キレイの先生

ホーム > 小顔 > 顔の歪み > 

顔の歪みを改善したい!意識するだけでOK?美姿勢トレーナーに聞く

ボディメイクサロン Stylizmy  古瀬 いずみ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔の歪み」です。

神奈川県横浜市 ボディメイクサロン Stylizmy の古瀬 いずみ 先生にインタビューさせていただきました。

顔は左右対称であることが理想ですが、現実的には、左右で違っていることの方が多いと思います。

私自身、顔は左右非対称です。

そんな顔の歪みを、自分で少しでも矯正することはできるのでしょうか?

古瀬先生に教えていただきました。

目次

顔の歪みはどこに表れる?

顔の歪みの原因

顔の歪みを改善するには
・自分の歪みを知って癖を治すように意識する
・盆の窪の筋肉を動かすトレーニング
・生活習慣を正す

まとめ

本日のキレイの先生

ボディメイクサロン Stylizmy

古瀬 いずみ 先生

「キレイの先生」編集部

顔の歪みはどこに表れる?

古瀬先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔の歪み」です。

まずは、歪みのない顔は、どんな顔をいいますか?

基本的には、左右対称のお顔が、歪みのないお顔だと思います。

私自身、顔は左右対称ではありませんが、顔の歪みのない人はいるんでしょうか…?

あまりいらっしゃらないと思いますよ(苦笑)。

それは、お身体にもいえることですが。

そうですよね…(苦笑)。

顔は、どんな場所に歪みが出やすいですか?

例えば、どちらかの頬骨が落ちていたり、口角の上がる角度が違ったりすることもあります。

それに、お顔の歪みでシワの入り方も変わりますし、ほうれい線の長さや角度が左右で違う方もたくさんいらっしゃいます。

それから、お顔がどこまでのことをいうのかという捉え方にもよりますが、ボディメイクでは、お首から上をお顔と捉えます。

そのときに、お顔全体が傾いていたりしている場合もあります。

「まっすぐ立ってみてください」とお伝えしても、お顔が斜めを向いていたりするんですよね。

それは、分かります…(苦笑)。

私も、まっすぐ立っているつもりでも、顔が少し斜めを向いていることは、以前に指摘されたことがあります。

たしかに、それも顔の歪みといえますよね。

後は、例えば、テレビに出ているアナウンサーさんにも、「あ」と発音するときに、口を左右対称に動いていなくて口が曲がって発音されている方もいらっしゃいます。

そんなところにも、顔の歪みが表れるんですね…。

顔の歪みの原因

顔の歪みは、生まれついてのものなんですか?

それとも、日々の生活の中で歪んくることもあるんですか?

もちろん、先天的に生まれ持ったものもあると思いますが、生活習慣から歪みが起きているケースも多くあります。

生活習慣で、顔の歪みの原因になることはありますか?

お顔の歪みも、根底的には、お身体の歪みから来ている場合が多いです。

例えば、猫背も、お顔の歪み原因になります。

お身体の筋肉や内臓は筋膜(きんまく)に覆われていますが、猫背ですと、前を向くときにお顔を上げることで、背中側の筋膜がゆるみます。

それが、お顔のたるみにもつながります。

それに、姿勢が悪いと、血行も悪くなります。

そうしますと、お顔の血色も悪くなりますし、皮膚のターンオーバーが遅れる原因にもなります。

姿勢の悪さから、そういったところにも全部つながっていきます。

特に現代社会は、スマホの影響が大きいです。

「スマホ姿勢」というんでしょうか…。

スマホは、ずっと下を向いているような姿勢ですから。

私もそうですが、電車の中でも、ほとんどの人がスマホをみて下を向いていますもんね…。

後は、あまり話さない人よりも、よくお話をする人の方が、お顔も上がりやすいです。

普段あまり話さない方は、表情筋(表情を形作る顔の筋肉)を動かさないので、筋肉を使わないことによる機能低下も起こります

そういったことも、お顔の歪みやたるみの原因にもなります。

(参考:表情筋について顔のたるみ専門家に話をお聞きしました

どうして、顔の筋肉を使わないことが、歪みにもつながるんですか?

骨は筋肉が支えていますから、筋肉が衰えてくると、骨を支えきれなくなってきて歪みになるんですね。

お顔には、頭蓋骨の真ん中に「蝶形骨(ちょうがいこつ)」という骨があります。

蝶形骨は、「頭蓋骨の要(かなめ)」ともいわれていて、普段あまり話さないことでお顔の筋肉の機能が低下してくると、その骨の歪みにつながりやすいです。

顔の歪みを改善するには

先生のサロンでは、顔の歪みを矯正するのに、どんなことをされているんですか?

頭は首の上に乗っていて、首は身体の上半身に乗っています。

ですので、上半身は、お顔の土台ともいえます。

その土台が崩れていては、お顔だけを改善しようとしても、なかなかうまくいきません。

サロンでは、お顔の歪みを矯正するのにも、まずは土台となっている上半身を調整して、その次に首を調整して、その上でお顔を調整していきます。

自分の歪みを知って癖を治すように意識する

自宅で、顔の歪みを治すのにやれることはありますか?

サロンでも行っているトレーニングがあって、まずは、鏡をみながら、口を縦に開いたり横に開いたりすると、例えば、「口を開いたときに、少し右に曲がっているな…」といったことがお分かりになると思います。

それから、耳の前1cmくらいのところには蝶形骨の端があるので、そこを触りながら、同じように口を開いたり閉じてみたりします

手で骨の動きが感じられると思います。

(やってみて)あれ…? 私は、左右でそこの動きが違うような気がします…。

はい、触ったときの感覚で、動き方が「こっち側が強くて、こっち側が弱い…」といったことがあると思います。

これでも、顔の歪みが分かるんですね…。

はい、そうやって、ご自分の顔の歪みをチェックしたら、その癖を治すように意識して口を横に縦に動かすことも、お顔の歪みを矯正することにつながります。

例えば、朝にお顔を洗ったとき、それを毎日やるようにして習慣化するのもいいと思いますよ。

お顔の歪みは、脳がその状態を正しいと思っています。

まずは、それを、鏡をみて目で意識したり、手で触った感覚で意識したりすることです。

お顔の歪みのないきれいな状態を「ゼロベース」とすると、そこに戻すのは、自分でしかできません。

それは、お顔に限ったことではなく、姿勢にもいえることです。

例えば、猫背は「生まれつきだから…」、「そういう家系だから」という方もいらっしゃいますが、それだけではありません。

お顔の歪みを治すのにも、まずはご自分のことを知るのが大切だと思います。

顔の歪みの矯正法1.

1. 鏡の前で口を縦に横に開いて歪みをチェックする
2. こめかみを触った状態で口を縦に横に開いて、その感覚で歪みをチェックする
3. その癖を治すように意識する

盆の窪の筋肉を動かすトレーニング

首の後ろの「盆の窪(ぼんのくぼ)」…これは、頭蓋骨と首の骨の付け根の場所のことをいいます…その頭の付け根のところには、たくさんの筋肉が付いています。

そこの筋肉が硬くなっていると、血行も悪くなりますし、お顔の歪みにもつながります。

サロンでは、そこの筋肉を動かすトレーニングも行っています。

そこは、どんな方法でトレーニングできるんですか?

盆の窪に両手の指を置いた状態で、お顔を斜め上に向いて下顎(したあご)を出すようにします。

そうすると、盆の窪の周りにある筋肉が収縮します。

そこの筋肉は、あまり使えていなくて機能低下している方も多いのですが、それによって、使っていない筋肉を呼び起こすことができます。

それで、顔の歪みを矯正することにもつながるんですね。

はい、それに血行を良くすることにもつながりますね。

顔の歪みの矯正法2.

1. 盆の窪に両手の指を置く
2. 顔を斜め上に向く
3. その状態で下顎を出すようにする

生活習慣を正す

後は、お顔の歪みを矯正するには、栄養も大切ですし、睡眠なども関係してきます。

どうして、栄養や睡眠が顔の歪みに関係するんですか?

お顔の筋肉が「何で出来ているの?」ということを考えると、栄養も関係してきますよね。

たしかに、顔の筋肉も食べたもので作られています。

はい、ですので、栄養不足ですと、お顔は下がってきてたるみの原因にもなります。

基本的な生活習慣がきちんとしていないと、お顔もきちんと作られないよ、ということですね。

はい、そうです。

まとめ

顔の歪みを治すには、まずは自分自身でその歪みを意識することが大切といえそうです。

たしかに、自分の顔がどのように歪んでいるかは、普段あまり意識しないことだと思います。

皆さまも、鏡の前で口を縦に横に開いたり、こめかみに手を置いて口を開閉したりすると、ご自分の顔の歪みにお気付きになるはずです。

まずは、毎日のスキンケアの後などに、それを意識してみることから始めてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生

古瀬 いずみ 先生