美容のスペシャリストが教えるキレイ

クレイの使い方!クレイパックでツル肌に!やり方をクレイ講師に聞く

本日のキレイの先生

有川 俊子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「クレイの使い方」です。

クレイセラピー教室 lippuru(リップル) の有川 俊子 先生にインタビューさせていただきました。

クレイは、「粘土」のことをいい、ヨーロッパでは、クレイが自然療法に用いられていて「クレイセラピー」として体系化もされています。

クレイの使い方としては、クレイパックがおすすめです。

クレイパックのやり方を、有川先生に教えていただきました。

目次

クレイとは
・クレイについて
・クレイの効果
・クレイの種類

クレイパックのやり方
・クレイパックの作り方
・顔のクレイパックはどのタイミングで行う?
・やり方
・頻度
・注意点

ボディでクレイパックを行うには

編集部の選ぶクレイパック好きにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

クレイとは

有川先生には、クレイの使い方と合わせて、「クレイの効果」についてもインタビューさせていただきました

それは、別の記事にまとめていますが、クレイパックのインタビューに入る前に、まずは、その内容を簡単にご紹介させていただきます。

クレイについて

有川先生はクレイセラピーの講師でいらっしゃって、クレイセラピーは、「クレイ・粘土」を用いた自然療法のことをいいます。

クレイは、古くから人々の日常生活に取り入れられていて、ヨーロッパでセラピーとして体系化されました。

クレイセラピーで使用するクレイは、鉱物学では「粘土鉱物」に分類されます。

「粘土」といっても子ども時代に粘土遊びをした粘土ではなく、汚染されていない環境から採掘された粒子の細かいパウダーのものです。

クレイの使い方としては、クレイを水に溶かしてパックに使う「クレイパック」がもっとも代表的です。

クレイの効果

有川先生は、クレイの効果を、土と水で例えました。

例えば、乾いた土に水をやると、どんどん吸収していくと思いますが、それと同じように、クレイにも「吸い取る力」があります。

そのため、お肌にクレイパックを乗せることで、余分な皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)や角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)を取り除けるのに加え、老廃物を吸い取ることもできてデトックスにつながります。

例えば、顔のクレイパックを行うと、お肌がワントーン明るくなりますし、むくみも取れて顔の引き締め効果も期待できます。

クレイの種類

クレイは、内容成分によって種類が分かれていて、吸着力の強さも異なります。

また、メーカーや採掘場所によっても呼称が違います。

有川先生は「国際クレイセラピー協会」に所属されていて、今回は、そちらの分類で、クレイの種類を教えていただきました。

1. ホワイトクレイ
[吸着力]マイルド
[特徴]粒子の細かなクレイで、顔のパックなどにおすすめです。

2. レッドクレイ
[吸着力]やや強め
[特徴]なめらかな質感でしっとりとしていて、血流を良くする作用が高いです。

3. ピンククレイ
[吸着力]マイルド
[特徴]ホワイトクレイとレッドクレイをブレンドして作ったもので、肌触りが良いです。有川先生は、クレイパックが初めての方には、こちらをおすすめされるそうです。

4. イエロークレイ
[吸着力]ホワイトクレイやピンククレイと比べると少し強め
[特徴]日焼後のお肌のケアにおすすめです。

5. グリーンクレイ
[吸着力]強め
[特徴]ヨーロッパでは医療でも用いられることがあるそうで、脂性肌やニキビで皮脂の分泌が多い方には向いていますが、敏感肌の方には少し強すぎるかもしれません。

6. ブラウンクレイ
[吸着力]非常に強い
[特徴]主に、身体のデトックスに使用することが多いといいます。

クレイをお使いになるのが初めての人は、吸着力のマイルドなものから始めるのが良いでしょう。

クレイはメーカーによっても名称は違いますが、「カオリン」・「カオリナイト」と名称に付いているものや、色の白いものは、吸着力が比較的マイルドと考えられます(中には、色が白くても作用の強いクレイもあるそうなので、専門家にご確認の上、お選びになることをおすすめします)。

では、クレイパックのやり方について、有川先生のインタビューをご覧ください。

クレイパックのやり方

クレイパックの作り方

先生にはここまで、クレイの作用や種類についてお話しいただきました。

クレイの使い方としては、「クレイパック」がいちばん代表的だと思います。

クレイパックの作り方を教えていただけますか?

