美容のスペシャリストが教えるキレイ

目の大きさが高さが違う?目が左右非対称の原因は?美容専門家に聞く

本日のキレイの先生

藤村 美紀 先生

左右の目の大きさが違う、形が違う、高さが違う…治すには?

「キレイの先生」編集部です。

今回は、左右で目の大きさや高さが違う原因について、ボディメンテナンスサロン vivace の藤村 美紀 先生にインタビューさせていただきました。

鏡の前でまずはファイルなどで顔の片側を隠し、次にもう片側を隠してみると、左右で顔の印象がかなり違うと思います。

顔の中でも、左右で違いが表れやすいのが、「目」ではないでしょうか。

私自身もそうですが、左右で目の大きさが違いますし、高さも違いますし、形も違います。

左右非対称です。

左右で目の大きさや高さが違うのは、生まれついてのものなのでしょうか?

それとも、何か別の原因があるのでしょうか?

藤村先生に教えていただきました。

目次

左右で目の大きさ・高さ・形が違う原因
・「利き目」で目が左右非対称に?
・「ストレス」で目の形が変わる?
・「噛み癖」で左右の目の高さが変わる?
・その他の原因

左右非対称の目を改善するには?
・側頭筋をゆるめるマッサージ
・「百会」のツボ押し
・その他の方法

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

左右で目の大きさ・高さ・形が違う原因

目が左右で非対称

人は、左右対称・シンメトリーのものを見ると美しく感じる作用があります。

そのため、お顔も、左右対称に近いほど美しく感じます。

ただ、人の身体は、生まれたときから左右対称には出来上がっていません

その左右の差は、もちろん個人差がありますので、よくみないと左右の差が分からない方もいらっしゃれば、比較的分かりやすい方もいらっしゃいます。

それは、目にも当てはまることです。

目も、生まれたときから左右で大きさや形、高さが違っています

それに加えて、日常生活での筋肉の使い方などによって、その左右差がさらに大きくなる場合もあります。

「利き目」で目が左右非対称に?

手に「利き手」があるように、目にも「利き目」があります。

自分の利き目を知るには、まずは片目を閉じて、もう片方の目だけで何かに焦点を合わしてみます。

次に、もう片方の目で同じように焦点を合わせます。

そして最後に、両目で見ます。

そうすると、左右どちらかの目の焦点が優先されているはずです。

その優先された方が、利き目です。

利き目の調べ方

1. 片目を閉じて、もう片方の目で何かに焦点を合わせる
2. もう片方の目で同じように焦点を合わせる
3. 両目でみる
4. そのときに焦点が優先されている方の目が「利き目」と考えられる

目は、両目を同じように使っているようでも、実は利き目があるため、左右で筋肉の使われ方や疲労度が違います

ですので、左右で同じ歪み方はせず、大きさ・高さ・形などの違いが大きくなる原因になります。

「ストレス」で目の形が変わる?

原因2. ストレス

ストレスがあると、自律神経の交感神経が高ぶって身体は緊張します。

自律神経とは

「キレイの先生」編集部です。自律神経は、人の心と身体をコントロールしている神経で、「交感神経(緊張の神経・昼に優位になる)」と「副交感神経(リラックスの神経・夜に優位になる)」 が交互に入れ替わっています。このバランスが乱れると、心身に大きな影響があります。

(参考:セラピストに聞く自律神経とは

お顔は、ストレスでこわばったりするなど、ストレスの表れやすい場所です。

特に、頭部は筋肉が薄いためストレスの影響を受けやすいですし、髪の長い女性は、その重みもストレスになりえます。

お顔は筋肉同士がつながっていますので、ストレスで頭部の筋肉が縮こまって硬くなると、周りの筋肉もそれに引っ張られてしまいます

それによって、お顔が歪む原因になりますし、目も吊り目のようなきつい感じになったりして形が変わることにもつながります。

「噛み癖」で左右の目の高さが変わる?

人は咀嚼(そしゃく)するときは、顎(あご)を動かす筋肉「咀嚼筋」を使います。

食事のときに、例えば、片方の奥歯ばかり使う癖があると、片方の咀嚼筋ばかりが使われることになって、そちら側の顎が下がりやすくなります。

そうすると、顎に引っ張られるようにして頬も下がり、目も引き下げられてしまいます。

そうしたことも、左右で目の高さが変わる原因になります。

それと同じ理由で、食いしばりの癖なども、目が下がりやすくなるといえます。

食いしばりは、ストレスとも関係していますね。

噛み癖で目は左右非対称に?

「キレイの先生」編集部です。筋トレで筋肉に負荷をかけると筋肉は硬くなりますが、それは、顔の筋肉もいえることです。特に咀嚼筋は、固い食べ物でも噛み砕けるように、とても力の強い筋肉です。その分、食事を片側ばかりで噛むといった癖があると、片側の咀嚼筋ばかりに負荷がかかって硬くなりやすいです。

そうすると、筋肉の弾力が損なわれて顎を引き上げる力が弱まり、頬や目もそれに引っ張られて、左右で目の高さが違う原因になります。

その他の原因

生まれたときから、目は左右で大きさ・形・高さが違いますが、その差が大きくなるのは、筋肉の歪みによるところが大きいです。

筋肉は全身でつながっていますから、身体のどこかが歪めば、それに引っ張られるようにして目の歪みにもつながっていきます。

ですので、例えば肩こりなども、左右の目の違いが大きくなる原因になります。

左右非対称の目を改善するには?

左右非対称の目を治す

左右の目の大きさ・高さ・形の違いを改善するには、まずはストレスをためずに少なくすることです。

ストレスで身体が緊張すると血流も悪くなるため、身体の不調やトラブルも増えてしまいます。

そして、緊張しているお顔の筋肉をゆるめることも大切です。

お顔の筋肉がゆるんで本来の位置に戻ることで、目の高さもそろいやすくなります。

側頭筋をゆるめるマッサージ

頭部の筋肉が固くなると、それに引っ張られるようにして目の形も変わりやすくなります。

目を本来の位置に戻すのには、頭部にある咀嚼筋の「側頭筋(そくとうきん)」をゆるめることもおすすめです。

側頭筋をゆるめてあげることで、頭部だけではなく、顎の筋肉をゆるめることにもつながります。

側頭筋のイメージ

側頭筋とは

「キレイの先生」編集部です。側頭筋は、下顎を引き上げる働きのある咀嚼筋で、この筋肉が硬くなって弾力がなくなると、顔を引き上げる力も低下して、たるみなどの原因にもなります。

側頭筋をゆるめるにはは、指でこめかみの上あたりを押さえて、優しく揺するようにするだけで大丈夫です。

ポイントは、手でなでるのではなく、指の腹で皮膚を押さえるようにして揺することです。

「百会」のツボ押し

頭部には、「百会(ひゃくえ)」というツボがあります。

百会は、鼻を通るお顔の縦の中心線と、耳を通るお顔の横の中心線が交差した場所にあります。

2. ツボ「百会」

百会は、何にでも良いツボとして知られていて、ここを押すことで頭部をゆるめる効果も期待でき、目を本来の位置に戻すのにもおすすめです。

その他の方法

普段、髪を触ることはあっても、頭皮はシャンプーのときくらいしか触るときがないと思います。

頭部はどの部位をゆるめても、目の位置を整えることにもつながりますから、筋肉と皮膚の突っ張り感を取り除いてあげることはおすすめです。

特に、おでこの前頭部や側頭部はゆるめてあげたいです。

それから、お顔は筋肉同士がくっついていますから、目とは直接関係ない筋肉をゆるめることも、目の位置を整えるのに良いですよ。

例えば、頬骨(きょうこつ)の下のキワを押したり、意外とこりやすいおでこを押さえたり、目元の筋肉を優しく押さえたりするのも良いと思います。

後は、お風呂などで身体を温めて、身体の循環を良くすることも大切です。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

目は、生まれたときから左右対称にそろっているわけではありませんが、それ以上に、左右で目の大きさ・高さ・形が違うのは、普段の生活習慣によるところが大きいといえそうです。

利き目によっても左右の目の違いは大きくなるとのことですから、目が左右非対称なのは、仕方ない面もあるのかもしれません。

ただ、その中でも、左右差がさらに広がる原因になる噛み癖やストレスなどには気を付けたいものですね。

目を本来の位置に戻していくには、顔の筋肉をほぐしてあげることが効果的とのことでした。

「左右の目の大きさが違う、高さが違う、形が違う…」と気になっている方は、マッサージなどで顔の筋肉をゆるめることを意識されてみてはいかがでしょうか?

* 2016年10月17日に公開した『左右の目の大きさが違う、形が違う、高さが違う…治すには?』を再編集しました。

関連キーワード