美容のスペシャリストが教えるキレイ

クレイパックの効果!毛穴に!むくみに!年齢肌に!プロに聞くやり方

本日のキレイの先生

田中 幸子 先生

クレイパックの効果は毛穴掃除だけじゃない!作り方と使い方

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「クレイパック」です。

ナチュロパシー&ヒーリングサロン Fu MANA(ふま~な) の田中 幸子 先生にインタビューさせていただきました。

クレイパックは、泥のパックのことをいいます(厳密には、ただの泥ではありませんが)。

田中先生のサロンでも、クレイパックを行っていらっしゃいます。

クレイパックは、どんな効果を期待できるのでしょうか?

そして、自宅ではどんなやり方で行えるのでしょうか?

田中先生に教えていただきました。

目次

クレイパックとは
・クレイパックのクレイは品質も大切

クレイパックの効果
・顔のクレイパックの効果
・その他の効果
・クレイパックの効果まとめ

クレイパックの作り方
・用意する材料
・容器など
・作り方

自宅でのクレイパックのやり方
・顔にクレイパックはどのくらい乗せる?
・クレイパックの落とし方
・ガーゼにクレイパックを乗せてから顔に置く方法

おすすめのクレイの種類は?
・初心者には「ホワイトカオリン」がおすすめ
・半身浴などにおすすめ「レッドイライト」

編集部の選ぶクレイパック好きにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

クレイパックとは

クレイパックとは

「クレイ」は、粒子が2ミクロン以下の粘土(クレイ)のことをいいます。

市販されているクレイは、基本的に、それが乾燥されたパウダー状になっています。

クレイパックは、それを水でペーストに戻してパックに使うトリートメントです。

一般的に、クレイパックというと、お顔のパックのイメージが強いかもしれません。

たしかにクレイパックは、美容面でも優れた効果が期待できます。

ただ、本場のフランスやドイツなどのヨーロッパでは、クレイの健康面での効果もよく知られていて、クレイパックが治癒目的でも使われていたりします。

むしろ、現地では、そういった使い方のほうがメジャーかもしれません。

私がサロンにクレイパックを取り入れているのも、クレイの健康面での効果によるところが大きく、お顔のパックも行っていますが、足裏・手首・背中などのクレイパックも行っています。

クレイパックのクレイは品質も大切

ちなみに、クレイパックはお肌に乗せるものですから、クレイは、粒子が2ミクロン以下のものなら何でも良いというわけではありません。

例えばサロンでは、「AromaFrance(アロマフランス)」というブランドのクレイを使用していますが、それは、純度の高いオーガニックのフランス産のクレイです。

アロマフランスのクレイは、粒子が2ミクロン以下であることはもちろんですが、農薬を使用していた畑などの土壌ではないところから採掘し、加工の際は高温での殺菌処理やイオン処理がされておらず、防腐剤も含まれていません。

クレイパックの基準は、ブランドごとに異なると思いますが、お選びになるときは、このあたりをご参考にされても良いと思います。

クレイの品質チェック

採掘は、農薬を使用していた畑などの土壌ではないか?
加工の際に高温での殺菌処理やイオン処理がされていないか?
防腐剤などが含まれていないか?
など

クレイパックの効果

クレイパックの効果

顔のクレイパックの効果

クレイパックは、吸収・吸着力に優れていて、お肌や毛穴の汚れをどんどん吸い取る力があります。

ですので、お顔にクレイパックを行うと、顔色が明るくなりますし、小鼻の黒ずみを改善するのにもおすすめです。

それに加えて、クレイパックには、体内から悪いものを吸い出すデットクス作用(体内の老廃物を排出する作用)もあるため、むくみや疲れ顔などにも良いですし、ニキビの改善にも期待できます。

さらに、お肌にハリを与えてくれます

それから、クレイの吸着力で体内の余分なものを吸い出すことで、代謝の妨げになっていたものを取り除き、細胞の代謝を促すことにもつながります。

ですので、クレイパックは、老化の予防・アンチエイジングにもつながります。

ちなみに、ニキビ肌に、特にデトックス作用の強いタイプのクレイでクレイパックを行うと、体内の悪いものを吸い出す作用があるため、好転反応として、一時的にお肌の中に潜んでいたニキビが一気に出る場合があります。

