美容のスペシャリストが教えるキレイ

ハーブウォーターとは?フローラルウォーターの効能をアロマ専門家に聞く

本日のキレイの先生

川瀬 裕子 先生

フローラルウォーター(ハーブウォーター)の効能と使い方!

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「フローラルウォーター」です。

アロマテラピーサロン&スクール アロマベーネ の川瀬 裕子 先生にインタビューさせていただきました。

フローラルウォーターは、「ハーブウォーター」や「芳香蒸留水(ほうこうじょうりゅうすい)」ともいわれます。

精油(エッセンシャルオイル)を作るときに一緒に出来る副産物で、「ローズウォーター」がよく知られていると思います。

ハーブの水溶性の成分が含まれていて、化粧水としてお使いいただくことができ、手作り化粧品の材料としても人気です。

フローラルウォーター・ハーブウォーターは、どんな効果・効能を期待できるのでしょうか?

川瀬先生に教えていただきました。

目次

フローラルウォーター・ハーブウォーターとは
・フローラルウォーターと精油の違い
・「ハーブウォーター」という呼び名が正確?
・ハーブウォーターの選び方
・ハーブウォーターの保管について

フローラルウォーターの効果・効能
・ラベンダーウォーター
・ローズウォーター
・ローズマリーウォーター
・その他のフローラルウォーター

ハーブウォーターの使い方(化粧水など)
・化粧水
・ローションパック
・クレイパック
・乾燥肌にはどのハーブウォーターがおすすめ?

ハーブウォーターの使い方(手作り化粧水)
・しっとりタイプの化粧水のレシピ
・さっぱりタイプの化粧水のレシピ

ハーブウォーターのその他の使い方

編集部の選ぶハーブウォーターがベースのおすすめの化粧水

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

フローラルウォーター・ハーブウォーターとは

フローラルウォーターとは

アロマテラピーで使う精油の多くは、「水蒸気蒸留法」という方法によって製造されます。

水蒸気蒸留法は、まずは原料のハーブを水蒸気で蒸します。

すると、そのハーブの芳香成分を含んだ蒸気が上がります。

それを冷却して、親水性の成分を含んだ水と、親油性の成分を得ます。

基本的に、親油性の成分は、水よりも軽いため上に浮かび、その上の部分が「精油」になります。

そして、下に沈む親水性の成分を含んだ水が、「フローラルウォーター」です。

つまり、フローラルウォーターとは、「ハーブ(芳香植物)を水蒸気蒸留することによって得られる芳香成分を含む水溶液」のことをいいます。

フローラルウォーターに含まれる成分のほとんどは、親水性ですが、精油成分も少量含みます。

フローラルウォーターと精油の違い

アロマテラピーでは主に精油を用いますが、精油は、ハーブの芳香成分が濃縮されたものです。

その分、作用も高く、正しい使い方をしないと刺激が強すぎることがあります。

また、精油の中には、日に当たるとシミや炎症につながる可能性のある成分や、妊婦さん・小さいお子さま・高齢者の方などには使用できない成分を含むものもあります。

そのため、基本的に精油は皮膚にそのまま塗布することはできず、植物オイル・キャリアオイルなどに希釈(濃度を薄めること)して使う必要があります。

そして、その際も、希釈の濃度に注意する必要があります。

それに対して、フローラルウォーターは水に近いため、精油よりも気軽にお使いいただくことができます。

それは、価格的にもいえることです。

例えば、ローズ・ネロリ・メリッサなどの精油は高価ですが、フローラルウォーターでしたら価格もお手頃なので、たっぷりと使うことができますし、精油と同じように香りを楽しむこともできます。

「ハーブウォーター」という呼び名が正確?

