美容のスペシャリストが教えるキレイ

アルガンオイルの効果効能!すごい!老い肌がうるツヤ肌に!専門家に聞く

本日のキレイの先生

中山 せつこ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「アルガンオイル」です。

リズミカルボディセラピー Rhythmoon の中山 せつこ 先生にインタビューさせていただきました。

アルガンオイルは保湿力も高いですし、キャリアオイル(植物オイル)の中でも、エイジングケア効果の優れたオイルです。

中山先生はサロンで「おいるライフ塾」を開いてオイル講師もされているのですが、ご自身のお手入れにもアルガンオイルをお使いになっているとのことです。

そんなアルガンオイルの効果・効能や使い方について、先生に教えていただきました。

目次

アルガンオイルとは
・アルガンオイルはどんなテクスチャー?

アルガンオイルの効果・効能
・アルガンオイルの主な成分
・アルガンオイルの効果とは
・アルガンオイルはどんな人におすすめ?

アルガンオイルの使い方
・顔にはスキンケアでどんな使い方が?
・髪にはヘアケアでどんな使い方が?

編集部の選ぶアルガンオイル好きにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

アルガンオイルとは

中山先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「アルガンオイル」です。

アルガンオイルは、私も大好きなオイルです(笑)。

まずは、アルガンオイルが、どんな植物から抽出されるんですか?

はい、アルガンオイルは、アカテツ科のアルガンツリーという植物から、その実の中にある種の、さらにその中にある「仁(じん)」をすりつぶして抽出されます。

例えば、梅干しでしたら、種の中に白い部分があると思うんですが、それが仁です。

ちなみに、アルガンは種が固いので、仁を壊さないように、種は手作業で割られています。

アルガンオイルは、どこが主な産地なんですか?

アルガンオイルの産地は、モロッコ王国の南西部しかありません。

アルガンツリーは砂漠に生えているといわれることもあるようですが、主には、砂漠の隣接する乾燥地帯にアルガンツリーの森があります。

現地でも、アルガンオイルが使われているんですか?

はい、日本よりも日常的に使われていますよ。

モロッコの南西部は、乾きやすい地帯なので、お顔やボディの乾燥防止や日焼け止めに使われたりしています。

それに、髪の毛に使われることも多くて、ヘナ(天然の染毛料)にアルガンオイルを加えて長い髪の毛を美しく保つのにも役立てられているそうです。

(参考:アーユルヴェーダセラピストに聞くヘナについて

それから、薬用として、火傷やすり傷などのケアにアルガンオイルが使われたりもしているそうですよ。

アルガンオイルが、薬代わりに使われているんですか!?

はい、後は、食用として使われていますね。

ヨーロッパでいうと、オリーブオイルのような感じでしょうか。

アルガンオイルを食用にですか…すごく贅沢ですね(笑)。

本当ですね(笑)。

アルガンオイルとは

・植物:アルガンツリー(アカテツ科)
・抽出部位:(種の中にある)
・抽出方法:圧搾法
・産地:モロッコ

アルガンオイルはどんなテクスチャー?

アルガンオイルは、どんなテクスチャーのオイルですか?

テクスチャーの軽いオイルですと、お肌に付けてすぐなくなる感じがあったりしますが、アルガンオイルは、お肌にしばらく残る感じがあります。

それで、時間が経つと、お肌に入っていきます。

そうすると、アルガンオイルは、どちらかというとテクスチャーが重めになるんでしょうか?

そうですね、テクスチャーはちょっと重めですね。

ですので、冬などには特におすすめです。

価格的には、アルガンオイルは高価なキャリアオイル(植物オイル)ですよね…。

そうですね、価格的には少し高めになります。

ただ、その分、効能的にはとても優れていますよ(笑)。

アルガンオイルの効果・効能

アルガンオイルの主な成分

アルガンオイルには、どんな栄養が含まれているんですか?

アルガンオイルはオイルですので、含まれている成分は主に脂肪酸で、「オレイン酸」と「リノール酸」がほぼ占めています。

後は、「パルミチン酸」や「ステアリン酸」なども含まれています。

それぞれ、どんな特徴のある成分なのでしょうか?

