美容のスペシャリストが教えるキレイ

ディープクレンジングを普段の化粧品で!プロに聞く効果的な方法とは

本日のキレイの先生

河合 恭子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ディープクレンジング」です。

愛知県名古屋市 リラクゼーション ビューティーサロン Fleurette の河合 恭子 先生にインタビューさせていただきました。

ディープクレンジングは、普通のクレンジングではなかなか落とすことができない汚れを落とすお手入れのことをいいます。

基本的には、専用の化粧品を使って行いますが、スキンケアの方法を工夫することで、いつものスキンケア化粧品でもディープクレンジングと近しいことを行えるといいます。

そんなディープクレンジングの効果とやり方について、河井先生に教えていただきました。

目次

ディープクレンジングの効果
・ディープクレンジングの種類
・どんな肌悩みを解決できる?
・どんな効果がある?

ディープクレンジングのやり方
・いつも使いの化粧品でもディープクレンジングに?
・クレンジング・洗顔にマッサージの要素を取り入れる
・ディープクレンジング後のアフターケアは?

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

ディープクレンジングの効果

河合先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ディープクレンジング」です。

ディープクレンジングは、普通のクレンジングとは何が違うんですか?

クレンジングは、主にメイク・皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)といった油汚れを落とすものです。

それに対して、ディープクレンジングは「ディープ」と付くように、古い角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)や毛穴の奥の汚れを落とすことをいいます。

例えば、毛穴の皮脂詰まりや、角栓(かくせん・毛穴の中に詰まった皮脂や角質が固まったもの)、黒ずみなどを取り除くことも、ディープクレンジングに含まれます。

いまの話をお聞きすると、角質ケア(余分な角質を取り除くお手入れ)も、ディープクレンジングに入るということですか?

はい、角質ケアもディープクレンジングのひとつですよ。

ですので、ディープクレンジングは、普段のお手入れではなかなか解決できない肌悩み…例えばお肌のごわつきなどの改善にもなります。

ディープクレンジングの種類

ディープクレンジングは、どうやって行うんですか?

方法は、色々あります。

私のサロンでも、いくつかの種類のディープクレンジングをそろえています。

例えば、スクラブ(細かい粒子で余分な角質を取り除くお手入れ)などで古い角質を取るタイプもあります。

それに、お肌に塗って剥がすようなピールオフ(角質ケア)のマスクでお肌のキメ奥の汚れを吸着させるものもあります。

それから、塗って角質をやわらくして取るクレイ(鉱物学的にいう「粘土」)のマスクなどもあります。

毛穴の奥の汚れを取ることも「ディープクレンジング」といいますので、毛穴洗浄の機械なども、ディープクレンジングに入るんですよね?

そうですね、私のサロンは、オールハンドで施術を行っているので、機械はありませんが、それもディープクレンジングのひとつに入りますね。

ホームケアでは、ディープクレンジングにはどんな方法があるんでしょうか?

例えばスクラブなどは、気軽に使っていただきやすいと思いますよ。

それから、酵素のピーリングパウダーなどもありますね。

粒子で物理的に角質ケアを行うスクラブとは違って、酵素の「タンパク質を溶かす」働きで、角質や皮脂の汚れを落としていきます。

そういったものも、ホームケアとしては使いやすいですね。

どんな肌悩みを解決できる?

ディープクレンジングは、どんな肌悩みに有効なんですか?

特に、お肌のごわつきやざらつきを感じるときにおすすめです。

それに、メイクの乗りが悪かったり、メイクのよれが気になったりするときにも、いいですね。

それから、ディープクレンジングは、古い角質の汚れを取ることで、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)を整えることにもつながります。

ターンオーバーが乱れると、角質が厚くなって余分な皮脂も肌表面に残り、それが毛穴に詰まると、大人ニキビの原因にもなります。

ディープクレンジングで古い角質を取ってターンオーバーを整えることで、そういったニキビの改善にもつながっていきますよ。

どんな効果がある?

ディープクレンジングで、お肌はどう変わりますか?

触ると気持ちのいいしなやかでなめらかな素肌になります。

それに、お肌が明るくなるので、くすみも気にならなくなります

それに、毛穴汚れにもいいんですよね?

はい、黒ずみや角栓といった毛穴汚れにも効果的です

そういったことは、ディープクレンジングで即効性があるんですか?

はい、感じられると思いますよ。

それに、普段のお手入れに定期的にディープクレンジングを取り入れていただくことで、お肌は、ハリのあるきれいな状態が長続きしやすくなりますね。

ディープクレンジングのやり方

先生のサロンでは、どのようにディープクレンジングを行っているんですか?

