美容のスペシャリストが教えるキレイ

鼻の下が長い原因と短くする方法9つ!美顔家の教える顔トレにメイク方法

本日のキレイの先生

加藤 聖子 先生

今回のテーマは、「鼻の下を短くする方法」です。

東京都恵比寿 アンチエイジング専門店 美匠顔 の加藤 聖子 先生にインタビューさせていただきました。

鼻の下が長いと、顔が長くみえやすくなって老けた印象も出てしまいます。

それは、加齢などによる口周りの筋肉の衰えなどから起こるといいます。

そのため、鼻の下を短くするには、口周りの筋肉をエクササイズが有効だそうです。

その方法を、加藤先生に教えていただきました。

先生に教えていただいたのは、簡単なエクササイズばかりですから、すぐにでも取り入れることができますよ。

目次

鼻の下が長い原因
・鼻の下の長さには美人顔の黄金比率がある
・口周りの筋肉の衰えで鼻の下が長くなる
・鼻の下が長いのは表情の乏しさなども原因に

鼻の下を短くする方法
・普段から口角を上げることを意識する
・アヒル口を作る口周りのエクササイズなど
・大きな口で「ス・マ・イ・ル」などもおすすめ
・鼻の下を短くするには継続したケアが大事
・鼻の下を短くするとアンチエイジング効果も高い
・メイク方法でも鼻の下を短くみせられる

編集部の選ぶ鼻の下を短くするのにおすすめの美顔器

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

鼻の下が長い原因

鼻の下の長さには美人顔の黄金比率がある

加藤先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「鼻の下を短くする方法」です。

鼻の下で、顔の印象も変わるんですか?

そうですね、可愛くてきれいな女優さんで鼻の下が長い人は、ほとんどいないと思います。

鼻の下が短いことは、美人顔の条件のひとつといえます。

そうなんですか!?

はい、ちなみに、「鼻の下」と「唇の下」の比率の理想は1:2といわれています

サロンのお客様でもそうですし、私はメイクアップアーティストの仕事もしているのですが、女優さんやモデルさんをみていても、「美人だな…」、「かわいいな…」という方はほとんど、そのバランスが守られているように感じます。

それが、鼻の下がたるんで長くなってきて、「鼻の下」と「唇の下」のバランスが、1:1くらいになっていると、実年齢よりも老けてみえやすくなります

鼻の下が長いと、老け顔になりやすいんですか…。

はい、それに、お顔が間延びした印象になって長くみえたりもしますね。

鼻の下が長いと

実年齢よりも老けてみえやすい
顔が間延びした印象になって長くみえやすい
など

口周りの筋肉の衰えで鼻の下が長くなる

鼻の下の長さは、生まれてついてのものなのですか?

もちろん、骨格による場合もあります。

ただそれよりも、成長過程によるところのほうが大きいです。

年をとってくると、若いときよりもお顔が大きくなったように感じる方もいらっしゃると思います。

それは実際その通りで、20代から60代で、お顔の長さは3cm伸びるといわれています。

え、年齢で顔は長くなるんですか(笑)!?

はい(笑)。

そして、お顔の中でも老けが表れやすいのが、お顔の下半分で、特に口周りです

年齢とともに、フェイスラインが落ち、口角も落ち、それと一緒に鼻の下も長くなってきます。

そうして鼻の下が伸びてくると、上唇が隠れてきて薄くなります。

そうすると、さらに鼻の下が長くなりそうですね…(苦笑)。

はい、そうですね(笑)。

鼻の下が長い原因

(年齢によって顔が長くなる)
1. フェイスラインが落ちる
2. 口角が落ちる
3. それによって鼻の下が長くなる
4. そうして上唇が隠れて薄くなる、より鼻の下が長くなったようにみえる

お顔の下半分の老けは、主に「口輪筋(こうりんきん・口の周りを囲むようにしてある筋肉)」などの口周りの表情筋(表情を作る筋肉)の衰えによるところが大きいです。

口輪筋などが衰えると、鼻の下も長くなってきますし、フェイスラインが落ちてほうれい線が出る原因にもなります。

そうしたお顔の下半分の老けは、メイクだけではなかなかごまかしきれません。

例えば目元は、アイメイクで目をパッチリとみせることもできます。

ただ口元は、加齢によって薄くなった唇を厚くみせようと、唇のないところにメイクで唇を描いても、不自然になってしまいます。

ですので、特に口周りは、老けさせないように意識していただきたいです。

鼻の下が長いのは表情の乏しさなども原因に

日々の生活習慣で、鼻の下が長くなる原因はあるんですか?

