キレイの先生

ホーム > 肌荒れに答える > 

色素沈着とは?大きな原因2つと消すためにできること4つ

エイジングケアサロン サンテキュア  本間 由美子 先生

色素沈着とは?大きな原因2つと消すためにできること4つ

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「色素沈着」です。こう書くと、ちょっと難しそうな感じがしますね。

色素沈着は、簡単にいうと、シミにつながりやすいものです。

シミがあると、年齢を感じさせてしまいますから、改善したいものですよね。

取材させていただいたのは、エイジングケアサロン サンテキュア の本間 由美子 先生です。

色素沈着とは、何なのでしょうか?

何が原因になるのでしょうか?

そして、色素沈着を消すには、どうしたら良いでしょうか?

本間 先生に教えていただきました。

本間 先生の記事

こちらは、本間 先生の前編の記事です。後編では、「クレンジング」について取り上げます。正しいクレンジングを行うと、色素沈着の改善にもつながるそうです。

目次

色素沈着の原因1. メラニン色素

色素沈着の原因2. 化粧品

色素沈着を消すには

まとめ

本日のキレイの先生

エイジングケアサロン サンテキュア

本間 由美子 先生

「キレイの先生」編集部

色素沈着の原因1. メラニン色素

本間 先生、よろしくお願いします。今回のテーマは、「色素沈着」です。

そもそも、「色素」とは、何なのでしょうか?

それにはまず、お肌の構造からお話ししましょう。

お肌の真皮(しんぴ)は、ハリ・弾力の元となるコラーゲンやエラスチンがあって、お肌の土台となっています。

皮膚の断面図イメージ

例えば、紫外線は、コラーゲンやエラスチンを壊す作用があります。

そこで、真皮を守るために、「メラノサイト」という細胞が、「メラニン色素」を出すのです。このメラノサイトは、お肌の細胞を作っている「基底層(きていそう)」にあります。

色素沈着するまで

「メラニン色素」が、色素沈着の「色素」なのですか?

はい、そうです。

すると、メラニン色素が、シミの黒っぽい色をしているのですね。

元々は、黒っぽい色をしているわけではないのですが、「チロシナーゼ」という酵素によって、黒色化していきます。

お肌を守るために、黒くなっていくようなイメージですね。

メラニン色素は悪者にされがちですが、お肌を守るために発生するものなのです。

たしかに、メラニン色素に良いイメージはありません。

ただ、先生の話をお聞きすると、お肌を守る働きがあって、悪者とはいえなさそうです…。

ちなみに、紫外線以外にも、メラニン色素が発生する原因はあるのでしょうか?

お肌への刺激も、メラニン色素が発生する原因になります。

例えば、洗顔で顔をゴシゴシ洗ったり拭いたり、花粉症で目や鼻をこすったりすることも、刺激になります。

そういったことによっても、お肌を守るために、メラニン色素が発生するのですね。

色素沈着は、そのメラニン色素がお肌に沈着、つまり付着してしまうことをいうのでしょうか?

お肌は、「ターンオーバー」が働いていて、若い人で周期は28日といわれています。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側(基底層)で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーについては、下の記事でもご紹介しています。

通常、メラニン色素はターンオーバーによって排出されます。

ただ、老化や刺激によって、ターンオーバーが乱れて、メラニン色素が排出されないと、色素沈着になって、シミにもつながりやすくなります。

色素沈着するまでの流れ

メラニン色素が発生して、色素沈着してしまうまでの流れをまとめます。

1. 紫外線を浴びる。お肌をこすったりして刺激を与える。

2. メラノサイトが、お肌を守るために、メラニン色素を出す。

3. チロシナーゼ(酵素)がメラニン色素を黒色化させる。

4. ターンオーバーの乱れでメラニン色素が排出されずに色素沈着に。

こうしてみてみると、紫外線対策をしたり、ターンオーバーがきちんと働くようにしたりすることで、色素沈着を予防できることが分かりますね。

色素沈着の原因2. 化粧品

色素沈着には、もうひとつのパターンがあります。

それは、化粧品が原因になるものです。

どういうことでしょうか?

