美容のスペシャリストが教えるキレイ

顔のむくみの原因は?リンパの流れはどんなことで悪くなる?

本日のキレイの先生

根岸 舞妃 先生

顔のむくみの原因は?リンパの流れはどんなことで悪くなる?

「キレイの先生」編集部です。

鏡をみて、「あれ、顔がむくんでいる…?」といったことはありませんか?

今回のテーマは、そんな「顔のむくみ」についてです。

リンパデトックスACE の根岸 舞妃 先生に、取材させていただきました。

根岸 先生の記事は、前後編に分けてお届けします。

この前編では、顔のむくみの原因について、まとめたいと思います。

顔のむくみは、「リンパ」の流れが悪くなることが、原因のひとつだそうです。

では、どんなことで、リンパの流れが悪くなってしまうのでしょうか?

根岸 先生に教えていたたきました。

目次

むくみについて

顔のむくみ

リンパの流れが悪くなる原因

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

リンパデトックスACE

根岸 舞妃 先生

「キレイの先生」編集部

むくみについて

根岸 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「顔のむくみ」です。

先生は、サロンで多くのお客様をみていらっしゃるかと思います。

「顔にむくみが…」というような人は多いですか?

そうですね。

サロンにお越しいただくのは、お疲れの人が多いです。

疲れていると、身体はむくみやすいです。

そして、顔と身体はつながっていますから、身体がむくんでいると、顔もむくんでいることが多いですね。

顔がむくんでいると、どんな印象になりますか?

顔が全体的に下がって、疲れた顔になり、老けた印象が強くなります。

「むくみ」とは、どういった状態なのでしょうか?

血液の中の水分が、(血管の)外にしみ出して、皮下組織(ひかそしき)の水分が多くなりすぎた状態です。

皮下組織について

皮膚は、下の図のように、「表皮(ひょうひ)」・「真皮(しんぴ)」・「皮下組織」の3層構造になっています。

皮膚の断面図イメージ

皮下組織は、そのもっとも内側の層のことをいいます。

血管からしみ出した水分は、通常、リンパが回収して排出しています。

リンパの流れが悪くなって、余分な水分をきちんと回収できなくなると、むくみの原因になります。

いま、「リンパ」というキーワードが出てきました。

むくみの原因は、リンパにもあると思います。

「リンパ」について、教えていただけますか?

人の身体には、静脈(じょうみゃく・心臓に戻っていく血管)に沿うようにして、「リンパ管」が張りめぐらされています。

その中を流れているのが、「リンパ液」です。

そして、リンパ管の途中にあって、フィルターの役割をしているのが「リンパ節」です。

それらを総じて、「リンパ」と呼ぶのですよね。

リンパには、どのような働きがあるのですか?

体内の老廃物や、血液からしみ出した余分な水分を集めて、体外へと排泄する「浄化」の役割があります。

他にも、細菌や病原菌などを回収したりして、「免疫」の役割もあります。

リンパで集められた「体内のゴミ」は、最終的に、便から75%、尿から20%、残り5%が汗などから排出されます。

リンパの流れが悪くなると、どうなるのでしょうか?

体内の老廃物や、余分な水分などが、うまく排泄されなくなります。

先程のお話にもありましたが、血液からしみ出した水分を回収できなくなると、むくみにつながりますね。

後は、リンパの流れが悪いと、血流も悪くなっていることが多いです。

すると、細胞の生まれ変わりも悪くなるなど、代謝不良にもつながりやすいです。

血流が悪くて代謝不良?

細胞の生まれ変わり(代謝)に必要な栄養は、血液を通じて届けられています。そのため、血流が悪くなって、栄養が細胞に行き届きにくくなると、代謝も低下します。

リンパは、筋肉の収縮によって流れています。

血液は、心臓がポンプの役割をして流れているといいます。

ただ、リンパには、(血液でいう)心臓に当たるものがないのですよね。

はい。

リンパは、筋肉が「ポンプ」の役割をしています。

そのため、筋肉量の少ない女性はリンパが滞りやすいです。

その分、女性の方が、むくみも出やすいということですね。

顔のむくみ

顔は、どんな場所がむくみやすいですか?

リンパ節が詰まっていると、(リンパの)出口をふさいでいるようなものなので、リンパ節の近くがむくみやすいです。

リンパ節について

以前の取材で、ある先生は、リンパを高速道路に例えられました。リンパ節が「(出口の)料金所」で、リンパが「(高速道路の)本線」です。料金所が混雑していると、本線も渋滞すると思います。それと同じように、リンパも、リンパ節が滞っていると、リンパ自体の流れも悪くなってしまいます。

リンパ節の近くがむくみやすいとのことでしたが、顔には、どんな場所にリンパ節があるのですか?

顔との関係が深いリンパ節としては、「耳下腺(じかせん)リンパ節」や「顎下(がくか)リンパ節」、「頸部(けいぶ)リンパ節」、「鎖骨リンパ節」などがあります。

顔のリンパ節の場所

フェイスラインや、あごの下がむくみやすいのは、リンパ節があるからなのですね。

そうですね。

リンパは、リンパ節に向かって流れているため、(リンパ節のある)顔の下半分は、むくみが出やすいです。

後は、(体内の)老廃物は、骨のキワにたまりやすいため、疲れたりしているときは、目の周りもむくみやすいです。

たしかに、頭蓋骨は、目の周りがポコッと穴が空いていますね。

そのキワに、老廃物がたまってくると、目がむくんでしまうのですね。

リンパの流れが悪くなる原因

顔のむくみは、リンパの流れが悪くなることから来るとのことでした。

では、どんなことが原因で、リンパの流れが悪くなりますか?

いちばんは、「ストレス」です。

リンパの働きは、自律神経や、ホルモン・免疫のバランスがとれていることで、正常に機能します。

自律神経について

自律神経は、人の身体と心をコントロールしている神経です。「交感神経(緊張の神経・昼に優位になる)」と「副交感神経(リラックスの神経・夜に優位になる)」が交互に入れ替わって、バランスをとっています。そのバランスが乱れると(例えば、夜になっても交感神経の優位な状態が続いたりすると)、心身に大きな影響があります。

ストレスがかかると、免疫力が低下します。

そして、自律神経が乱れにもつながります。

それによって、リンパの働きも低下しやすいです。

他には、睡眠不足や、食生活の乱れなども、リンパの流れが悪くなる原因になります。

睡眠不足も、自律神経が乱れるといいますね。

後は、筋肉が凝り固まっていると、リンパが流れにくいです。

リンパは、筋肉の収縮がポンプの役割をして、流れているとのことでした。

たしかに、筋肉が凝り固まって収縮しないと、リンパを流すことができません。

すると、肩や首のコリが、顔のむくみの原因にもなりそうですね。

そうですね。

肩や首が凝っていると、他にも、血流が悪くなって、栄養が顔に行きづらくなり、お肌の生まれ変わりも低下してしまいますね。

お肌の生まれ変わり

下の記事でも紹介していますが、皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちることで、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

皮膚のターンオーバーに必要な栄養も、血液から届けられています。そのため、血流が悪くなって、皮膚が栄養不足になると、ターンオーバーが乱れ、お肌のくすみやごわつきなどの原因になります。

まとめ

顔のむくみは、リンパの流れが悪くなっていることが、原因のひとつです。

リンパは、リンパ節や、骨のキワで滞りやすいといいます。

フェイスラインや、目の周りがむくみやすいのは、そのためだったのですね(フェイスラインには、耳下腺リンパ節や顎下リンパ節が、目の周りには、骨のキワがあります)。

根岸 先生には、顔のリンパを流すマッサージの方法を、とても丁寧に教えていただきました。

それは、後編の記事でまとめさせていただきます。

根岸 先生の「リンパマッサージ」の記事

是非、こちらと合わせてご覧いただきたい内容です。

関連キーワード