美容のスペシャリストが教えるキレイ

肌をつるつるにする方法6つ!化粧水から食べ物まで!エステ員に聞く

本日のキレイの先生

北島 みゆき 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「お肌をつるつるにする方法」です。

エステサロン La Paisible の北島 みゆき 先生にインタビューさせていただきました。

お肌がつるつるであることは、美肌の条件のひとつだと思います。

お肌をつるつるには、どうすれば良いでしょうか?

北島先生に教えていただきました。

目次

つるつるな肌とは

肌のなめらかさがなくなる原因
・ターンオーバーが乱れる原因
・肌が乾燥する原因など

肌をつるつるにする方法
・角質ケア
・化粧水の付け方などのポイント
・おすすめの食べ物
・生活習慣で心がけたいこと

編集部の選ぶ肌をつるつるにするのにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

つるつるな肌とは

北島先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「お肌をつるつるにする方法」です。

お肌がつるつるだと、どんな印象に見えますか?

まずは、お肌がつるつるでなめらかですと、ファンデーションなどの化粧ノリが良くなりますよね。

それほどたくさんファンデーションを塗らなくても、きれいにみえやすいと思います。

(参考:エステティシャンに聞く化粧ノリについて

それから、お肌がなめらかで透明感があると、肌色のトーンが上がります

お肌がくすんでいると疲れた感じや老けた感じにみえやすいですが、肌色のトーンが上がると、若々しく健康的にみえるようになります。

(参考:美容セラピストに聞く肌のくすみについて

お肌がつるつるだと、当たり前ですが、全体的な印象も良くなりますよね(笑)。

はい、それに、お肌の調子が良いと、ご本人の気持ちも上がると思います。

それも、大切です(笑)。

先生のサロンのお客様にも、「あ、お肌がつるつるされてきれいだな」という方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

ご年配の方でも、お手入れをしっかりされている方は、お肌がなめらかで透明感があって、とてもおきれいでいらっしゃいます。

つるつるのお肌というのは、どんな状態のお肌のことをいうんでしょうか?

美しいお肌の条件に、「う・な・は・た・け」というものがあります。

「う」が「うるおい」、「な」が「なめらかさ」、「は」が「ハリ」、「た」が「弾力」、「け」が「血色」です。

これらがそろっているのが、美しいお肌といえます。

う・な・は・た・け

・う:うるおい
・な:なめらかさ
・は:ハリ
・た:弾力
・け:血色

つまり、つるつるのお肌は、その「う・な・は・た・け」がそろっているお肌のことをいうんですね。

肌のなめらかさがなくなる原因

逆に、お肌のなめらかさがなくなって、ざらついてしまうのは、何から起こるんですか?

お肌のざらつきの要因としては、「角質肥厚(かくしつひこう)」と「乾燥」によるところが大きいです。

健康なお肌は、角質(皮膚表面の古い肌細胞)が周期ごとに垢(あか)になって剥がれ落ちます。

それが、代謝が悪くなっていて、ターンオーバーがきちんと働いていないと、角質が剥がれ落ちずに厚くなっていきます

角質が厚くなっている「角質肥厚」の状態ですね。

はい、それが、お肌のざらつきの原因になります。

角質肥厚とは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーが乱れると、角質が剥がれ落ちずに皮膚の表面にたまって厚くなり、その状態のことを「角質肥厚」といいます。

ターンオーバーが乱れる原因

先生のおっしゃったように、ターンオーバーが乱れると、角質肥厚も起こりやすいと思います。

日々の生活習慣で、ターンオーバーが乱れる原因はありますか?

ひとつは、加齢です。

ターンオーバーは、加齢で周期が長くなるといいますもんね。

肌代謝の周期

ターンオーバーの周期は28日が理想といわれていますが、20代をピークに、加齢で周期が長くなっていきます。

後は、ターンオーバーは、睡眠不足ストレスなども関係してきますし、季節の変わり目も乱れやすくなります。

肌が乾燥する原因など

先程のお話ですと、お肌の乾燥によっても、お肌はざらつきやすいとのことでした。

お肌の乾燥は、どんなことが原因になりますか?

特に大きいのが、クレンジング・洗顔です。

それは、どういうことですか?

