美容のスペシャリストが教えるキレイ

ツルツルたまご肌を作る!スキンケア方法にスペシャルケア!美容家に聞く

本日のキレイの先生

江利川 美奈 先生

今回のテーマは、「たまご肌の作り方」です。

東京都代々木公園 純粋美サロン Miju Copine の江利川 美奈 先生にインタビューさせていただきました。

たまご肌は、卵のようにツルツルしたお肌のことをいいます。

それには、スキンケアでの保湿がいちばん大切で、特に化粧水でたっぷりとうるおいを与えることがポイントになるそうです。

ツルツルのたまご肌を作るのに、普段のスキンケアで行えることや、おすすめのスペシャルケアについて、江利川先生に教えていただきました。

目次

ざらつき肌の原因
・毛穴や角質肥厚によって肌がざらつく
・普段の生活習慣やスキンケアがざらつき肌の原因に

ツルツルたまご肌の作り方
・化粧水は肌に手が吸い付くまで重ね付けするなど
・たまご肌を作るには角質ケアもおすすめ
・美肌には加圧トレーニングなどもおすすめ
・たまご肌を作るのにおすすめのサロンケアは?

編集部の選ぶたまご肌を作るのにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

ざらつき肌の原因

江利川先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「たまご肌の作り方」です。

たまご肌というのは、卵のようにツルツルのお肌のことをいいますよね。

はい、いわゆる「美肌」と呼ばれるお肌ですよね(笑)。

毛穴のみえないツルツルのお肌はきれいですし、そういったツヤ肌は若々しい印象を与えます

はい、私も憧れます(笑)。

たまご肌の反対は、ざらつきのあるお肌だと思いますが、そうすると、見た目の印象も変わってくると思います。

そうですね、不健康そうにみえやすいですし、老けてみえやすくもなりますね。

ちなみに、先生のサロンのお客様にも、お肌のざらつきや毛穴の目立ちが出ている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいます。

毛穴や角質肥厚によって肌がざらつく

お肌のざらつきは、何によるものなんですか?

ひとつは、毛穴です。

それは、毛穴の開きや詰まりということですか?

はい、そうです。

ただ変な話、若いときの丸い毛穴の開きは、あまり気にならない場合もあります。

ただ、年齢を重ねるごとにお肌がたるんできて、毛穴が重力に引っ張られるように楕円や涙型のような形になると、お肌の質感が悪いようにみえたりします。

それに、ざらつきも感じやすくなります。

それは、毛穴が縦に伸びてくる「たるみ毛穴」のことですね。

はい、そうすると、毛穴が下がった分、それに比例して見た目年齢もプラスされやすいです。

後は、お肌のざらつきは、乾燥によるものもありますし、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)が正常に働いていなくて古い角質(肌表面の古くなった肌細胞)が肌表面にたまっていることからも起こります。

古い角質が肌表面にたまるのは、いわゆる「角質肥厚(かくしつひこう)」と呼ばれる状態ですね。

はい、そうです。

それによって、お肌のざらつきを感じる方も多いです。

ざらつき肌は何によるもの?

(毛穴)
毛穴の詰まり
毛穴の開き(特に加齢によるたるみ毛穴は年齢を感じさせやすい)
肌の乾燥
ターンオーバーの乱れから古い角質が肌表面にたまっている

普段の生活習慣やスキンケアがざらつき肌の原因に

日々の生活習慣で、お肌のざらつきの原因になることはありますか?

ひとつは、夜にメイクを落とさずにそのまま寝てしまったり、クレンジング・洗顔でお顔の汚れをきちんと落とせていなかったりすることです。

そうすると、その汚れが毛穴に詰まったりしてしまいますもんね…。

はい、ですので、クレンジング・洗顔での汚れの落とし残しには気を付けていただきたいです。

ただ逆に、クレンジング・洗顔のやりすぎも良くありません

お肌を保護するには、ある程度の被膜(ひまく)も必要です。

クレンジングなどでこすりすぎて、それを落としすぎてしまうと、お肌の保水力も不十分になります。

肌の保水力について

毛穴から分泌されている油分の「皮脂(ひし)」は、皮膚の表面で汗などの水分が混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだりする役割があり、それをクレンジングなどで落としすぎてしまうと、肌は乾燥しやすくなります。

それから、睡眠不足・ストレス・食生活の乱れなどの生活習慣も、お肌の状態に関係してきます。

生活習慣が乱れていると、ターンオーバーの乱れる原因になります。

それに、喫煙もお肌に悪影響があります。

ざらつき肌の原因

夜にメイクを落とさずに寝てしまう
クレンジング・洗顔で汚れを落とし切れていない
過剰なクレンジング・洗顔
生活習慣の乱れ(睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、など)
喫煙
など

ツルツルたまご肌の作り方

化粧水は肌に手が吸い付くまで重ね付けするなど

ツルツルのたまご肌を作るには、何が大事ですか?

基本的なことですが、やはり保湿が大切です。

たまご肌を作るのにも、保湿が大事なんですね。

そのためのスキンケアでのポイントはありますか?

ひとつは、化粧水を重ね付けすることです。

化粧水は、いちどで付けるよりも、重ね付けしたほうがいいんですか?

はい、いちどの化粧水の量を多くしても、いちどにお肌に入っていく量が決まっていて、たくさんは入っていきづらいんですね。

そうなんですか!?

はい、ですので、化粧水は何回かに分けて入れていくほうが、お肌にたくさん入っていきます

ちなみに、それは、何回くらい化粧水を重ね付けするといいですか?

スキンケア化粧品のCMで、手がお肌に吸い付くようなところを目にしたことがありますよね。

そういった状態になったら、「十分入ったかな」というサインです。

そうすると、化粧水は、手にお肌が吸い付くまで重ね付けしたほうがいいんですね。

はい、それもあって、私は、化粧水はコットンよりも手で付けることをおすすめしています。

手の平で化粧水を付けると、色んなことが感じられますよ。

その上で、保湿効果の高い成分が…例えば「セラミド」などが高濃度に含まれている化粧水をお使いになると、尚いいですね。

後は、週にいちどくらい「コットンパック(コットンに化粧水を浸してパックすること)」を行ってあげることもおすすめです。

コットンパックは、お肌にたっぷりのうるおいを与えられて保湿力が高いといいますもんね。

たまご肌の作り方

(スキンケアでの保湿)
化粧水は、手に肌が吸い付くまで重ね付けする
セラミドなどの保湿成分が高配合された化粧水の使用がおすすめ
週にいちどコットンパックを行う
など

  • うるおいを抱えて乾燥知らずに!美容家も驚く洗顔後すぐのミルク

    キレイの先生 ブースターミルク
    乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透して乾燥知らずのフワ肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
乾燥スポンジに水分がギュッと入るみたいにうるおいが浸透して乾燥知らずのフワ肌に!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

たまご肌を作るには角質ケアもおすすめ

他に、ツルツルのたまご肌を作るのに、セルフケアでやれることはありますか?

サロンでは「ハーブピーリング」を行っているのですが、ご自宅での「角質ケア(余分な角質を取り除くお手入れ)」もお肌をツルツルにするのに有効です。

角質ケアとしては「ピーリング(角質をほぐして剥がれ落ちやすくするお手入れ)」などがありますね。

はい、そういったものでもいいですが、ご自宅でのお手入れとしては、シルクの布で洗顔するアイテムなどもお手軽です。

一時期、人気が出ましたね。

もちろん、それでゴシゴシとこすって洗顔してはいけません。

ただ、程良く行うことで肌表面の角質が整って、お肌がツルツルになるのを実感できますよ。

  • 肌のツルツル感が全然違う!美容家もおすすめの角質ケア化粧品

    エトヴォス スキンピールジェル
    肌のツルツル感が全然違って、高濃度のピーリングが手軽で本当におすすめ!(プライベートサロン Anelan Spa 富田 恵 先生)

エトヴォス スキンピールジェル
肌のツルツル感が全然違って、高濃度のピーリングが手軽で本当におすすめ!(プライベートサロン Anelan Spa 富田 恵 先生)

美肌には加圧トレーニングなどもおすすめ

ツルツルのたまご肌を作るのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

加圧トレーニングホットヨガなどもおすすめです。

え、加圧トレーニングで、たまご肌にもなれるんですか(笑)?

加圧トレーニングなどで直接的にたまご肌になれるわけではありませんが、お肌にもいいですよ(笑)。

そうやって汗をかいて身体の代謝機能がアップすれば、お肌の状態もいい方向に向かいます。

身体自体の代謝が悪いと、お肌のターンオーバーにも影響があります。

ですので、きれいなお肌を生み出すには、血行を良くして代謝を上げていくことも大切です。

それから、食生活という点では、糖分や脂質の取りすぎには気を付けていただきたいです。

それは、糖分などがお肌の老化を進めてしまうからですか?

それもそうですし、脂質を摂りすぎると、毛穴の油詰まりにもつながります。

身体には程よい油分は必要ですが、取りすぎるのは良くありません。

後は、お水をたくさん飲むこともおすすめです。

それが、お肌のうるおいにもつながるんですか?

はい、それに、お水をたくさん飲むことで、老廃物などを体外にきちんと排出しやすくなるので、そういった面でもお肌にいい影響がありますね。

たまご肌の作り方

(生活習慣)
加圧トレーニングやホットヨガなどで代謝を上げる(それによって肌代謝も上がる)
糖分や脂質の摂りすぎに気を付ける(肌老化や毛穴の油詰まりを防ぐ)
水をたくさん飲む(肌のうるおいにつながり、老廃物も排出しやすくなる)
など

たまご肌を作るのにおすすめのサロンケアは?

ちなみに、先生のサロンでは、ツルツルのたまご肌を作るには、どんな施術・ケアが効果的ですか?

先程のお話では、「ハーブピーリング」を行っているとのことでしたね。

はい、当サロンには、ハーブピーリングの「クロイターピール」の「アマービレコース」というメニューがあります。

それは、どんな施術を行うんですか?

ハーブを毛穴に入れて刺激していくことで、ターンオーバーの正常化を促します。

それによって、肌表面がポロポロと剥(む)けたりするんですか…?

いいえ(笑)。

肌表面が剥けるかどうかは、ハーブの量によるのですが、「アマービレコース」に関しては剥けません。

それに、施術では、お客様のご希望に応じてハーブの量を調整します。

ですので、例えば、結婚式の前日に来ていただいてケアすることも可能です。

その施術は、たまご肌に即効性があるんですか?

はい、例えば、口元や小鼻の周りに角栓(かくせん・角質や皮脂が毛穴に詰まって固まったもの)があってザラザラしているのが一掃されます。

お客様も、施術後のお肌を触られると「全然違う!」と、効果をご実感いただけています。

編集部の選ぶたまご肌を作るのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、江利川先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだたまご肌を作るのにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

うるおいを抱えて乾燥知らずに!美容家も驚く洗顔後すぐのミルク

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクが肌をふっくらとやわらかくして、うるおいを肌の奥までグングン引き込み、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込んで乾燥知らずのウルウル透明肌に導きます。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥でギュッと抱えて乾燥知らずのフワフワ肌に!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、そのままでいても乾燥を感じません! 肌が水分をきちんと抱え込めるようになって、やわらかくフワフワの肌になって透明感も出て感謝しています(笑)。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、ツルツルのたまご肌の作り方をまとめます。

1. 化粧水は、手に肌が吸い付くまで重ね付けする
2. セラミドなどの保湿成分が高配合された化粧水の使用がおすすめ
3. 週にいちどコットンパックを行う
4. 角質ケアを行う(ピーリング、シルクの布での洗顔、など)
5. 加圧トレーニングやホットヨガなどで代謝を上げる
6. 糖分や脂質の摂りすぎに気を付ける
7. 水をたくさん飲む

ツルツルのたまご肌を作るのにも、スキンケアでの保湿はとても大切です。

今回の江利川先生のアドバイスは、すぐに始められるものも多くあります。

例えば、まずは化粧水の付け方を改善して、スペシャルケアとして角質ケアを取り入れたりするのもおすすめですよ。

* 2018年5月21日に公開した『ツルツル卵肌の作り方!肌のざらつきの解消法8つ!セラピストに聞く』を再編集しました。

関連キーワード