お顔の表情筋は、表情が乏しくて筋肉を動かせていないと衰えてきます

例えば、スマホやパソコンをみているときは表情があまりないですし、事務などで人とあまり話さない仕事をしている方も表情が乏しくなりがちです。

それに、電車で周りを観察してみると、鼻の下が落ちてボーッとした表情をしている方もいらっしゃいます

そういった方は、例えばご自宅などでも、無意識の内にそういった表情になっていることが多いです。

そうした表情が長く続くことによっても、鼻の下は伸びやすくなりますよ。

それから、「噛む」という行為も、大事なことです。

昔は、玄米などの固い食べ物がありましたが、現代社会は、やわらかい食べ物が多くなりました。

「食事は30回噛むようにしましょう」といいますが、食べたものをすぐ飲み込んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そういったことも、口周りの筋肉が弱まる原因になります。

後は、口呼吸(口から息を吸って鼻から息を吐く呼吸法)も、口周りの筋肉の衰えにつながりやすいので、気を付けていただきたいです。

鼻の下が長くなる原因

(口周りの筋肉が衰える生活習慣)
普段表情が乏しくて表情筋を動かせていない(スマホ・パソコンの影響、事務仕事で会話することが少ない、など)
鼻の下が伸びてボーッとした表情が癖になっている
食事で咀嚼する回数が少ない
口呼吸を行っている
など

鼻の下を短くする方法

普段から口角を上げることを意識する

鼻の下を短くするのに、セルフケアでやれることはありますか?

まずは、口角を上げることをいつも意識することです。

え、口角を上げるだけでもいいんですか(笑)!?

はい、口角を上げると、口周りの表情筋を使うことができます

ですので、普段から口角を上げるようにしていると、鼻の下も落ちにくくなります。

例えば、パソコン作業をやっているときに、口角を上げるように意識するのもいいですね。

私自身も、メイクのお仕事で撮影が長時間にわたって、「いま、しんどいな…」というときほど、口角を上げることを心がけるようにしています。

それは、本当に素晴らしいですね!

ありがとうございます(笑)。

ちなみに、口角を上げると、笑顔の筋肉が使われますので、脳が幸せを感じやすくもなりますよ。

そういった点でも、口角をあげることはおすすめです。

アヒル口を作る口周りのエクササイズなど

先程のお話では、鼻の下が長くなるのは、口周りの表情筋の衰えによるところが大きいとのことでした。

そうすると、鼻の下を短くするには、そうした表情筋のトレーニングも有効そうです。

はい、そうですね。

鼻の下を短くするには、どんな顔のトレーニングができますか?

ひとつは、アヒル口を作るお顔のエクササイズです。

まずは、唇の端を手で押さえて外に引っ張ります

その状態のまま、唇を突き出すようにしてアヒル口を作って、20秒くらいキープします

そのとき、口角をちょっと上げるようにすると、さらに効果的です。

このエクササイズは、特に唇の筋肉を鍛えることができます。

鼻の下を短くするのにもいいですし、年をとると唇も水分量が減ってしぼんでくるので、それをプルンッとさせるのにもおすすめです。

鼻の下を短くする方法

(アヒル口を作るエクササイズ)
1. 唇の端を手で押さえて外に引っ張る
2. 唇を突き出すようにしてアヒル口を作り20秒くらいキープする(そのときに口角を上げるようにするとさらに効果的)

口周りの表情筋を鍛えるには、顎を手で押さえて口を「ピヨピヨ」するエクササイズもおすすめです。

顎を手で押さえることで、そこにシワが出るのを防ぎます。

このエクササイズは、唇の筋肉から鼻の下まで大きな部分を鍛えることができます。

鼻の下を短くする方法

(口でピヨピヨするエクササイズ)
1. 顎を手で押さえる(顎にシワが出るのを防ぐため)
2. 口をピヨピヨする

大きな口で「ス・マ・イ・ル」などもおすすめ

大きな口で「ス・マ・イ・ル」と発音することも、口周りの筋肉を鍛えるエクササイズになります。

大きな口で「あ・い・う・え・お」と発音する顔のエクササイズもありますが、「ス・マ・イ・ル」と言うのは素敵ですね(笑)。

はい(笑)。

口周りのエクササイズになることもそうですが、自分自身に「笑おうね」と意識することもできるのでおすすめですよ(笑)。

それから、口に箸(はし)をくわえるのも、口周りのエクササイズになります。

口に箸をくわえると、自然と口角が上がって口周りの筋肉を使うことができます

ちなみに、お顔が下を向いていると、口角も上がりづらいです。

ですので、口に箸をくわえることで、お顔も自然と上がって姿勢もピンなってきますよ。

後は、口周りのエクササイズとしては、「舌回し」もおすすめです

舌回しは、口の中で歯ぐきにそって舌を回すエクササイズですよね。

はい、口回しも、口周りの筋肉をしっかり使って鍛えることができますよ。

鼻の下を短くする方法

(口周りのエクササイズ)
大きな口で「ス・マ・イ・ル」と発音する
口に箸をくわえる
舌回しを行う

  • 難しい顔筋ケアが手軽で顔UP!プロも驚いた装着型の美顔器!

    ヤーマン メディリフト
    難しい顔筋ケアを自然としてくれて数分で顔がキュッと上がった!(エステサロン ロータスロータス 尾本 広美 先生)

ヤーマン メディリフト
難しい顔筋ケアを自然としてくれて数分で顔がキュッと上がった!(エステサロン ロータスロータス 尾本 広美 先生)

鼻の下を短くするには継続したケアが大事

ちなみに、いま教えていただいたエクササイズなどは、鼻を短くするのに、どのくらいで効果を得られるものですか(笑)?

それは、個人差もありますが…(笑)。

ただ、口周りの筋肉を普段あまり動かせていない方でいらっしゃれば、1~2週間くらいで効果を実感いただきやすいです

そうしてまずは、最初の一ヶ月間くらい頑張っていただければ、その後は、エクササイズを週にいちどくらいの回数を減らしても、筋肉は落ちにくくなります

それを、さらに三ヶ月くらいエクササイズを続けていだくと、「上がった形」の筋肉が定着化してきます

そうすれば、後はそれがゆるんでこないように意識すれば、その状態を維持しやすくなります。

ですので、口周りのエクササイズは、例えば「トイレに行ったときにやろう」と決めておいて習慣化するのもおすすめですよ。

鼻の下を短くするには

(口周りのエクササイズなどを行う期間)
1~2週間:効果が感じられるようになってくる
1ヶ月:エクササイズを週1回くらいに減らしても筋肉が落ちづらくなる
3ヶ月:「上がった形」の筋肉が定着化してくる

鼻の下を短くするとアンチエイジング効果も高い

お顔の老化という点では、鼻の下の長さよりも、フェイスラインのたるみやほうれい線のほうが気になりやすいと思います。

そうですね、私も正直、たるみは目に付きますが、鼻の下の長さを意識したことはあまりありません。

ただ、ほうれい線を薄くするよりも、鼻の下を短くするほうが、アンチエイジング効果も実感しやすいかもしれません。

そうなんですね!?

そうしたら、先生から教わったエクササイズを、私もすぐ始めます(笑)。

はい(笑)。

ですので、口周りのケアは、エイジングケアにもおすすめです。

メイク方法でも鼻の下を短くみせられる

ちなみに、先生はメイクのお仕事もされていますが、鼻の下を短くみせるメイクのポイントもあるんですか?

はい、ひとつは、鼻の下にチークを入れる方法です。

そのときのチークは、ラメが入っているものではなく、オレンジ系やコーラルピンクなどのものがいいです。

頬にチークを付けて、それをそのまま鼻の下まで伸ばしてあげます。

それから、リップメイクで、上唇をオーバーリップに大きめに描いてあげたり、唇の山の部分にホワイトを入れて唇をプリッとさせたりすることでも、鼻の下を短くみせることができますよ。

鼻の下を短くする方法

(メイクで鼻の下を短くみせる)
オレンジ系などのチークを鼻の下まで伸ばす
上唇をオーバーリップに大きめに描く
唇の山の部分にホワイトを入れて唇をプリッとさせる

編集部の選ぶ鼻の下を短くするのにおすすめの美顔器

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、加藤先生のインタビュー記事です(先生、ありがとうございました!)。

口周りの表情筋を鍛えるには、EMS機能を備えた美顔器も手軽で即効性が高くておすすめです。

ここからは、編集部の選んだおすすめの美顔器をご紹介します。

ヤーマン メディリフト

(PR)

3分で顔がキュッと上がる!付けるだけで難しい顔筋ケアが簡単に!

美容家電メーカー「ヤーマン」が新発想で開発した着けるだけのウェアラブル美顔器で、楽天などで第1位を獲得した実績があります。
顔の筋肉の場所によってEMSの周波数を変えて、「休ませるべき筋肉」にはストレッチを「動かすべき筋肉」にはトレーニングをを行い、見た目年齢を決める顔の下半分にアプローチします。

●通常価格:税別25,000円
●機能:EMS

美容家の感想

フェイシャルエステサロン ロータスロータス
尾本 広美 先生

セルフケアの難しい顔筋を勝手にケア!ほうれい線がなくなって輪郭もすっきり!

セルフケアが難しい場所の筋肉を、付けるだけで勝手にケアしてくれます(笑)。各筋肉に適した周波数で場所によってピリッ感が違い、筋肉のいい疲労感の中で美顔器を取ると、ほうれい線が薄くなって「なくなった!」と驚いたのと、顔が締まって引き上がり、たった数分のケアでも違いがすぐわかりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

ヤーマン RFボーテ フォトPLUS EX

(PR)

ラジオ波で小顔・美肌効果UP!全エステケアがボタンふたつで!

美容家電メーカー「ヤーマン」人気シリーズの美顔器で、累計出荷台数が100万台を突破した公式通販限定モデルです。
6つの機能を一台に備えたオールインワンタイプで、エステの施術での「温める」というアプローチを取り入れ、ラジオ波で温めながらトリートメントを行うことで各機能の効果をさらに高めて全方位型のアプローチを実現しました。

●通常価格:税別45,000円
●機能:EMS・イオン導入・LEDフォト・マイクロカレント・冷却・イオン導出

美容家の感想

プライベートサロン YOI
中村 翠 先生

エステケアが一台で全部できるのがすごい!肌はハリ感が出て顔のむくみも解消!

エステで行う「温める・汚れを取る・栄養を与える・筋肉に刺激を与える」を、ボタンふたつで行えるのがすごいです! 肌のハリ感が出て小じわも軽減されましたし、メイクの乗りも良くなりました。それに、ラジオ波で肌深部から温めることで、むくみが取れてフェイスラインもすっきりしました。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、鼻の下を短くする方法をまとめます。

1. 普段から口角を上げるように意識する
2. 唇の両端を外に引っ張りアヒル口を作る
3. 顎を手で押さえて口をピヨピヨする
4. 大きな口で「ス・マ・イ・ル」と発音する
5. 口に箸をくわえる
6. 舌回しを行う
7. オレンジ系などのチークを鼻の下まで伸ばす
8. リップメイクで、上唇をオーバーリップに大きめに描く
9. リップメイクで、唇の山の部分にホワイトを入れて唇をプリッとさせる

鼻の下が長いと、老けた印象が強くなってしまいます。

それは、加齢などによる口周りの筋肉の衰えなどから起こります。

そのため、鼻の下を短くするには、顔のエクササイズなどで口周りの筋肉をトレーニングすることが大切です。

今回、加藤先生に教えていただいた方法は、どれも簡単にできるものばかりです。

ちょっとした空き時間などで、口周りのケアを行うようにしてはいかがでしょうか?

* 2017年7月3日に公開した『鼻の下が長い…?鼻と口の間の長さを短くする8つの方法とは』を再編集しました。

関連キーワード