クレイパックは、クレイと水を混ぜてペースト状にしていきます

クレイの分量は、商品によって違いますが、お顔全体に使う場合は、大さじ2~3杯くらいが目安です。

それに対して、水は大さじ1~2で、クレイよりもやや少なめの量です。

クレイパックの材料

(顔のクレイパックの場合)
クレイ:大さじ2~3杯
:大さじ1~2杯

ご自宅でクレイパックを行うときは、先にクレイを量(はか)って、そこに水をちょっとずつ入れて混ぜ合わせてなめらかなペーストにしていくのが、簡単だと思いますよ。

ペーストは、どのくらいの固さにすればいいんですか?

目安としては、マヨネーズくらいの固さです。

ちょっとやわらかめのペーストですね。

クレイパックの作り方

水にクレイを入れるよりも、クレイに少しずつ水を入れながら混ぜていくほうが、なめらかなペーストにしやすい。

顔のクレイパックはどのタイミングで行う?

クレイパックは、お肌に乗せて乾いてきたら取り外すことが大事です。

クレイが完全に乾くと、吸い取る力もなくなりますし、そのまま乗せておくと、最終的には、クレイがお肌にパリパリに引っ付いてしまいます。

ですので、クレイパックは、お風呂で行うのがおすすめです。

湯船につかりながらクレイパックを行うと、蒸気で温まってクレイが乾きにくいですので、長時間パックを行えます。

その分、クレイの効果を長く得られるんですね。

ちなみに、顔のクレイパックを行う場合は、クレンジング・洗顔の後がいいんですか?

メイクをきれいに落とした後に、クレイパックをするといいですよ。

洗顔は必要ありません

洗顔してからクレイパックを行うと、かえって皮脂を落としすぎてしまいます。

クレイパックは洗顔の代わりにもなりますので、クレイパックを行うときは、洗顔はしないでも大丈夫です。

クレイパックを終えた後も、洗顔は不要ですよ。

顔のクレイパックの流れ

1. クレンジング
2. クレイパック
3. 化粧水・美容液
4. 乳液・クリーム

やり方

クレイパックは、何を使って塗るんですか?

スパチュラなどが便利ですが、手で塗っても大丈夫です。

クレイは、どのくらいの厚さを塗ればいいんでしょうか?

パックが薄ければクレイの乾く時間が早く、厚ければ厚いほど遅くなります。

ですので、最低でも、皮膚が完全にみえなくなるくらいの厚さで塗っていただきたいです。

その上で、気になる場所には、厚めに塗ってあげるといいです。

クレイパックはどのくらいの時間、乗せておくんですか?

大体の目安は、10~15です。

ただ、クレイパックは、環境によって乾く時間が変わります。

先程、お風呂だと、クレイパックが乾きにくいというお話もありましたね。

大切なのは、クレイが乾ききる前に、ぬるま湯で洗い流すことです。

クレイパックが乾ききってしまうと、クレイを取るのも大変になりますし、お肌の乾燥の原因にもなります。

クレイパックをした後は、何か特別なアフターケアが必要になるんですか?

しっかり保湿することを心がけてほしいと思います。

お顔のクレイパックでしたら、クレイを洗い流した後に、キャリアオイル(植物オイル)をお顔全体になじませるのもおすすめですよ。

それによって、お肌に残っていたクレイを落とすことができますし、乾燥を防ぐことにもつながります。

クレイパックのやり方

1. クレイパックを塗る(最低でも皮膚が隠れるくらい)
2. クレイパックが乾ききる前に、ぬるま湯で洗い流す(目安としては、10~15分くらい)
3. しっかり保湿する

頻度

クレイパックは、毎日行って大丈夫なんですか?

はい、大丈夫ですが、毎日クレイパックを続けると、お肌が乾燥してしまう可能性があります。

ですので、週に1~2が理想でしょうか。

週にいちどのスペシャルケアですね。

はい、クレイパックを行って、お肌が乾燥したり刺激を感じたりしたときは、間隔を空けるか、クレイの種類をマイルドなものに変えることをおすすめします。

後は、クレイパックにキャリアオイルを少し入れて、クレイの吸い取る力を弱めることもできます。

注意点

クレイパックを行う上での注意点はありますか?

クレイは、金属を錆(さ)びさせる作用があります。

私も、クレイパック中にメガネをしてテレビを観ていたら、メガネにクレイが付いて、錆びてしまったことがあります。

クレイパックを行うときは、ピアスなどの貴金属にクレイが付かないように気を付けて、クレイが付いたらきれいに洗い流すようにしましょう。

それから、道具も金属製のものは避けたほうがいいです。

例えば、クレイを保管する容器は、ピクルスを入れておくような密閉できるガラス瓶が理想ですし、クレイをペースト状にするときに混ぜる道具も、出来ればプラスチックや木製のものがいいですよ。

ボディでクレイパックを行うには

クレイパックは、顔だけじゃなくて、ボディにも使えるんですよね?