フローラルウォーターとハーブウォーター

ハーブの親水性の成分を含んだ水は、一般的に「フローラルウォーター」と呼ばれることが多いです。

「フローラル」は「花の」という意味ですが、フローラルウォーターの原料となるハーブの部位は、花に限定されず、例えば樹木から抽出されるものもあります。

そのため、フローラルウォーターは、「ハーブウォーター」・「芳香蒸留水」・「ハイドロゾル」などと言い表した方が、より正確です。

ただ、どの名称で呼ぶにしても、植物を蒸留することによって得られる水溶液であることは同じです。

ちなみに、アルコールにハーブを浸して成分を抽出するもの(チンキ剤)や、ハーブティーのようにお湯でハーブの成分を取り出したもの、水に精油を加えたものなどは、「ハーブウォーター」とは呼びません。

ハーブウォーターの選び方

基本的に、ハーブウォーターは、精油を製造する際の副産物として得られますが、中には、最初からハーブウォーターを得る目的でハーブを蒸留しているものもあります。

その場合は、ハーブウォーターの抽出に適した温度管理・時間管理などがなされています。

また、蒸留の始めの頃は有効成分を多く含むため、その最初の方に抽出したハーブウォーターは濃くなります。

このように、ハーブウォーターは、蒸留の方法や原料のハーブの質によって、品質が異なります

ハーブウォーターは、アロマテラピーの専門店やオーガニック化粧品の販売店などで取り扱われていますが、品質の信頼できるものをお選びになってほしいです。

お肌につける用途のときは、「化粧品類(化粧水)」の表示があるものをお選びになることがおすすめです。

ハーブウォーターをお選びになるときは、「原料植物の学名が明記してあるか?」、「水蒸気蒸留で製造されているか?」、「保存料が添加されていないか?」といったことをチェックすると良いと思います。

■ 選ぶときのチェックポイント
・原料植物の学名が明記してあるか?
・水蒸気蒸留で製造されているか?
・保存料などが添加されていないか?
など

こういったことに加え、原料のハーブが無農薬栽培のハーブウォーターでしたら、さらに安心です。

ハーブウォーターの保管について

ハーブウォーターは、冷暗所に保管して、使用期限内に使い切るようにします。

開封後は、直接容器の口に触れないようにするなど、衛生管理に注意して冷蔵庫に保管するようにしましょう。

そして、開封後は、3ヶ月以内で使い切ることを心がけてほしいと思います。

フローラルウォーターの効果・効能

ハーブウォーター(フローラルウォーター)の種類と効能

ハーブウォーターは、精油と比べると研究の歴史が浅く、化学的なデータが多いとはいえません。

フローラルウォーターの効果・効能は今後さらに研究が進むと思われます。

今回は、手に入りやすいハーブウォーターを、期待できる効果・効能と合わせてご紹介します。

「作用」の用語解説

収れん作用:お肌を引き締める働き

保湿作用:お肌に潤いを与え、乾燥を防ぐ働き

エモリエント作用:お肌をやわらかくする働き

抗菌作用:細菌の増殖を抑制する働き

抗真菌作用:カビの一種である真菌の増殖を抑制する働き

抗ウイルス作用:ウイルスの増殖を抑制する働き

虫除け作用:虫を寄せ付けない働き

抗炎症作用:炎症を鎮める作用

* フローラルウォーターの効果・効能は、経験から推測されるものを含んでいます。

ラベンダーウォーター

「ラベンダーウォーター」は、ラベンダーの香りそのままのハーブウォーターで、保湿性が高く、スキンケアにも適してします

すべての肌タイプに化粧水としてお使いいただけ、アトピーやかゆみのあるお肌にも良いです。

また、抗炎症作用にも優れているため、日焼け後のお肌にも良く、日焼けの直後にコットンパックにお使いになるのもおすすめです。

ラベンダーの香りは、心をリラックスさせる作用があるため、就寝前に寝室にスプレーしたりするのにも向いています。

ローズウォーター

ローズウォーター

「ローズウォーター」は、バラの香りがとても良いハーブウォーターです。

ローズウォーターの原料として使われるダマスクローズには、芳香成分の「フェニル エチルアルコール」が含まれていて、その成分は水に溶けやすい性質があるため、水蒸気蒸留すると精油よりもローズウォーターの方に多く含まれます。

そのため、ローズウォーターは、生のバラの花に近い華やかな香りがして、心を優しく温めてくれます。

また、バラは古代から、美容に良い植物として女性に愛されてきました。

ローズウォーターは、スキンケアにも向いていて、そのままで化粧水として使ったり、ローションパックに使ったりすることもできます。

ローズウォーターには、収れん作用で、たるんだお肌を引き締める効果が期待できますし、お肌をやわらかくする作用もあるので、デリケートなトラブル肌や年齢を重ねた敏感なお肌にもおすすめです。

それから、抗炎症作用もあるため、日焼け後のお肌にもお使いいただけます。

ローズマリーウォーター

ローズマリーウォーター

「ローズマリーウォーター」は、ローズマリーのさわやかな香りのハーブウォーターです。

保湿作用が高くすっきりとした使用感なので脂性肌(しせいはだ)のケアに向いていて、拭き取り用の化粧水(余分な角質や皮脂を取り除く働きのある化粧水)としてもお使いいただけます。

また、ローズマリーウォーターは、抗炎症作用・抗菌作用もあるためニキビ肌にも良いですし、毛穴の詰まりには、ローズマリーウォーターを含ませたコットンの上に温めたおしぼりをかぶせて蒸気で蒸すような使い方もおすすめです。

それから、筋肉をゆるめる作用もあるため、筋肉痛などのケアにも向いています。

その他のフローラルウォーター

その他のフロー÷ウォーター(ハーブウォーター)

■ ジャーマンカモミールウォーター
カモミールティーのような、優しい香り。

主な効能
保湿作用・収れん作用・エモリエント作用・抗炎症作用など

用途
・日焼け後のほてりや、お肌のかゆみなどに。
・イライラしているときにも良いので、気持ちがすっきりしないときに自分の周りにスプレーする。

* キク科の植物にアレルギーのある方は、ご使用をお控えください。

■ ローマンカモミールウォーター
「ローマンカモミール」の精油と同じような優しい甘い香り。

主な効能
保湿作用・収れん作用など

* 保湿については、ジャーマンカモミールウォーターの方が効果は高いです。

用途
・炎症にも良いので、ニキビやかゆみのあるお肌に。
・赤ちゃんの汗疹(あせも)などに*。
・優しい香りで気持ちをほんわかさせてくれるので、落ち込んだときや気持ちが焦るときに。

* 赤ちゃんにお使いになる場合、最初は精製水で2~3倍に薄めて、様子を見ながら使うようにしましょう。
* キク科の植物にアレルギーのある方は、ご使用をお控えください。

■ ゼラニウムウォーター
甘さの中に青臭さがあって、親しみやすい香り。

主な効能
抗炎症作用・抗菌作用・抗真菌作用・抗ウイルス作用など

用途
・日焼け後のお肌を沈静する。
・ニキビなどのトラブル肌に。
・すべての肌タイプに使え、皮脂のバランスを保つ。
・出血を止める作用があるため、傷口の洗浄に。
・血流を改善する作用もあるため、くすみが気になるときに肌の血色を良くする。

■ ネロリウォーター
甘くて上品な香り。

主な効能
収れん作用など

用途
・脂性肌に良く、お肌を引き締めてすっきりさせる。
・古い角質を取り除くピーリング効果があるとされる。
・刺激が少ないため、敏感肌や年齢肌にもお使いいただける。
・香りが良いので、そのままお肌にスプレーする。

■ パルマローザウォーター
主な効能
収れん作用など

用途
・お肌の水分バランスを整える作用があり、乾燥やしわが気になる年齢肌に。
・カンジタ菌を抑制する作用があり、赤ちゃんのおむつかぶれにそのままスプレーする。

■ ティートゥリーウォーター
主な効能
抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用

用途
・ニキビ肌のケアに適していて、コットンで患部を拭いたりローションパックにしたりする。

ハーブウォーターには、ここで挙げた以外にも、例えば「クロモジ」・「ドクダミ」・「ユズ」・「ヨモギ」・「月桃」など、日本のハーブから作られた魅力的なものもありますよ。

ハーブウォーターの使い方(化粧水など)

ハーブウォーター(フローラルウォーター)の使い方1. 化粧水

化粧水

ハーブウォーターは、そのままで化粧水として使うことができます。

お肌には、水分と油分が必要です。

一般的な基礎化粧品は、水と油を「界面活性剤」で乳化させて乳液やクリームが作られています。

界面活性剤には、オーガニック化粧品などに使われるレシチンなど、お肌への負担の少ないものもありますが、強力なものはお肌のバリア機能を破壊してしまい、お肌を痛める原因にもなります。

