キレイの先生

ホーム > 小顔 > 顔の歪み > 

鼻が低い?鼻を高くする方法9つ!大切なのは鼻筋?小顔美容家に聞く

エステティックサロン プチローズ  林 ゆみこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「鼻を高くする方法」です。

埼玉県さいたま市 エステティックサロン プチローズ の林 ゆみこ 先生に教えていただきました。

鼻の高さは、生まれついての骨格によるところが大きいと思います。

「鼻が低いな…」と気になっても、あきらめるしかないのでしょうか?

鼻を高くするのに、何かできることはないのでしょうか?

林先生に話をお聞きしてきました。

目次

「鼻が低い」とは
・鼻は低くなる?
・生活習慣で原因になること

鼻を高くする方法
・鼻先をつまむ
・鼻筋を通すマッサージ
・鼻のマッサージ
・鼻のエクササイズ
・頬のマッサージ
・生活習慣で心がけられること

まとめ

本日のキレイの先生

エステティックサロン プチローズ

林 ゆみこ 先生

「キレイの先生」編集部

「鼻が低い」とは

林先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「鼻を高くする方法」です。

私も鼻が低いので、「もっと鼻が高ければいいのに…」と思います(苦笑)。

鼻が高いと、美人に見えやすいかな、というのはありますよね(笑)。

先生のサロンのお客様にも、「鼻を高くしたい!」という方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

鼻は低くなる?

鼻の高さは、生まれついてのものなんですか?

そうですね、生まれつきの遺伝的なところが大きいと思います。

鼻が段々と低くなってくることはあるんでしょうか?

どうでしょう…鼻自体が低くなることは、あまり考えづらいでしょうか(苦笑)。

ただ、鼻が低く「見える」ようになることはあると思います。

それは、どういうことですか?

例えば、頬に脂肪が付いて盛り上がってきたりすると、鼻が埋もれてしまうといいますか…それで鼻が低く見えやすくなります。

ですので、お痩せになったときに、鼻が高くなったように「見える」こともあります。

たしかに、頬がふっくらして鼻が埋もれたようになったら、鼻は低く見えてしまいますね…。

はい、同じ理由で、鼻筋のラインがむくむことでも、そう見えてしまいます。

年齢を重ねると、老廃物がたまって盛り上がってきますので。

それから、骨はすべてつながっているので、年齢で頬骨(きょうこつ)が下がってきて、鼻が引っ張られることでも、鼻が低く見える場合もあります。

後は、鼻に脂肪が付いたりむくんだりして、鼻が本来の形よりも大きくなって低く見えるということもあります。

そうすると、実際に鼻が低くなるというよりは、そう「見える」ケースが多いんですね…。

いま、鼻が低く「見える」原因をいくつか挙げていただきましたが、ちなみに、その中ではどんなケースが多いですか?

それは、年齢によっても全然違いますね。

若い方ですと、お肉がやわらかいので、鼻が埋もれてしまっているような方が多いような気がします。

年齢を重ねた方は、筋肉も弱まってきますし、お肌が硬くなりやすいので、そういったことからリンパなどの流れが悪くなって、むくみが出ていることが多いように思えます。

そう「見える」?

「鼻が低い」ということもそうですが、実際にそうなっているのではなく、そう「見える」という点では、「鼻が大きい」や「鼻の下が長い」といったことも、同じことが当てはまります。

生活習慣で原因になること

鼻が低い…いえ、正確には鼻が低く「見える」ですね…日々の生活習慣で、その原因になることはありますか?

ひとつは、姿勢の悪さです。

特に、スマホで下ばかり向いている方は、耳下腺(じかせん)から首のところが硬くなって、リンパなどの流れが悪くなりやすいです。

そうすると、顔のむくみの原因になりますね。

耳下腺について

顔のリンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)は、耳の下の「耳下腺」を通って、首から鎖骨へと流れています。

そのため、そこが滞っていると、顔のリンパの流れも悪くなりやすく、むくみの原因になります。

後は、お顔の筋肉をあまり動かせていなくて、筋肉が硬くなっている方も多いです。

日本語は、お顔の筋肉をそれほど使わなくても、しゃべれてしまいますので。

筋肉が硬くなっていれば、リンパも流れづらいですね…。

はい、特に鼻は、単独では動かしづらいので、元々、筋肉がこりやすくてリンパの流れも滞りがちな場所ではあります。

それで、鼻が低く見えるようになるんですね。

鼻を高くする方法

先生のサロンでは、「鼻を高くしたい!」というお客様には、どんな施術をされているんですか?

「小顔矯正」と「小顔フェイシャル」をしていきます。

全体のバランス整えるように、蝶形骨(ちょうけいこつ)・頭頂骨(とうちょうこつ)・側頭骨(そくとうこつ)・前頭骨(ぜんとうこつ)・頬骨(きょうこつ)・上顎骨(じょうがくこつ)・涙骨(るいこつ)の縫合(ほうごう)を解放して調整するテクニックをします。

その後に、前頭骨を斜め上にストレッチして前頭鼻骨縫合から離開(りかい)して、鼻骨(びこつ)を引っ張るイメージで斜め上方に持ち上げて上顎鼻骨縫合からの離開を行います。

それから、鼻の周りの老廃物やリンパを流したり、鼻筋のマッサージをしたり、鼻先から上に向かって軟骨を高くするように挟んたり、眉間や鼻骨を上に引っ張り上げたりすることもしています。

鼻先をつまむ

鼻を高くする…鼻を高く「見せる」ですね…そのために、自分でやれることはあるんでしょうか?

鼻先にある「軟骨」はやわらかいので、ちょっとの力で動かすことができて、鼻先は形を作りやすい部分ではあります。

鼻を高く見せるには、鼻先のアーチをキュッとさせたいです。

例えば、シンクロナイズドスイミングの選手は鼻先をつまむような鼻栓を貼っていたりすると思いますが、ああいったイメージで、鼻先を優しくつまんであげるのもいいですよ。

それは、こう…片手で鼻をつまめばいいんですか?

片手でできる方はそれでもいいですが、片手では鼻先がどちらかに傾きやすくてバランスをとるのが難しいと思いますから、両手の薬指などを使ってつまんであげるのがいいと思います。

ペニャッとなって埋もれたた軟骨を引っ張り上げるようなイメージですね。

これは、その状態が定着するように癖付けしたいので、少しの時間、その状態をキープするのがおすすめです。

ただ、これを無理にやったり力を入れ過ぎたりすると、鼻先はやわらかい部分で、逆に大きくなったりするので、気を付けてください。

鼻筋を通すマッサージ

鼻を高く見せるには、鼻筋も通したいです。

それには、両手の中指・薬指で鼻をはさんで…このとき、鼻に縦線のシワが入らないように気を付けます…それで、鼻筋を通すように押していきます

それを、鼻先から少しずつ上がっていって、眉間まで行います。

最後は、両手の中指で、眉間にある「鼻骨(びこつ・メガネの当たる場所にある骨)」をはさむようにして、鼻筋をギュッとします

眉間の埋もれているところを出してあげるようにして、ご自分で作った鼻の形を固定するイメージです。

その状態を5秒間キープして、いちど休んでからもういちど5秒間行って、それを4セットくらい行います

鼻のマッサージ

鼻に脂肪が付いているような方は…脂肪のない方はやらなくていいですが…鼻のマッサージもいいです。

マッサージは、両手の指先で鼻をクルクルと回してあげるだけで大丈夫です。

鼻のマッサージは力を入れ過ぎたりやり過ぎたりすると、皮膚が厚くなって団子鼻になってしまう可能性もあるので、気を付けていただきたいです。

鼻のエクササイズ

鼻は、普段あまり動かさない場所だと思います。

…そうですね…。

鼻の筋肉が衰えると、鼻も広がってきます。

そうすると、鼻も低く見えるようになります。

はい、ですので、鼻の穴を開いたり閉じたりしてピクピク動かして、鼻の筋肉を鍛えてあげるのもいいですよ。

それも、鼻を高く見せることにつながるんですね(笑)。

頬のマッサージ

先程のお話では、頬がふっくらすることでも、鼻が低く見えるようになるとのことでした。

頬をすっきりさせるのに、できることはありますか?

例えば、頬に指を置いて優しく揺らしてあげて、縦にストレッチしてあげるようなこともいいですよ。

生活習慣で心がけられること

鼻を高く見せるのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

鼻はやわらかい場所なので、鼻をかむときはグチュグチュとしないようにしてほしいですし、クレンジングするときも鼻をつぶさないように注意してほしいです。

それから、うつ伏せで寝ることも良くありません

ちなみに、今回紹介したマッサージなどは、すぐに変化が表れるわけではありません。

それを定着させるには、継続が大切です。

ですので、できるだけ毎日行っていただくことをおすすめします。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、鼻を高くする方法をまとめます。

1. 鼻先をつまんでアーチをキュッとする
2. 両手の中指・薬指で鼻をはさんで、鼻筋を通すように押す
3. 両手の中指で鼻骨をはさむようにして鼻筋をギュッとする
4. 鼻に脂肪の付いている方は両手の指先で鼻をクルクルとマッサージ
5. 鼻の穴を開いたり閉じたりして筋肉を鍛える
6. 頬に指を置いて優しく揺らしてマッサージする
7. 鼻をかむときにグチュグチュしない
8. クレンジングで鼻をつぶさないようにする
9. うつ伏せで寝ない

実際には鼻を高くすることは難しいですが、例えば鼻先のアーチをキュッとさせるなどして、鼻を高く「見せる」ことはできます。

「鼻が低いな…」と気にされている方は、鼻を高く「見せる」ことを意識されてみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生