その他の効果

先程お話ししたように、本場のヨーロッパでは、クレイパックが治癒目的でも用いられています。

それは、クレイパックには、毒素を吸い出すデトックス作用と、イオン調整の作用が期待できるためです。

マイナスイオンはリラックスの作用があるのに対して、プラスイオンはその逆の特徴があって、ストレスの中にいたり疲れていたりすると、体内にプラスイオンがたまりやすくなります。

クレイパックは、体内の余剰なプラスイオンを吸い出してバランスを整える作用があるとされていて、それによって、ストレス軽減リラックス効果も期待できます。

それから、クレイパックを傷口に塗ることで、傷口にたまったプラスイオンなどの毒素を吸い出してイオン調整するため、傷の治りが早くなるといわれています。

後は、クレイパックには抗炎症作用もあるため、打撲や熱を持った腫(は)れなどのケアにも用いられたりしています。

クレイパックの効果まとめ

「キレイの先生」編集部です。

ここで、今回のインタビューで挙がったクレイパックの効果をまとめます。

・[美容面]顔色が明るくなる
・[美容面]小鼻の黒ずみの改善
・[美容面]むくみの改善
・[美容面]ニキビの改善
・[美容面]お肌にハリを与える
・[美容面]アンチエイジング
・[その他]ストレス軽減・リラックス
・[その他]傷の治りが早くなる
・[その他]打撲や腫れのケア
など

田中先生がおっしゃったように、クレイは吸収力・吸着力に優れています。

それによって、お肌や毛穴の汚れを取ることができますし、デトックス作用によって、ニキビなどの肌荒れのケアにもなります。

さらに、イオン調整作用によって、メンタル面に働きかけることもできますし、怪我のケアにも用いられています。

クレイパックが、美容面で優れた効果があるのはもちろん、それ以外でも多くの効果が期待できるのが分かりますね。

では、田中先生のクレイパックのやり方についてのインタビューに戻ります。

クレイパックの作り方

用意する材料

クレイパックを作るのに用意するのは、「クレイのパウダー」と「」だけです。

分量は、ブランドや種類によって違います。

今回は、サロンでも使用している「アロマフランス」のクレイを使用した場合の量をご紹介します。

例えば、「ホワイトカオリン」という種類でしたら、水はクレイの約75%、「グリーンモンモリオナイト」でしたら、水はクレイの約60%です。

水の量は、季節や湿度によっても微調整しても大丈夫です。

例えば梅雨の時期でしたら、水を気持ち少なめにするのも良いと思います。

クレイと水の分量

(「アロマフランス」の場合)
・ホワイトカオリン:水は、クレイの約75%
・グリーンモンモリオナイト:水は、クレイの約60%

水は、水道水では雑菌が増殖しやすいので、ミネラルウォーターや精製水をお使いになることをおすすめします。

クレイパックに精油を混ぜることもできますが、水分と油分は混ざり合いませんので、それでしたら、ローズウォーターやラベンダーウォーターなどの「ハーブウォーター」をお使いになるのが良いと思います。

ちなみに、サロンでは、北海道の白樺(しらかば)のエキスで、クレイパックを作ったりもしています。

白樺のエキスも、美容効果に優れていて、活性酸素を除去する作用が期待でき、美白にも良いといわれています。

容器など

ちなみに、クレイの粉末を保存する容器は、ガラス・木・紙などの材質のものがおすすめです。

クレイは吸収・吸着力に優れているため、クレイをプラスチックのような人工的な材質の容器で保存していると、その成分まで吸収・吸着してしまう可能性があります。

ですので、クレイを水でペーストに戻してクレイパックを作るときも、木製のスプーンなどを使って混ぜていただきたいです。

作り方

クレイパックは、クレイの粉末に水を加えて作ることもできますが、水に粉末を加えていく方法がおすすめです。

そうすることによって、自然な粘度のクレイに戻すことができますよ。

1. まずは、水(下の写真は白樺エキス)をガラス容器に加えます。

クレイパックの作り方1

2. 次は、水にクレイの粉末を加えていきます。このとき、そのまま粉末を加えても良いですが、丁寧に作りたいときは、最初に別の容器で粉末を量(はか)ってから水に加えるようにすると、より正確な分量でクレイパックを作ることができます。また、粉末は、まとめて全部を水に入れるのではなく、少量ずつ加えていくと均一に水になじみやすいです。

