キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

ほうれい線をなくすには?スキンケアで出来る簡単マッサージ

フェイシャルサロン カプア  吉田 奈津子 先生

ほうれい線をなくすには?スキンケアで出来る簡単マッサージ

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ほうれい線」です。

フェイシャルサロン カプア の吉田 奈津子 先生に取材させていただきました。

ほうれい線は、30歳を過ぎたころから出てくる悩みだと思います。

ほうれい線があると、どうしても老けた印象が強くなってしまうので、できるだけ改善したいものです。

ほうれい線は、何が原因なのでしょうか?

なくすには、どうしたら良いでしょうか?

ほうれい線におすすめのマッサージがあるとのことで、吉田 先生に教えていただきました。

目次

ほうれい線とは

ほうれい線の原因

ほうれい線をなくすには?
・スキンケアでのマッサージ
・その他

まとめ

本日のキレイの先生

フェイシャルサロン カプア

吉田 奈津子 先生

「キレイの先生」編集部

ほうれい線とは

吉田 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ほうれい線」です。

ほうれい線とは、何なのでしょうか?

ほうれい線は、筋肉やお肌のたるみから、小鼻の脇から、頬のつながるところに出来るラインのことをいいます。

何歳くらいから(ほうれい線が)出やすい、といったことはあるのですか?

40代から増えてくるといわれていますが、最近は、スマホなどの影響によって、20代から(ほうれい線が)出ている人もいます。

スマホも、ほうれい線の原因になるのですね。

それは後程、詳しくお聞きしようと思います。

ほうれい線が出ていると、顔はどのように見えますか?

一気に老けた印象になります。

サロンのお客様には、アンパンマンの絵でご説明したことがあるのですが、アンパンマンのほっぺは、パンと張っていると思います(と、アンパンマンのイラストを描く)。

ただ、(アンパンマンに)ほうれい線と、おでこのシワを加えると…。

アンパンマンが、おじいちゃんになりました!

ほうれい線があると、顔の印象はこんなに変わるのですね…。

ほうれい線があると…

今回の取材では、吉田 先生にアンパンマンのイラストを描いていただきました。是非、皆さまにもお試しいただきたいのですが、若々しくて元気なアンパンマンが、ほうれい線を加えるだけで、おじいちゃんに変わります。それだけ、ほうれい線があると、顔の老けた印象が強くなってしまうということですね。

ほうれい線は、(顔が)どうなっている状態なのでしょうか?

筋肉のたるみによるところが大きいです。

顔には、たくさんの筋肉があります。

ほうれい線には、どんな筋肉が関係していますか?

例えば、口の周りにある「口輪筋(こうりんきん)」です。

たしか、口輪筋は、表情筋(表情を作る筋肉)のひとつですよね。

はい。

口輪筋は、(顔の筋肉の中では)比較的大きな筋肉で、使っていないと衰えてきます。

そして、そこが落ちると、ほっぺの肉も引っ張られ落ちてきて、ほうれい線へとつながります。

後は、肩甲骨周りの「僧帽筋(そうぼうきん)」なども、ほうれい線と関係しています。

僧帽筋の位置

背中の筋肉が、ほうれい線に関係しているのですか…?

はい、肩こりなどで、僧帽筋が凝り固まっていると、顔の筋肉も引っ張られて、顔全体が下がる原因になります。

他にも、頭皮のたるみによっても、顔が下がります。

ほうれい線は、筋肉のたるみだけではなく、お肌のたるみからも来るのですよね。

はい。

もち肌の人は、ほうれい線が出来やすいです。

もち肌は、おもちのようにプニプニしたお肌のことだと思います。

(もち肌には)すごく良いイメージがあるのですが、ほうれい線につながりやすいのですか…?

例えば、やわらかい大福餅をイメージしていただければと思うのですが、お肌がやわらかい分、気を付けないと、たるみにつながりやすいのですね。

やわらかいからこそ、たるみやすいということですか…。

他に、ほうれい線が出来るのに、考えられる状態はありますか?

リンパの流れが悪くなって、老廃物が頬の部分にたまると、お肉が乗っかったようになって、ほうれい線になる場合があります。

リンパとは

リンパは、血管と同じように全身に張り巡らされていて、体内の老廃物を回収して排出する役割があります。リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまって、むくみやたるみなどの原因になります。

ほうれい線の原因

ほうれい線は、筋肉のたるみから来ることが大きいとのことでした。

年をとるにつれて、筋力は衰えてきます。

先程、ほうれい線は40代以降に増えてくるというお話がありましたが、それは筋肉が衰えてくることが、原因にあるのですか?

そうですね。

年をとると、筋肉がたるんで、身体の弾力が落ちてきます。

「老化」ですね。

加齢の他に、どんなことが、ほうれい線の原因になりますか?

スマホをずっと眺めている、パソコンばかりしている、食事をあまり噛まない、あまりしゃべらない、これらに当てはまる人は、若い人でもほうれい線が出ていたりします。

先程、顔の筋肉の衰えが、ほうれい線になるというお話がありました。

特に、表情筋は、普段使っていないと衰えやすい筋肉といいます。

スマホやパソコンで無表情でいることが多かったり、話すことが少なかったりすると、口輪筋など口周りの筋肉が衰えて、ほうれい線につながるということですね。

また、お肌の「糖化」なども、お肌がやわらかくなって、たるみの原因になります。

例えば、炊飯器の中にお米をずっと保温しておくと、(お米が)黄色くべちゃっとしてくると思います。

お肌も同じように、糖化すると、黄色っぽくくすんで、たるみやすくなります。

後は、間違った(フェイス)マッサージのケアも良くありません。

それは、間違ったマッサージは、顔の筋肉にダメージを与えてしまい、たるみにつながっていくということですか?

そうですね。

頬のあたりの筋肉は、鼻のあたりから耳に向かって、繊維が横に走っています。

マッサージで、頬を回すようにする人も多いですが、それでは、ヨレが生じやすくシワの原因にもなります。

たしかに、筋肉の繊維が横に走っているところを、回すようにマッサージすると、かえってヨレてしまいそうです。

他にも、噛み癖や、荷物を同じ側ばかりで持つといったことも、身体の歪みになって、そのバランスを取ろうとして、たるみにもつながるといわれています。

ほうれい線をなくすには?

スキンケアでのマッサージ

ほうれい線をなくすには、ホームケアでは、どんなことができるでしょうか?

例えば、マッサージなどですか?

はい、そうですね。

マッサージは、「毛穴の黒ずみ」でのトリートメント(マッサージ)と同じように、よく滑るクリームや潤滑油を使って行います。

ほうれい線におすすめのマッサージは、どのような方法で行いますか?

まずは、手を(親指と人差し指で)L字にして、鼻にはめ込んだような状態で、耳の方に向かって、外へ流していきます。

ほうれい線をなくすフェイスマッサージ

化粧品のCMでもありましたが、手を「ヤッホー」のような形にした「ヤッホー美容」のようなイメージです。

(鼻から耳の方に)アイロンでなめすように、一定方向にマッサージします。

先程、頬を回すようにマッサージすると、たるみの原因になる可能性もあるとおっしゃっていました。

ほうれい線には、アイロンでほうれい線を伸ばすように、一定方向にマッサージするのが良いのですね。

後は、「(筋肉に)あなたはここまで来ちゃだめだよ」といったことを、伝えるような意味合いもあります。

その(マッサージの)後は、耳の下から鎖骨の方に流すと、リンパの流れを良くすることもできるかと思います。

ほうれい線をなくすフェイスマッサージ

耳の下から鎖骨に流すのは…

顔のリンパは、耳の下を通って、最後は鎖骨へと流れていきます。その流れに沿って、マッサージしてあげるということですね。

このマッサージは、いつ行うのがおすすめですか?

ほうれい線のケアとして特別に行うのでは疲れてしまうかと思いますので、お風呂上がりのスキンケアのときに一緒に行うと、ストレスなく続けられるのではないでしょうか。

例えば、化粧水を付けるときに、一緒に行っても良いのですか?

はい、化粧水でも、乳液でも、クリームでも大丈夫です。

摩擦にならないようにすることだけ、気を付けてほしいと思います。

その他

ほうれい線をなくすのに、マッサージ以外で、ホームケアで行えることはありますか?

肩甲骨回し」なども良いです。

肩周りの筋肉をやわらかくしてあげることで、(顔の筋肉が)引っ張られにくくなります。

後は、よく笑うことでしょうか?

笑顔は、口周りの筋肉を使いますものね。

(笑顔で口周りの筋肉を使うことで)筋肉の衰えを防ぎ、ほうれい線にも良いということですね。

はい。

まとめ

取材中、吉田 先生に描いていただいたアンパンマンのイラストが、とても印象的でした。

アンパンマンの顔にほうれい線を書き加えると、元気な若々しさは消えて、おじいちゃんに変わってしまいます。

それだけ、ほうれい線は、老けた印象を強めてしまうということですね。

最近は、スマホなどの影響もあり、若くても、ほうれい線の出ている人が増えているとのことでした。

ほうれい線をなくすのにおすすめのマッサージは、スキンケアのときに一緒に行える簡単な内容です。

「あれ、ほうれい線が出ている…」というときは、スキンケアの方法を少し変えてみて、マッサージも一緒に行ってみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生

7000207_b

吉田 奈津子 先生