キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

頭蓋骨マッサージの効果!頭皮を押さえてマッサージする方法

Esshet  大貫 みどり 先生

頭蓋骨マッサージの効果!頭皮を押さえてマッサージする方法

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「頭蓋骨マッサージ」です。

話をお聞かせいただいたのは、Esshet の大貫 みどり 先生です。

私は大貫 先生の話をお聞きするまで、頭蓋骨マッサージについて、2つ勘違いをしていました。

ひとつ目が、漢字の読み方です。「頭蓋骨(ずがいこつ)マッサージ」ではありません。正確には、「頭蓋骨(とうがいこつ)マッサージ」です。

そしてもうひとつが、「頭蓋骨マッサージ」と言うので、骨にアプローチする方法だと思っていました(例えば、骨の歪みを矯正する、といったような)。だから、「少し難しいマッサージなのかな…」と感じていました。骨にアプローチするなら、慎重な対応が必要になるはずだからです。

ただ、大貫 先生に教えていただいた頭蓋骨マッサージは、筋肉(や筋膜)にアプローチする方法です。

しかも、セルフケ用の本当にとても簡単です。

頭蓋骨マッサージは、どんなマッサージなのでしょうか? どんな効果が期待できるのでしょうか?

大貫 先生に話をお聞きしました。

目次

顔のたるみについて
・たるみの原因

頭蓋骨マッサージ
・頭蓋骨マッサージの効果

頭蓋骨マッサージの方法
・側頭部
・後頭部

シャンプーで頭蓋骨マッサージする順番

まとめ

顔のたるみについて

顔のたるみについて

ほうれい線。目の下のたるみ。二重顎。フェイスラインがはっきりしない。しわ。ハリがない。顔が全体的に下垂している。

これらは、「顔のたるみ」といわれるものです。

たるんだ顔は、例えるなら「しぼんだトマト」というと、イメージがつきやすいかもしれません。

10~20代は、プチプチのトマトといえます。

それが年を重ねて40・50・60代になると、(日の経ったトマトがそうであるように)水分が抜けてしぼんだトマトになります。

たるみの原因

顔のたるみは、筋力が低下した状態です。

それは主に、下記のようなことが原因になります。

■ 無表情
無表情でいると顔の筋肉を使わないため、筋力が低下します。

■ 歯の噛み合わせが悪い
歯の噛み合わせが悪いと、全体の筋肉の付き方もバランスが悪くなります。それは、顔だけではなく、全身に影響が及びます。
例えば、顔の片側だけがたるんだり、話すときに口の片側だけが吊り上がったりする方は、歯の噛み合わせが悪いことが考えられます。

■ 姿勢が悪い
姿勢が悪くて猫背になっていると、特に顎の筋肉が下の方に引っ張られてます。
また猫背は、全身がたるんで、下っ腹が出る原因にもなります。

■ 血行が悪い
血液は、全身に酸素を運んでいます。
そのため、血行が悪くなると身体に酸素が回らなくなります。そして筋肉も冷えて、動きが悪くなります。

頭蓋骨マッサージ

頭蓋骨マッサージ

たるみにおすすめで、どなたでも簡単にできるのが、「頭蓋骨(とうがいこつ)マッサージ」です。

頭蓋骨マッサージは、頭の筋肉を動かして、筋膜をはがし(リリースし)ていく方法です。

筋膜は、筋肉を包む膜のことをいい、例えると下のようなものです。

例1)
みかんの皮をむくと、袋につつまれた果実(房)が詰まっています。その房です。

例2)
お肉屋さんでヒレ肉を買うと、ラップでぴちぴちに巻かれていることがあります。ラップを取ると、お肉はだらんとします。そのラップです。

筋膜は本来、ゆるみがあるのが理想の状態です。ただほとんどの方は、筋膜がぴちぴちになっています。

頭蓋骨マッサージでは、ぴちぴちになっている頭の筋膜をリリースしていきます。

頭蓋骨マッサージの効果

頭蓋骨マッサージは、血行促進になり、顔のリフトアップにつながります。

例えば、顔の左右どちらかだけ頭蓋骨マッサージをすると、そちら側だけ顔が変わるのが、ご実感いただけるでしょう。。

そして血液は栄養も運んでいますから、血行が良くなると、お肌にも栄養が行き届き、お肌がきれいになります。

朝晩に毎日2回、頭蓋骨マッサージを続けると、お肌もみるみる変わってくるはずです。

また、頭蓋骨マッサージはヘアケアにもなります。

例えば、髪の毛が薄い方は、頭の皮がツルツルして張っている場合が多いです。頭皮を動かそうとしても、動きも悪いでしょう。それは頭の血流が悪くなっていて、毛根が衰えているためです。

そのため、頭蓋骨マッサージで血行が促進されることで、抜け毛や白髪の予防になります。

その他、頭蓋骨マッサージは頭痛の改善などにもなります。

頭蓋骨マッサージで頭皮をほぐす

「キレイの先生」編集部です。頭蓋骨マッサージは、頭皮をほぐす効果もあります。下の記事でも紹介していますが、頭皮がほぐれることで、リフトアップにもつながります。

頭蓋骨マッサージの方法

頭蓋骨マッサージは、頭皮を押さえて(固定して)、頭皮ごと動かすマッサージです。

手で頭皮を押さえてマッサージするのも良いですが、現在は下のようなグッズも市販されています。

頭蓋骨マッサージにおすすめの道具

これは、ブラシ部分が皮膚にかみやすい形状になっていて、これを皮膚に当てるだけで、皮膚をしっかりと押さえることができます。

(ちなみにこれは、上下がブラシになっていてます。片方は皮膚にかみやすい形状、もう片方はシャンプー用のブラシになっていて便利です)

頭蓋骨マッサージにおすすめの道具2

これで頭皮を押さえて動かすだけで、簡単に頭蓋骨マッサージができます。

このようなグッズをお持ちでなくても、ブラシでも同じように頭蓋骨マッサージをできます。

そのときは、ブラシの一本一本が太くて、頭皮をかんでしっかりと押さえられるようなものが良いでしょう。

髪をブラッシングするときに、頭蓋骨マッサージを一緒にするのも良いですね。

そして頭蓋骨マッサージは、息を吐くのに合わせて頭皮を動かすのがおすすめです。

筋膜は、息を吐くのと合わせてリリースされます。

側頭部

頭蓋骨マッサージの方法

サロンではオールハンドで、ひとつずつ順番に細かく筋膜をリリースしていきます。しかしセルフケアでは、そこまでする必要はないでしょう。

ただ、頭蓋骨マッサージにおすすめの場所があるのでご紹介します。

まずは、「側頭部」です。

頭蓋骨の側頭部には、「側頭骨(そくとうこつ)」があります。

そこは、人類が太古にまだ陸に上がる前、エラ呼吸をしていた場所です。呼吸をすると、それに合わせて側頭骨も動いています。

この場所は、心とも関係しています。例えばうつの方は、呼吸をしても、側頭骨はあまり動きません。赤ちゃんもそこをさすってあげると、すやすやとネンネします。

そのため、側頭骨あたりを頭蓋骨マッサージすることで、気持ちを落ち着かせることができます。

また、側頭骨の周りには内臓の反射区があるため、頭蓋骨マッサージで内臓の調子を整える効果も期待できます。

反射区とは

「キレイの先生」編集部です。反射区とは、身体の臓器や器官が一部分に集約されて反映されている場所のことをいいます。足裏や手の平などがよく知られていて、顔にも反射区があります。

側頭部を頭蓋骨マッサージするときは、頭皮を上の方向に動かすようにしましょう。

お仕事の合間に手でマッサージするのも良いですし、女性は髪をかきわけることも多いですから、そのときに側頭部をさすってあげるだけでも効果的です。

側頭筋をほぐす

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、側頭部には「側頭筋」という筋肉があり、側頭筋が凝り固まると、たるみなどの原因にもなります。側頭部をさするだけでも、側頭筋をほぐすことにもつながり、小顔効果も期待できます。

後頭部

もうひとつ、頭蓋骨マッサージにおすすめの場所が、「後頭部」です。

例えば後頭部が重くなると、背中も凝りやすくなります。それは、首の後ろから背中の方まで、脊髄や血管などでつながっているためです。

また脳髄液が、頭と首の付け根から仙骨に向かって流れています。

その流れを良くすることも顔のたるみに効果がありますし、腰痛などの解消にも効果があります。

そのため、頭や身体の血液の回りを良くするには特に、後頭部の頭蓋骨マッサージがおすすめです。

シャンプーで頭蓋骨マッサージする順番

最後に、シャンプーのときに頭蓋骨マッサージをするのに、おすすめの順番をご紹介させていただきます。

1) 耳の周りを回すようにマッサージします。

シャンプーで頭蓋骨マッサージする順番1

2) 側頭部を上の方向にマッサージします。

シャンプーで頭蓋骨マッサージする順番2

3) 後頭部を上の方向にマッサージします。

シャンプーで頭蓋骨マッサージする順番3

4) 頭全体をまんべんなくマッサージします。

5) 最後、首の後ろの方に流していきます。

シャンプーで頭蓋骨マッサージする順番5

ヘッドマッサージになるシャンプー

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、シャンプーの方法を変えるだけでも、ヘッド(頭蓋骨)マッサージになります。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

大貫 先生の話をお聞きしてから、髪をかき上げるときは、さりげなく側頭部を触るようにしています。側頭部は、頭蓋骨マッサージにおすすめの場所といいますので。これも、何気ないところでのセルフケアですね。

頭蓋骨マッサージは顔のリフトアップに、抜け毛や白髪の予防にもなって一石二鳥なのも嬉しいです。

シャンプーやブラッシングのときに頭蓋骨マッサージを一緒にすると、手間もかかりません。

頭蓋骨マッサージは、今日からでも始められるセルフケアです。今夜シャンプーをするときに、取り入れてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Esshet 大貫 みどり 先生、「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

7000111_b

大貫 みどり 先生