はい、お使いいただけますよ。

例えば、ふくらはぎにクレイパックを行えば、足のむくみ取りになります。

足裏も、老廃物などがたまりやすいので、クレイパックでデトックスするのにおすすめの場所です。

それから、にクレイパックを行えば、手荒れの解消になりますし、ご自分では難しいかもしれませんが、背中に塗るとコリが楽になります。

後は、上級者向けですが、クレイパックは頭皮に行うこともできて、地肌のクレンジングになって、健康的な髪の毛が生えてくるのを助けてくれます。

すごい、クレイはたくさんの使い方ができるんですね(笑)。

はい(笑)。

ひとつ、ボディのクレイパックの注意点としては、体内にペースメーカーなどの異物が入っていると、それを吸い出そうとする作用が、わずかですがあります。

そういった方は、クレイパックを続けることで影響がないとはいえないので、念のため異物のある場所へのパックは避けたほうがいいです。

ボディのクレイパック

ふくらはぎ
足裏

肩・背中
頭皮(上級者向け)
など

ちなみに、顔のクレイパックでは、吸着力のマイルドなものを使うのがおすすめとのことでしたが、それは、ボディのクレイパックでも同じなんでしょうか?

クレイパックを身体に使うときは、作用の強めのものをお使いになってもいいと思いますよ。

例えば、足裏には、吸着力の強い「ブラウングレイ」などもいいですし、足の冷えには、「レッド」などもいいです。

もちろん、お顔と同じように、ボディのクレイパックにも、作用の弱いものをお使いいただいても大丈夫です。

クレイは、赤ちゃんから高齢者の方まで使うことができて利用しやすいものです。

男性にも人気があって、講座の生徒さんがパートナーにクレイパックを行って喜ばれた話もお聞きします。

私の主人も、クレイで作った歯みがき粉を使って、「歯ぐきの腫(は)れが引いた」と喜んでいました。

クレイで、歯みがき粉も作れてしまうんですか(笑)。

私も今回、先生の話をお聞きて、クレイの魅力がよく分かりました。

クレイの面白いお話をありがとうございました!

編集部の選ぶクレイパック好きにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、有川先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、クレイパックにご興味のある方ににおすすめの化粧品をご紹介します。

おすすめのクレイ洗顔

クレイがお好きな方は、クレイの吸着力をいかしたクレイ洗顔もおすすめです。

オルビスユー ウォッシュ

30代からの分岐点エイジングケアに「細胞フィットネス」で肌のセルフコントロールをコンセプトにしたスキンケア化粧品ブランド「オルビスユー」の洗顔料です。
汚れを吸着する洗浄成分の「モロッコ溶岩クレイ」が、肌くすみの原因となる毛穴・皮脂汚れを一掃して、あか抜け感のある明るい肌に整え、化粧水の浸透感も高まります。
ウォッシュをお試しになるには、「オルビスユー 7日間体験セット」がお得です。

●内容量:120g
●通常価格:税別1,800円
●トライアルセット価格:税込1,000円

美容家の感想

肌育&再生美容 サロンプルマージュ
今泉 まいこ 先生

洗顔後はしっとり肌に!泡の力で毛穴汚れを取りつつ洗顔後は毛穴が引き締まる!

モワッと弾力のある泡が立って、こすらなくても泡の力で汚れが吸い付きます。洗い上がりはヌルヌル感もツッパリ感もなく、優しい洗浄力で、落とすべきものは落としながらもうるおいは残って、すぐ化粧水を付けなくても肌はしっとりしています(笑)。毛穴汚れを取りつつも、ぬるま湯で顔をすすぐと、毛穴も引き締まりました

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初に付けるミルクです。みずみずしいミルクが、うるおいを肌の奥までグングンと引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」が、そのうるおいをプールします。さらに、エイジングケアに欠かせない「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」などを配合し、乾燥肌年齢肌の方にはもちろん、肌がふっくら引き締まるので毛穴にもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

インタビューの後に、有川先生は「クレイは、まだまだ知られていないと思うので、もっとたくさんの方に知っていただきたい」とおっしゃっていました。

たしかに、クレイはまだ一般的とはいえないかもしれません。

クレイパックを行ったことがある方もそう多くはないかもしれません。

ただ、クレイは、古くから自然療法の一環として生活に取り入れられてきたもので、多くの効果を期待できます。

クレイパックは、スペシャルケアとしてもおすすめですよ。

* 2017年2月14日に公開した『クレイの使い方!肌が明るくなるクレイパックの簡単なやり方』を再編集しました。