キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

ローズウォーターの使い方!アロマセラピストも愛用のローズ水の効果

アロマテラピースクール&サロン irodori  山野 笑子 先生

1100156_a01

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ローズウォーター(ローズ水)」です。

私自身もローズウォーターは大好きで、水を一滴も加えずにローズウォーターに置き換えたオールインワンを作ったほどです。

今回は、アロマテラピースクール&サロン irodori の山野 笑子 先生にインタビューさせていただき、前後編に分けてお届けしています。

こちらは、その後編です。

前編では、ローズウォーターの効果を中心にまとめました。

この後編では、ローズウォーターの使い方について取り上げます。

ローズウォーターは自然な優しいバラの香りがして美肌効果も高く、美容面でお使いいただくのもおすすめです。

ローズウォーターはスキンケアの化粧水やリネンウォーターなどにも使え、「ローズウォーターを持っておくと便利そう…」と感じていただけると思います。

目次

ローズウォーター(ローズ水)の効果
・ローズウォーターとは
・効果

ローズウォーターの使い方(化粧水として)
・化粧水として保湿力を高める方法

ローズウォーターの使い方(その他)
・ヘアケアや香水として
・その他

編集部の選ぶローズウォーター配合のおすすめの化粧品

まとめ

本日のキレイの先生

アロマテラピースクール&サロン irodori

山野 笑子 先生

「キレイの先生」編集部

ローズウォーター(ローズ水)の効果

山野 先生の「ローズウォーターの使い方」についてのインタビューに入る前に、まずはローズウォーターがどんな効果を期待できるのか、前編の記事の内容を簡単にまとめさせていただきます。

ローズウォーターとは

ローズウォーターは、「水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)」によって、バラの芳香成分が溶け込んだ水です。

水蒸気蒸留法とは、下のような方法をいいます。

1. バラの花びらに蒸気にあてる

2. バラの芳香成分が蒸気に含まれる

3. それを冷やして液体に戻す

4. 水分と油分に分かれ、水分がローズウォーターに、油分が精油になる

つまり、ローズウォーターには、バラの「水溶性(水に溶ける)の芳香成分」が溶け込んでいます

ちなみに、ローズウォーターに使われるのは、花屋さんにある観賞用の赤いバラではなく、香料用のダマスクローズという品種になります。

効果

ローズウォーターは、化粧水としてお使いいただくのにも向いていて、どんな肌タイプの人でも使うことができます

特に、年齢を重ねた人や乾燥肌の人におすすめだそうで、引き締めの効果も期待でき、抗炎症作用もあるため日焼け後のケアにも良いです。

また、ローズウォーターには「フェニルエチルアルコール」という芳香成分が含まれています。

これは、ローズそのものの香りの成分で(フェニルエチルアルコールは、ローズの精油には溶け込まない水溶性の成分です)、ローズの香りには、気持ちのバランスを整えたり不安を抑えたりする作用があるとされています。

お肌の状態は心の状態ともリンクしているため、ローズウォーターの自然なバラの香りに癒されることも美肌につながります。

では、ローズウォーターの使い方について、山野 先生のインタビューをご覧いただきたいと思います。

ローズウォーターの使い方(化粧水として)

1100156_a03

先生にはここまで、ローズウォーターの効果などについて、お話しいただきました。

ここからは、ローズウォーターの使い方を教えていただきたいと思います。

ローズに限ったことではないのですが、精油は基本的に、原液のままお肌に付けることはできません。

植物油(キャリアオイル)に希釈(きしゃく・濃度を薄めること)して使う必要があります

それに対して、ローズウォーターは、希釈せずにそのまま手軽に使うことができます。

精油を希釈する?

山野 先生のおっしゃったように、精油はお肌に直接塗布するには刺激があるため、精油の成分をお肌に届けるには、キャリアオイルに希釈して使います。

私は、ローズウォーターをそのまま顔に付けています

それは、「化粧水」としてお使いになっているということですか?

はい、そうです。

ローズウォーターの効果・効能のお話で、「化粧水として優れている」ともおっしゃっていましたものね。

はい、後は、ローズウォーターをコットンに浸してパックにするのも良いですよ。

いわゆる「ローションパック」ですね。

はい、アロマサロンのフェイシャル(のメニュー)で、ローズウォーターをパックに使っているセラピストさんもいらっしゃいます。

たしかに、これまでインタビューしたサロンさんの中にも、フェイシャルのメニューで、ローズウォーターでローションパックをされているところはありました。

ローズウォーターは、どんな肌タイプの人にも使えるとのことでした。

特に年齢肌や乾燥肌におすすめで引き締め効果もあるとのことなので、エイジングケアにも良さそうですね?

