キレイの先生

ホーム > 美ボディ > 手技・セラピー > 

タラソテラピーとは?セラピストに聞く「海洋療法」の効果!

Marrie Key タラソビューティーサロン  鞠子 文 先生

2300059_a01

「キレイの先生」編集部です。

世界には、たくさんのセラピー(日本語でいうと「療法」でしょうか)があります。

このサイトでもこれまで、いくつかのセラピーを取り上げてきました。

今回取り上げるのは、「タラソテラピー」です。

Marrie Key タラソビューティーサロン の鞠子 文 先生にインタビューさせていただきました。

タラソテラピーは、「海洋療法」のことをいうそうです。

タラソテラピーとは、どんなセラピーで、どんな効果を期待できるのでしょうか?

鞠子 先生に教えていただきました。

目次

タラソテラピーとは

タラソテラピーの効果

自宅でタラソテラピーをするには?

まとめ

本日のキレイの先生

Marrie Key タラソビューティーサロン

鞠子 文 先生

「キレイの先生」編集部

タラソテラピーとは

鞠子 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「タラソテラピー」です。

まずは、タラソテラピーとは何か、ということからお話しいただけますか?

タラソテラピーは「海洋療法」のことをいい、海の全体…例えば気候なども含めて…を利用する療法です。

(タラソテラピーは)自然療法のひとつになるんでしょうか?

はい、そうですね。

タラソテラピーは、どこの国で生まれたんですか?

海水が人の身体にいいということは、古代からいわれてきたことです。

人間も(元をたどれば)海から生まれてきましたので。

例えば、古代ギリシャでは、戦士が傷を癒すために海水を浴びたといわれています。

ですので、(海洋療法が)いつどこで始まったか、はっきりしたことは分かりません。

ただ、海洋療法として研究が進んだのはフランスで、フランスがタラソテラピーの発祥といわれています。

フランスでは、(タラソテラピーが)医療としても用いられたりしています。

タラソテラピーは、海を利用した療法とのことでしたが、具体的にはどんな療法があるんですか?

ひとつは、「水治(すいち)療法」です。

水治療法は「ハイドロセラピー」とも呼ばれ、その名前の通り、海水を使ったセラピーです。

本格的なスパですと、プールの温水がすべて海水になっていて、海水の浮力と、ジャグジーの水圧でセラピーを受けられるような施設もあります。

それから、(タラソテラピーには)「海草療法」といったものもあり、これは「アルゴテラピー」とも呼ばれます。

例えば、海草を元にして作ったパックなどが、これに当たりますね。

後は、海の泥を使った「海泥(かいでい)療法」などもあり、これは「ファンゴテラピー」とも呼ばれます。

泥を使った療法には、「クレイパック」もあると思います。

クレイパックも、タラソテラピーになるんですか?

そうですね、海の泥を使ったものであれば、タラソテラピーに入りますよ。

ちなみに、(先生の)サロンでは、どんなタラソテラピーの両方をされているんですか?

(サロンでは)海のミネラルを豊富に含んだ化粧品を使用しています。

海水は元々、人の体液と成分が似通っているといわれているので、ボディのトリートメント(施術)もそうですが、それをいかした敏感肌のフェイシャルなども行っています。

タラソテラピーの効果

2300059_a04

タラソテラピーは、どんな効果を期待できるんでしょうか?

タラソテラピーは、(表面のケアだけではなく)身体の元の機能から整えていきます

身体が持っている機能は加齢で(働きが)低下していきますが、それを元に戻して、機能をアップさせてあげるようなイメージです。

例えば、(エステでしたら)フェイシャルでお肌の表面を整えたり、ボディで脂肪をもみほぐしたりするのが一般的だと思います。

はい、そうですね。

そこに、タラソテラピーを取り入れることで、フェイシャルでしたらお肌を強くする機能をアップさせたり、ボディの脂肪燃焼でしたらそのメカニズムを整えていったりして、(タラソテラピーで)身体の元から整えていきます。

なるほど、イメージとしては、エステのトリートメント・施術の効果を、タラソテラピーでさらに上げていくような感じなんでしょうか?

そうですね、(タラソテラピーは)身体の外側からだけじゃなく、内側からも整えていきます

ですので、例えば、年をとると痩せにくくなると言われると思いますが、(タラソテラピーは)それを元に戻してあげるようなことにもいいですし、お顔の場合は、お肌のバリア機能や水分を含んでキープしておく力を高めていくようなことにもつながります。

化粧水による保湿だけじゃなく、お肌本来の力を引き出して強いお肌にしていくということですね。

実際、アトピーに海水を用いるような療法もあったりするんですよ。

そうなんですか!?

海水ですと、敏感肌にはかえって刺激になりそうなイメージもありました…。

いえ、海水は人体の体液に近い成分で出来ているので、(サロンの)敏感肌の方でも、(タラソテラピーで)お肌が「荒れちゃった…」、「ただれてしまった…」というようなことは、これまでいちどもありませんでした。

ですので、タラソテラピーは、お肌の弱い人でも受けやすいのではないかと思います。

自宅でタラソテラピーをするには?

ここまでの先生の話をお聞きすると、基本的に、タラソテラピーはサロンで受ける療法なんですね。

そうですね、私も「タラソテラピーのサロンがもっとあったらいいな」という想いがあって、(サロンにタラソテラピーを)取り入れましたので。

ちなみに、自宅でタラソテラピーを取り入れるようなことはできるんですか?

例えば、海水から取れた塩をバスソルトとしてお風呂に使うのが、手軽だと思います。

バスソルトもタラソテラピーになるんですね!?

はい、なりますよ。

バスソルトは、どんな効果を期待できるんですか?

身体の芯から温めるので、お風呂から上がってもポカポカ感が持続します。

それによって、身体の抵抗力やバリア機能も上がって、より健康で美しい身体作りにつながりますよね。

バスソルトの他に、自宅でやれるタラソテラピーはありますか?

後は、「ソルトスクラブ」などもそうですね。

まとめ

タラソテラピーは、「海洋療法」のことをいいます。

すべての生命は、元は海から生まれたといいます。

海には、それだけの力がありますが、タラソテラピーでその力を借りるというイメージでしょうか。

鞠子 先生の話をお聞きすると、表面的な効果というよりも、内面からの効果が高いといえるようですね。

先生には、タラソテラピーのひとつでもある「ソルトスクラブ」についても話をお聞きしました。

それは、別の記事でまとめさせていただきます。

ソルトスクラブは、自宅でも簡単にやれるタラソテラピーですよ。

* 鞠子 先生の「ソルトスクラブ」の記事は、2018年1月31日に公開予定です。

本日のキレイの先生