キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

ビューティー&ヒーリングサロン アンリュミエール  保戸塚 優美 先生

エラ張り解消!ニーディングマッサージ2段階で咬筋をほぐす

エラ張り解消!ニーディングマッサージ2段階で咬筋をほぐす

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「フェイスラインのたるみ」です。

ビューティー&ヒーリングサロン アンリュミエール の保戸塚 優美 先生に、話をお聞きしました。

フェイスラインのたるみは、筋肉の衰えや張り(コリ)、リンパの滞りなど、いくつかの原因が考えられます。

そのため、どれかひとつにアプローチするのではなく、総合的に対応することが大切です。

今回の保戸塚 先生の取材では、「筋肉」と「リンパ」の話題が上がり、記事は前後編で分けさせていただきます。

この前編では、「筋肉」にアプローチする方法を中心にまとめたいと思います。

顔の筋肉で、フェイスラインと大きく関係しているのが、「咬筋(こうきん)」です。

咬筋が張る(凝り固まる)と、エラ張りや咬筋肥大症の原因になるといいます。

保戸塚 先生には、咬筋をほぐす「ニーディング」の方法も教えていただきました。

目次

咬筋がエラ張りの原因に
・顔の筋肉のコリについて

咬筋が凝り固まる原因
・食いしばりや歯ぎしり
・ストレス

咬筋をほぐすニーディングの方法

まとめ

咬筋がエラ張りの原因に

咬筋がエラ張りの原因に

フェイスラインと関係している筋肉は、まずは「咬筋(こうきん)」が挙げられます(咀嚼筋には、他に「側頭筋(そくとうきん)」などがあります*)。

咬筋は、咀嚼筋(そしゃくきん)のひとつで、顎を動かす働きがあります。

顔の中ではもっとも大きな筋肉で、(浅いところと深いところの)2層になっています。

編集部のコメント

咬筋は、顔のリフトアップのポイントになる筋肉です。このサイトでも、何回か取り上げてきました。

咬筋は咀嚼するときに使う筋肉(咀嚼筋)で、下のイメージ図のように、頬からフェイスラインのあたりに位置しています。

咬筋の場所

咬筋については、下の記事でも取り上げているので、合わせてご覧になってみてください。

咬筋のコリをほぐす方法!揺らすだけでOKの小顔アプローチ

頬のたるみ解消!頬を上げるために咀嚼筋をほぐす3つの方法

顔が四角い…顎のむくみを解消する!咀嚼筋をほぐす方法2つ

筋肉は凝り固まると、(肩こりで肩が盛り上がるように)ボコッと出るようになります。

そのため、咬筋が凝り固まって張ると、エラ張りなどにつながって、フェイスラインの形が崩れる原因になります。

また、片側の咬筋だけが張ると、咬筋肥大症にもつながります。

そして、筋肉が凝り固まると、老廃物などがたまりやすくなって重くなるため、たるみにもつながりやすいです。それによって血流が悪くなり、お肌を支えるコラーゲンやエラスチンが衰えることで、お肌の弾力も低下します。

編集部のコメント

たしかに肩を凝ったとき、肩が盛り上がったようになります。

咬筋はフェイスライン上に位置していますから、凝り固まるとエラが張ったようになって、フェイスラインがたるむ原因になりますね。

私の方から、咬筋のコリがたるみや、お肌の弾力低下につながる理由を簡単に補足させていただきます。

血管(やリンパ)は、筋肉の合間にも通っています。筋肉の伸縮は、ポンプの役割になって、血流を促している側面があります。

そのため、筋肉が動かないと、それによって血管が圧迫されてしまい、血流が悪くなります。

血液には身体に必要な酸素や栄養を運ぶ役割がありますから、それによって、全身の細胞に必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。

お肌も新陳代謝(ターンオーバー)や、コラーゲン・エラスチンの生成に必要な栄養は、血液から運ばれています。

そのため血流が悪くなると、お肌も栄養不足になってしまい、ターンオーバーが乱れてくすんだり、コラーゲンやエラスチンが衰えて弾力が低下したりしてしまうのです。

つまり、咬筋が凝り固まると、エラ張りなどの直接的な影響だけではなく、お肌にも悪影響があるといえます。

そして、筋肉が凝り固まると、(体内の老廃物を回収する)リンパの流れも悪くなりますから、老廃物がたまりやすくなって、むくみなどの原因になります。

このリンパについては、保戸塚 先生の後編の記事でまとめさせていただきます。

* 編集部:側頭筋については、「側頭筋のコリをほぐす!リフトアップの側頭部マッサージ2つ」で取り上げています。合わせてご覧になってみてください。

顔の筋肉のコリについて

筋肉のコリは、肩や首は感じやすいと思います(「肩こり」や「首こり」ともいいますね)。

それは、肩や首には多くの神経が走っていて、筋肉が凝り固ることでたまった代謝物(老廃物)が、血液やリンパから染み出て、神経を刺激するためです。

それに比べると、顔の筋肉のコリは、あまり感じられません。

そのため、自覚はなくても、顔の筋肉が凝り固まっている方が少なくありません。

咬筋が凝り固まる原因

食いしばりや歯ぎしり

咬筋が凝り固まる原因

筋肉は動かしている状態では、凝り固まることもあまりありません。

ただ、筋肉が動いていない状態が続くと、血管が圧迫されて、血流が悪くなります。そして、それによって、栄養が欠乏し代謝物がたまることで、筋肉は冷え固まりやすくなります。

それが、筋肉の「コリ」です。

では、咬筋で考えてみると、どうでしょうか?

