キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

顎のラインをシャープするには?顎を引き上げる4つの方法!

ロルフィング&筋膜リリースサロンfaro  児玉 美穂 先生

顎のラインがぼやけている…顎をシャープにする4つの方法!

「キレイの先生」編集部です。

美人顔の女優さんを何人か思い浮かべてみると、顎(あご)のラインはシャープな人が多いと思います。

顎のラインは、ぼやけているよりも、出来ればシャープな方がいいですよね。

今回のテーマは、「顎のラインをシャープにする方法」です。

ロルフィング&筋膜リリースサロンfaro の児玉 美穂 先生に、話をお聞きしました。

顎のラインがぼやけるのは、顎の部分だけに問題があるわけではないようです。

顎をシャープにするのには、他の場所からアプローチすることができるといいます。

それには、ホームケアでは、どんな方法があるのでしょうか?

児玉 先生に教えていただきました。

目次

顎のラインがぼやける

顎のラインをシャープにする方法
・1. 鎖骨の下を持ち上げる
・2. 咬筋を触って口を開閉する
・3. 鎖骨の上を押さえて顔を引く
・4. 耳の上あたりを引き上げる

まとめ

顎のラインがぼやける

顎のラインがぼやける

顎のラインがたるんだりぼやけたりするのは、顎の部分にだけ原因があるわけではありません。

例えば、姿勢も顔のたるみなどの原因になります。

人の背骨は本来、湾曲した形をしていますが、首の湾曲がなくなってきて直線に近づいてくる(一般的に「ストレートネック」といいます)と、首が縮こまったようになります。

それによって、顎のラインも、ぼやけて見えるようになってしまいます。

顎のラインがたるむのは…

「キレイの先生」編集部です。

児玉 先生には前回の記事で、「筋膜リリース」についてお話しいただきました。

上の記事での内容を踏まえながら、姿勢が顎のたるみにつながる理由を、私なりに考えてみたいと思います。

人の身体のパーツには、「本来あるべきところ(場所)」があるといいます。例えば、肩こりの人は、「肩が肩こりになりやすい場所」にあることが多いそうです。つまり、本来あるべきところから外れているのですね。それは、「歪み」ということもできるでしょう。

人の身体は、ひとつでつながっています。そのため、身体のどこかが歪んでいると、周りはそれに引っ張られて負荷がかかります。肩こりで、肩が重かったり痛みを感じたりするのは、そういった負荷もよるところもあるそうです。

身体が歪んでいると、きれいな姿勢とはいえません。つまり、姿勢が悪いということは、身体のどこかのパーツが、本来の場所からずれてしまっている状態といえます。

児玉 先生は、姿勢が、顎のラインがぼやける原因になるとおっしゃいました。姿勢が悪く、身体に歪んでいる場所があると、周りはそれに引っ張られて影響を受けます。それによって、首が縮んで、顎のラインがぼやけて見えてしまうのです。

顎のラインがぼやけたりたるんだりするのは、顎の部分だけに原因があるのではなく、他の場所の歪みも関係しています。

そのため、この後、児玉 先生に教えていただく「顎のラインをシャープにする方法」も、顎の周囲からアプローチしていく方法が中心です。

顎のラインをシャープにする方法

1. 鎖骨の下を持ち上げる

胸のあたりの場所は、下に落ちやすい場所です。

それが、顎のラインがぼやける原因にもなります。

胸が落ちて顎のラインが…

「キレイの先生」編集部です。胸のパーツが落ちるのは、「本来あるべきところ」から、ずれてしまっている状態です。周りはそれに引っ張られ、顎のラインのたるみの原因にもつながります。

そのため、鎖骨の下を持ち上げるようにするのも、顎のラインをすっきりさせるのに効果があります。

鎖骨の下に手を置いて、横に伸ばすようにしながら持ち上げます。

顎をシャープにする方法 鎖骨の下を持ち上げる

「頭を背骨の上に乗せる」ようにイメージしましょう。

2. 咬筋を触って口を開閉する

下の写真のあたりには、「咬筋(こうきん)」という筋肉があります。

顎をシャープにする方法 咬筋を触って口を開閉する

咬筋のあたりを、手で軽く触った状態で、口を開閉することも、顎のラインをすっきりさせることにつながります。

咬筋を触ると顎のラインも…?

