美容のスペシャリストが教えるキレイ

トマトの効果効能!美容にもオススメ!美白に優れているワケ

本日のキレイの先生

生井 理恵 先生

トマトの効果効能!美容にもオススメ!美白に優れているワケ

「キレイの先生」編集部です。

今回は、ベジ活アドバイザー の生井 理恵 先生に取材させていただきました。

テーマは、「トマト」です。

私も普段、料理に時々トマトを使います。

思い返してみても、子どもの頃から、自宅の食卓にはよくトマトが上っていました。

トマトは、栄養価が豊富で美容効果もあり、特に美白に良いそうです。

トマトには、どのような栄養が含まれていて、どんな効果・効能を期待できるのでしょうか?

生井 先生に教えていただきました。

目次

トマトとは
・品種について
・旬のシーズンなど

トマトの効果・効能
・リコピンなどによる美白効果

トマトの美白効果を効率的に得るおすすめの食べ方とは
・トマトは毎日食べた方がいい?

リコピンの吸収にもおすすめ「ガスパチョ」の作り方

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

食べてキレイになる料理教室

生井 理恵 先生

「キレイの先生」編集部

トマトとは

生井 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「トマト」です。

トマトは、私も料理で使ったりして、口にする機会が多いです。

まずは、トマトがどんな野菜なのか、教えていただけますか?

トマトは、ナス科のナス属で、ナスの仲間になります。

え? トマトは、ナスの仲間になるのですか?

そんなイメージは、まったくありませんでした。

実がぶら下がって付くところは、ナスと似ているかもしれませんね。

トマトは、昔から日本にあった野菜なのですか?

もともと、日本にはありませんでした。

(トマトが日本に入ってきたのは)諸説あるのですが、昭和初期にアメリカから入ってきたというのが、もっとも一般的です。

それ以来、日本ではトマトが食べられるようになったということですね。

品種について

ちなみに、私は以前、主人の仕事でジャカルタに住んでいたことがあるのですが、現地ではトマトを生で食べることは、あまり一般的ではありませんでした。

周りの話を聞いても、海外では、生でトマトを食べることは少ないようですね。

ジャカルタの日本人向けのスーパーでは、生食に向くトマトが売られていましたが、現地のスーパーで売られているトマトは生食向きのものが少なかったと記憶しています。

そうなのですか!?

トマトは、生で食べるのもおいしいですが…。

それは、とても意外です。

現在、日本で主流になっているのは、「桃太郎」という品種のトマトです。

桃太郎トマトは、日本で1985年くらいに出来たといわれていて、日本ではそこから、トマトがよく生で食べられるようになったようです。

では、私たちが普段、生で口にしているのは、日本で生まれた「桃太郎」という品種のトマトなのですね。

それに対して、海外のトマトは、楕円形の細長い品種が多いという印象があります。

それらは、固みがあって甘みもないため、煮込んだりしてソースなどの加工品として使われることが多く、加工品向けの品種ともいえるかもしれませんね。

日本のトマトは、やわらかくて甘みもあります。

先生の話をお聞きしていると、桃太郎トマトは、海外の細長い加工品向けの品種とは、まったく違うのですね。

はい。

ちなみに、スーパーなどのトマトにも、「桃太郎」という品種名が書かれているのですか?

はい、パックなどに書かれていますよ(笑)。

まったく気付きませんでした…。

次に、トマトをスーパーで買うときは、チェックしてみようと思います。

旬のシーズンなど

トマトは、いつが旬になりますか?

トマトは、「夏の野菜」といわれることが多いです。

ただ、世界的にはアンデス山脈などの高地で栽培されることが多く、高温多湿の日本の夏を嫌うため、トマトを「春の野菜」という人もいます。

ですので、トマトは、「春夏の野菜」といっても良いと思います。

日本で有名な産地はありますか?

例えば、熊本県などは有名ですね。

関東では、茨城県もよく聞きます。

トマトの効果・効能

トマトの効果・効能

では、トマトが、どんな効果・効能を期待できるのか、教えていただきたいと思います。

リコピンなどによる美白効果

トマトは、栄養が豊富なイメージがありますが、具体的にはどんな栄養が含まれているのでしょうか?

色々含まれていますが、「ビタミンC」や「リコピン」、「葉酸」、「カリウム」などが、代表的な栄養素でしょうか。

例えば、ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制する作用があるといわれています。

ビタミンCは、美白成分としても、よく知られていますね。

ビタミンCは、水溶性の栄養のため、調理すると流れやすく、効率的に摂ることが難しいのですが、トマトでしたら、そのまま生で食べることができるので、しっかりと摂ることができます。

そして、(トマトに含まれる栄養の中でも)特筆すべきなのが、「リコピン」です。

リコピンは、赤い色素に含まれている「フィトケミカル」です。

フィトケミカルは、植物が紫外線などの有害物質から自分を守るために作り出した物質といわれています。

リコピンは、メラニン色素の生成を抑制する作用や、日焼けしてしまった後でもお肌の赤みやごわつきを軽減する作用があるといわれ、美容面では、美白にとても良いです。

リコピンやビタミンCの含まれているトマトは、美白効果がとても高そうですね。

はい。

(トマトの)美容面での効果では、美白がいちばん大きいのではないでしょうか?