無意識の内に、食いしばりが激しかったり、睡眠中の歯ぎしりの癖があったりする方は少なくありません。私自身も、レントゲンを撮ったときに、右側の関節のところに力が入っていることを知りました。

ものを噛む力は、60kg以上あるといわれています。食いしばりなどで、その状態のまま動かずにいると、咬筋は凝り固まりやすいです。

編集部のコメント

保戸塚 先生が「自分では食いしばり癖に気付いていない人も多い」とおっしゃっていましたが、私もその言葉に「うん、うん」とうなずきました。

私自身も、そうだったからです。

実は、あるエステサロンの先生に取材させていただいたとき、咀嚼筋のコリをご指摘されました。そして、「食いしばりの癖はありませんか?」と質問されたのですが、私にはまったく心当たりがありませんでした。

ところがそれ以降、少し意識してみると、無意識の内に食いしばっていたことに気付きました。パソコンに向かっているときや、睡眠中もそうでした(それに気付いて目を覚ましたとこともあります)。

皆さまも、ちょっとしたときに「いま歯を食いしばっていないか」意識してみてください。ひょっとすると、無意識の内の意外な癖に気付くかもしれませんよ。

ストレス

咬筋が凝り固まる原因(ストレス)

筋肉は、感情ともつながっています。

本来、感情のエネルギーは、スポーツなどで外に出して発散するのが好ましいです。

ただ、日本人は「我慢の文化」といえるように、そのエネルギーを押さえ込んでしまうことがありませんか?

それも、筋肉の緊張につながります。

顎の筋肉(咬筋など)は、ストレスとも関係が深いです。例えば、「言いたいことがあるけど言えない」とき、言葉が顎のあたりで止まっているイメージです。

そういったことも、咬筋が凝り固まる原因になります。

編集部のコメント

「言いたいけど、言えない」とき、「言葉が(口の)このあたりまで出ているけど、そこでグッと我慢して止めている」ような感じがありませんか?

そのとき、 顎の筋肉に力が入っているのが感じられると思います。

それによって、咬筋が凝り固まりやすくなるのも分かりますね。

また、食いしばりや歯ぎしりも、ストレスから来る場合が多いでしょう。

そのことからも、ストレスが咬筋のコリにつながる原因になるといえそうです。

咬筋をほぐすニーディングの方法

咬筋をほぐすニーディングの方法

咬筋をほぐすには、「ニーディング」も簡単にできるホームケアです。

ニーディングは「こねる」という意味があり、手でこねるようにしてマッサージする方法です。

マッサージにはいくつかの方法があり、例えばリンパマッサージは(リンパは浅い場所にあるため)力はほとんど必要ありません。

ただ、筋肉をほぐすのには、ある程度の圧をかけて大丈夫です。

先程もお話しましたが、睡眠中に(無意識に)食いしばりの癖がある方もいらっしゃいます。

それによって、朝に顔が張ったりするので、スキンケアの前にニーディングを行うのも良いでしょう。

今回は、2段階に分けて、凝り固まった顔の筋肉をほぐす方法をご紹介します。

■ 第1段階
まずは、手をグーにして第2関節の部分で、顔を全体的にこねるようにしてマッサージします。

咬筋をほぐすニーディングの方法(第1段階)

■ 第2段階
咬筋が凝り固まっている場合は、そこを片手で引き上げて、もう片手で最初と同じように筋肉をほぐしていきます。

咬筋をほぐすニーディングの方法(第2段階)

これは、咬筋だけではなく、(顔全体を触ってみて)筋肉が凝り固まっている場所も行いましょう。

例えば、口周りの小さな筋肉などには、(中指など)指1本でほぐすのも良いと思います。

編集部のコメント

冒頭でも書かせていただきましたが、フェイスラインのたるみを解消するのに、筋肉をほぐすだけで良いわけではありません。

今回の取材でも、保戸塚 先生には、フェイスラインのたるみに良いフェイスマッサージを、一連の流れで教えていただきました。

このニーディングマッサージは、その一部です。

エラ張りや咬筋肥大症には、「これだけでもおすすめ」とのことでしたので、まずはこの部分だけをご紹介させていただきました。

フェイスマッサージの一連の流れは、後編の記事でご紹介します。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

咬筋は、フェイスライン上にあります。

そのため、咬筋が凝り固まると、そこが盛り上がったようになって、エラ張りなどの直接的な原因になりますよね。

私もそうでしたが、睡眠中、無意識の内に歯を食いしばっている方もいらっしゃると思います。

そんなときは、朝のスキンケアを始める前にニーディングマッサージを行い、咬筋をほぐしてはいかがでしょうか?

保戸塚 先生の後編の記事では、フェイスラインのたるみに良いマッサージを、ひとつひとつ順を追ってご紹介します。その中には、今回のニーディングマッサージも含まれています。

是非、こちらの記事とセットでご覧ください。

* 保戸塚 先生の後編の記事は、下からご覧ください。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから