美容のスペシャリストが教えるキレイ

シェービングの効果!ツルツル美肌になって最高のエステ!専門家に聞く

本日のキレイの先生

新谷 友紀 先生

顔そりの効果!女性のシェービングが「最高のエステ」のワケ

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「シェービング」です。

Relax & Treatment salon cocoの木 の新谷 友紀 先生から、最初にその言葉をお聞きしたとき、正直あまりピンときませんでした。

シェービングは、顔の産毛を剃る「顔そり」のことをいいます。

ただ、シェービングの効果は、ただ顔の産毛を処理するだけにはとどまらないといいます。

エステのような美肌効果も得られるそうです。

そんなシェービングの効果について、新谷先生から教えていただきました。

目次

顔の産毛について
・毛には役割がある?
・顔の産毛でどんな影響が出る?

シェービングの効果
・顔の産毛がなくなって肌がつるつるになる
・角質ケアの効果も得られる
・ニキビなどの肌トラブルの予防にも
・プロの技術によってはリンパマッサージにも

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

顔の産毛について

顔の産毛について

シェービングは、お顔の産毛をきれいに剃る「顔そり」のことをいいます。

「シェービング」というと、床屋で男性がひげをそるイメージが強いかもしれませんが、最近では、女性の顔そりも知られるようになってきました。

シェービングは、普段のお手入れにはもちろん、成人式や結婚式などのイベントに向けた準備としてもおすすめです。

特に、きれいなうなじを見せたい着物や露出部位の多いドレスなどを着る機会には、欠かせないケアではないでしょうか。

毛には役割がある?

毛は本来、身体を守ったり体温を調整したりするのに必要なもので、手の平・足裏・唇を除いた全身に生えています。

例えば、顔でいうと、まつ毛や眉毛がないと、ほこり・ゴミなどが目に入ってしまいます。

それから、毛穴の中にある皮脂腺(ひしせん・油分を分泌する器官)からは、皮脂(毛穴から分泌される油分)が分泌されています。

そして皮脂は、毛を伝って外に出ていきます。

ですので、毛の多い部分には皮脂腺もたくさんあって、皮脂の分泌が盛んです

ちなみに、お顔では、口周り・眉毛の周辺・もみあげ・目の下・頬などに産毛が生えやすいです。

顔が産毛の生えやすい場所

・口周り
・眉毛の周辺
・もみあげ
・目の下
・頬
など

顔の産毛でどんな影響が出る?

毛は、身体を防御する役割がありますが、お顔の産毛が増えたり目立ったりするようになると、お顔全体がくすんでみえやすくなります。

それに、化粧ノリも悪くなります

例えば、果物の桃の表面には、薄い産毛のようなものがたくさんあって、触るとざらざらします。

それに対して、リンゴはつるつるです。

その両方の果物に、メイクを乗せたらどうなるでしょうか?

スキンケア化粧品を付けたら、どうなるでしょうか?

おそらく、リンゴのほうが化粧ノリは良いでしょうし、スキンケア化粧品も弾(はじ)かないと思います。

それは、お顔にもいえることで、産毛によって、化粧ノリも悪くなりますし、化粧品の浸透も悪くなります

それから、産毛とは少し違いますが、お顔の眉が整っていないことでも、野暮(やぼ)ったい印象や老けたような印象が強くなってしまいます。

顔の産毛によって

■ 顔に産毛がある
・化粧ノリ:悪くなる
・化粧品の浸透:悪くなる

■ 顔の産毛が処理できている
・化粧ノリ:良い
・化粧品の浸透:弾かれない

シェービングの効果

シェービング(女性の顔そり)の効果

顔の産毛がなくなって肌がつるつるになる

シェービングは、お顔の産毛をきれいに剃ることで、お肌の表面がツルツルになります

ですので、お顔の産毛を剃った後に洗顔を行うと、卵の殻(から)がむけたようなツルッとした質感が得られます。

それに、シェービングで、くすみも取れてお肌に透明感が出ます

肌本来の色がみえるようになるので、肌色がワントーン明るくなります。

いまお話したようなことは、シェービングを終えてすぐにご実感いただきやすいです。

ですので、シェービングは、お肌の見た目も手触りも大きく変わって、いちどで違いのわかる「エステ」です。

それから、シェービング後は、化粧ノリやスキンケア化粧品の浸透も良くなりますね。

シェービングの効果

(産毛を剃ることで)
肌がツルツルになる
くすみが取れて肌に透明感が出る、肌色が明るくなる
化粧ノリやスキンケア化粧品の浸透が良くなる
など

角質ケアの効果も得られる

それから、シェービングは、お顔の産毛と一緒に、古い角質(肌表面の古くなった肌細胞)を取り除くこともできます。

皮膚は、新しく生まれた細胞が下から上に上がってきて、最後は表皮(ひょうひ・皮膚は3層構造になっていて、そのいちばん上の層)の表面で、角質が垢(あか)になって剥がれ落ち、また下から新しい細胞が上がってきます。

そのサイクルを「ターンオーバー」といい、基本的には、28日の周期で回っています。

ターンオーバーの周期が乱れたり長くなったりすると、角質が剥がれ落ちずにたまっていき、「角質肥厚(かくしつひこう・肌表面に角質が厚くたまること)」になります。

そうすると、お肌がごわついて乾燥しやすくなります。

乾燥したお肌は、紫外線のダメージを受けやすくなるので、シミが出来やすくなります。

それに、お肌がうるおいを欲すると、皮脂の分泌が増えやすくもなります。

それによって、毛穴の中に皮脂がたまると、毛穴開きも起こりやすくなりますし、炎症を起こすとニキビの原因になります。

乾燥で皮脂分泌が増える?

皮脂は、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜(ひしまく)」を作ります。皮脂膜には、皮膚の水分の蒸発を防いだりする役割があります。
そのため、肌が乾燥していると、皮膚の蒸発を防ぐために皮脂の分泌が増えやすくなります。

シェービングは、そういった古い角質を取り除くこともでき、一種の「ピーリング(余分な角質を取り除くお手入れ)」ともいえます。

ですので、シェービングを定期的に行うと、肌表面い角質が蓄積されにくくなって、ターンオーバーを整えることにもつながります。

ターンオーバーが整うと、お肌自体が健康的に美しくなりますし、シミの改善にもいいです。

シェービングは、そういった美肌効果も期待できます。

シェービングの効果

(角質ケアでターンオーバーが整うことで)
肌自体が健康的に美しくなる
シミなどの改善につながる
など

ニキビなどの肌トラブルの予防にも

ニキビの原因になるアクネ菌は、まず毛に付着して、そこから毛穴に入り込むといわれています。

シェービングは、定期的に産毛を処理することで、毛穴トラブルを最小限に抑えることもできます。

ですので、シェービングは、ニキビなどの肌トラブルを抱えている方にもおすすめしたいケアです。

プロの技術によってはリンパマッサージにも

ちなみに、当サロンでは、「レザーワーク」というシェービングを行っています。

レザーワークは、リンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)の流れに沿って、かみそりを優しく走らせる技術のことをいいます。

マッサージのようになでられるような感覚で、痛みはまったくなく、施術中は眠られるお客様がほとんどです。

例えると、かみそりで行うリンパマッサージのイメージで、シェービングで老廃物を流すこともできます。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

今回のインタビューで挙がった、シェービングの効果をまとめます。

1. 肌がツルツルになる
2. くすみが取れて肌に透明感が出る、肌色が明るくなる
3. 化粧ノリやスキンケア化粧品の浸透が良くなる
4. 肌自体が健康的に美しくなる
5. シミなどの改善につながる
6. ニキビなどの肌トラブルの予防になる
7. (プロの技術によっては)リンパマッサージにもなる

シェービングは、ただ顔の産毛を処理するだけではありません。

それによってお肌はつるつるになりますし、角質ケアの効果も得られて、美肌にもつながります。

まるでエステですね。

シェービングは、顔の産毛処理にとどまらないおすすめのケアですよ。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Relax & Treatment salon cocoの木 新谷 友紀 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年12月8日に公開した『顔そりの効果!女性のシェービングが「最高のエステ」のワケ』を再編集しました。