「クレンジング・洗顔は強くこすらずに行う」にいうことは、よくお聞きすると思います。

はい、他の先生方のインタビューでも、そのアドバイスをいただくことは多いです。

サロンのお客様にもそのことをお伝えするのですが、「私はこすらないようにしています」という方もいらっしゃいます。

ただ、私がトリートメントをさせていただくと、「あ、私のクレンジング・洗顔は、まだこすっていたんだ…」とお気付きになられることがあります。

クレンジング・洗顔は、本当に本当に優しく行うことが大切なんですね(笑)。

はい、スキンケアで皮膚をこすってしまうと、乾燥肌の原因にもなりますので。

乾燥肌の原因

クレンジング・洗顔でお肌をこすって摩擦を起こすと、お肌がダメージを受けやすいですし、うるおいに必要な成分まで取りすぎてしまい、乾燥に傾いていく場合もあります。

後は、お肌の乾燥ではありませんが、メイク化粧品の汚れをきれいに落とせていなくて、それが毛穴にふさがっていることも、ざらつきの原因になります。

毛穴の詰まりで、お肌がざらついてしまうんですね。

はい、特にしっかりメイクをされる方は、優しいタイプのクレンジングでは、メイク汚れを落としきれない場合もあるので、気を付けていただきたいです。

肌をつるつるにする方法

角質ケア

お肌をつるつるにするには、自宅でのスキンケアでやれることはありますか?

まずは、お肌のざらつきを取ってあげたいです。

それには、エステサロンなどで「ピーリング」や「ゴマージュ」などの角質ケアをお受けいただくことが、いちばんおすすめです。

角質ケアについて

「ピーリング」は、酸などの成分で角質をほぐして剥がれ落ちやすくする角質ケアで、「ゴマージュ」は、微細な粒子で物理的に角質を剥がし落とす角質ケアのことをいいます。

(参考:エステティシャンに聞く角質ケアについて

ちなみに、自宅でも、角質ケアはできるんですか?

はい、角質ケア専用の商品も市販されていますので。

ただ、ご自宅で角質ケアを行うときは、力の入れ方に気を付けていただきたいです。

それは、優しく角質ケアをするということでしょうか?

はい、中には、「角質を取ろう!」と思って、強くこすったりしてしまう方もいらっしゃいます。

角質を取りすぎちゃうと、今度は別のトラブルの原因になりますよね…(苦笑)。

はい、お肌が赤くなったりもしますので、そこには気を付けていただきたいです。

  • 肌のツルツル感が全然違う!美容家もおすすめの角質ケア化粧品

    エトヴォス スキンピールジェル
    肌のツルツル感が全然違って、高濃度のピーリングが手軽で本当におすすめ!(プライベートサロン Anelan Spa 富田 恵 先生)

エトヴォス スキンピールジェル
肌のツルツル感が全然違って、高濃度のピーリングが手軽で本当におすすめ!(プライベートサロン Anelan Spa 富田 恵 先生)

化粧水の付け方などのポイント

先程のお話ですと、お肌をつるつるにするのに、優しくクレンジング・洗顔をすることも大事だと思います。

はい、そうですね。

お肌の乾燥もざらつきの原因になるとのことでしたら、スキンケアでの保湿も大切なんですよね?

はい、もちろんです。

スキンケアできちんと保湿するのに心がけたいことはありますか?

化粧水は、たくさんの量をいちどにバシャバシャと付けるよりも、3回くらいに分けて、お肌に丁寧に押し込むようにして付けてあげることがおすすめです。

重ね付けですね。

はい、後は、角質ケアを行った後に、ローションパックをしてあげるのもいいですよ。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

  • 年齢肌がふわふわ透明肌に!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透してフワフワの透明肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透してフワフワの透明肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

おすすめの食べ物

お肌をつるつるにするのに、おすすめの食べ物はありますか?

バランスのいい食事が基本ですが、その上で、「ビタミンA」・「ビタミンC」・「ビタミンE」などの栄養を摂るといいですよ。

それらの栄養は、どんな効果・効能を期待できるんでしょうか?

ビタミンAは、抗酸化作用があって老化防止になり、お肌の乾燥や角質肥厚にもいいです。

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートする働きもありますし、シミの原因になるメラニン色素の還元にもつながる他、活性酸素の除去にも役立ちます

ビタミンCは、ストレスや尿で失われやすいため、多めに摂ることをおすすめします。

ビタミンEは、「若返りのビタミン」といわれていて、血行促進にもいいです。

血液は、全身の細胞に酸素と栄養を送っていますので、血流が良くなれば、細胞の代謝も良くなります。

ですので、血流はとても大事ですよ。

それらの栄養は、どんな食べ物に多く含まれていますか?

「ビタミンA」は、ホウレンソウ・ニンジン・小松菜・春菊など、「ビタミンC」は、キューイ・イチゴ・ブロッコリー・赤パプリカ・ゴーヤなど、「ビタミンE」は、アーモンド・アボカドなどに多く含まれています。

おすすめの食べ物

・「ビタミンA」を多く含むもの
ホウレンソウ、ニンジン、小松菜、春菊、など

・「ビタミンC」を多く含むもの
キューイ、イチゴ、ブロッコリー、赤パプリカ、ゴーヤ、など

・「ビタミンE」を多く含むもの
アーモンド、アボカド、など

後は、便秘になるとお肌にもトラブルが出やすいので、「食物繊維」もいいですよ

食物繊維は、特にゴボウやキノコ類などに豊富に含まれていますが、野菜全般に含まれています。

生活習慣で心がけたいこと

お肌をつるつるにするのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

お肌をきれいにするのには、お手入れのほうに気が向きがちですが、スキンケア化粧品だけで改善するのではなく、生活習慣にも気を付けていただきたいです。

「お肌は内臓の鏡」ともいわれていて、身体に不調があれば、それがお肌にも表れます。

化粧品も、身体の土台をきちんと整えることで、より効果を得ることができます。

ですので、食事もそうですが、睡眠・運動・入浴などもとても大事ですよ。

特に、睡眠には気を付けていただきたいです。

細胞の修復は、睡眠中に働きますので。

編集部の選ぶ肌をつるつるにするのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、北島先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ肌をつるつるにするのにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

年齢肌がふわふわ透明肌に!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、肌がふっくらとして透明感も出て年齢肌ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥でギュッと抱え込んでフワフワの透明肌に!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワになって透明感も出て感謝しています(笑)。肌が水分を抱え込んで活発に動き出して、肌全体がキュッと上がったようにも感じられました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


おすすめの角質ケア化粧品

エトヴォス スキンピールジェル

ごわつき肌がツルツルに!エステ並みの角質ケアが自宅で簡単に

セラミドのスキンケア化粧品ブランド「エトヴォス」の角質ケア化粧品で、古い角質を除去する「AHA」がエステ並みの8%配合もされていて、豊富な保湿成分がピーリング後の敏感に傾きがちな肌のうるおいを守ります。
スキンピールジェルをお試しになるには、幹細胞エキス化粧品とセットの「エトヴォス バイタライジング お試しセット」がお得です。

●内容量:100g
●通常価格:税別2,800円

美容家の感想

肌のツルツル感が全然違う!自宅でこの濃度の角質ケアは本当にやったほうがいい

角質ケアを行った前後では、肌のツルツル感がまったく違います。ごわつきがなくなり余分な角質が取れたことを感じましたし、くすみが取れて肌も明るくなりました。この強さの角質ケアが自宅で行えるのであれば、効果もわかりやすいですし肌のきれいさも変わるので本当にやったほうがいいです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、お肌をつるつるにする方法をまとめます。

1. 角質ケアを優しく行う
2. クレンジング・洗顔は優しく行う
3. 化粧水は3回くらいに分けて重ね付けする
4. ローションパックを行う(特に角質ケアの後に行うのがおすすめ)
5. ビタミンA・C・Eを多く含む食べ物を摂る(バランスの良い食事の上で)
6. 基本的な生活習慣を正す(睡眠、運動、入浴、など)

お肌がつるつるにするには、スキンケアをきちんと行って生活習慣を正すという当たり前のことが、何より大切といえそうですね。

北島先生のアドバイスは、今日から始められることもあると思います。

お肌をつるつるにするのに、取り入れてみてはいかがでしょうか?

* 2016年11月16日に公開した『肌をつるつるにするには?スキンケアや食べ物など10の方法』を再編集しました。

関連キーワード