「キレイの先生」編集部です。

咬筋は、咀嚼筋(そしゃくきん)のひとつで、咀嚼するときに使う筋肉です。人は固い食べ物でも噛み砕くことができるように、咀嚼筋はとても力の強い筋肉です。筋トレをイメージしていただければと思いますが、筋肉は使い過ぎると固くなります。そのため、食いしばりや歯ぎしりの癖があると、咬筋などの咀嚼筋は凝り固まりやすいです。筋肉が凝り固まると弾力を失いますから、咬筋のコリは、顎のラインがたるむ原因にもなります。

咬筋のあたりを手で触りながら口を開閉することは、咬筋のコリをゆるめることにも効果があります。それによって、筋肉の弾力が取り戻され、顎のラインをすっきりさせることにもつながります。

3. 鎖骨の上を押さえて顔を引く

顔と身体は、「広頚筋(こうけいきん)」という筋肉でつながっています。

広頚筋は、顎から肩の方にくっついる筋肉で、口角を下げたり、顎のラインがぼんやりしたりする原因にもなります(他にも、首のしわの原因になります)。

その広頚筋にアプローチして、顎のラインをシャープにする方法です。

まずは、鎖骨の上あたりを、指の腹で押さえます。

その状態で、もう片方の手を、顎の骨のキワに置いて顔を軽く引きます。

顎をシャープにする方法 鎖骨の上を押さえて顔を引く

それ(顔を軽く引いた状態)に抵抗するように、顔を戻そうと軽く力をかけることも効果的です。

4. 耳の上あたりを引き上げる

最後は、「側頭筋(そくとうきん)」にアプローチして、顎のラインをシャープにする方法です。

顎のラインをシャープにするのに、側頭筋にアプローチするには、耳より少し上のあたりを両手で引き上げます。

髪を引き上げるようなイメージです。

顎をシャープにする方法 耳の上あたりを引き上げる

側頭筋にアプローチすると…

「キレイの先生」編集部です。

側頭筋も、咀嚼筋のひとつです。こめかみのあたりにあって、下顎を動かす働きのある(顔の中では)大きな筋肉です。顎を両側から支えているため、凝り固まって弾力がなくなると、顎を支える力が弱まって、たるみなどの原因になります。

(側頭筋のある)耳のあたりを引き上げることで、側頭筋をゆるめることにもつながり、顎のラインをシャープにするのに良い他、小顔やリフトアップの効果も期待できます。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

顎のラインをシャープにするのには、顎だけにアプローチすれば良いわけではありません。

それ以上に、全体的なアプローチが大切になるようですね。

今回、児玉 先生に教えていただいた4つの方法は、ちょっとした空き時間にできることです。

「顎のラインがぼやけている…?」と気になっている方は、お試しになってみてはいかがでしょうか?

今回取材した児玉 美穂 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

バラのほのかな香りが心地良いです(ちなみに、以前、バラの香りのするコスメで、香りがキツすぎるものあり、苦手意識がありました)。使用感も、すっと伸びてしみ込む感じがし、保湿力も実感しました。肌にしっとりうるおいを感じ、お手入れが簡単なので、忙しく働く女性にとって、有り難いコスメだと思います。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込んだ年齢肌オールインワン。バラのチカラで見た目20代の肌へ。初回50%OFFキャンペーン中。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:ロルフィング&筋膜リリースサロンfaro 児玉 美穂 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年10月20日に公開した『顎のラインがぼやけている…顎をシャープにする4つの方法!』を再編集しました。

本日のキレイの先生