美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔が太い?顔のダイエットのやり方6つ!痩身専門のセラピストに聞く

本日のキレイの先生

嶋村 由華 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔のダイエット」です。

大阪府大阪市住吉区 ダイエット専門サロン ビューティーサロンハナ の嶋村 由華 先生にインタビューさせていただきました。

先生のサロンは、痩身ダイエット専門サロンで、顔のダイエットメニューもあります。

顔のダイエットには、どんなことが効果的なのでしょうか?

ホームケアでもやれる方法を、嶋村先生に教えていただきました。

目次

顔が太い原因とは?
・年齢で顔は太りやすくなる?
・生活習慣で原因になること

顔のダイエットの方法
・顔のエクササイズ
・耳の下のリンパマッサージ
・鎖骨のリンパマッサージ
・首のストレッチ
・その他

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

ダイエット専門サロン ビューティーサロンハナ

嶋村 由華 先生

「キレイの先生」編集部

顔が太い原因とは

先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔のダイエット」です。

顔が太いと、見た目の印象も変わってしまいますよね…

そうですね、いちばんは、老けて見えてしまうかなと思います。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔の原因

それから、お身体が細くてもお顔が太いと、太って見えられやすいです。

身体が細くても、顔で太って見えてしまうんですか!?

はい、人は第一印象としてまずお顔をみるので、お顔が大きいだけで、太っている印象が残りやすいです。

そうすると、お身体が細くても損してしまいますよね。

顔が太いのは、何から来ているんですか?

ひとつは、顔に脂肪が付くことがあると思います。

(参考:美容セラピストに聞く顔の脂肪について

そうですね、色々な原因がありますが、お身体全体の血液やリンパ(体内の老廃物を回収して排出する器官)の流れが悪くなっていると、お顔に水分がたまってむくんだりします

お身体全体の水分代謝が悪い状態ですね。

顔のむくみによっても、顔は太くなってしまうんですね?

はい、それに、お顔のむくみを放ったらかしにしておくと、顎(あご)のあたりのむくみが進んで、二重顎の原因になったりもします。

先生のサロンのお客様にも、むくみから顔が太くなっている方はいらっしゃいますか?

そうですね、うちのサロンですと、特に、鎖骨やデコルテラインが詰まって、お顔がむくんでいる方も多いですよ。

鎖骨は、全身のリンパの出口がありますから、そこの流れが滞ると、顔はもちろん、身体全体のめぐりが悪くなってしまうといいますもんね…。

(参考:リンパセラピストに聞く鎖骨のリンパについて)

はい、後は、お顔の骨格が下がることも、お顔が下がってきて大きくなる原因になります。

ですので、小顔矯正では、頭蓋骨からアプローチして骨を元の位置に戻していくことで、お顔もすっきりします。

(参考:頭蓋骨矯正セラピストに聞く頭蓋骨矯正の効果

年齢で顔は太くなりやすくなる?

顔が太くなるのは、年齢も関係しているんですか?

年をとるほど、顔は太くなりやすいんでしょうか?

そうですね、お顔をケアしていないと、表情筋(表情を形作る顔の筋肉)が衰えてきたり、骨格が下がって広がってきたりして、そういったお悩みも出やすくなります。

いま「表情筋」のお話が出ましたが、表情筋の衰えも、顔が太くなる原因になるんですか?

はい、なりますよ。

筋肉が衰えると、リンパの流れも良くなりませんし、血流も悪くなりますので。

(参考:顔のたるみ専門家に聞く表情筋について

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、顔が太くなる原因はありますか?

例えば、夜にアルコールを摂りすぎると、翌朝はお顔がむくみやすくなりますよね。

分かります…(苦笑)。

それに、寝る前にお菓子などの添加物を摂ることも良くありません。

それは、どうしてですか?

添加物には毒素が入っているといえますから、それが分解できないと、お身体の代謝が悪くなって、お顔にもその影響が出やすかったりします。

それから、お身体の冷えによっても、血行は滞ってしまいますし、肩こりなどの筋肉のコリでも、リンパの流れが滞ります。

そういったことからも、お顔のむくみにつながったりします。

後は、日常的にパソコン作業の多い方は、お身体全体の血流が悪くなりやすいですし、スマホも「スマホ顔」という言葉があります。

スマホも、顔のたるみの原因になるといいますもんね…。

はい、スマホはずっと下を向いた姿勢になりますので、たるみへの大きい影響は大きいです。

それに、同じ姿勢でいる時間が長くなるので、体内のめぐりも悪くなりやすいです。

そういった点では、あまりお身体を動かさない方は、お顔もむくみやすいですし、普段あまりしゃべらずにお口を開かない方も、口周りの筋肉が衰えてきて、むくみの原因になります。

顔のダイエットの方法

先生のサロンは痩身専門で、顔のダイエットのメニューもあられます。

顔のダイエットには、どんな施術・ケアをされているんですか?

お顔のエステでは、主に、筋膜(きんまく・筋肉を覆っている膜)・頭蓋骨・頭筋(ずきん)・表情筋・リンパ・脂肪などにアプローチしていきます。

お顔全体の流れを良くして、デコルテラインをしっかり流すことで、お顔にたまった老廃物をしっかり流すします。

それは、オールハンドのトリートメント(マッサージ)で行うんですか?

はい、小顔に関しては、オールハンドですよ。

お顔のエステは、お顔とデコルテを流すだけで、お身体全体の流れも良くなるので、お身体がポカポカされるお客様が多いですよ。

顔のダイエットには、どんなことが大切なんでしょうか?

まずは、老廃物をためないように、お顔もそうですが、お身体全体のめぐりを良くすることです。

それから、お顔の筋肉が硬くなってしまうと、お顔のたるみにつながるので、筋肉が硬くならないようにゆるめていくことも大事です。

顔のエクササイズ

ホームケアで、顔のダイエットには、どんなことができますか?

ひとつは、顔ヨガが代表的ですが、お顔のエクササイズなどで筋肉をしっかりトレーニングさせてあげることです。

それには、どんなことができますか?

例えば、目をギュッとつむってパッと開くだけでも効果的ですよ。

それで、目の周りにある眼輪筋(がんりんきん)を刺激することができて、そのあたりを流してあげることもできます。

(参考:顔のたるみ専門家に教わる眼輪筋のトレーニング

耳の下のリンパマッサージ

耳の下には「耳下腺(じかせん)リンパ節」があって、そこも詰まりやすい場所で、そうすると、お顔のむくみにもつながります。

耳下腺リンパ節について

リンパ節は、リンパが集合する「出口」ともいえる器官で、リンパで運んできた老廃物をろ過するフィルターの役割があります。

リンパを高速道路に例えると、リンパが「(高速道路の)本線」で、リンパ節が「(出口の)料金所」です。高速道路は、料金所が混雑すると本線も渋滞するように、リンパも、リンパ節が滞るとリンパ自体の流れも悪くなってしまいます

耳下腺リンパ節は、人差し指と中指で耳をはさんで上下にさすってあげることで、流れを良くすることができて、それだけでもお顔のむくみにはいいですよ。

鎖骨のリンパマッサージ

鎖骨とデコルテラインのリンパ節も詰まりも、お顔のむくみの大きな原因になります。

ですので、そこを流してあげることも、すごく大事です。

鎖骨のリンパを流すには、どうしたらいいですか?

まずは、オイルやマッサージクリームを付けて、鎖骨の骨の部分を、手でギューッと3秒くらい押さえてから放します。

それを何回か行うと、リンパ節が開いてきますよ。

その後は、脇の下に「腋窩(えきか)リンパ節」があるので、そこを指でつかんでグリグリとマッサージして開きます。

(参考:リンパセラピストに教わる腋窩リンパ節の流し方

そうしてリンパ節を開いた後に、鎖骨の下のデコルテラインに沿って、胸の真ん中から腋窩リンパ節の方に流していきます

鎖骨のマッサージは、まずは鎖骨と脇の下のリンパ節を開けてから流すようにしましょう。

このマッサージで、デコルテもすっきりすると思いますよ。

(参考:リンパセラピストに教わる鎖骨のリンパの流し方

首のストレッチ

後は、首の詰まりも、お顔のむくみにつながりますので、お顔のダイエットには、首のストレッチもいいです。

首のストレッチは、首をグルッと右に一回転して、次は左に一回転します

その後は、右手で左の耳を持って、横にグッと引っ張るようにします。

それを、左右両方で行います。

最後は、下を向いて、上を向きます。

首のストレッチの方法

1. 首をグルッと右に一回転、左に一回転する
2. 右手で左の耳を持って横に引っ張る、左右逆で同じことをする
3. 下を向いて、上を向く

その他

お顔のダイエットには、表情を豊かにすることも大事です。

そうすれば、表情筋を使うことができますもんね。

はい、例えば、ぼそぼそとしゃべるのではなく、口を大きく開いてしゃべりたいです。

後は、美顔器なども、お顔のダイエットにはいいですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、顔のダイエットの方法をまとめます。

1. 目をギュッとつむってパッと開いたりするなどの顔のエクササイズ
2. 人差し指と中指で耳をはさんでマッサージして耳下腺リンパ節を流す
3. 鎖骨のマッサージ
4. 首のストレッチ
5. 口を大きく開いてしゃべったりして表情を豊かにする
6. 美顔器を使う

「顔が太い…?」と気になったときは、むくみから来ていることも多いそうなので、顔のエクササイズで表情筋を使うようにしたり、マッサージでリンパを流してあげたりすることを、意識されてみてはいかがでしょうか?