キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

ローズウォーターの手作り美容化粧水!ワンランク上の美肌に

リラクセーションサロン&スクール Happy Loop  入澤 安奈 先生

ローズウォーターの手作り美容化粧水!ワンランク上の美肌に

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「美容化粧水の作り方」です。

ローズウォーター。

手作り化粧水。

私の大好きなキーワードが、ふたつも入っている内容です。

バラの水「ローズウォーター」をベースにして、化粧水を手作りするので、香りがとても良いです。

そこに、美容効果の高い精油を合わせることで、美容液も兼ねた化粧水にすることができるといいます。

作り方も、用意した材料を混ぜ合わせるだけで簡単です。

今回は、リラクセーションサロン&スクール Happy Loop の入澤 安奈 先生に、話をお聞きしました。

美容化粧水はどんな効果が期待できて、どんな作り方をするのでしょうか?

入澤 先生に教えていただきました。

* ちなみに、入澤 先生には、「みつろうの手作りリップバーム」も教えていただきました。こちらは、分量を変えると、ハンドクリームにもなるそうです。それは、後編の記事でまとめさせていただきます。

目次

アロマクラフトについて
・アロマクラフトの魅力

ローズウォーターの効果・効能
・肌の調子を整える
・美肌に導く
・女性ホルモンのバランスを整える
・芳香浴

美肌におすすめの精油

美容化粧水の作り方・使い方
・作り方
・使い方

まとめ

アロマクラフトについて

アロマクラフトについて

サロンのワークショップでは普段、下のようなアロマクラフトを作っています。

・石けん
・化粧水
・クリーム
・(お悩み別)ボディオイル
・香水
・ルームスプレー
など

中でも、石けん・化粧水・クリームなどは、特に人気があります。

編集部のコメント

本題に入る前に申し訳ありません。

入澤 先生に話をお聞きすると、石けんは「石けん素地」を使って作られているそうです。

石鹸素地

石けん素地を使うと、材料を混ぜ合わせるだけで石けんを手作りすることができ、このサイトでも「手作りアロマ石鹸の作り方!石鹸素地にアロマ等を混ぜるだけ」で取り上げたことがあります。

簡単に作ることができて、使っても楽しいので、私も大好きです。

アロマクラフトの魅力

アロマクラフトは、自分で手作りするため、材料が分かって安心感があります。

そのため、既製の化粧品に、「どんなものが入っているか分からないから不安…」という方には、おすすめです。

作るのも楽しいですし、安価に作れる割にフレッシュで高品質のものを作ることができ、たっぷりと使うこともできます。

また、お肌の状態に合わせて、作り方を変えることもできます。

例えば手作り化粧水でも、好みのテクスチャに合わせて、基材(ベース)を使い分けられます。

例) 手作り化粧水での基材の使い分け
・キャリアオイル:とてもしっとりする
・グリセリン:しっとりする
・エタノール:さっぱりする

※これらは、精油を溶かすための目的があります。精油は、精製水やフローラルウォーターには溶けにくいです。

そしてアロマクラフトは、なんといっても「アロマテラピー(芳香浴)」の効果*を得ることができ、使ったときに気持ちが華やかになったりします。

* 編集部:精油の芳香成分を摂り入れることで、香りでリラックスできるだけではなく、その効果効能を得ることもできます。

ローズウォーターの効果・効能

ローズウォーターの効果・効能

今回ご紹介する手作り美容化粧水では、基材に「ローズウォーター」を使用します。

編集部のコメント

ローズウォーターは、バラの水溶性の成分が溶け込んだ「バラの水」です。

バラの花びらを水蒸気で蒸して、成分が溶け込んだ蒸気を冷却します。

すると、二層に分かれた液体になります(ちなみにこの製造方法を、「水蒸気蒸留法」といいます)。

上の親油性(脂溶性)の部分が、ローズの精油となり、下の水溶性の部分が、様々な芳香成分が溶け込んだローズウォーター(ローズの芳香蒸留水)となります。

ローズウォーターは、自然なバラの優しい香りがします。

様々なフローラルウォーターがありますが、選び方の分かりやすいポイントをお話しします。

ローズウォーターは、「肌の調子を整える効果」と「美肌に導く効果」が期待できます。

このふたつを持ち合わせているのは、他のフローラルウォーター*には、あまりみられません。

例えば、ラベンダーウォーターは、肌の調子を整えるのには良いですが、(ローズウォーターと比べると)美肌に導く効果は弱いといえます。

逆にゼラニウムウォーターは、美肌に導くのには良いですが、肌の調子を整える効果は強くありません。

編集部のコメント

フローラルウォーターの効果について、入澤 先生のお話をまとめると、下のようになります。

[ローズウォーター]
・肌の調子を整える効果 〇
・美肌に導く効果 〇

[ラベンダーウォーター]
・肌の調子を整える効果 〇
・美肌に導く効果 △

[ゼラニウムウォーター]
・肌の調子を整える効果 △
・美肌に導く効果 〇

ローズウォーターは、「肌の調子を整える効果」と「美肌に導く効果」を兼ね備えていて、ワンランク上のフローラルウォーターの感じがしますね。

ローズウォーターは、基本的な部分(肌の調子を整える)はしっかりとカバーしつつ、ひとつ上の美肌を狙えるフローラルウォーターです。

では、「肌の調子を整える」・「美肌に導く」とはどのようなことなのか、みていきたいと思います。

* 編集部:フローラルウォーターは、「芳香蒸留水」のことをいいます。ローズウォーターのように、水蒸気蒸留法で作られます。このサイトでも、芳香蒸留水については、「フローラルウォーター(ハーブウォーター)の効能と使い方!」で取り上げました。

肌の調子を整える

肌の調子を整える

ローズウォーターには、瘢痕(はんこん)形成作用や、抗炎症作用・消炎作用があるといわれています(瘢痕作用とは、傷跡が治りやすくなる作用のことをいいます)。

そのため、ニキビや炎症を抑えたり、傷跡を薄くしたりするのに良いです。

美肌に導く

ローズウォーターは高保湿で、抗酸化作用があるといわれています。

また、お肌の細胞を活性化させて皮膚細胞の再生を促し、しわやたるみなどの老化を防ぎ、お肌の弾力の回復にもつながります。

それによって、お肌がふっくらとして、キメが整ってなめらかになります。

毛穴の引き締めにも良いです。

編集部のコメント

ここで出てきた「抗酸化」と「皮膚の活性化」について、簡単に補足させていただきます。

■ 「抗酸化」について:
人の細胞は、「酸化」します。細胞が錆びつくようなイメージです。すると細胞は、本来の正常な機能が働かなくなってしまいます。
つまり酸化は、「老化」ということもできます。
それは、皮膚にも当てはまります。
そのため、酸化を防止する「抗酸化」は、エイジングケアに欠かせないキーワードです。

■ 「皮膚の活性化」について:
皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がって、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。
このサイクルを、「肌再生(ターンオーバー)」といいます。
それによって、健康的でうるおいのある「美肌」を作ることができます。
皮膚を活性化させてターンオーバーを整えることは、美肌作りの土台ともいえます。

このサイトでも、酸化については「活性酸素・過酸化脂質は美肌作りの大敵!活性酸素の原因とは」で、肌再生については「肌再生「ターンオーバー」とは?美肌を作る上での大切な基本」で取り上げました。

女性ホルモンのバランスを整える

ローズの芳香成分は、女性ホルモンのバランスを整える作用があるといわれています。

月経前症候群・生理痛・生理不順など、女性ならではの悩みに優しくアプローチし、子宮を丈夫にしてくれます。

芳香浴

ローズの香りは、「香りの女王」と呼ばれるほど、華やかで高貴です。

まさに、「愛」と「美」の象徴といえます。

使うたびに、女性らしさのアップが期待できそうです。

また、精油にはそれぞれキャラクターのようなものがあるのですが、ローズには「自分は無条件に、ありのままの自分で愛される存在である、ということを気付かせてくれる」といったメッセージがあります。

ローズの精油の成分からみても、ストレス・不安感・孤独感・抑うつなど、ネガティブな感情を解きほぐし、幸福感や満足感をもたらしてくれるものが、豊富に含まれていることが分かります。女性にとって、スキンケア化粧品の香りも、大切なポイントです。

朝晩のスキンケアで、ローズの香りに包まれることで、お肌だけではなく気持ちまで満たされます。

美肌におすすめの精油

美肌におすすめの精油

美容化粧水は、ローズウォーターに、精油を加えて手作りします。

ここでは、美容効果の高いおすすめの精油をいくつか選んでみました。

■ ローズ
ローズウォーターと同じ効果が期待できます。

■ ラベンダー
抗炎症作用があるため、日焼け・ニキビ・肌荒れなどに良いです。

■ サンダルウッド
「ビャクダン」という(お香の)香木から抽出されます。
落ち着きのあるお香の香りで、オリエンタルな感じがします。
華やかなローズと落ち着きのあるサンダルウッドは、自分を大切にするスキンケアタイムに相性の良い組合せといええます。
グランディング(地に足を付ける)作用があるといわれています。
お肌をやわらかくする効果が期待でき、水分を吸収しないガサガサのエイジング肌に、しっとり感や弾力を取り戻すのに良いです。

■ ゼラニウム
「ゼラニウム」の茎から抽出されます。
芳香成分がローズと重なっているものが多く、ローズの香りと合いやすいです。
ローズのような華やかさはありませんが、親しみやすい優しくて甘い香りがします。
収れん作用があり、お肌を引き締めたり、ふっくらしたお肌に整えたりする効果が期待できます。

美容化粧水の作り方・使い方

美容化粧水の作り方・使い方

美容化粧水を50mL手作りするときの材料(と道具)は、下の通りです。

■ 材料:
・ローズウォーター 45mL
・グリセリン 5mL
・精油 3~5滴(0.3~0.5%の濃度)

※グリセリンは保湿性が高く、多くの化粧品でも使われています。また、精油を合わせるための目的もあります(精油は、ローズウォーターには溶けづらいため)。

■ 道具:
・ビーカー
・遮光ビン
・消毒用エタノール

作り方

1300101_a08

1) ビーカーと遮光ビンを、エタノールで消毒しておく。

2) グリセリンを計量し、遮光ビンに注ぐ。

3) 遮光ビンに精油を3~5滴ドロップして、混ぜ合わせる。

4) ローズウォーターを計量し、遮光ビンへ注ぐ。

5) しっかりふたをして、軽く振って混ぜ合わせれば出来上がりです。

編集部のコメント

美容化粧水の作り方は、下のような手順ですね。

1. グリセリン + 精油

2. (グリセリン + 精油) + ローズウォーター

入澤 先生もおっしゃっていましたが、精油は親油性(脂溶性)のため、ローズウォーターには溶けません。

そのため、まずはグリセリンと精油を合わせてから、ローズウォーターを加えます。

手作りした美容化粧水は、冷蔵庫で保存しましょう。

2週間以内に使い切ることをおすすめします。

使い方

この美容化粧水は、スキンケアの化粧水としても、パックとしてもお使いいただけます。

安価に量を多く作ることができるので、たっぷりとお使いになってほしいと思います。

また、スプレーボトルに入れて、勤務先の冷蔵庫などにも常備しておくこともおすすめです。

ランチタイムや帰り際のメイク直しに、メイクの上からシュッシュッとひと吹きして、軽くティッシュオフすると、皮脂のバランスを整えてうるおいが持続して、重宝します。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

ローズウォーターは、私も大好きです。

華やかな香りをかぐと、幸せな気持ちになれます。

入澤 先生は、ローズウォーターのことを「お肌を整える効果と、美肌に導く効果、両方を兼ね備えている」とおっしゃっていました。

さすが「美」を象徴するローズですね。

手作り美容化粧水は、材料を混ぜ合わせるだけで、簡単に作ることができます。

手作り化粧水にチャレンジしてみたい方には、簡単に作れて、効果も期待できるので、おすすめですよ。

そして、入澤 先生の後編の記事で取り上げる「手作りみつろうリップバーム」も、とても魅力的ですので、是非合わせてご覧ください。

* 入澤 先生の後編の記事は、下からご覧ください。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:リラクセーションサロン&スクール Happy Loop 入澤 安奈 先生、「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから