キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

顎が四角い…むくみを取り四角い顔を改善する簡単な方法2つ

エステティックサロン ロズまり  向井 麻理子 先生

顔が四角い…顎のむくみを解消する!咀嚼筋をほぐす方法2つ

「キレイの先生」編集部です。

顎(あご)が四角い…。

顔が四角い…。

それは、咀嚼筋(そしゃくきん・咀嚼するときに使う筋肉)のコリから、顎がむくんでいることが、原因かもしれません。

今回は、エステティックサロン ロズまり の向井 麻理子 先生に、「顔の筋肉」をテーマに取材させていただき、こちらはその後編です。

前編では、「表情筋(ひょうじょうきん)」について、まとめています。

この後編では、「咀嚼筋」にフォーカスを当てます。

咀嚼筋が凝り固まると、顎のむくみの原因になって、顔が四角く見えたりするといいます。

そのため、咀嚼筋をほぐしてあげることが、四角い顔を改善することにもつながるといいます。

それには、どんな方法があるのでしょうか?

向井 先生に教えていただきました。

目次

咀嚼筋について

「顔が四角い…」・「顎(あご)が四角い…」のは…

咀嚼筋のコリの原因
・側頭筋のコリの原因は?
・咬筋のコリの原因は?

四角い顎を改善するには?
・フェイスラインを流す
・側頭筋をほぐす

まとめ

咀嚼筋について

咀嚼筋について

顔の筋肉には、ものを噛むときに動かす「咀嚼筋(そしゃくきん)」があります。

咀嚼筋は、下顎骨(かがくこつ・顎の下骨)を動かす働きがあり、下の4つの筋肉があります。

■ 側頭筋(そくとうきん)
こめかみにある筋肉です。

側頭筋について

「キレイの先生」編集部です。側頭筋は、下顎を動かす働きがあります。

側頭筋の場所

■ 咬筋(こうきん)
「咬む筋肉」と書くように、噛むときに使われます。

咬筋について

「キレイの先生」編集部です。咬筋は、何十キロの重さのものを上げられるるといわれる力の強い筋肉です。

咬筋の場所

■ 外側翼突筋(がいそくよくとつきん) 

■ 内側翼突筋(ないそくよくとつきん)

* フェイスラインの下部分にある「舌骨筋(ぜっこつ)群」も、咀嚼筋の一部に入っているといわれることもあります。

「顔が四角い…」・「顎(あご)が四角い…」のは…

咀嚼筋のコリが顎のむくみに

咀嚼筋は、フェイスラインに大きく関係しています。

筋肉は力が入ると固くなります。

では、筋肉が固くなるとどうなるでしょうか?

例えば、肩こりをイメージしてください。

肩の筋肉が凝り固まるとと、乳酸や老異物がたまり、筋肉の質が悪くなっているといえます。

咀嚼筋が固くなると、それと同じように老廃物がたまって、顎はむくみやすくなります。

それによって、顔が大きく見えたり、四角く見えたりしてしまいます。

顔の筋肉について

「キレイの先生」編集部です。向井 先生には、「表情筋」についてもお話しいただき、その内容は前編の記事でまとめています。表情筋と咀嚼筋は、どちらも「顔の筋肉」で、顔のたるみ(むくみ)の原因になることも同じですが、その内容はまったく違っています。

表情筋は、表情を作る筋肉です。基本的に「骨から皮膚」に付いていて、皮膚の土台ともいえます。そのため、表情筋が衰えると、そこに付いている皮膚もたるんでしまいます。例えば、口周りの筋肉の衰えは、ほうれい線に直結します。

それに対して、咀嚼筋は、コリがむくみの原因になるとのことでした。

表情筋の「衰え」がたるみに

咀嚼筋の「コリ」がむくみに

顔の筋肉は、ひとくくりに考えるのではなく、表情筋と咀嚼筋で別々に考えるべきなのかもしれませんね。向井 先生の話をお聞きしながら、そんなことを感じました。

咀嚼筋のコリの原因

咀嚼筋が固くなる原因

側頭筋のコリの原因は?

ストレスがあったり、イライラしていたりするときは、こめかみが固くなっていることが多いと思います。

それは、側頭筋がストレスの影響を受けやすいためです。

また、側頭筋は頭皮にもつながっているため、頭皮が固くなると、一緒に側頭筋も固くなってしまいます。

そのため、頭皮が固い人は、顎もむくみやすいといえます。

咬筋のコリの原因は?

咬筋は、歯を食いしばる癖などで、固くなりやすいです。

ストレスがあったりすると、歯を食いしばっていることもあると思います。

また、寝ている間、無意識の内に歯を食いしばっていて、ご自分ではその癖に気付いていない方もいらっしゃいます。

食いしばりの癖について

「キレイの先生」です。実は、私もこのサイトの取材中、ある先生に咬筋のコリをご指摘され、食いしばりの癖があったことに気付きました。自分ではまったく意識していなかったのですが、パソコンに向かっているときなどに、歯を食いしばっていたのです。また、寝ているときの歯ぎしり癖もありました。同じように、自覚はなくても、食いしばりの癖のある方は少なくないと思います。皆さまも、ちょっとしたときに、いま自分が歯を食いしばっていないか、意識してみてください。自分の意外な癖に気付くかもしれませんよ。

四角い顎を改善するには?

顎のむくみには、咀嚼筋をほぐすことが、効果があります。

その2つの方法をご紹介します。

フェイスラインを流す

下顎骨のライン(フェイスライン)は、ローラーの器具などで流したりすると思いますが、ローラーをお持ちでなくても、手で流すことができます。

まずは手を、下の写真のような形にします。

咀嚼筋をほぐす方法 フェイスラインを流す1

そして、人差し指と中指の間で、フェイスラインに沿って、顎から耳の下まで流していきます。「顔の右を行うときは左手で」といったように、手をクロスさせると行いやすく、引き上げる効果も高いです。

咀嚼筋をほぐす方法 フェイスラインを流す2

これを、20回行います。

咬筋などをほぐし、フェイスラインをきれいにする効果があります。筋肉が固くなっていると、痛みを感じる場合もあるかもしれません。

もちろん、「ローラーの方がやりやすい」という方は、器具をお使いになってもOKです。

側頭筋をほぐす

側頭筋は、こめかみのあたりを人差し指で軽く押さえて、優しく動かすことで、ほぐすことができます。

咀嚼筋をほぐす方法 側頭筋をほぐす1

また、手の平で全体を押さえて行うこともできます。

咀嚼筋をほぐす方法 側頭筋をほぐす2

側頭筋は、下顎骨の全体を支えている筋肉です。

ほぐすことで、フェイスラインを引き上がる効果が期待できます。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

「顔が四角い…」、「顎が四角い…」とお悩みの方は、咀嚼筋が凝り固まっていて、顎がむくんでしまっていることから来ているのかもしれません。

咀嚼筋は、食いしばりや歯ぎしりの癖などがあって使い過ぎていると、凝り固まりやすくなります。

そして、それらの癖は、自分では意外と気付きにくいものです。

今回、向井 先生には、咀嚼筋をほぐす方法を教えていただきました。

四角い顎を改善するのにも、効果が期待できる方法です。

「顎が四角いのが気になっている…」という方は、是非お試しになってみてはいかがでしょうか?

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

* 2016年10月4日に公開した『顔が四角い…顎のむくみを解消する!咀嚼筋をほぐす方法2つ』を再編集しました。

本日のキレイの先生