美容のスペシャリストが教えるキレイ

たるみ毛穴は洗顔で解消!温冷水のすすぎで引き締め!エステ員に聞く方法

本日のキレイの先生

富田 恵 先生

たるみ毛穴とは!頬の毛穴がたるみやすい理由から改善法まで

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「たるみ毛穴」です。

プライベートサロン Anelan Spa の富田 恵 先生に、インタビューさせていただきました。

たるみ毛穴は、年齢が行くほど表れやすくなる毛穴悩みで、老け顔のサインのひとつです。

お肌のたるみが原因になるため、毛穴汚れを取るだけでは解決できません。

たるみ毛穴を引き締めるには、洗顔後、ぬるま湯と冷水で交互に顔をすすぐことが、即効性もあっておすすめだそうです。

実際、富田先生のサロンでも、それと同じような理論の施術を行っているといいます。

たるみ毛穴が気になっている方は、今夜からのお手入れのヒントになると思いますよ。

目次

毛穴はどんな働きをしているのか?
・肌タイプは皮脂腺の大きさで決まる?

たるみ毛穴の原因
・たるみ毛穴は肌のたるみから起こる
・頬の毛穴がたるみやすいのはどうして?
・生活習慣で原因になること

たるみ毛穴を引き締める方法
・エステではたるみ毛穴をどうしている?

編集部の選ぶたるみ毛穴におすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

毛穴はどんな働きをしているのか?

毛穴について

「たるみ毛穴」の話に入る前に、まずは、毛穴の構造についてお話しさせていただきます。

毛穴は、その漢字の通り、毛が生えている「穴」です。

穴の深さは、真皮(しんぴ・皮膚は3層構造になっていて、その真ん中の層)まであります。

そして、毛穴は、ただ毛が生えているだけではなく、中に「皮脂腺(ひしせん)」という器官があって、皮脂(ひし・皮膚の油分)が分泌されている場所でもあります。

それに、毛穴には「汗腺(かんせん)」もあって、汗も分泌されています。

毛穴の皮脂腺から分泌された「油分」の皮脂は、汗腺から出た「水分」の汗と混ざり合って、保護膜「皮脂膜(ひしまく)」を作ります。

皮脂膜は、天然の保湿クリームで、お肌の中の水分が蒸発するのを防いだり、紫外線・ほこり・排気ガス・花粉・PM2.5などの外部の刺激からお肌を守ったりする働きがあります。

お肌は、その皮脂膜によってバリア機能が保たれています。

スキンケアは、「いかに皮脂膜を作れるお肌にするか」ということが大切になります。

肌タイプは皮脂腺の大きさで決まる?

ちなみに、お肌の状態は、その皮脂腺の大きさによって変わってきます。

お肌の状態は、大きく「スキンコンディション」と「スキンタイプ」に分けられます。

スキンコンディションは、環境によるもので、例えば、「冬で湿度が低くて乾燥している」・「紫外線を浴びてしまった」・「お肌の水分量が不足している」といったようなことが当てはまります。

それに対して、スキンタイプは、遺伝的なもので、これは変えることができず、改善していくのは難しいです。

肌の状態について

スキンコンディション:環境によるもの
スキンタイプ:遺伝できなもの

遺伝的な「スキンタイプ」のベースになるのが、皮脂腺の大きさです。

これはあまり知られていないことですが、毛穴の中にある皮脂腺は人によって大きさが違っていて、それによって皮脂の出方も変わってきます。

お肌の油分の状態を「オイリー」・「ノーマルオイリー」・「ノーマルドライ」・「オイルドライ」で分けたとき、その皮脂腺の大きさをブドウで例えると、オイリー肌のは皮脂腺が巨峰(きょほう)、オイルドライ肌はデラウェア(小粒の種なしブドウ)とイメージしてください。

スキンタイプについて

(皮脂腺の大きさをブドウに例えると)
オイリー肌:巨峰
オイルドライ肌(乾燥性脂性肌):デラウェア

皮脂腺の大きさは遺伝によるもののため、基本的に変わることはありません。

ですので、自分のスキンタイプに合っていないスキンケアを行うと、逆効果になってしまう場合もあります。

例えば、皮脂腺の大きいオイリー肌の方には、美容オイルは向いていなかったりします。

たるみ毛穴の原因

たるみ毛穴とは

毛穴は本来、丸い形をしています。

それが、縦に長く伸びてしまった状態を、「たるみ毛穴」といいます。

たるみ毛穴は肌のたるみから起こる

たるみ毛穴は、お肌のたるみから起こります。

お肌の弾力は、真皮が土台になっています。

皮膚の3層構造

真皮は、「コラーゲン」が網目状になって構成されていて、その網目の交差部分に「エラスチン」があります。

そして、その網目の中にある「ヒアルロン酸」が水分を保持しています。

真皮の弾力成分

コラーゲン
エラスチン
ヒアルロン酸

コラーゲンなどの弾力成分は、年齢とともに減少していきます

そうすると、それまでピンッと張っていたコラーゲンの網目がたるんだり崩れたりして、エラスチンも網目の交差部分から外れやすくなります。

それによって、お肌の弾力は低下して、たるみにもつながります。

それが、毛穴の周りで起こると、毛穴が縦に伸びたような状態になってしまい「たるみ毛穴」になります。

つまり、たるみ毛穴は、お肌のたるみから起こる老化現象といえます。

頬の毛穴がたるみやすいのはどうして?

頬の毛穴がたるみやすい理由

毛穴は、身体の真ん中のライン上に集まっていて、お顔でいうと、鼻や顎(あご)などの「Tゾーン」に多くあります。

ただ、鼻の毛穴がたるむようなことは、ほとんどないはずです。

それは、皮膚の皮下組織(ひかそしき・皮膚は3層に分かれていて、そのいちばん下の層)の厚さが関係しています。

鼻の皮膚は、皮下組織が薄いため、触ると皮膚のすぐ下に骨があることを感じられます。

ですので、鼻は毛穴が多い場所ではありますが、お肌にたるむ部分がほとんどありません。

それで、鼻は、たるみ毛穴が起こりづらいです。

それに対して、頬は、皮膚の皮下組織が厚いため、お肌にたるむ部分が多いです。

それに、お顔の中心にも近いので、鼻ほどではありませんが、毛穴も多いです。

だから、頬は、たるみ毛穴が起こりやすいです。

たるみ毛穴が起こりやすいのは?

・鼻:毛穴の数は多いが、皮膚にたるむ部分がほとんどないため、たるみ毛穴も起きづらい
・頬:毛穴の数も多く、皮膚にたるみ部分が多いため、たるみ毛穴が起こりやすい

生活習慣で原因になること

たるみ毛穴の原因

たるみ毛穴は、お肌の老化現象ですので、原因としては、まずは加齢が挙げられます。

たるみ毛穴は、20代の方にはほとんど見られませんが、30代以降でその悩みをお持ちの方が出てきて、特に40代で増える印象です。

お肌の老化という点では、その80%は、紫外線が原因といわれています。

ですので、外出するときは、きちんと日焼け止めを塗ることも、たるみ毛穴の予防になります。

それから、スキンケアでの肌摩擦(まさつ)も良くありません。

例えば、ゴム風船を膨らませてから空気を抜くと、その後のゴムはたるんでいると思います。

それと同じように、スキンケアでお顔をこすりすぎていると、皮膚が引っ張られて伸びて、たるみやすくなります。

同じ理由で、過度のフェイスマッサージにも気を付けていただきたいです。

フェイスマッサージは、オイルやクリームなどの潤滑油(じゅんかつゆ)を付けた上で行いますが、マッサージのしすぎで、潤滑油が乾いたことに気付かずに続けていると、皮膚を引っ張ってしまい、たるみの原因になります。

スキンケアというところでいうと、クレンジング・洗顔で皮脂の汚れを取ることはとても大事ですが、逆に、クレンジング・洗顔をしすぎると、お肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまいます。

そうすると、保護膜が壊れてバリア機能が低下して、紫外線などの外部の刺激にも弱くなり、お肌の老化も進んでしまいます。

それによって、さらにバリア機能が低下して、負のスパイラルにも陥りやすいです。

後は、鼻にテープを貼ってピット剥がして、角栓(毛穴の中で皮脂や角質などの汚れが固まったもの)を取るような毛穴パックなどは、お肌への負担が大きいですし、無駄に皮膚を引っ張ってしまうので、毛穴のたるみにもつながりやすいです。

他にも、タバコの有害成分はエラスチンを破壊作用があるといわれていて、タバコもお肌には良くありませんし。睡眠不足や不規則な食事などの生活習慣の乱れも、お肌の老化につながって、毛穴がたるむ原因になります。

たるみ毛穴の原因

加齢
紫外線
肌摩擦(スキンケアでこする、過度なフェイスマッサージ、など)
クレンジング・洗顔のしすぎ
無理な角栓の除去
タバコ
生活習慣の乱れ(睡眠不足、不規則な食事、など)

たるみ毛穴を引き締める方法

たるみ毛穴の改善法

たるみ毛穴は、お肌のたるみから起こります。

ですので、毛穴のケアで毛穴汚れを取ることはできても、たるみ毛穴を改善することは難しいです。

たるみ毛穴を引き締めるのにおすすめなのは、洗顔後、冷水でお顔をすすぐことです。

洗顔は、34度前後のぬるま湯で行います。

その後に、冷水でお顔をすすぐことで、毛穴を引き締めることができます。

たるみ毛穴の改善方法

1. ぬるま湯で洗顔する
2. 冷水で顔をすすぐ

それを応用して、洗顔後のお顔のすすぎを、ぬるま湯、冷水、ぬるま湯、冷水、といったように、ぬるま湯と冷水で交互に1回ずつお顔をバシャッとすすぐと、毛穴の引き締め効果はさらに高まりますよ。

ぬるま湯でお顔をすすぐと、毛穴と血管が開いて、冷水ですすぐと、引き締まります。

温冷水のすすぎの効果

ぬるま湯で顔をすすぐ:毛穴と血管が開く
冷水で顔をすすぐ:毛穴と血管が引き締まる

お肌に必要な酸素や栄養は血液から届けられています。

ぬるま湯と冷水で交互にお顔をすすいで、血流が良くなると、肌代謝(ターンオーバー)の活性化につながり美肌にも効果的です。

ちなみに、洗顔後、ぬるま湯と冷水で交互にお顔をすすぐときは、最後は冷水で締めるようにしましょう。

それから、基本的なことにはなりますが、たるみ毛穴を改善するのにも、正しいクレンジング・洗顔を行うことが前提になります。

クレンジングは、メイク汚れや排気ガスなどの化学的な汚れを、洗顔は、酸化した皮脂なども含めてそれ以外の汚れを落とします。

毛穴に汚れが残っていたままでは、洗顔後に冷水でお顔をすすいで毛穴を引き締めたとき、その汚れまで閉じ込めてしまいます。

そして、それが毛穴トラブルの原因につながる可能性もあります。

  • 肌がキュッと毛穴レスに!美容家も驚いた洗顔後すぐのミルク!

    キレイの先生 ブースターミルク
    うるおいを抱え込んで、毛穴が日に日にキュッと引き締まっていきました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

キレイの先生 ブースターミルク
うるおいを抱え込んで、毛穴が日に日にキュッと引き締まっていきました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

エステではたるみ毛穴をどうしている?

私のサロンには、「美ストーンフェイシャル」というメニューがあるのですが、こちらも、温めるのと冷やすのを交互に行う施術です。

まずは洗顔で、お客様の毛穴の大きさに合わせて洗顔料を選び、お肌の水分と油分のバランスを整えます。

その後に、フェイスマッピング(肌分析)を行い、お顔のパーツごとに状況をみて、マッサージ剤を選びます。

そして、トリートメント(施術)には、玄武岩を温めた「ホットストーン」と、翡翠(ひすい)や大理石を冷やした「コールドストーン」を使います。

最初に、ホットストーンをお顔に当てて毛穴と血管を開かせて、次に、コールドストーンを当てて毛穴と血管を引き締めます。

それを交互に繰り返すことによって、血行が促進されて肌代謝も上がります。

この「美ストーンフェイシャル」は、たるみ毛穴にもいいですし、お客様には、お肌の仕上がりの違いをご実感いただいています。

編集部の選ぶたるみ毛穴におすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、富田先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだたるみ毛穴におすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

肌がキュッと締まり毛穴レスに!洗顔後すぐのミルク!

この『キレイの先生』に登場した美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初のミルクです。
みずみずしいミルクがうるおいを肌の奥までグングン引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」がそのうるおいを抱き込み、肌がふっくらと引き締まって毛穴ケアにもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

サロン結香 矢澤 ともみ 先生

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張って毛穴も引き締まった!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。乾いたスポンジに水分が入っていくみたいにうるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。肌が水分をきちんと抱え込んで引き締まり、気になっていた頬の毛穴が日に日にキュッと締まっていきました

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


毛穴におすすめのクレンジング

D.U.O ザクレンジングバーム

肌に摩擦をかけずしっとりと洗えながら毛穴のざらつきもツルン!

@コスメの2部門のランキングで第1位を獲得し、累計の販売数が400万個を突破した「新感覚のとろけるクレンジング」です。
独自技術のナノマトリクス構造で、肌の上でバームがとろけて、肌のすみずみまで汚れを落としながら31種類ものエイジングケア成分が肌に浸透していき、ダブル洗顔不要です。

●内容量:90g
●通常価格:税別3,600円

美容家の感想

肌摩擦なく洗える優しさ!しっとり感がありつつも毛穴のざらつきがなめらかに!

バームが肌の上でとろけてクリームのような質感に変わり、摩擦をかけずにお化粧を落とせるのがすごくいいです。それは、クレンジングでいちばん大事なことで、肌への優しさが感じられます。洗い上がりはしっとり感がありつつも、毛穴詰まりがやわらかくなって、小鼻のざらつきがツルンとしてなめらかさも出ました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

美容のプロが毛穴クレンジングを比較しました

毛穴悩みには、クレンジングで汚れをきちんと取ることも大切ですが、肌のうるおい成分を取りすぎないことにも気を付ける必要があります。

美容のスペシャリストの先生方にクレンジングをお試しいただき、そのバランスの良い商品をまとめましたので、下の記事も合わせてご覧になってみてください。

まとめ

たるみ毛穴は、お肌のたるみから起こるエイジングサインです。

そのため、ただ毛穴汚れを取るだけでは、たるみ毛穴を改善することはできません。

たるみ毛穴を改善するには、洗顔後、ぬるま湯と冷水で交互にすすぐことがおすすめです。

それによって、毛穴を引き締めることもできますし、血行促進にもなります。

たるみ毛穴が気になっている方は、今夜のお手入れから取り入れてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:プライベートサロン Anelan Spa 富田 恵 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年5月20日に公開した『たるみ毛穴とは!頬の毛穴がたるみやすい理由から改善法まで』を再編集しました。