズウォーターをシュッシュッとかけるのもいいですよ。

ローズウォーターは、無色透明のため、色が付くこともありません。

それで、ワイシャツにローズの香りが残るんですか?

香りは、市販のリネンウォーターのように強くはありませんし、持続性も高くはないので、ほのかに香るくらいです。

それでも、ちょっとしたエチケットにはなりますね。

それから、ローズウォーターはルームスプレーにもなります。

ホテルで部屋が乾燥しているとき、ローズウォーターをシュッシュッとすると、気分も変わりますよね。

他には、入院などでお風呂に入れない方に、ローズウォーターでお身体をふいてあげたりするのにもいいですよ。

ローズウォーターの使い方

リネンウォーターとして使う
ルームスプレーとして使う
お風呂の入れない方に、ローズウォーターで身体をふく
など

編集部の選ぶおすすめのローズウォーター化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、山野先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだおすすめのローズウォーター化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換え(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)、アロマのローズの効能を得ることもできます。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

長年の習慣から、「その後に美容液を使わなくても大丈夫なのかな?」という心配がありましたが、肌なじみがとっても良く、肌がつっぱることなく十分にうるおいを感じられました。お肌のお手入れをきちんとしたいけれど、ゆっくりとケアに向き合う時間がない忙しい女性には、これ一本でケアが済んでお肌も元気になれるのはとっても嬉しいですね! 私はローズウォーターが大好きなので、欲をいうとローズウォーターの香りがもっと感じられると嬉しかったかなと思います(笑)。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

美容家の感想

成分表示を見ると、最初にくる成分が「ダマスクバラ花水」とある贅沢さ。さらに、「米ぬか油」や「ホホバオイル」をはじめとしたお肌に良い植物油、美肌には欠かせない「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、そして、25種類もの植物エキスが含まれています。植物の自然な香りが心地良く、本当にこれ1本で十分にうるおうので他のアイテムは必要なくなります!自然派にも安心して使える成分で作られているのが、嬉しいところです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

アロマのローズの効能も得られる!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

ローズウォーターは、バラの水溶性の成分を含んだハーブウォーターで、自然なバラの香りがとても心地よいですし、元気にもなれます。

ローズウォーターは、美容面での効果・効能にも優れているので、単体で化粧水代わりに使うこともできます。

山野先生も、普段のお手入れで、ローズウォーターを化粧水代わりにお使いになっているとのことでした。

ローズウォーターは、美容にもおすすめのアイテムですよ。

* 2017年5月23日に公開した『ローズウォーターの使い方!アロマセラピストも愛用のローズ水の効果』を再編集し、『ローズウォーターとは?ダマスクローズ水の効果・効能6つ!』の内容と合わせました。