美容のスペシャリストが教えるキレイ

ローションパックで肌ぷるぷる!超効果的!佐伯式のやり方を専門家に聞く

本日のキレイの先生

土生 美保 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「コットンでやるローションパック」です。

自然療法セラピーとエステのサロン Le Cadeau の土生 美保 先生にインタビューさせていただきました。

ローションパックは、ローション(化粧水)をパックで付けることをいいます。

化粧水を手で付けるよりも、ローションパックのほうがお肌に水分をたっぷりと与えることができ、その後の美容液などの浸透も高まるといいます。

今回、土生先生に教えていただいたのは、佐伯式(美容家の佐伯 チズ 先生の技術)のローションパックのやり方です。

佐伯式では、コットンを5枚に裂(さ)いて、乾燥しやすい目元が三重になるようにして、ローションパックを行うそうです。

佐伯式の認定ビューティシャンでセミナーインストラクターの資格もお持ちの先生に、コットンパックのやり方や効果について話をお聞きしました。

目次

ローションパックの効果
・整肌の効果など

佐伯式のローションパックのやり方
・コットンを準備する
・ローションパックの効果的なやり方
・ローションパックはどのくらい時間乗せられる?
・ローションパックの後のお手入れは?

編集部の選ぶローションパック好きにおすすめの化粧品

まとめ

ローションパックの効果

土生先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ローションパック」です。

ローションパックは、化粧水をパックで付けることをいいます。

化粧水を付けるのは、やっぱりローションパックがおすすめなんですか?

そうですね、化粧水は、ローションパックでお付けいただくことがいちばんです。

ローションパックは、整肌の効果がとても高いです。

ちなみに、化粧水を手で付けるのと、コットンで付けるのとでは、手で付けることをおすすめします。

それは、どうしてですか?

手で化粧水を付けたほうが、手の温かさで、化粧水の浸透も良くなるからです。

ただ、やはりいちばんは、ローションパックですよ(笑)。

化粧水の付け方

(おすすめ順)
1. ローションパック
2. 手で付ける
3. コットンで付ける

整肌の効果など

ローションパックは、どんな効果を期待できるんですか?

まずは、お肌の表面が水分で満たされてなめらかに整えられることで、その後に使う美容液などの浸透が良くなります

ローションパックで、美容液の浸透も良くなるんですか…?

はい、(ふたつのスポンジを出して)ここに、乾燥してカチカチのスポンジと、湿っていてやわらかいスポンジがあります。

乾燥しているスポンジは固くて、例えばここに美容液を付けても、中に入っていきづらいと思います。

それに対して、湿っているスポンジは、なめらかでやわらかくてシワもありません。

ですので、こちらのほうが、美容液も入っていきやすいでしょう。

なるほど、お肌もそれと同じで、うるおっていたほうが、その後の美容液などの浸透も高まるということですね!

はい、そういった点では、お肌は畑と同じですよね。

畑も、土が乾燥していると栄養剤が入っていきづらいですので。

それに、ローションパックは、肌表面を整えることで、トラブルを自分で防ぎやすくなります

それから、お肌のハリが増して、毛穴を引き締めるような効果も期待できます。 

それは、この湿ったスポンジをみるとわかります。

スポンジも、水分があったほうが、やわらかくてハリがありますもんね。

お肌もそれと同じで、水分がしっかり保てていると、ハリが出て毛穴も目立ちにくくなということですね。

はい、そうです。

ちなみに、ローションパックは、どんな人におすすめですか?

どんな方にもおすすめですよ(笑)。

ローションパックは、すべての肌トラブルに対応できます

むしろ、肌トラブルは、水分が足りていないことから起こっている場合もあるため、トラブルでお悩みの方にこそ、ローションパックはおすすめです。

例えば、それで吹き出物が落ち着いたりもします。

後は、ローションパックは、日焼けしたお肌の鎮静にもいいです。

(参考:美容セラピストに聞く日焼け後のケアについて

そうすると、ローションパックは、あらゆる肌悩みに対応できそうですね(笑)。

はい(笑)。

それでいて、ローションパックは、簡単にできるセルフケアですので、どなたでもマスターしていただきたいです。

ローションパックの効果

肌表面が水分で満たされてなめらかに整えられ、美容液などの浸透が良くなる
肌トラブルを防ぎやすくなる
肌のハリが出て、毛穴が引き締まる
吹き出物が落ち着く
日焼け後の鎮静になる
など

佐伯式のローションパックのやり方

コットンを準備する

ローションパックをやるのに、何を用意すればいいでしょうか?

佐伯式では、オフィシャルの7×16cmのコットンを使用します。

それを、5枚に裂(さ)いて、ローションパックを行います。

ちなみに、佐伯式では、それよりも大きい8×20cmのサイズのコットンもあり、そちらでしたら、2枚でお顔全体をカバーすることができます。

ローションパックをやるには、7×16cm以外のサイズのコットンでも大丈夫なんですか?

はい、もちろんです。

もし、小さめのサイズのコットンでしたら、細かく裂いて、お顔全体に乗せてもいいですよね。

ただやはり、ローションパックにおすすめなのは、7×16cmのコットンです。

ローションパックに使う化粧水は、普段使っているものでいいんですよね?