ですので、私も(料理教室の)生徒さんたちに、「夏は、いち押しでトマトを食べるのがいいですよ」とお伝えしています(笑)。

トマトの美白効果を効率的に得るおすすめの食べ方とは

リコピンは美白におすすめの栄養ですが、トマトのリコピンは、食物繊維に守られていて、普通に食べるだけでは、効率的に吸収することができません。

そのため、トマトを撹拌(かくはん)して、細胞を壊してあげた方が、リコピンの吸収率は高まるといわれています。

例えば、ミキサーなどで(トマトを撹拌して)トマトジュースなどにするのも良いですね。

(トマトの食べ方で)私のいちばんのおすすめは、「ガスパチョ」です。

ガスパチョ…、初めて聞きました。

それは、どんな料理なのですか?

トマトに、オリーブオイルやピーマン、キュウリなどを一緒に使った冷たいスープで、「飲むサラダ」ともいわれています。

オリーブオイルは、トマトのリコピンの吸収率を高めてくれます。

トマトと一緒にオリーブオイルを摂ると、普通の油(と一緒にトマトを摂るの)と比べて、リコピンの吸収率が高まるといわれています。

トマトを使う料理では、オリーブオイルが一緒に使われることが多いですが、それは理に適っているのですね。

たしかに、トマトソースなどを作るときも、オリーブオイルを使いますよね。

後は、リコピンは、朝昼晩の内、朝に摂ると吸収率が上がるといわれています。

ですので、朝に「ガスパチョ」を飲むのがおすすめです。

例えば、スイカにもリコピンが含まれているので、トマトとスイカを合わせて、スムージーのようにして、朝飲むのも良いですね。

トマトは毎日食べた方がいい?

先生の話をお聞きして、トマトが美白に良いことがよく分かりました。

出来れば、トマトは毎日食べた方が良いのですよね?

そうですね。

特に夏は、できれば毎朝食べてほしいです。

トマトに限った話ではありませんが、(美容に良いことを)短期間で一気にやるよりも、ゆるくても長く続けるほうが、還元される効果は大きいです。

簡単なことでも、毎日続けることが大切で、それがいちばんキレイにつながります。

例えばトマトでも、(毎日トマトを摂るのが難しいときは)市販のトマトジュースを毎日飲むような習慣から始めても良いと思います。

耳の痛い話です…。

私も「コレコレが良い」と聞くと、すぐそれに飛びつきますが、なかなか長続きしません。

トマトも、トマトジュースでしたら、簡単に毎日摂ることができます。

そういった簡単にできることの積み重ねが大切なのですね。

リコピンの吸収にもおすすめ「ガスパチョ」の作り方

トマトの食べ方としては、冷たいスープの「ガスパチョ」がおすすめとのことでした。

生井 先生には、ガスパチョの作り方も教えていただいたので、そのレシピを紹介させていただきます。

■ 材料(4人分)

・トマト 4個(400g)

・キュウリ 1本

・パプリカ 約1/4個

・タマネギ 40g

・バケット 40g

・ヨーグルト 400ml

・酢、オリーブオイル 各大さじ2

・塩 各小さじ1

・すりおろしニンニク 適宜

・パプリカ・オリーブオイル(盛りつけ用) 適宜

■ 作り方

野菜は盛りつけに使うパプリカ以外は全てざく切りにする。盛りつけ用のパプリカは5mmの角切りに。材料を全てミキサーに入れ、滑らかになるまで撹拌(かくはん)したら完成。

まとめ

生井 先生に取材させていただいたのは、夏場の7月で、ちょうど美白が気になるシーズンでした。

トマトは、リコピンなどの栄養を含んでいて、美白の効果・効能も期待でき、夏にはぴったりの野菜です。

私は朝食を食べたり食べなかったりで(それも良くないのですが…)、トマトを毎朝食べるのが難しそうだったので、まずはトマトジュースを毎朝飲むことから始めることにしました。

生井 先生もおっしゃっていましたが、(美容に良いことは)ゆるくても長く続けるすることが大切です。

トマトは、栄養豊富で美容の効果も高いので、皆さまも、毎朝食べたりトマトジュースを飲んだりするようにしては、いかがでしょうか?