オレイン酸は、不飽和脂肪酸で、酸化しづらく傷みにくい性質があります。

それで、保湿力が高いです。

人間の皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)の40%は、オレイン酸で出来ているので、お肌に浸透しやすく美肌に役立ちます

リノール酸は、オレイン酸と同じように不飽和脂肪酸ですが、オレイン酸よりもやや酸化しやすい性質があります。

とてもサラッとしている成分で、ベタっと残ったりしないので使いやすさにつながりますし、お肌の乾燥や美肌に役立ちます

パルミチン酸は、飽和脂肪酸で、やや重ための成分です。

ビタミンAを安定させる作用があって、シワの抑制などにもいいです。

ステアリン酸は、保湿作用抗菌作用に優れています。

それから、アルガンオイルでいちばん特徴的なのが、「ビタミンE」を含んでいることです。

ビタミンEは、抗酸化作用に優れていて、ターンオーバーを助けてくれたりするので、お肌や髪の毛にアンチエイジングに役立ちます

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

アルガンオイルの主成分

オレイン酸:皮脂の40%を占める成分で、肌に浸透しやすく保湿力が高い
リノール酸:サラッとしていて使いやすさにつながり、肌の乾燥や美肌に役立つ
パルミチン酸:ビタミンAを安定させる作用があり、シワの抑制などにいい
ステアリン酸:保湿作用や抗菌作用に優れている
ビタミンE:抗酸化作用に優れていて、肌や髪のアンチエイジングに役立つ
など

アルガンオイルの効果とは

アルガンオイルは、いい栄養がそれだけ含まれているわけですから、お肌にも良さそうです。

どんな効果・効能を期待できるでしょうか?

アルガンオイルは、とにかく乾燥にいいです。

保湿効果が高いので、シワの抑制にもなります。

それに、アルガンオイルは、ターンオーバーを助けてくれるような作用も期待できます。

アルガンオイルは、ビタミンEを多く含んでいるとのことでしたもんね。

はい、それに、アルガンオイルは抗菌作用もあるので、ニキビに付けてあげたりすると、ニキビが落ち着くような作用も期待できます。

アルガンオイルは、ニキビのケアにもなるんですか!?

はい、アルガンオイルをたくさん使いすぎると、逆に吹き出物につながってしまう可能性もありますので、そこは気を付けていただきたいです。

アルガンオイルは、髪の毛にもいいんですよね?

はい、髪にアルガンオイルを付けてあげると、ツヤが出ます

頭皮まで全体的に使うには、アルガンオイルは贅沢なオイルかもしれませんが、頭皮に塗ってあげることで、髪の毛を丈夫(じょうぶ)にすることもできますよ。

アルガンオイルの効果・効能

■ スキンケア
・保湿効果が高いので乾燥対策にいい
・シワの抑制
・ターンオーバーを助けてくれる
・ニキビのケア
など

■ ヘアケア
・髪の毛にツヤが出る
・(頭皮に塗ることで)髪の毛が丈夫になる

アルガンオイルはどんな人におすすめ?

アルガンオイルは、どんな人におすすめですか?

ある程度の年齢の行かれた方には、特にいいと思いますよ。

先生の話をお聞きすると、アルガンオイルはエイジングケア効果も高そうですもんね。

はい、ただ、人によってそれぞれ皮脂量が違いますので、たくさん皮脂のある方が、オイルをたくさんと使うと、トラブルにつながる場合もあります。

40代になってくると皮脂の量も減ってくるので、私はオイル美容をおすすめしているのですが、ご自分の皮脂量などに合わせて、そのさじ加減は、ご自身でみつけていただきたいです。

アルガンオイルの使い方

顔にはスキンケアでどんな使い方が?

アルガンオイルは、どんな使い方ができますか?

いちばんおすすめなのが、化粧水の中にアルガンオイルを数滴入れることです。

それで、化粧水の質が変わって、化粧水がお肌に浸透しやすくなります

これは、特にオイル美容の初心者の方にはおすすめの使い方です。

それは、化粧水のボトルにアルガンオイルを加えるんですか?

いいえ(笑)。

化粧水を手に出したところに、アルガンオイルを2~3滴チョンチョンと出してあげます。

それで、しっとりとした化粧水になります。

先生ご自身も、アルガンオイルを普段のお手入れにお使いなんですか?

はい、使っていますよ。

アルガンオイルは保湿力が高いですので、私は冬に使うことが多いです。

それは、どのようにお使いなんでしょうか?

例えば、オイルをお顔に塗って、その上から蒸しタオルを乗せます

その状態で湯船につかって「オイルパック」を行い、オイルをお肌にじっくりとしみ込ませてあげます

(参考:アロマ講師に聞くオイルパックについて

オイルパックを終えた後は、アルガンオイルをそのまま洗い流すのはもったいないので、そのままなじませてあげたり、化粧水を付けてあげたりしてもいいですね。

もちろん、「べたつきがちょっと気になる…」という方は、蒸しタオルで取ってあげても大丈夫ですよ。

冬は、それを週に1回くらい行うことが多いです。

それから、アルガンオイルを美容液の代わりに使ったりもしますし、化粧水の前に使うと化粧水が浸透しやすくなります。

アルガンオイルをブースターとして使用するのは、その後のスキンケア化粧品の入りが良くなるのでおすすめですよ。

(参考:美容セラピストに聞くブースターオイルについて

後は、アルガンオイルは、テクスチャーが少し重いので、さっぱりめのオイルと混ぜても使いやすくなります。

さっぱりめのオイルには、どんなオイルがあるんですか?

一般的に知られているところでは「ホホバオイル」もいいですし、サラッとしている杏(あんず)のオイル「アプリコットオイル」などもいいですね。

(参考:アロマセラピストに聞くホホバオイルについて

アルガンオイルの使い方

(スキンケア)
化粧水にアルガンオイルを加えて保湿力を高める(化粧水を手に出したところに2~3滴を加える)
オイルパックを行う(顔に塗って、その上から蒸しタオルを乗せる)
美容液代わりに使う
ブースターオイルとして使う(化粧水の前に使う)
さっぱりめのオイルと混ぜて使う(ホホバオイルやアプリコットオイルなどがおすすめ)

など

髪にはヘアケアでどんな使い方が?

アルガンオイルは、髪の毛に使うこともできるんですよね。

はい、ヘアケアにもいいですよ。

例えば、髪の毛が濡れた状態で、毛先を中心にアルガンオイルを少量伸ばしてあげると、髪の毛がしっかりまとまりやすいです。

それは、いつやるのがいいですか?

地肌に栄養を与えることが目的でしたら、シャンプー前がいいと思います。

もしくは、シャンプー・トリートメントをしてドライヤーをかける前に、なじませてあげても大丈夫です。

後は、アルガンオイルを頭皮に塗って、一時間くらい置いておいて浸透させてあげるのも、いいですね。

ただ、これは、オイルの量が必要になるので、少し贅沢な使い方になりますが(笑)。

アルガンオイルは高価なオイルですもんね(笑)。

アルガンオイルの使い方

(ヘアケア)
髪の毛が濡れた状態で、毛先を中心に少量伸ばす(シャンプー前でも良いし、ドライヤー前でも良い)
頭皮に塗って一時間くらい置いておく
など

編集部の選ぶアルガンオイル好きにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、中山先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだアルガンオイル好きにおすすめの化粧品をご紹介します。

コディナ アルガンオイル

コディナは、世界で20数社しか認証されていないオーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得したスキンケア化粧品ブランドで、原料はもちろん環境保護など数々の厳しい検査項目をクリアしました。独自の伝統的な製法で丁寧に圧縮搾油されたアルガンオイルは、リピート率No.1の人気アイテムです。アルガンオイルをお試しになるには、「コディナ フェイシャルケア トライアルセット」がお得で、アルガンオイル配合のクリームも付いています。

●内容量:100mL
●通常価格:税別4,600円
●初回価格:トライアルセット価格:税別2,000円

美容家の感想

保湿感にパンッとしたハリ感も!いちどのお手入れに3回使うほどお気に入り!

色々なアルガンオイルを使ってきましたが、すごく良かったです! サラサラしていながらふっくらした質感で、抽出法のこだわりが感じられます。保湿力はもちろん、肌にパンッとハリが出ました。夜のお手入れでは、クレンジング・ブースター・保湿クリームの3回に使って、さすがに気に入りすぎですね(笑)。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初に付けるミルクです。みずみずしいミルクが、うるおいを肌の奥までグングンと引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」が、そのうるおいをプールします。さらに、エイジングケアに欠かせない「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」などを配合し、乾燥肌年齢肌の方にはもちろん、肌がふっくら引き締まるので毛穴にもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

アルガンオイルは、保湿効果も高いですし、エイジングケアにも向いています。

中山先生もおっしゃっていましたが、しっとりとしたオイルですので、お肌が乾燥しやすい冬のお手入れには特におすすめです。

しかも、色々な使い方ができるので便利です。

「お肌の元気がなくなってきたな…」とお肌の衰えを感じるようになったら、普段のお手入れに、アルガンオイルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

* 2018年2月28日に公開した『アルガンオイルの効果とは?肌に良し!髪に良し!でオイル講師も絶賛』を再編集しました。