そこで、水と油を別々にお肌に付けてあげて、それをお肌の上で合わせれば界面活性剤の必要はありません。

例えば、ハーブウォーターを化粧水としてお使いになる場合、お肌に湿り気がある内に、キャリアオイルやシアバターなどの油分を加えてあげると、お肌の水分と油分のバランスが良い状態になります。

ローションパック

ハーブウォーターは、ローションパックでお使いになるのもおすすめです。

例えば、毛穴のケアをしたいときは、ローションパックの上から蒸しタオルをかぶせ、毛穴を開くようにしてあげると、さらに効果が高まりますよ。

クレイパック

ハーブウォーターは、クレイのパウダーから「クレイパック」を作るときに、ハーブウォーターでパウダーを溶かすのに使うのもおすすめです。

乾燥肌にはどのハーブウォーターがおすすめ?

肌タイプ別におすすめのハーブウォーター

肌タイプ別におすすめのハーブウォーターをご紹介するので、ハーブウォーターをスキンケアでお使いになるときにご参考にしてみてください。

■ 乾燥肌
・ラベンダー
・ローズマリー
・ジャーマンカモミール
・ローマンカモミール
・パルマローザ
・ローズ
など

■ 脂性肌
・ネロリ
・ローズマリー
など

■ 年齢肌
・ゼラニウム
・パルマローザ
・ラベンダー
・ローズ
・ローズマリー
など

ハーブウォーターの使い方(手作り化粧水)

ハーブウォーター(フローラルウォーター)の使い方2. 手作り化粧水

ハーブウォーターは、そのまま化粧水として使うこともできますが、水に近いものなので、市販の化粧水と比べると保湿性が高いとはいえません。

そこで、ハーブウォーターにハチミツやグリセリンを加えて、保湿性を高めた化粧水を手作りすることもできます。

しっとりタイプの化粧水のレシピ

■ 材料
・グリセリンまたはハチミツ 小さじ1杯(5mL)
・ハーブウォーター 100mL

■ 作り方
1) 容器を消毒用エタノールで消毒する。
2) 少量のハーブウォーターにグリセリン(またはハチミツ)を加えて、よく混ぜ合わせる。
3) 保存用の容器に移し、残りのハーブウォーターを加える。

出来上がった化粧水は、冷暗所で保管します。

ハチミツは保湿性が高いですし、ご家庭のキッチンにあるものです。

ハーブウォーターとハチミツで化粧水を作ると、天然成分だけの化粧水を手作りすることができますね。

さっぱりタイプの化粧水のレシピ

ハーブウォーターにアルコールを加えると、お肌に付けたときに少しひんやりとするさっぱりした化粧水を手作りすることができます。

■ 材料
・グリセリンまたはハチミツ 小さじ1杯(5mL)
・アルコール* 小さじ1杯(5mL)
・ハーブウォーター 100mL

* 無水エタノール・ホワイトリカー・カレンデュラチンキ(アルコールにカレンデュラのハーブを浸けたもの)など。

■ 作り方
1) 容器を消毒する。
2) グリセリン(またはハチミツ)にアルコールを加え、よく混ぜ合わせる。
3) ハーブウォーターを加え、保存用の容器に移す。

出来上がった化粧水は、冷暗所で保管します。

アルコールを加えると保存性が高くなるため、常温で1ヶ月の保存が可能です。

ハーブウォーターのその他の使い方

■ 虫除け
ユーカリレモン・レモングラスなどのハーブウォーターは、虫除けの作用に優れています。そのため、それらをそのままお肌にスプレーするだけで、虫除けになります。また、虫刺され後のかゆみにも良いので、アウトドアのときに持っていくと便利ですよ。

■ 入浴剤
バスタブに、50mLほどのハーブウォーターを入れると、お風呂でハーブの香りを楽しむことができます。

■ 抗菌・抗真菌対策
ティートゥリーなどは、抗菌・抗真菌作用に優れたハーブウォーターです。それティッシュなどにスプレーして、手拭きに使うこともできます。アルコールにアレルギーのある方や、山などで手洗いできない場所などで、おすすめです。また、プールの更衣室などで足裏にスプレーすると、水虫の予防にもなります。

