美容のスペシャリストが教えるキレイ

目の下のシワを改善したい!スキンケアでのポイントとは?プロに聞く

本日のキレイの先生

須藤 洋美 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「目の下のシワ」です。

茨城県水戸市 アイラッシュサロン の 須藤 洋美 先生にインタビューさせていただきました。

目の下は皮膚が薄いため、シワなどのエイジングサインが出やすく、丁寧なお手入れを意識したい場所です。

目の下のシワには、アイメイクは別で行うことや、普段のスキンケアにアイクリームを取り入れることなどが大切といいます。

目の下のシワを改善する方法について、須藤先生に教えていただきました。

目次

目の下にシワができる原因とは
・目の下のシワはどんなシワ?
・目元はどうしてシワが出やすい?
・生活習慣で原因になること

目の下のシワを改善するには
・アイメイクは先に別で落とす
・スキンケアにアイクリームを取り入れる

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

目の下にシワができる原因とは

須藤先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「目の下のシワ」です。

先生のサロンのお客様にも、目の下のシワを気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、たくさんいらっしゃいますよ。

目の下にシワがあると、見た目の印象も変わってしまうと思います。

そうですね、老けた印象になってしまいますよね。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔について

目の下のシワはどんなシワ?

シワには、浅いシワや深いシワなどがあります。

目の下のシワは、どんなシワなんでしょうか?

大きく分けると、「乾燥によるシワ」と「老化によるシワ」です。

乾燥によるシワは、乾燥の小じわのことですよね?

(参考:エステティシャンに聞く乾燥小じわについて

はい、そうですね。

老化によるシワというのは、肌老化で、お肌にハリがなくなってきて、シワができるということですか?

(参考:エステティシャンに聞く肌老化について

はい、そうです。

目の下はどうしてシワが出やすい?

目の下は、どうしてシワが出来やすいんでしょうか?

目元は、油分がほとんどないからです。

それで、目の下は乾燥しやすいということですか?

はい、例えると砂漠状態ですので、目元にはシワが出来やすいです。

目の下にシワが出やすいのは

皮膚は、毛穴から「皮脂(ひし)」という油分が分泌されています。皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜(ひしまく)」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外部の刺激から皮膚を保護したりする役割があります。

目元は、その皮脂の量が少なく、皮膚も薄いため、乾燥しやすいです。

目の下のシワが出始める年齢は?

年が行くほど目の下にもシワが出やすくなると思いますが、何歳くらいから、目の下にシワが出てきますか?

25歳を機に、20代後半くらいから、目の下のシワが出てくる方もいらっしゃいます。

20代後半からですか!?

意外と早いんですね…。

それは、そのくらいの年齢から、老化によるシワが出てくるということですか?

いえ、20代後半ですと、それよりも、乾燥によるシワのほうが多いですね。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、目の下にシワが出来る原因はありますか?

お肌に合わない洗顔を行っていると、お顔が乾燥しやすいですので、それで、目元が乾燥する場合もあります。

それに、クレンジング・洗顔でのこすりすぎも良くありません。

肌摩擦は、お肌への負担になるといいますもんね…。

それから、アイメイクを専用のクレンジングで落としている方は、その洗浄力が高すぎると、それによって余計に乾燥を引き起こしてしまう可能性もあります。

目の下のシワを改善するには

先生のサロンでは、目の下のシワを改善するのに、どんな施術・ケアがおすすめですか?

サロンには、「目元集中エステ」というメニューがありますので、そちらがおすすめです。

アイメイクは先に別で落とす

目の下のシワを改善するのに、クレンジング・洗顔で心がけたいことはありますか?

目元だけに限らず、お顔全体にいえることですが、お肌に良いとされないクレンジング剤の使用を控えることです。

お肌に良くないのは、どんなクレンジングなんですか?

「ミネラルオイル」が入っているクレンジングは、あまりおすすめしません。

それは、どうしてですか?

ミネラルオイルは、毛穴を詰まらせてしまいやすいからです。

それに、ミネラルオイルは「鉱物油」のことですので、お肌に色素沈着してシミの原因にもなりやすいです。

それから、アイメイクを落とすときは、最初にコットンを水で濡らして、そこにクレンジングオイルなどをなじませて、優しく拭き取って落としていただくことをおすすめします。

マスカラを塗っている方でしたら、マスカラも優しく拭き取ります。

その後に、顔全体のメイクを落とすんですか?

はい、そうです。

つまり、最初にアイメイクを落としてから、その後に、顔全体のメイクを落とすんですね?

そうですね。

アイメイクの落とし方

1. コットンを水で濡らして、クレンジングオイルなどをなじませる
2. アイメイクを優しく拭き取って落とす(マスカラも同じように優しく拭き取る)
3. 顔全体のメイクを落とす

スキンケアにアイクリームを取り入れる

他に、目の下のシワを改善するのに、スキンケアでやれることはありますか?

洗顔した後は、化粧水でお肌に水分を与えます

その上で、目元は油分がほとんどありませんので、アイクリームを使っていただきたいです。

それが、目の下のシワが改善していくことにもつながりますよ。

アイクリームは、目的によって色々な種類のものがあります。

乾燥を防ぐためのものもあれば、シワやたるみにいいものもあります。

その方のお悩みに合わせたアイクリームをお選びください。

例えば、若い方で目元にまだシワが出ていないようでしたら、保湿力の高いアイクリームでいいでしょうし、お年を召して目元のシワやたるみが気になっている方でしたら、それらにおすすめの成分の入ったエイジング効果の高いアイクリームを選ぶといいです。

アイクリームは、スキンケアでは、どんな順番で使うといいですか?

化粧水を付けて、アイクリームを付けて、最後に乳液・クリームで仕上げます

アイクリームの順番

1. クレンジング・洗顔
2. 化粧水
3. アイクリーム
4. 乳液・クリーム

アイクリームには、クリーム状になっているものや、ジェル状になっているものもあります。

それを、目元に34ヶ所にポンポンと、まぶたにも同じように34ヶ所に優しくなじませて付けてあげます。

それを、朝晩のスキンケアで行うことがおすすめです。

アイクリームは、目の下のシワに即効性はあるんですか?

年齢が若い方でしたら、改善も早いと思いますよ。

ただ、お肌の生まれ変わりには、早くても27日かかりますので、最低でも一ヶ月は続けていきたいですね。

スキンケアで、アイクリームをお使いになっている方は少ないですが、早い内からスキンケアに取り入れることがおすすめです。

それによって、1年後、3年後、そして10年後、シワの出来にくい目元になっていきますよ。

まとめ

目の下のシワには、アイメイクは顔全体のクレンジングとは別に丁寧に落とすことや、目元専用の化粧品でケアしてあげることが大切といえそうです。

目元は、皮膚が薄く油分も少ないですから、若い年齢からシワの出やすい場所です。

須藤先生のアドバイスを参考に、早い内からのケアを意識していきたいですね。

関連キーワード