はい、後は、敏感肌の人にも良いと思います。

ローズウォーターは刺激が少ないため、お肌にあまり負担がありません。

市販されている化粧品は色々なものが入っていて、お肌の弱い人には負担になってしまう場合があります。

スクールの生徒さんでも、敏感肌の方にローズウォーターをご案内すると、「(ローズウォーターを使うようになって)お肌が落ち着いた」とおっしゃっていました。

それから、ローズウォーターは香りが良いので、心のバランスを整えることにもつながります。

香り自体はそこまで強くないので、強い香りが苦手な人にも、ちょうど良いくらいだと思います。

香りも、ローズウォーターの大きな魅力のひとつですよね。

化粧水として保湿力を高める方法

市販の化粧品をお使いになっていると、最初は「(ローズウォーターの保湿感が)物足りないな…」と感じることもあるかもしれません。

ただ、ローズウォーターをたっぷり使うようにすると、ローズウォーターだけでも化粧水として十分に使うことができます。

それでも、「水分が欲しいな…」と感じたときは、ローズウォーターを水性ジェルに混ぜてジェル化粧品を手作りすることもできます。

それは、美容液になるのですか?

いいえ、化粧水ですよ。

ジェル化粧水です。

水性ジェルにローズウォーターを混ぜるとのことですが、それは市販されている化粧品に、ローズウォーターを加えるということですか…?

いいえ、水性ジェルの器材が売られていますので、それを使用します。

水性ジェルについて

手作り化粧品などの材料として、有効成分などが含まれていないジェルの器材があります。ローズウォーターでジェル化粧水を手作りするときは、それを使うと良いそうです。

(ローズウォーターで)ジェル化粧水を手作りするときの分量を教えてください。

(分量は)お好みの固さに合わせて臨機応変に変えて大丈夫ですよ。

例えば、ローズウォーターが20mLに対してジェルが10g、といった感じでも良いと思います。

ジェル化粧水にすることで保湿力が高まるので、乾燥しやすい目元などに良いですね。

また、ローズウォーターに「グリセリン」や「ヒアルロン酸」を入れて、保湿感を高めることもできます。

ただ、グリセリンを入れすぎると、お肌の水分を取ってしまうこともあるので、入れすぎには注意してほしいと思います。

ローズウォーターの使い方(その他)

ヘアケアや香水として

ローズウォーターは、化粧水以外ではどんな使い方ができますか?

シャンプーの後のヘアケアに使うことができて、髪の毛を保湿してなめらかに整えます。

私は、外出前の髪にローズウォーターをシュッシュッとかけて使ったりもしています。

朝の寝ぐせ直しにも良いですね。

それから、ローズウォーターは香水代わりにもなります

ローズウォーターを香水のように振りかけて使うのですか?

はい、そうです。

ローズウォーターは、そんな使い方もできるのですね…。

ローズウォーターには防腐剤が入っていませんので、開封したら3ヶ月くらいで使い切るようにしたいです。

もし、使い切れそうにないときは、お風呂に入れるのも良いですよ。

それは、美肌効果も高そうです(笑)。

はい(笑)。

それに、(お風呂の)香りも良くなりますね。

その他

後は、ローズウォーターはリネンウォーターとして使うこともできます。

例えば、男性のワイシャツにアイロンをかけるとき、襟(えり)のところにローズウォーターをシュッシュッとかけます。

ローズウォーターは、無色透明のため、色が着くこともありません。

乾燥した後も、ローズの香りは残るのですか?

ローズウォーターの香りは、市販のリネンウォーターのように強くはありませんし持続性も高くないので、ほのかに香るくらいですが、ちょっとしたエチケットにはなると思います。

洋服からほのかにローズの香りが漂うと、テンションが上がりそうです(笑)。

それから、ローズウォーターはルームスプレーとして使うこともできます。

例えば、ホテルで部屋が乾燥しているとき、ローズウォーターをシュッシュッとすると気分も変わると思います。

ローズウォーターで加湿できて、(ローズの香りで)しかもリラックスできそうです。

他には、入院中のお風呂に入れない人に、ローズウォーターでお肌をふいてあげるような使い方もできます。

ローズウォーターは、本当にたくさんの使い方ができるのですね…。

ただ、(ローズウォーターは)美肌効果が高いことを考えると、いちばんおすすめなのは、化粧水として使うことでしょうか。

今回は、先生の話をお聞きして、ますますローズウォーターが好きになりました(笑)。

面白いお話をありがとうございました!

編集部の選ぶローズウォーター配合のおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、山野先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだローズウォーター配合のおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

長年の習慣から、「その後に美容液を使わなくても大丈夫なのかな?」という心配がありましたが、肌なじみがとっても良く、肌がつっぱることなく十分にうるおいを感じられました。お肌のお手入れをきちんとしたいけれど、ゆっくりとケアに向き合う時間がない忙しい女性には、これ一本でケアが済んでお肌も元気になれるのはとっても嬉しいですね! 私はローズウォーターが大好きなので、欲をいうとローズウォーターの香りがもっと感じられると嬉しかったかなと思います(笑)。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容のスペシャリスト200人以上の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

コディナ バランシングローズローション

コディナは、オーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得しているオーガニックスキンケアブランドで、ナチュール・エ・プログレからの認証を得るには、原料の検査だけではなく環境保護など数々の厳しい項目をクリアしなければならず、世界でも20数社しか認証されていません。

バランシングローズローションは、朝摘みのピュアな「ローズウォーター」と、保湿効果の高い「ゴマ油」や希少な「ローズウッド木油」の2つのオイル成分を、水層と油層の比率9:1でバランスよく閉じこめた2層式の化粧水で、たっぷりの水分と必要な油分をお肌に与えてくれます。

バランシングローズローションをお試しになるには、洗顔・アルガンオイル・クリームがセットになった「コディナ フェイシャルケア トライアルセット」がお得で、通常価格5,200円(税別)のところ、初回特別価格で2,000円(税別)の送料無料でお試しいただけます

編集部のここがオススメ!

数々の厳しい検査項目をクリアしてオーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得!

ローズウォーターとオイル成分を約9:1の比率で配合した2層式の化粧水!

たっぷりの水分と必要な油分を肌に与えてべたつかないけどたっぷりうるおう!

商品内容

商品名:コディナ フェイシャルケア トライアルセット
内容:フェイシャルサヴォン(15mL)、アルガンオイル(10mL)、バランシングローズローション(15mL)、フェイシャルアルガンクリーム プティ(10mL)
通常価格:税別5,200円
初回特別価格:税別2,000円

メルヴィータ フラワーブーケ ローズ フェイストナー

メルヴィータは、ロクシタングループのフランス発のオーガニックコスメブランドで、オーガニック認証「エコサート」を化粧品で初めて取得したブランドのひとつです。

フラワーブーケ ローズ フェイストナーは、メルヴィータのアイテムの中でも人気の高いローズウォーター配合の化粧水で、とろりとしたバラの蜜のようなテクスチャーで、美しくうるおいのあるバラ色のお肌に導きます。

編集部のここがオススメ!

オーガニック認証「エコサート」を化粧品で初めて取得したオーガニックコスメブランド!

とろりとしたバラの蜜のようなローズウォーター配合の化粧水!

若々しさに欠かせないローズの保湿力で肌を美しくバラ色の印象に保つ!

商品内容

商品名:メルヴィータ フラワーブーケ ローズ フェイストナー
内容:100mL
通常価格:税別2,400円

まとめ

ローズウォーターの使い方としては、化粧水がおすすめです。

山野 先生も、ローズウォーターを化粧水代わりにお使いになっているとのことでした。

保湿にはもちろん引き締めにも良いですし、自然なバラの香りが心地良くスキンケアしながらリラックスすることもできます。

もし、ローズウォーターをそのまま化粧水として使って、「(保湿感が)物足りないな…」というときは、水性ジェルに混ぜたり、グリセリンやヒアルロン酸を加えたりすることもできます。

ローズウォーターは自然なバラの香りも良く美肌効果も高いので、美容面でも本当におすすめのアイテムですよ。

* 2017年5月23日に公開した『ローズウォーターの使い方は?いちばんのおすすめは化粧水!』を再編集しました。

本日のキレイの先生