サロンでは、クレンジングと洗顔をいちどのステップで行える化粧品を使用していて、クレンジングで汚れを落としてから、ディープクレンジングを行っています。

ディープクレンジングをやるときも、クレンジングをする必要はあるんですよね?

そうですね、まずはクレンジングで、メイクの油分や皮脂を落とすことが必要になります。

その後に、ディープクレンジングを行うといいですよ。

いつも使いの化粧品でもディープクレンジングに?

ホームケアでは、どんなディープクレンジングができますか?

ひとつは、専用の化粧品を使っていただくことです。

ちなみに…普段使いのスキンケア化粧品で、ディープクレンジングと同じような効果を得ることはできないんですか(笑)?

そうですね…(笑)。

例えば、クレンジング後に、お顔をホットタオルで蒸らしてから拭き取るのも、ディープクレンジングといえますよね。

それも、ディープクレンジングになるんですか(笑)!?

はい(笑)。

お肌を温めてやわらかくして、毛穴を開かせることで汚れを落としやすくなります

クレンジングでホットタオルを使用するときは、クレンジング後にいちどお顔をすすいで汚れを軽く落としてから、ホットタオルでお顔を蒸して、最後に汚れをきれいに拭き取るのがおすすめです。

ディープクレンジングのやり方

(クレンジングにホットタオルを取り入れる)
1. 顔をすすいで汚れを軽く落とす
2. ホットタオルで顔を蒸す
3. 汚れをきれいに拭き取る

それから、角質ケアというところでいうと、コットンに化粧水やミルクを含ませて「濡れコットン」にして、コットンの毛羽(けば)を利用して、汚れを取っていく方法もあります。

それも、角質ケアに…ディープクレンジングになるんですか(笑)!?

はい、なりますよ。

クレンジング・洗顔にマッサージの要素を取り入れる

後は、お肌が硬くなっていると、角質肥厚(かくしつひこう・皮膚表面で角質が厚く溜まっている状態)も起きやすくなります。

そういったときは、スキンケアでお顔のマッサージを取り入れると、お肌のくすみやごわつきの緩和につながります。

サロンでも、お客様にお家でのケアのアドバイスを差し上げていますが、クレンジングなどのときに、マッサージの要素を取り入れるのも、ひとつの方法です。

それは、どうやってやればいいんですか?

クレンジング・洗顔は、お顔だけではなく、お首やデコルテなども一緒に洗っていただきたいです。

後は、顎下(あごした)の周りも忘れないでいただきたいです。

なるほど! 顔のリンパの流れるところを洗ってあげるということですね。

顔のリンパは、首から鎖骨のほうに流れていきます。

そこを洗うことで、リンパの流れを良くすることにも有効です。

はい、それに、リンパを流してあげるだけではなくて、そこの汚れを落としてあげることも大事です。

例えば、お首は年齢が出やすいので、しっかりとカバーしていただきたいです。

それに、顎下やデコルテは、ホルモンバランスの崩れからニキビが出来る方もいらっしゃいます。

そういったところを洗ってあげることで、そういったケアにもなります。

クレンジング・洗顔で首なども一緒に洗って、体内のめぐりが良くなれば、ターンオーバーにもいいですから、間接的に角質ケアにもつながりますよ。

たしかに、それも、ディープクレンジングといえそうですね(笑)。

ディープクレンジングのポイント

ディープクレンジングをするときのポイントや注意点はありますか?

お顔を触る際に力を入れすぎないことが大切です。

タオルで拭くときにもゴシゴシとこすらないようにしてくださいね。

それから、専用の化粧品を使って行う場合は、その後に、お肌にしっかりと水分補給していただくことが、より大事になります。

例えばお化粧水は、皮膚の薄い目の周りや、頬の高いところなどは、重ね付けしてあげるのもいいです。

後は、お化粧水の「コットンマスク」をお肌の上に置くのも、ひとつです。

そのときは、まずはコットンをお水で濡らして絞(しぼ)って、コットンをやわらかくしてからお化粧水を含ませると、お肌に水分がグングン入っていくようになります。

それで最後は、きちんと乳液やクリームを塗るのを忘れないでください。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、ディープクレンジングの方法をまとめます。

1. 専用の化粧品を使用する
2. クレンジングのときにホットタオルで顔を蒸した後に汚れを拭き取る
3. コットンに化粧水を含ませて顔を拭き取る
4. クレンジング・洗顔は首やデコルテまで洗う

ディープクレンジングは、角質や毛穴汚れを取ることで、お肌がなめらかになって透明感が出ます。

専用の化粧品を使用するのが基本ですが、河合先生に教えていただいたように、普段のスキンケアの方法を工夫することで、普段使いの化粧品でも似たような効果を得ることができます。

お肌のごわつきなどが気になったときは、河合先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード