美容のスペシャリストが教えるキレイ

年齢肌を若見え肌に!スキンケアをちょっと改善!プロに聞く方法12

本日のキレイの先生

今泉 まいこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「年齢肌」です。

東京都広尾 肌育&再生美容 サロンプルマージュ の 今泉 まいこ 先生にインタビューさせていただきました。

年を取るほど、お肌も衰えていきますので、たるみやシワなどのエイジングサインも出やすくなります。

ただ、毎日のお手入れをきちんと行うことで、年齢を感じさせないお肌を作ることもできるといいます。

年齢肌を改善するのに、普段のスキンケアで行えることなどを中心に、今泉先生に教えていただきました。

目次

年齢肌の原因は?
・年齢肌の症状は何歳くらいから表れやすい?
・生活習慣で原因になること

年齢肌を改善するには?
・クレンジング・洗顔でのポイント
・化粧水やクリームなどのポイント
・スペシャルケアでやれること
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

年齢肌の原因は?

今泉先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「年齢肌」についてです。

年齢肌は、どんな症状の表れたお肌のことをいうでしょうか?

年齢肌の症状としては、まずは、シワやたるみが目立つ状態が上げられます。

それは、加齢とともに、真皮(しんぴ・皮膚は3層に分かれていて、その真ん中の層)の「コラーゲン・エラスチン(皮膚の弾力成分)」などが減少することなどから起こります。

それに、加齢で、水分を保持する力がなくなってきますので、乾燥シワなども出やすくなります

それから、長年の紫外線ダメージによるシミなどもありますよね。

後は、年齢肌の症状としては、くすみも大きいです。

お肌のターンオーバーは、20代くらいまでは28~29日の周期ですが、加齢でその周期も長くなっていきます。

「年齢肌かしら…」と感じられている方は、その周期が60日くらいになっている可能性も高いです。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

そうやって、ターンオーバーの周期が乱れてくると、古い角質(古くなった肌細胞)が剥がれ落ちずに肌表面にたまって、くすみの原因にもなります。

ちなみに、年齢肌は、ホルモンバランスによる影響もあります。

特に40代を超えると、美肌を作る女性ホルモンの「エストロゲン」が減少していきます。

これも、仕方のないところではありますね。

年齢肌の症状は何歳くらいから表れやすい?

年齢肌の症状は、何歳くらいから表れやすいですか?

それは、人によって様々です。

日常のスキンケアをきちんと行えている方は、50代になっても、お肌はピンとしたハリやうるおいを持っています。

ただ、30代くらいから、年齢肌の症状を気にされる方が増えてくる印象があります。

30代からですか!?

意外と結構早いんですね…。

そうですね、私もそうだったのですが、30歳を越えると、体質も変わってきます

例えば、前日の疲れが抜けにくくなったり、徹夜ができなくなったりしました。

それとともに、お肌に急に変わってきて、30代初めから、お肌の乾燥やシワなどが目立ってくる方もいらっしゃいます。

それで、サロンに駆け込んでくる方も多いですよ。

生活習慣で原因になること

年齢肌は、もちろん年齢によるところもあるでしょうが、日々の生活習慣で、お肌の衰えが進んでしまうこともあると思います。

そうですね、ひとつは、紫外線の影響も大きいですよね。

特に、紫外線のA波を長年浴び続けていると、真皮層の線維芽細胞(せんいがさいぼう・コラーゲンやエラスチンを作り出す細胞)がダメージを受けて衰えていきます。

そうやって、紫外線で、お肌の大元といえるところが傷ついてしまうと、お肌の弾力もなくなってきますし、水分保持の機能も低下して、お肌の若さを保つことが難しくなってきます。

それから、生活習慣も、お肌の状態に大きく関係してきます。

例えば、食生活が乱れていたり、不規則な生活で寝不足だったり、ストレスなどで自律神経(人間の身体と心をコントロールしている神経)が乱れていたりすると、ターンオーバーの乱れにもつながります。

ターンオーバーは、周期の最後の2週間で、死んだ角質が剥がれ落ちる必要があります。

それが、ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちなくなって、どんどんたまっていってしまいます。

そうすると、お肌のくすみにもつながるんですね。

はい、それに、お肌がゴワゴワしてきたりもしますね。

それから、スキンケアでは、摩擦には気を付けていただきたいです。

スキンケアをゴシゴシと行っていると、本来なめらかなお肌に傷を付けてしまいます。

後は、一年中同じスキンケア化粧品をお使いになることも、あまりおすすめできません。

できれば、季節やお肌の状態に適した化粧品をお選びになっていただきたいです。

年齢肌を改善するには?

先生のサロンでは、年齢肌を改善するのに、どんな施術・ケアが効果的なんですか?

サロンでは、「プロテオグリカン(美容成分)」の粧剤(化粧品)を中心に、お肌に入れ込んでいきます。

プロテオグリカンは、EGF作用が高く、エイジングケアにもおすすめの成分です。

それから、たるんだ顔筋を持ち上げるようなマッサージも、年齢肌の方にはおすすめですよ。

さすがに、いちどの施術で年齢肌を改善するのは、難しいんですよね(笑)?

そうですね、いちどの施術で改善するのは難しいですが、一回で効果は実感していただけますよ。

お客様には、その状態を保つようにホームケアを行っていただいて、サロンにまたお越しいただくようにしていただきます。

当サロンでは、ターンオーバーを整えるのに、月いちどのお手入れをおすすめしていて、6回くらい施術を行うと、「お肌が半年前とは全然違う」とご実感いただけることが多いです。

クレンジング・洗顔でのポイント

年齢肌を改善するのに、クレンジング・洗顔でのポイントはありますか?

スキンケアでは、特にクレンジングは大切です

クレンジングで汚れが残っていると、色素沈着して、くすみの原因にもなります。

クレンジングは、毎日丁寧に行うことを心がけていただきたいです。

それには、具体的にどんなことを心がけるといいですか?

まずは、特にお肌の乾燥が気になる方は、オイルクレンジングよりも、クリームタイプジェルタイプがおすすめです。

一般的に、オイルクレンジングですと、自分の皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)を取りすぎてしまうことが多いです。

そうすると、皮脂が増える原因にもなります。

皮脂の取りすぎで

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を保護したりする働きがあります。

そのため、クレンジングで必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、皮脂の分泌が過剰に増える場合があります。

ですので、丁寧にクレンジングを行うには、クリームタイプやジェルタイプなどがおすすめです。

それから、クレンジングは、水で洗い流すと、どうしても洗い残しが出てきやすいです。

ですので、水にひたひたに浸(ひた)したコットンで、優しく拭き取ってあげるといいですよ。

鏡をみながら行うと、より丁寧に拭き取ることができますね。

それで、その後の洗顔も、ゴシゴシとこすらずに、泡で洗うことを心がけていただきたいです。

後は、お顔をすすぐのに、身体に浴びるシャワーと同じ温度のお湯で行う方や、冷たい水で行う方もいらっしゃいます。

ただ、お顔をすすぐときのお湯の温度は、32度が理想です

その温度が、余分な汚れだけを落として、必要な皮脂を残すのにベストですよ。

化粧水やクリームなどのポイント

年齢肌を改善するには、スキンケアでの保湿も大事なんですよね?

はい、もちろんです。

スキンケアできちんと保湿するのに、ポイントはありますか?

スキンケア化粧品は、ハンドプッシュで付けることをおすすめします。

例えば、化粧水は、コットンで付けることもできますが、その後に、自分の手の体温を利用してハンドプッシュを行うと、化粧水の入り方が違ってきます。

それで、化粧水の後は、あまり間を置かずにクリームに移ります

クリームは、いきなりお顔の上で伸ばすのではなく、まずは、手になじませて体温で温めてから、お顔に乗せていくといいですよ。

それから、保湿だけでは、年齢肌を改善するのは難しいです。

ですので、エイジングケアには、最適なスキンケア化粧品をお選びになることも大事ですよ。

例えば、「アスタキサンチン」などの抗酸化作用の高い成分や、ヒト幹細胞培養エキス、EGF・FGFなどが配合されている化粧品がおすすめです。

スペシャルケアでやれること

年齢肌を改善するのに、スペシャルケアでやれることはありますか?

私は、自分自身のお手入れとして、化粧水でローションパックを行ったりしています

ローションパックではなくても、シートパックをお使いの方もいらっしゃるでしょうが、パックを行うときは、3分くらいでやめていただきたいです。

中には、パックをお顔に15分くらい乗せている方もいらっしゃるようですが、そうすると、お肌の水分がシートのほうに戻っていってしまいます。

ですので、パックを行うときは、物足りなさがある3分くらいで取っていただきたいです。

後は、古い角質が肌表面にたまることでも、お肌はくすむとのことでしたので、角質ケア(余分な角質を取り除くお手入れ)も良さそうですよね?

そうですね、例えば、「スクラブ・ゴマージュ(微細な粒子で角質を剥がし落とす角質ケア)」を、一週間にいちどくらい取り入れていただくのもいいですよね。

もしくは、洗顔料にスクラブなどを入れて、洗顔を行っていただくだけでも、余分な角質を取り除くことができます。

それも、一週間にいちどで大丈夫です。

生活習慣で心がけたいこと

年齢肌を改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

まずは、ミネラルやビタミンを意識的に摂取していただきたいです。

それらの栄養は、ターンオーバーにも必要ですので。

それから、お風呂は湯船につかっていただきたいです。

シャワーだけでは身体も温まりづらいですし、お顔もふやけません。

そうすると、角質も落ちにくくなります。

後は、睡眠時間を一定にすること、ストレスをためないことなど、基本的な生活習慣を整えることも大事ですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、年齢肌を改善する方法をまとめます。

1. クレンジングは、クリームタイプやジェルタイプがおすすめ
2. クレンジングは、水をひたひたに浸したコットンで優しく拭き取る(水で洗い流すと、洗い残しが出てきやすい)
3. 洗顔は、泡で洗う
4. 顔をすすぐときは、32度のぬるま湯で行う
5. 化粧水は、ハンドプッシュで入れ込む(コットンで付けたときも、その後にハンドプッシュを行うのがおすすめ)
6. クリームは手になじませて体温で温めてから、顔に乗せていく
7. エイジングケアに適したスキンケア化粧品を使う(抗酸化作用の高い成分・ヒト幹細胞培養エキス・EGF・FGFなどが配合された化粧品がおすすめ)
8. ローションパックを行う(3分くらいで顔から外す)
9. 週にいちど角質ケアを行う(洗顔料にスクラブなどを混ぜて、洗顔を行っても良い)
10. ミネラルやビタミンを意識的に摂る
11. お風呂は湯船につかる
12. 生活習慣を整える(睡眠時間を一定にする、ストレスをためない、など)

年齢肌を改善するには、日頃のお手入れにほんのひと手間を入れて、丁寧にスキンケアを行うことが大切といえそうです。

「年齢肌かな…」と気になってきたときは、先生のアドバイスをご参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード