美容のスペシャリストが教えるキレイ

首を長くする方法!首が短いのは姿勢が原因?美容矯正家に聞く改善法

本日のキレイの先生

平井 久美子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「首を長く方法」です。

東京都日本橋 美容矯正サロン OCEAN の平井 久美子 先生に話をお聞きしました。

首が短いのは、骨格によるものだけではなく、姿勢の悪さからそう「見えて」しまう場合も往々にあるそうです。

つまり、実際は首が短いわけではないのに、全体的な印象から首が短いように見えてしまうのです。

目の錯覚といっても良いかもしれません。

首を長くする方法を、平井先生に教えていただきました。

目次

首が短いのは目の錯覚?
・姿勢の悪さで首は太くもなる?
・姿勢が悪くなる原因は?

首を長くする方法

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

美容矯正サロン OCEAN

平井 久美子 先生

「キレイの先生」編集部

首が短いのは目の錯覚?

平井先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「首を長くする方法」です。

首が短いと、その人の印象も変わってきますか?

そうですね、首が短いと、お身体の全体的なバランスが悪く見えて、詰まったような印象になります。

それに、お顔もふっくらと見えやすいです。

(参考:美容セラピストに聞く顔太りについて

逆に、首が長いと、美人の印象が強くなり、お身体も全体的に細く見えやすいです。

首が長いのは、美人の条件のひとつと聞いたこともあります。

首が短い人と長い人では、何が違うんでしょうか?

やっぱり、骨格からして違うんですか?

いえ、実は、首の骨は7つしかなくて、その長さに大きな差はないといわれています。

え、そうなんですか!?

はい、ですので、私たちは、本来の首の長さはあまり変わらないといえます。

でも、首の短い人と長い人は、たしかに分かれるように思いますが…。

そうですね、首の長さが違うように見えるのは、見た目の印象によるところが大きいと思いますよ。

…それは、どういうことですか?

いちばん大きいのは、姿勢です。

首を本来の位置に持っていけていないと…例えば、肩が内側に入ったり、肩が上がっていたり、首が前に出ていたりするような状態ですね…そうすると、首がなくなったように短く見えてしまうんです。

なるほど!

私も猫背がひどいんですが、猫背で顔が前に出ていると、首の一部が隠れてしまいますから、首が短く見えます。

はい。

つまり、首が短いというのは、姿勢でそう「見えて」しまうということなんですね…。

目の錯覚で顔は…

見た目の印象で変わるのは、首の長さだけではありません。例えば、顔の長さもそうですし、鼻の大きさや高さにもいえることです。

姿勢の悪さで首は太くもなる?

姿勢の悪さによる首への影響は、首が短く「見える」だけじゃありません。

身体の作りは、脳を守るために出来ているのですが、頭は約5~8kgの重さがあって、それを首だけで支えるのは不可能で、首と背中の湾曲によってその重さを支えています。

たしか、背骨はまっすぐではなく、S字形のカーブになっているんですよね。

はい、それがクッションになって、脳は揺れないようになっています。

ただ、姿勢が悪くて首が前に出ていると、頭を、湾曲した背骨ではなく首で支えることになります。

つまり、約5~8kgの頭の重さを首が支えるんです。

そうすると、首周りの筋肉が緊張してコリにつながったりしますし、発達して首が太くなる原因にもなります。

つまり、姿勢が悪いと、首が短く見えるだけではなく、太くなってしまうんですか…。

そうすると、太ったような印象も与えてしまいますし、その太さで首がさらに短く見えてしまいそうですね…。

(画像:美容セラピストに聞く首を細くする方法

はい、そうですね。

それに、筋肉が本来ある場所にないと、他の場所もそれに引っ張られてしまいます。

姿勢が悪くて首が前に出て本来の位置にないと、そこから二重顎につながったり、老廃物がたまりやすくなって鎖骨のラインが出づらくなったりもしますよ。

姿勢が悪くなる原因は?

ここまでの先生の話をお聞きすると、首が短いというのは、もちろん骨格によるところもあるのでしょうが、それ以上に姿勢によるところが大きそうですね。

私自身も姿勢が悪くて猫背なので、気を付けるようにします(苦笑)。

ちなみに、姿勢が悪くなるのには、どんな原因が考えられますか?

何か作業するときは手元で行うことが多いため、そもそも首は落ちやすい場所です。

たしかに、そうですね。

私もいま、先生の話を手元でメモしながらインタビューしていますが、メモするときに、首が落ちています…。

それから、現代社会では、やはりスマホが大きいでしょうね。

スマホをみるときは、下を向くことが多いと思います。

そうですね、電車の中でも、下を向いてスマホを見ている人がほとんどです。

ですので、スマホをみるときは、スマホを目の高さまで持ち上げていただきたいです。

首を長くする方法

今回のインタビューまで、私は、首が短いのは骨格によるものだから、首を長くすることは難しいと思っていました。

ただ、首が短いのは、姿勢による影響が大きいとのことでしたら、姿勢を正せば、首を長くすることにもつながりそうです。

はい、そうですね。

でも、そもそもきれいな姿勢というのは、どんな姿勢のことをいうんですか?

立っているときも座っているときも、力を入れて良いのはお腹だけです。

私はいま、座って先生の話をお聞きしていますが、お腹には力が入っていません。

どちらかというと、力が抜けています…(苦笑)。

現代社会は、そういう方も多いかもしれませんね(苦笑)。

ただ、お腹に力が入っていないと、前傾(ぜんけい)姿勢になっていって、肩が前に行き、首も落ちやすくなります

そうすると、首も短く見えるようになってしまいます…。

例えば、バレリーナは、首が長いイメージがありませんか?

そう言われると、たしかにそうです。

バレリーナの立ち方は、「頭の先から引っ張られるようなイメージ」といわれるのですが、お腹に力が入って肩は下がっていて、とてもきれいな姿勢です。

だから、首も長く見えるんです。

「体幹のある」立ち方ともいえますよね。

バレリーナの首が長いのは、実際に首が長いというよりも、姿勢がきれいだからそう見えるんですね…。

ちなみに、姿勢をきれいにする方法はあるんですか?

私自身も、是非知りたいです(笑)。

はい(笑)。

まずは、視線を上げます

(視線を上げて)こうですか?

いま、視線を上げるのと一緒に、顎(あご)が上がってしまっていますね。

顎は上げないようにして、目線を真っ直ぐの高さまで上げます。

はい。

次に、顎を少し引いて首を下げ、肩を引いて胸を開きます。

はい…。

いま、肩を引いたときに、お腹が前に突き出しているような状態になっているのが分かりますか?

お腹を少し凹ませてみてください。

う…、結構難しいですね…(苦笑)。

次は、どうすればいいでしょうか?

その状態で、手を外側に開いて腕を広げます

次に、手を回転して内側に戻して、腕を閉じます

こうして、耳と肩の位置がそろうのが、きれいな姿勢です。

…これは、想像以上に窮屈な感じがします…(苦笑)。

自分が普段、どれだけ姿勢が良くないのかが分かります…。

…(苦笑)。

ちなみに、腕を開いたときに10秒くらい肩を下げるように力を入れると、肩も落ちやすくなりますよ。

この方法でしたら、ちょっとした空き時間にやることもできますね。

姿勢をきれいにすることが、首を長くする…正確には、首を長く「見せる」ですね…そのことにもつながるというのは、とても驚きました(笑)。

平井先生、面白いお話をありがとうございました!

姿勢をきれいにする方法

1. 目線を、まっすぐになる高さまで上げる(このとき、顎が上がらないようにする)
2. 顎を引く(首を下げる)
3. 肩を引く(胸を開く)(このとき、お腹を前に突き出さないように気を付ける。そうなったときは、お腹を引っ込めるようにする)
4. 手を外側に開て、腕を広げる
5. 手を回転して内側に戻し、腕を閉じる

まとめ

首の骨は7つしかなくて、その長さに大きな個人差はないとのことでした。

首が短いのは、姿勢の悪さからそう「見えて」しまう場合が多そうです。

つまり、姿勢を正すことができれば、首を長くすることにもつながります(正確には、首を長く「見せる」ことですね)。

お写真でもお分かりになるように、平井先生は本当に姿勢がおきれいで、首もスッとされていらっしゃいました。

今回教えていただいた、首を長くする方法は、姿勢をきれいにする方法でもありますので、どこでもやれると思います。

私も猫背で姿勢が悪いので、このインタビュー以降、できるだけきれいな姿勢を意識するようにしています。

「首を長くしたい!」という方は、普段の姿勢にも意識を向けてみてはいかがでしょうか?

* 2017年1月17日に公開した『首が短い…首を長くするには姿勢をきれいに正すだけでOK!』を再編集しました。