クレイパックの作り方2

3. 水に粉末を加えたら、この段階では混ぜずに、まずは容器にティッシュをかぶせてしばらく置いておきます

クレイパックの作り方3

4. 粉末に水がなじんできたら、ティッシュを外します。そうすると、表面がひび割れたようになっていると思います。木製のヘラなどで表面をめくってみると、中はやわらかいクレイになっているのが、お分かりになると思います。

クレイパックの作り方4

それをヘラで少し練り込めば、クレイパックの出来上がりです。

クレイパックの作り方5

クレイパックの作り方

1. 水を容器に入れる
2. 水に粉末を加える(粉末は別の容器で量っておいて、少量ずつ加えるのがおすすめ)
3. まだ混ぜずに上からティッシュをかぶせてしばらく置いておく
4. 粉末に水がなじんできたら、ヘラで練り込む

自宅でのクレイパックのやり方

お顔のクレイパック行うには、化粧水の前がおすすめです。

ひんやりとしていて気持ちが良く、クレイパックでお肌がきれいになるので、その後の化粧水などの浸透がとても良くなります

クレイパックのやり方は、通常のフェイスパックと同じように、クレイをお顔に乗せていくだけです。

このように、ヘラを使ってクレイを乗せていきます

このとき、バターナイフなどをお使いいただいても大丈夫ですが、材質は木製のものがおすすめです。

クレイパックの使い方1

顔にクレイパックはどのくらい乗せる?

お顔に乗せるクレイパックの厚さは、5mmくらいが理想です。

薄くても3mmくらいは、乗せていただきたいです。

それは、クレイパックが薄いと、乾燥する時間が早いためです。

クレイが乾燥すると、吸収・吸着力がなくなってしまいます。

5mmくらいの厚さであれば、乾燥し始めるまで15分くらいはお顔に乗せておくことができ、その分、クレイパックの効果を長く得ることができます。

クレイパックは、端(はし)から乾燥が始まるため、お顔に乗せるときは、端の方をできるだけ厚くするのがポイントです。

それから、目や口に入らないようにお気を付けください。

クレイパックの落とし方

クレイパックが乾燥し始めたら、まずはヘラなどを使って全体的にクレイをそぎ落とします

クレイパックの使い方2

そぎ落としたクレイパックは、新聞紙などに包み袋に入れて処分しましょう。

いちど使ったクレイパックは再利用しません。

最後に、お顔に残ったクレイを水で洗い流して、その後は化粧水などでお肌を整えます。

ガーゼにクレイパックを乗せてから顔に置く方法

クレイパックが初めての方は、ご自分でお顔にクレイをきれいに乗せるのは難しいかもしれません。

そういったときは、まずはクレイパックを大きめのガーゼに乗せてから、それをお顔に乗せるとやりやすいですよ。

それには、顔の上下半分で2つのガーゼを用意します。

そのガーゼに、クレイパックを3~5mmの厚さで乗せて、そのガーゼごとお顔に乗せるだけです。

この方法でクレイパックを行うと、お肌にクレイを直接乗せるのと比べると、クレイの乾燥までの時間が長くなります。

さらに、あらかじめガーゼを精製水などでしめらせておくと、クレイの乾燥をより遅らせることができます。

おすすめのクレイの種類は?

クレイパックの種類

クレイには、いくつか種類があって色も違います。

クレイの主成分は「シリカ」というミネラルなのですが、どの種類もそれが含有成分の半分くらいを占めていますが、その他にも「酸化アルミニウム」などが含まれていて、種類によってその含有比率が異なります。

サロンでも使用している「アロマフランス」のクレイは、「ホワイトカオリン」・「レッドイライト」・「グリーンイライト」・「グリーンモンモリオナイト」の5種類があります。

アロマフランスのクレイ

ホワイトカオリン
レッドイライト
イエローイライト
グリーンイライト
グリーンモンモリオナイト

他のブランドでは、「パープル」・「ブラウン」・「ベージュ」・「ブルー」・「ピンク」といった種類のクレイもあるようです。

クレイはそれぞれの種類に特徴があって、サロンでは、お客様の体質や体調に合わせて使うものを選んでいます。

初心者には「ホワイトカオリン」がおすすめ

クレイパックが初めての方には、アロマフランスのクレイの中では、「ホワイトカオリン」がおすすめです。

ホワイトカオリンは、1ミクロンの細かな粒子のクレイで、5種類の中ではデトックス作用がもっともゆるやかです。

「ホワイトカオリン」と「グリーンイライト」のクレイを、同じ分量ずつ取って比べてみると、ホワイトカオリンのほうが量が多くみえると思います。

「ホワイトカオリン」と「グリーンイライト」

それは、ホワイトカオリンは、クレイの粒子が細かいためです。

では、ホワイトカオリンとグリーンイライトを水で戻してみます。

そうすると、ホワイトカオリンのほうが表面のひび割れが細かく、中のテクスチャもなめらかなのがお分かりいただけるはずです。

「ホワイトカオリン」と「グリーンイライト」の違い

ホワイトカオリンは、他の種類のクレイと混ぜ合わせて使うこともできるので、最初にこれをひとつ持っておくと便利ですよ。

ホワイトカオリン

・ブランド:アロマフランス
・商品名:クレイ ホワイトカオリン
・容量:100g
・通常価格:税別1,257円(2017年11月時点)

半身浴などにおすすめ「レッドイライト」

「レッドイライト」は、二酸化鉄が多く含まれていて血行促進の作用が期待でき、ご自宅では半身浴や足湯のときにお使いいただくのにおすすめです。

ただ、レッドイライトは、その作用が強いため、お顔のクレイパックには向いていません。

レッドイライト

・ブランド:アロマフランス
・商品名:クレイ レッドイライト
・容量:100g
・通常価格:税別1,257円(2017年11月時点)

編集部の選ぶクレイパック好きにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、田中先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、クレイパックにご興味のある方ににおすすめの化粧品をご紹介します。

おすすめのクレイ洗顔

クレイ洗顔(泥洗顔)は、自然のクレイの吸着力をいかした洗顔料で、毛穴汚れなどを落とすのにおすすめです。

美容のスペシャリストの先生方にクレイ洗顔をお試しいただき、おすすめの商品をまとめましたので、下の記事も合わせてご覧になってみてください。

【Pick Up】ビーグレン クレイウォッシュ

クレイウォッシュは、アメリカの大学教授が発明の浸透テクノロジーを採用した化粧品ブランド「ビーグレン」の洗顔料です。天然クレイのモンモリロナイトの「汚れだけを吸着する力」で、落とすべきものと残すべきものを見極めて、なめらかに洗い上げます。クレイウォッシュをお試しになるには、「ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット」がお得で、2018年10月22日までの期間限定でオリジナルの「天然クレイソープ」のプレゼントが付きです。

●内容量:150g
●通常価格:税別3,900円

美容家の感想

クレイの作用か汚れがガシッと取れた感があり毛穴のざらつきも気にならなく!

想像以上にやわらかいテクスチャーで、伸びも良く使いやすかったです。クレイの作用が大きいと思うのですが、汚れがガシッと取れたようなさっぱり感があって、毛穴のざらつきも気にならなくなりました。肌のトーンも白く明るくなって、化粧水の入りも良くなったことも感じられました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初に付けるミルクです。みずみずしいミルクが、うるおいを肌の奥までグングンと引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」が、そのうるおいをプールします。さらに、エイジングケアに欠かせない「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」などを配合し、乾燥肌年齢肌の方にはもちろん、肌がふっくら引き締まるので毛穴にもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

クレイは吸着力に優れているので、お顔のクレイパックは美肌効果も期待できますし、小顔にも良いです。

私も今回のインタビュー中に、手の甲にクレイパックを乗せてもらったのですが、見違えたようにお肌が白くなりました。

お顔のクレイパックも、肌色が明るくなることは即効性が高いといいます。

クレイパックはやり方も簡単で、毛穴悩みから年齢肌まで良いので、皆さまにも是非いちどお試しいただきたいです。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:ナチュロパシー&ヒーリングサロン Fu MANA(ふま~な) 田中 幸子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年6月29日に公開した『クレイパックの効果は毛穴掃除だけじゃない!作り方と使い方』を再編集しました。