キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

色素沈着とは?改善には肌の働きを取り戻すこと!美容専門家に聞く

グリーンピール専門サロン JUNON  岩崎 知美 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「色素沈着」です。

大阪府新大阪 グリーンピール専門サロン JUNON の岩崎 知美 先生にインタビューさせていただきました。

色素沈着は、皮膚に色素が沈着してしまい、お肌がくすむ症状のことをいいます。

すぐに改善できるものではないので、厄介な肌悩みといえると思います。

色素沈着は、何が原因なのでしょうか?

そして、改善するには、どうしたら良いのでしょうか?

岩崎先生に教えていただきました。

目次

色素沈着とは
・色素沈着の原因
・色素沈着は年齢も関係している?

色素沈着を改善するには
・スキンケアで心がけたいこと
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

本日のキレイの先生

グリーンピール専門サロン JUNON

岩崎 知美 先生

「キレイの先生」編集部

色素沈着とは

岩崎先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「色素沈着」です。

まずは、色素沈着とは何ですか?

色素沈着は、色素細胞から過剰に分泌されたメラニン色素が、表皮(ひょうひ)や真皮(しんぴ)に沈着して起こる黒ずみのことをいいます。

表皮・真皮について

皮膚は、「表皮」・「真皮」・「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造になっています。

ひと言で色素沈着といっても、種類は色々があって、例えば、ニキビ跡もそのひとつですし、アトピー跡お肌をかきむしった跡摩擦の跡なども含まれます。

色素沈着があると、見た目の印象も変わると思います。

そうですね、例えば、ボディでも肩や腕に色素沈着があると、普段はお洋服で隠れているのであまり気にならないでしょうが、夏に水着や露出の多いお洋服を着たときに気になるでしょうし、お顔の場合は、色素沈着がシミとして表れる場合も多いので、とても気になりやすいと思います。

シミも、色素沈着のひとつなんですか?

そうですね、大きくいうと、色素沈着のひとつといえます。

紫外線の影響を受けて日焼けして、色素沈着が出た場合、それを放置しておくと、シミになって残ったりしますので。

そうすると、シミは色素沈着が進んだ症状といえるんですか?

はい、ですので、シミを改善するのは時間がかかったり難しかったりしますよね。

先生のサロンにも、色素沈着を気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、当サロンは、シミもそうですが、全般的な色素沈着を解決したいというお客様も多いですよ。

色素沈着の原因

色素沈着は、どんなメカニズムで起こるんですか?

細かく説明すると難しくなってしまうので、できるだけ簡単にいうと…。

ありがとうございます(笑)。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層から出来ています。

その中の表皮が、一般的に「お肌」といっている部分で、ここが、外からの刺激や水分の蒸散を防いだりして皮膚を保護しています。

その表皮は、さらに4層に分かれていて、いちばん下の「基底層(きていそう)」のところにある色素細胞の「メラノサイト」が、紫外線からの刺激を受けたりすると、シミなどの原因になるメラニン色素を作り出します

それが、様々な要因で、局部的にメラニンを大量に生成し続ける部分が出てくることがあります。

そうすると、そこの部分で色素沈着が起こります。

それは、具体的には、どんなことが原因になるんですか?

例えば、スキンケアなどでの摩擦によるところも大きいですし、ホルモンバランスの乱れストレス化学物質なども原因になります。

色素沈着は年齢も関係している?

色素沈着は、年齢も関係しているんですか?

例えば、年が行くほど色素沈着が起こりやすくなる、といったことはあるんですか?

はい、年齢も深く関わっていますよ。

年をとると、身体もそうですが、お肌も新陳代謝が悪くなって、それにともなってお肌のターンオーバーも乱れがちになります。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

ターンオーバーが乱れると、メラニン色素が排泄されずにお肌に残りやすくなってしまいますので、その分、色素沈着も起こりやすくなりますよね。

色素沈着を改善するには

先生のサロンでは、色素沈着には、どんなケア・施術が効果的ですか?

当サロンは、「グリーンピール(ハーブを用いて肌代謝を上げるトリートメント)」の専門サロンです。

グリーンピールで、色素沈着も少しずつ解決していけますよ。

(参考:エステティシャンに聞く「グリーンピール」とは

それから、普段からのスキンケアが大事になってきますので、お客様には、お肌の状況に合ったホームケアを行っていただくようにしています。

色素沈着を治すのに、何が大切ですか?

色素沈着があるということは、お肌の働きが悪くなっている状態といえますから、新陳代謝を上げて、お肌の正常な働きを取り戻すことが最優先だと思います。

グリーンピールはお肌の代謝を上げることができますから、それで、色素沈着にはいいんですね。

スキンケアで心がけたいこと

色素沈着を改善するのに、普段のスキンケアで心がけたいことはありますか?

クレンジング・洗顔という点でいうと、まずは、お肌を刺激しないことです。

それは、クレンジング・洗顔で摩擦を起こさないようにするということですか?

そうですね、例えば夏場は、お肌が油っぽくなったり汗ばんだりするので、クレンジング・洗顔でゴシゴシされる方も多いですが、摩擦を起こさないことが大切です。

サロンのお客様にお伝えしているのは、皮膚がよれないように、皮膚を動かさないでクレンジング・洗顔することを、ポイントとしてお伝えしています。

それから、お肌を乾燥させないことを、特に心がけていただきたいです。

お肌が乾燥すると、刺激を受けやすくなって、メラニン色素を多く作る原因になりますから、保水や保湿はとても大事です。

後は、ご自分のお肌に合っていないスキンケア化粧品をお使いになると、お肌に負担がかかりますので、できればエステサロンなどでご確認していただきたいです。

それと、一年中行っていただきたいのが、UVケアです。

紫外線の強い時期だけUVケアを行うという方もいらっしゃいますが、紫外線がまったく降り注いでいない日はありません。

曇りや雨の日はつい油断しがちになりますが、そういうときもUVケアをしっかり行っていただきたいです。

生活習慣で心がけたいこと

色素沈着を改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

先程お話ししたように、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが、お肌のターンオーバーが乱れる原因になります。

生活習慣で特に心がけていただきたいことは、お肌の生まれ変わりは睡眠中に行われるので、できるだけ質のいい睡眠を確保することです。

それから、食事では栄養の偏(かたよ)りも良くありません。

その上で、美肌作りに必要な3つの栄養素を積極的に摂っていただきたいです。

その3つの栄養素とは何ですか?

ひとつは、「ビタミンC」です。

ビタミンCは、抗酸化作用が高いので、色素沈着にもいいです。

それから、「ビタミンA」です。

ビタミンAは、「β-カロテン」ともいわれていて、こちらも抗酸化作用の高い栄養です。

後は、ダイエットでは省きがちな方も多いですが、良質な「タンパク質」も、お肌を作るのに大切な栄養素です。

色素沈着に対処するには、こういった栄養素を意識して食事に取り入れることもおすすめです。

まとめ

色素沈着は、お肌にメラニン色素が沈着した黒ずみのことをいいます。

色素沈着を改善するには、お肌の代謝を上げて、色素を排泄してあげることが大切です。

それと合わせて、症状が悪化しないように、クレンジング・洗顔で肌摩擦を起こさないようにしたり、スキンケアできちんと保湿したりすることを意識したいです。

色素沈着の気になる方は、岩崎先生のアドバイスをご参考にしてみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生