美容のスペシャリストが教えるキレイ

肌のたるみを改善!まず化粧品は推奨量を!13の方法を美容家に聞く

本日のキレイの先生

渡邊 知子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「お肌のたるみ」です。

東京都渋谷区 プライベートエステサロン フルリール の渡邊 知子 先生にインタビューさせていただきました。

年をとるにつれて、お肌はハリがなくなって、たるんできます。

そうすると、老けた印象が強くなってしまいますよね。

お肌のたるみを改善するには、どうしたら良いのでしょうか?

渡邊先生に教えていただきました。

目次

肌のたるみの原因とは
・肌のたるみは骨や筋肉の状態からも起こる?
・肌のたるみは何歳くらいから起こりやすい?
・生活習慣で原因になること

肌のたるみを改善するには?
・クレンジング・洗顔で心がけたいこと
・化粧水の付け方のポイント
・ツボ押しなど

編集部の選ぶお肌のたるみにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

プライベートエステサロン フルリール

渡邊 知子 先生

「キレイの先生」編集部

肌のたるみの原因とは

渡邊先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「お肌のたるみ」です。

先生のサロンのお客様にも、お肌のたるみを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、うちのサロンは、40~50代以上のお客様が多いのですが、ほぼ皆さま、「たるみ」をお悩みに挙げられます。

お肌のたるみは、顔のどんな場所に出やすいですか?

基本的には、お顔の全体的にたるみが出ますが、その中では、頬のあたりや、まぶた・目元などに出ることが多いと思います。

お肌がたるんでいると、見た目の印象も変わりますか?

そうですね、やっぱり老けた印象になってしまいますよね…。

お客様も、昔の写真と比べるとお顔が全体的に下がったとおっしゃいます。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

それから、お肌のたるみで、疲れた印象を与えることもあると思います。

(参考:エステティシャンに聞く疲れ顔について

肌のたるみは骨や筋肉の状態からも起こる?

お肌のたるみは、何から来ているんですか?

お肌の乾燥ですか? ハリ不足ですか?

その両方と関係があります。

お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が下がります

そうすると、紫外線などの外的なダメージを受けやすくなって、お肌内部の「コラーゲン」や「エラスチン」…お肌の弾力を支えている成分ですね…そういった成分にもダメージを与えてしまいます

それから、年齢とともに骨密度(こつみつど)も下がるのですが、それによって骨が縮むと…皮膚との間に隙間ができるといいますか…皮膚を支えきれなくなって、お肌がたるんでくることも、最近の研究ではいわれています。

その話をお聞きすると、筋肉の衰えも、お肌のたるみに関係していそうですね。

皮膚は、筋肉の上に乗っているわけですから。

(参考:顔のたるみ専門家に聞く顔の筋肉について

もちろん、そうですね。

疲れている方は、頭皮が硬くなっていることが多いですが、そうすると、お顔と頭はつながっていますので、それでお顔の筋肉も弱まっていきます。

そういったことから、お肌のたるみにつながる場合もあるんですね…。

そうすると、お肌のたるみは、お肌自体に原因があるだけじゃなくて、骨や筋肉の状態による影響も大きそうです。

そうですね、お肌のたるみは複合的な原因が考えられると思いますよ。

肌のたるみは何歳くらいから起きやすい?

お肌のたるみは、何歳くらいから起こりやすいですか?

早い方ですと、30代半くらいから気になり始めて、40になると、ほぼ皆さまが気にされるようになると感じます。

それは、年齢による皮膚の弾力成分の減少や、骨密度の低下、筋肉の衰えが関係しているんでしょうか?

はい、そうですね、それに、女性ホルモンの減少も関係すると思います。

女性ホルモンは、お肌のハリやツヤにも大きな影響を及ぼしますので。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、お肌のたるみの原因になることはありますか?

紫外線の影響がとても大きいです。

例えば、日当たりの良い部屋にいたり、窓辺で仕事したりして、紫外線を防ぎ切れていないこともあります。

それに、紫外線対策がきちんとできていない状態で、「ちょっとくらいはいいかな…」と洗濯物を干すようなこともあると思います。

一回一回の紫外線を浴びる量は少なくても、そういったことが積み重なると大きいですよね。

塵(ちり)も積もれば山となる、ですね…(苦笑)。

それから、スキンケアでは毎日きちんとメイクを落とすことが大切ですが、メイクを落とさずに寝てしまうことも良くありません。

それは、お肌のたるみだけじゃなくて、あらゆる面でお肌に良くないですよね。

はい、後は、スキンケアで保湿を怠ってお肌を乾燥させてしまうことも、たるみの原因になります。

生活習慣では、睡眠不足食生活の乱れも良くありませんし、ストレスの影響も大きいです。

ストレスは、ターンオーバーの乱れを導いてしまいますので。

そういったところにも、気を付けていただきたいです。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞く「ターンオーバー」とは

肌のたるみを改善するには

先生のサロンでは、お肌のたるみを改善するのに、どんな施術・ケアが効果的ですか?

お肌のたるみを気にされているお客様には、石膏(せっこう)のマスクを使うコースをおすすめしています。

石膏マスクは、まずは、マッサージをした後に、有効成分の入ったクリーム…「ニンジンエキス」や「ベニバナエキス」など生薬系の成分が配合されているクリームなのですが…それをお顔全体に塗ります。

その後に、お顔全体に石膏を塗っていきます。

石膏は、しばらくすると固まっていくんですよね?

はい、そうすると温度が上がってくるので、20分間、40度くらいの温度で、クリームの成分をお肌の奥まで入れ込んでいきます。

(参考:エステティシャンに聞く石膏パックとは

それは、お肌のたるみには即効性があるんですか?

はい、石膏マスクを外して鏡をみていただくと、口角をはじめ、お顔が全体的に上がったことを感じていただけると思いますよ。

クレンジング・洗顔で心がけたいこと

お肌のたるみを改善するのに、クレンジング・洗顔でやれることはありますか?

ひとつは、毎日メイクを必ず落とすことです。

メイクの汚れが残っていて、それが酸化すると、お肌の老化を促進させますし、不要な角層(皮膚のいちばん表面の層)がたまってターンオーバーが乱れたりもしてしまいます。

それから、私は、オイルクレンジングはあまりおすすめしていません。

特に、アイメイクを落とすのはオイルクレンジングが主流だと思いますが、オイルクレンジングは落とす力がとても高い分、界面活性剤も多く含まれていて、お肌への負担も大きいです。

ですので、私はクリームやジェルタイプのクレンジングをおすすめしています。

(参考:美容専門家のおすすめするクレンジングとは

界面活性剤とは

界面活性剤は、本来混ざらない水分と油分を混ぜ合わせるための材料です。メイクは油分の汚れのため、クレンジングに含まれる界面活性剤によって落とすことができます。

それから、目元などのポイントメイクも、お顔全体のクレンジングで一緒に落とす方が多いと思いますが、ポイントメイクは残りやすいので、専用のもので落とした方がいいです。

後は、ゴシゴシとこすらず、お肌に負担をかけないようにすることも大切です。

それは、クレンジングだけじゃなくて、洗顔にも当てはまりますよね?

はい、そうですね、洗顔はきちんと泡立てて、手と皮膚の間に常に泡があって、お顔を泡で包み込むように洗うことが大切です。

チャチャチャッと泡立てるのではなく、少しずつ水を含ませながらモコモコの泡を作っていただきたいです。

泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使ってもいいと思いますよ。

(参考:エステティシャンに教わる洗顔石鹸の泡立て方

化粧水の付け方のポイント

お肌のたるみには、保湿も大切だと思います。

はい、スキンケア化粧品は、例えば「3プッシュを使う」と商品に書いてあったら、その量は守っていただきたいです。

少なめに使っている方も多いですので。

私もケチ症なので気を付けます…(苦笑)。

それから、年齢的に40代以降になると、お肌が乾燥に傾いてきますので、うるおい効果の高い化粧品をお使いになることをおすすめします。

例えば、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などをきちんと補いたいですね。

化粧水の付け方で、アドバイスはありますか?