はい、大丈夫ですよ。

ただ、ローションパックに使う化粧水は、できれば、アルコール分の入っていないものをおすすめします。

アルコール分の入っている化粧水は、夏場などはスッとして気持ちがいいですが、かえってお肌の乾燥につながる可能性もあります。

ローションパックの道具

コットン(佐伯式の7×16cmのサイズがおすすめ)
化粧水

ローションパックの効果的なやり方

では、ローションパックのやり方を教えていただけますか?

まずは、コットン全体を水で濡らしてから、両手で挟(はさ)んで水気を軽く切ります

水がポタポタと落ちるくらいが、目安です。

それで、500円玉大の分量の化粧水を、コットン全体になじませていきます

コットンは、化粧水だけで湿(しめ)らせるんじゃないんですね…。

どうして最初に、コットンを水で濡らしたほうがいいんですか?

化粧水だけで湿らせようとすると、化粧水がたくさん必要になります。

そうすると、ローションパックには少し濃すぎて、お肌に負担がかかってしまいます。

ですので、ローションパックは、最初に水でコットンを濡らしてから、化粧水は500円玉大くらいの分量で十分です。

それに、そうしたほうが、経済的にも優しいですよね(笑)。

それも、嬉しいポイントです(笑)。

佐伯式のローションパックは、貼り方にも特徴があるそうですね。

はい、コットンに化粧水をなじませたら、それを5枚に裂いていきます

1枚目のコットンは、目元から口元のあたりに乗せます

それで、コットンの上の1/3…鼻の部分に、下の1/3…口の部分に、空気穴を開けます。

 

2枚目のコットンは、目元からおでこに乗せて、下の1/3…両目の部分に、穴を開けます。

 

3枚目は右頬に、4枚目は左頬に乗せます

そして、最後の5枚目は、(あご)から首に乗せます

このローションパックの貼り方は、どんなところがポイントなんですか?

目元は、女性がいちばん気になる場所です。

(参考:土生先生に聞く目元の乾燥について

その目元は、コットンが三重になるようにして、たっぷりと保湿できるようにします。

それから、首も、お顔の一部です。

こうしてローションパックを貼ると、首まできちんとケアすることができます。

ローションパックのやり方

1. コットンを水に濡らしてから両手ではさんで水気を切る(目安は、水がポタポタと落ちるくらい)
2. 500円玉大の分量の化粧水を、コットン全体になじませる
3. コットンを5枚に裂く
4. [1枚目]目元から口元のあたりに乗せて、鼻と口の場所に穴を開ける
5. [2枚目]目元からおでこに乗せて、両目の場所に穴を開ける
6. [3枚目]右頬に乗せる
7. [4枚目]左頬に乗せる
8. [5枚目]顎から首に乗せる

ローションパックはどのくらいの時間乗せられる?

ローションパックは、どのくらいの時間やるといいんですか?

3分くらいです。

それ以上の時間行うと、お肌の水分がコットンのほうに戻っていってしまいますし、それ以下ですと、少し物足りない感じがします。

ローションパックを長く行いたい場合は、コットンの上からラップをかぶせれば、5~10分くらい行えるようになります。

そうすることで、スチーム効果で、化粧水の浸透をより良くすることができますし、お肌もさらにプルプルになります。

それから、ホテルにあるようなシャワーキャップに目・鼻・口の穴を開けて、ローションパックの上からかぶせるのもいいですね。 

後は、お風呂の湯船の中でローションパックを行うことでも、スチーム効果が上がりますので、5~10分くらい行うことができます。

ローションパックのやり方

(ローションパックを長く行うには)
上からラップをかぶせる
シャワーキャップに目・鼻・口の穴を開けて、上からかぶせる
お風呂の中で行う
など

ローションパックの後のお手入れは?

ローションパックを終えた後のポイントはありますか?

ローションパックを終えた後は、お肌の栄養剤である「美容液」を付けることをおすすめします。

その上で、目元や口元には、専用のクリームを付けていただくのもいいですね。

(参考:美容セラピストが比較したアイクリーム

それで最後に、スキンケアのふたの役目である「乳液」や「クリーム」で仕上げます。

そのときは、上から下に付けると、お顔が下がる原因になります。

ですので、下から上に向かって付けていくといいですよ。

ローションパックのやり方

(スキンケアの順番)

1. ローションパック
2. 美容液・目元や口元の専用化粧品
3. 乳液・クリーム

編集部の選ぶローションパック好きにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、土生先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、ローションパックにご興味のある方におすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

うるおいが肌奥までギュッ!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までギュッと引き込み、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、乾燥肌や年齢肌にはもちろん、肌がふっくら引き締まり毛穴ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

ローションパックは、手で化粧水を付けるよりも、肌表面をまんべんなくたっぷりとうるおすことができます。

それによって、お肌がなめらかになって、その後の美容液などの浸透も良くなりますし、毛穴の引き締めにもなります。

今回、土生先生に教えていただいた佐伯式のローションパックは、コットンを5枚に裂いて、目元が三重になるように乗せることで、乾燥しやすい場所を重点的にカバーすることができます。

最初、コットンを水に濡らしてから化粧水を浸すことで、化粧水の節約になるのも、嬉しいですよね。

ローションパックは、普段のお手入れにひと手間入れるだけで、お肌のレベルをひとつ上げられるおすすめのケアですよ。

* 2017年2月27日に公開した『ローションパックの効果は?4つの手順で簡単に出来るやり方』を再編集しました。

関連キーワード