健康的なお肌は、毛穴の皮脂腺(ひしせん)から皮脂(ひし)が、汗腺(かんせん)から汗が分泌されて、「皮脂膜(ひしまく)」を作ります。

これは、最高の天然の保湿クリームです。

皮脂膜とは

皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を守ったりする役割があります。

お肌が皮脂膜を十分に作ることができずに乾燥していると、化粧品で油分を補ったりすると思います。

その化粧品が酸化して錆びると色が付き、色素沈着してしまう場合があります。

私自身、過去にそのような経験がありました。

「良かれ」と思った化粧品が、色素沈着の原因になることがあるのですか…。

色素沈着は、シミにつながります。

シミには、紫外線から来るもの、そばかす、肝斑(かんぱん)、ADMなど、様々な種類があります。

例えば、そばかすは子どものころから出来るもので、遺伝によるところが大きいです。肝斑は、ホルモンバランスが原因と考えられます。

これらは、見ただけで区別を付けるのは難しいです。

サロンでは、お客様にヒアリングしながら、当たりを付けてケアするようにしています。

色素沈着を消すには

色素沈着を消すには

色素沈着を消すには、どんなことができるでしょうか?

ひとつは、ビタミンCを多く摂ることです。

それは、食べてですか? それとも、スキンケアですか?

どちらもです。

ただ、化粧品の場合は、ビタミンC誘導体でなければ、お肌の中にビタミンCが入っていきづらいです。

ビタミンC誘導体について

ビタミンCは壊れやすいため、化粧品でそのまま入れるのは難しいです。そのため、ビタミンC誘導体などで入れていきます。ビタミンC誘導体は、体内の酵素反応によってビタミンCになります。

化粧品は、毛穴の中の汚れをきれいにしておかないと浸透していかないため、クレンジングが大切になります。

そして、洗顔では刺激を与えないことです。

洗顔は、皮膚に手が触れないように、泡を転がすようにして汚れを落としていきます。

洗顔はすすぎを30回以上?

本間 先生のおっしゃるように、手でこするようにして洗顔すると、それが刺激になってしまいます。そのため、もちもちの泡で洗顔することが大切です。

洗顔については、下の記事で、すすぎを30回以上行う洗顔方法をご紹介しています。

色素沈着には、ターンオーバーを促すことも効果的です。

ターンオーバーで色素を排出するのですね。

老化には、「自然老化」と「環境老化」があります。

自然老化は、年齢的なものです。

環境老化は、生活習慣や環境によって、老化が進むことをいいます。

環境老化は、例えば運動不足・睡眠不足・栄養不足にならないように気を付けたり、紫外線対策をしたりして、生活を見直すことで、ゆるやかにすることができます。

他には、メラノサイトが過活動しないように抑える化粧品も、色素沈着には良いです。

色素沈着を消すには?

色素沈着を消すためにできることをまとめます。

1. 食べ物やスキンケアでビタミンCを摂る(スキンケアの場合は、ビタミンC誘導体で)

2. 洗顔で刺激を与えない

3. 生活習慣を見直してターンオーバーを整える

4. メラノサイトが過活動しないように抑える化粧品

まとめ

メラニン色素がシミの原因になることは、よく知られています。

そのため、メラニン色素のことは、つい悪者に思いがちです。

ただ元々は、お肌を守るために発生するものだったのですね。

紫外線対策を怠る、スキンケアで刺激を与える、そんなことがメラニン色素を発生させます。

私たちの普段の生活が、色素沈着の原因になっているといえそうです。

まずは、それらを見直すことが、色素沈着を消すことにも大切なのかもしれません。

本間 先生の記事

こちらは、本間 先生の前編の記事です。後編では、「クレンジング」について取り上げます。正しいクレンジングを行うと、色素沈着の改善にもつながるそうです。

本日のキレイの先生