■ ヘアケア
髪をブローするときにスプレーすると、髪に自然な香りが付きます。

編集部の選ぶハーブウォーターがベースのおすすめの化粧水

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、川瀬先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだハーブウォーターがベースのおすすめの化粧水をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

成分表示を見ると、最初にくる成分が「ダマスクバラ花水」とある贅沢さ。さらに、「米ぬか油」や「ホホバオイル」をはじめとしたお肌に良い植物油、美肌には欠かせない「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、そして、25種類もの植物エキスが含まれています。植物の自然な香りが心地良く、本当にこれ1本で十分にうるおうので他のアイテムは必要なくなります!自然派にも安心して使える成分で作られているのが、嬉しいところです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容のスペシャリスト200人以上の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

コディナ バランシングローズローション

コディナは、オーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得しているオーガニックスキンケアブランドで、ナチュール・エ・プログレからの認証を得るには、原料の検査だけではなく環境保護など数々の厳しい項目をクリアしなければならず、世界でも20数社しか認証されていません。

バランシングローズローションは、朝摘みのピュアな「ローズウォーター」と、保湿効果の高い「ゴマ油」や希少な「ローズウッド木油」の2つのオイル成分を、水層と油層の比率9:1でバランスよく閉じこめた2層式の化粧水で、たっぷりの水分と必要な油分をお肌に与えてくれます。

バランシングローズローションをお試しになるには、洗顔・アルガンオイル・クリームがセットになった「コディナ フェイシャルケア トライアルセット」がお得で、通常価格5,200円(税別)のところ、初回特別価格で2,000円(税別)の送料無料でお試しいただけます

編集部のここがオススメ!

数々の厳しい検査項目をクリアしてオーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得!

ローズウォーターとオイル成分を約9:1の比率で配合した2層式の化粧水!

たっぷりの水分と必要な油分を肌に与えてべたつかないけどたっぷりうるおう!

商品内容

商品名:コディナ フェイシャルケア トライアルセット
内容:フェイシャルサヴォン(15mL)、アルガンオイル(10mL)、バランシングローズローション(15mL)、フェイシャルアルガンクリーム プティ(10mL)
通常価格:税別5,200円
初回特別価格:税別2,000円

メルヴィータ フラワーブーケ ローズ フェイストナー

メルヴィータは、ロクシタングループのフランス発のオーガニックコスメブランドで、オーガニック認証「エコサート」を化粧品で初めて取得したブランドのひとつです。

フラワーブーケ ローズ フェイストナーは、メルヴィータのアイテムの中でも人気の高いローズウォーター配合の化粧水で、とろりとしたバラの蜜のようなテクスチャーで、美しくうるおいのあるバラ色のお肌に導きます。

編集部のここがオススメ!

オーガニック認証「エコサート」を化粧品で初めて取得したオーガニックコスメブランド!

とろりとしたバラの蜜のようなローズウォーター配合の化粧水!

若々しさに欠かせないローズの保湿力で肌を美しくバラ色の印象に保つ!

商品内容

商品名:メルヴィータ フラワーブーケ ローズ フェイストナー
内容:100mL
通常価格:税別2,400円

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

川瀬先生もおっしゃっていましたが、フローラルウォーター・ハーブウォーターは、ハーブの効能を得ることができ、それでいて精油以上に使いやすいです。

そのまま化粧水として使うこともできますし、グリセリンやハチミツを加えて保湿力を高めて手作り化粧水にすることもできます。

それ以外にも、ハーブウォーターをルームスプレーにすることもできますし、種類によっては虫除けにもなります。

私自身もハーブウォーターは大好きですので、おすすめですよ。

参考文献:フレグランスジャーナル社『ハーブウォーターの世界』、ナード・アロマテラピー協会『Herb Water Handbook』

(取材:「キレイの先生」編集部 文:アロマテラピーサロン&スクール アロマベーネ 川瀬 裕子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年8月17日に公開した『フローラルウォーター(ハーブウォーター)の効能と使い方!』を再編集しました。

関連キーワード