私は、コットンで化粧水を付けることを推奨しています。

化粧水をコットンに含ませて、ゴシゴシとこすらずに、優しくお肌にまんべんなく付けます

ちなみに、コットンも、ザラザラするようなものはお肌に負担がかかりますので、品質にもこだわって、お肌に優しい上質なものをお使いになってほしいです。

保湿という点では、「ローションパック」で化粧水を付けるのもいいと思います。

(参考:エステティシャンに教わるローションパックのやり方

はい、有効だと思いますよ。

ツボ押しなど

サロンのお客様には、ご自宅でのお手入れとして「ツボ押し」もお伝えしています。

例えば、小鼻の両脇のところには「迎香(げいごう)」というツボがあって、そこは、お肌の生命力アップや、シミ・たるみにも効果があるといわれています。

例えば、そういったツボを、スキンケアのついでに押してあげるのもいいと思いますよ。

後は、睡眠バランスの良い食事といった基本的な生活習慣も大事ですし、日頃から紫外線を防ぐことも意識したいです。

紫外線を防ぐには、どんなことが心がけられますか?

紫外線は目からも入ってくるので、サングラスをかけることもいいですし、できれば日傘も使いたいです。

それから、日焼け止めですね。

日焼け止めは、例えば、レジャーにいくときは、SPF35以上・PA+++(3プラス)以上の紫外線を防ぐ力の強いものを、日常使いであれば、SPF25前後・PA++くらいのものを使って、用途に合わせて使い分けるのもいいと思いますよ。

編集部の選ぶお肌のたるみにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、渡邊先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだお肌のたるみにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおし、お肌のたるみにもおすすめです。

通常価格2,880円(税別)のところ、定期購入では初回1,000円(税別)でお求めいただけ、配送回数の制限もありません

美容家の感想

成分表示を見ると、最初にくる成分が「ダマスクバラ花水」とある贅沢さ。さらに、「米ぬか油」や「ホホバオイル」をはじめとしたお肌に良い植物油、美肌には欠かせない「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、そして、25種類もの植物エキスが含まれています。植物の自然な香りが心地良く、本当にこれ1本で十分にうるおうので他のアイテムは必要なくなります!自然派にも安心して使える成分で作られているのが、嬉しいところです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

美容スペシャリスト200人以上の教えをまとめた!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

今回のインタビューで挙がった、お肌のたるみの改善方法をまとめます。

1. メイクはクレンジングで必ずきれいに落とす
2. クレンジングはクリームやジェルタイプがおすすめ
3. 目元などのポイントメイクは専用のもので落とす
4. クレンジング・洗顔はお肌に負担をかけないようにゴシゴシとこすらない
5. 洗顔はモコモコの泡で包み込むようにして洗う
6. 化粧水は商品で推奨されている量を使う
7. うるおい効果の高いスキンケア化粧品を使う
8. 化粧水をコットンで優しくお肌にまんべんなく付ける
9. ローションパックで化粧水を付ける
10. 小鼻の両脇のところにある「迎香」のツボ押し
11. 睡眠時間をきちんと取る
12. バランスの良い食事を摂る
13. 日頃から紫外線対策をして、紫外線を防ぐことを意識する

お肌のたるみを改善するには、お肌に負担をかけずにきちんとメイクを落とすことや、しっかりと保湿してあげることが大切といえそうです。

お肌のたるみが気になったときは、そういった視点からも、スキンケア化粧品やお手入れの方法を見直してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード