美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔が長い?顔を短くする方法!笑うだけでも効果的?美容整顔家に聞く

本日のキレイの先生

菅沼 きわこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔を短くする方法」です。

推拿整顔 AKUA の菅沼 きわこ 先生にインタビューさせていただきました。

先生のサロンでは、東洋医学ベースで顔を整える「推拿整顔(すいなせいがん)」を行っていらっしゃいます。

顔の縦の長さは、骨格によるところもありますが、見た目の印象で長く「見えて」しまうこともあるといいます。

顔を短くするには、どうしたら良いのでしょうか?

菅沼先生に教えていただきました。

目次

顔が長いのは目の錯覚?
・頬の高さで顔の縦の長さが変わる?
・年齢で顔は長くなってくる?
・表情筋の衰えも原因に?

顔を短くする方法
・笑顔で顔のトレーニング
・手で頬を持ち上げるなど

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

推拿整顔 AKUA

菅沼 きわこ 先生

「キレイの先生」編集部

顔が長いのは目の錯覚?

菅沼先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔を短くする方法」です。

先生のサロンのお客様にも、「顔が長いな…」ということを気にされている方はいらっしゃいますか?

そうですね、割合的には、丸顔でお悩みの方や、エラが張って「顔が四角く見える」とお悩みの人の方が多いですが、中にはいらっしゃいますよ。

(参考:美容セラピストに聞くエラ張りについて

顔が長いと、見た目の印象も変わりますか?

女性のお顔は丸っこい輪郭の方が多いので、お顔が長いと、がっちりして男っぽい印象になりやすいと思います。

顔の縦の長さは、骨格によるところが大きいのでしょうか?

はい、もちろん、骨格的にお顔が長い方もいらっしゃいます。

例えば、口から顎(あご)先までの長さがあると、お顔も長く見えやすいです。

顔の長さが骨格から来ているとなると、顔を短くするのは難しそうですね…。

そうですね、ただ、骨格的にはお顔が長いわけじゃなくても、そう「見えて」しまう場合もあるんですよ。

それは、どういうことですか?

お顔の長さや大きさ…正確には、その印象ですね…それは、頬の面積が大きく関係しています

頬の面積ですか…?

ひとつのポイントになるのが、「頬骨(きょうこつ)の上のふっくらした部分…いちばん高い部分がどこにあるか?」ということです。

(参考:整体師に聞く頬骨について

通常、頬骨のいちばん高いところは、目の少し下のところにありますよね。

そのポイントが下がっていけばいくほど、頬の面積が広く見えて、お顔も長く見えてしまうんです。

それから、頬の凹凸がなくなってきて平べったくなることや、老廃物によるむくみ・たるみで頬の下のほうが盛り上がって重心が重くなっていることなどでも、お顔は長く大きく見えやすくなります。

つまり、物理的に顔が縦に長いのではなく、見た目の印象で顔が長く「見える」ということですか!?

はい、目の錯覚のようなものですね。

目の錯覚で…

見た目の印象で左右されるのは、顔の縦の長さだけではありません。例えば、鼻の下の長さにもいえることですし、鼻の大きさや高さにも当てはまります。

頬の高さで顔の縦の長さが変わる?

菅沼先生のお話によると、顔の長さは、頬のいちばん高い部分のポイントの位置によって、印象が変わるとのことでした。

実際、顔の印象がどのくらい変わるのか、イラストで頬の盛り上がっている部分にピンクの色を入れてみて試しました。

■ 頬の「上」のほうが盛り上がっている

■ 頬の「下」のほうが盛り上がっている

いかがでしょうか?

ふたつを見比べると、下のイラストの方が、顔が長く見えませんか?

こうしてみると、頬のチークを入れる場所によっても、顔の長さの印象を変えられそうですね。

では、菅沼先生のインタビューに戻ります。

年齢で顔は長くなってくる?

頬骨のいちばん高いポイントが下がってくると、頬の面積が広く見えて、顔も長く見えるとのことでしたが、頬骨は下がるものなのですか?

そうですね、正確にいうと、頬骨自体が下がるわけではなく、その上の皮膚や筋肉が下がってくるという感じでしょうか。

年をとると、表皮(ひょうひ)を支えている身体全体の筋肉が柔らかくなってきますし、真皮(しんぴ)内の「コラーゲン・エラスチン(皮膚の弾力成分)」もなくなってきます。

そうしたことによって、頬骨のポイントも下がってきます。

皮膚の構造について

皮膚は、下の図のように、「表皮」・「真皮」・「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造になっています。

つまり、年をとるほど、頬骨のポイントが下がってきて、顔も長く見えやすくなるんですか?

はい、そうです。

たしかに、加齢による筋肉の衰えもありますから、そういったことでも頬が下がってくることがあると思います。

顔の縦の長さは、年齢による影響もあったんですね…。

表情筋の衰えも原因に?

ここまでの先生の話をお聞きして、顔が長くなる原因について思ったことがあります。

顔には、表情筋(表情を形作る筋肉)があります。

筋肉は使っていないと衰えますから、話さなかったり無表情でいたりすることが多いと、表情筋も衰えてくるといいますよね。

(参考:顔のたるみ専門家に聞く表情筋について

そうした表情筋の衰えによっても、頬が下がってきて、顔が長く見えやすくなりそうです。

表情筋をあまり使えていないと、体内のめぐりも悪くなって、老廃物もたまりやすいでしょうし。

はい、そういった面もあると思いますよ。

これまで、顔の長さは骨格によるところが大きいと思ったので、頬の面積や凹凸によって印象が大きく変わるというのは衝撃でした(笑)。

はい、頬の面積はとても大切ですよ(笑)。

顔を短くする方法

笑顔で顔のトレーニング

骨格的に顔が長い場合は、顔を短くするのは、なかなか難しいと思います。

ただ、見た目の印象でそう「見えている」場合は、改善できそうな気もします(笑)。

そうですね(笑)。

顔を短くする…正確には、顔を短く「見せる」には、ですね…それには、どんなことができますか?

ひとつは、「笑う」ことです。

え? 笑う、ですか(笑)。

はい(笑)。

笑顔は、お顔の筋肉…表情筋を使うことができて、お顔のトレーニングにもなります

たしかに、顔の筋肉を鍛えることができれば、頬が落ちてくるのも防げて、結果的に顔を短くすることにつながります!

ただ、笑顔で注意していただきたいのが、目が笑っていないような口角を上げるだけの笑顔は、かえってほうれい線などの原因になります。

笑顔は、頬の筋肉の全部を使えるように鏡の前で練習するといいですよ。

手で頬を持ち上げるなど

頬骨のいちばん高いポイントを上げたり、老廃物を流したりするのには、マッサージも良さそうです。

そうですね、マッサージとまではいかなくても、手で頬を上げるように押さえて、頬骨や筋肉などの位置を引き上げるようにするだけでもいいですよ。

それだけでいいんですか(笑)。

はい、大丈夫です(笑)。

頬の上のほうに盛り上がりを持っていくようにすると、たった数mmの差でも、凹凸が出来て、お顔が短く小さく見えやすくなります。

ただ、それには、筋肉や脂肪などの上げられるものがなければなりません。

年をとると、筋肉は弱って細くなりますし、脂肪も減ってきます。

ですので、お顔のトレーニングで筋肉を鍛えてあげることもそうですし、筋肉や脂肪になる栄養素を摂ることも大切です。

ちなみに、東洋医学的には、たるみは、「気(き)」が足りておらず落ちている状態「虚証(きょしょう)」と考えることができます。

気が落ちていると、持ち上げる力もなくなってきます。

「気」とは

東洋医学では、人の身体は、「気」・「血(けつ)」・「水(すい)」という3つの要素が循環しているとされています。

頬に手を当てることは、「補気(ほき・気を補うこと)」にもなります。

なるほど、手で頬を引き上げるように押さえることは、物理的に頬を上げるだけじゃなくて、東洋医学的には気を補うこともなるんですね。

それから、東洋医学的なところでいうと、「腎精(じんせい・東洋医学でいうエネルギーのひとつ)」を補えるような食べ物を摂ることも、たるみにはいいですよ。

それには、どんな食べ物があるんですか?

例えば、黒豆や黒ゴマなどの「黒い食べ物」です。

後は、脾(ひ・東洋医学でいう胃腸)の働きが低下していると、食べ物の吸収率が悪くなり、食べても「気」が作られづらいので、胃腸を整えていくことも大切です。

まとめ

顔の縦の長さは、骨格によるところもありますが、頬骨のいちばん高いポイントの位置などによっても印象が変わるとのことでした。

顔の長さ「の印象」を決めるのは、頬が大きく関係しています。

骨格による顔の長さを短くするのはなかなか難しいでしょうが、目の錯覚から来ているのでしたら、その原因を改善すれば、顔を短くする(正確には、顔を短く「見せる」)こともできると思います。

「顔が長い…?」と気になったときは、まずは鏡で、頬の凹凸などをチェックしてみてはいかがでしょうか?

* 2017年10月2日に公開した『顔が長い…?自分で出来る顔の長さを短くする簡単な方法とは』を再編集しました。

関連キーワード