キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

顔が丸い…?頬骨に付いた脂肪を流す「顔痩せ」の方法とは?

推拿整顔 AKUA(アクア)  菅沼 きわこ 先生

顔が丸い…?頬骨に付いた脂肪を流す「顔痩せ」の方法とは?

「キレイの先生」編集部です。

今回は、推拿整顔 AKUA の菅沼 きわこ 先生に取材させていただきました。

先生のサロンでは、顔の輪郭などを東洋医学ベースで整える「推拿整顔(すいなせいがん)」を行っていらっしゃいます。

そこで、今回の取材では、「丸顔」をテーマに、話をお聞きしました。

顔が丸くなるのは、いくつかのケースがあるそうですが、原因としては、「頬骨(きょうこつ)の上に脂肪が付くこと」と「輪郭(りんかく)に老廃物(むくみ含む)が付く」ことが大きいそうです。

この記事ではまず、頬骨上に脂肪が付いて、顔が丸く見えてしまうことから、まとめます。

菅沼 先生には、顔の余分な脂肪を流す方法も教えていただきました。

「顔痩せの方法」といっても良いかもしれません。

自宅でも簡単に行える内容です。

目次

顔が丸い…

顔に脂肪が付く原因

顔痩せの方法

まとめ

本日のキレイの先生

推拿整顔 AKUA

菅沼 きわこ 先生

「キレイの先生」編集部

顔が丸い…

菅沼 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「丸顔」です。

先生のサロンには、「顔が丸い…」とお悩みのお客様は多いですか?

はい、たくさんいらっしゃいます。

「(顔が)丸くて嫌なの…」という方は多いです。

顔が丸いと、その人の印象はどうなりますか?

身体も丸く見えてしまいます。

顔にお肉が付いていると、スタイルが良くても、太っているように見えてしまうのですね。

それは、少しもったいない気がしますね…。

はい、残念ですよね。

丸顔は、骨格から来るものなのでしょうか?

骨格が丸い人は、あまりいらっしゃらないと思いますよ。

頭蓋骨が丸いというのは…。

あまり、ありませんよね。

すいません、私も質問してから、「それは違うな…」と思いました(苦笑)。

頭蓋骨は基本的に、シュッとしていますものね。

では、顔が丸くなってしまうのには、どんなことが原因になるのですか?

いくつかのケースがありますが、頬骨(きょうこつ)の上に、余計なお肉、つまり脂肪ですね、が付くと、顔が丸く見えます。

頬骨の場所

頬骨の場所

後は、輪郭に、脂肪や老廃物などが付いたり、顎(あご)がシュッと出ていなくて二重顎が見えやすくなったりすることでも、顔は丸く見えます。

顎が出ていないのは、骨の作りによるところも大きいでしょうか。

顔が丸くなるのにも、いくつかのケースがあるのですね。

ではまずは、頬骨に脂肪が付いて、顔が丸く見えることについて、お聞きしたいと思います。

顔に脂肪が付く原因

頬骨(きょうこつ)は、顔の中で、脂肪が付きやすい場所なのですか?

そうですね。

皮膚は、「表皮」・「真皮」・「皮下組織」の層に分かれています。

皮膚の断面図イメージ

(頭蓋骨のある場所に)手を当てたとき、骨を触ることができないところには、脂肪が付いていることが考えられます。

それは、表皮と真皮の下の皮下組織には、余分な脂肪があって、(皮膚が)厚くなっているためです。

(試しに頬骨のあたりを触ってみると)たしかに、ここには骨があるはずなのですが、あまり骨を感じられません。

それは、脂肪が付いているのですね…。

脂肪は、人によって、付きやすい場所が違います。

そのため、太っても、顔に脂肪が付かない人もいます。

顔に脂肪が付きやすい人は、(脂肪が付くと顔が丸く見えやすいので)気を付けてほしいです。

顔に脂肪が付くのは、身体が太るのと同じように、食べ過ぎや、運動不足などが、原因になるのですよね?

そうですね。

後は、子どものときにふっくらしていた人は、脂肪が付きやすいと考えられます。

それは、どういうことですか?

乳幼児期や思春期は、脂肪細胞が増えやすく、その時期に脂質を摂り過ぎると、脂肪細胞が増えます。

その後、脂肪細胞は膨らんだり萎(しぼ)んだりしますが、(脂肪細胞の)数自体は変わらないといわれています。

そのため、子どものときにふっくらしていた人は、脂肪細胞の数が多いことが考えられ、大人になってからも太りやすいといえます。

つまり、子どものころに脂肪細胞が増えると、(その後に萎んだりしたとしても)数は大人になってからも変わらないので、その分、脂肪が付きやすいということですね。

脂肪は本来、身体には必要なものです。

エネルギーになる他、身体を守ったり、女性らしい身体を作ったりする働きもあります。

ただ、(脂肪は)必要以上には必要ない、ということですね。

顔痩せの方法

頬骨(きょうこつ)のあたりに脂肪が付いて、顔が丸く見えてしまっている場合、ホームケアで対応することはできるのでしょうか?

はい、(脂肪を)頬骨のキワに沿って、(耳の方に)できるだけ流していくようにマッサージすることはできます。

それは、脂肪をリンパに流していくということでしょうか?

はい、そうです。

余分な脂肪をリンパに流していきます。

リンパについて

リンパは、(リンパ管が)血管のように全身に張り巡らされていて、体内の老廃物を回収して排出する役割があります。顔のリンパは、耳の下の「耳下腺(じかせん)リンパ節」が出口です。頬骨の脂肪を(骨の)キワに沿って耳の方に流すことで、余分な脂肪を顔から排出するということですね。

(頬骨の)脂肪を流すには、どうすれば良いでしょうか?

リンパは、髪の毛よりも細いです。そのため、まずは脂肪組織に刺激を与えてやわらかくします。

サロンの施術では、脂肪を細かくする手技を行っていますが、ホームケアでは加減が難しいと思います。

強くやりすぎてしまうと、コラーゲン(皮膚の弾力成分)などの繊維もつぶしてしまう可能性もあります。

ですので、(脂肪をほぐすには)ホームケアでは、「タッピング(指先で優しく叩くこと)」で良いと思います。

(タッピングで)骨に響かすように、「ゴンゴン」(と叩くの)ではなく、「コンコン」というような感じです。

痛みを感じないくらいの力で、タッピングするということですよね?

はい、心地良いくらいで大丈夫です。

ちなみに、皮下組織(脂肪層)の下には筋肉があるのですが、脂肪の付いているところは、(その下の)筋肉も凝り固まっている場合が多いです。

例えば、(顔を)触ってパンパンになっているところは、脂肪層の下の筋肉も張っていることが考えられます。

筋肉は、揺らすことでゆるめることもできます。

そのため、骨に響かせるようにタッピングすることで、(脂肪層の下の)筋肉をゆるめることにもつながります。

(脂肪を)リンパで回収するために、まずは指先で優しくタッピングして、脂肪をほぐしてあげることは分かりました。

その後は、どうしますか?

頬骨に沿って、脂肪を(耳の方に)少しずつ移動させていきます。

携帯電話の保護シールの空気を、少しずつ移動させて抜いていくような感じです。

顔痩せの方法

これも、それほど力は必要ないのですよね?

はい、ゴリゴリする必要はありません。

軽く押して、圧をかけながら触っていきます。

骨を触るようなイメージです。

手の平や、指の(第二関節の)角で行っても良いです。

ちなみに、現在、美容外科などでは、身体のセルライトを、医療機器で電気や超音波、レーザーなどで脂肪組織を破壊し、体外へ排出することができるそうです。

専門の機械を使っていますので、ホームケア商品で同じ効果は難しいかと思いますが、家庭用の美顔器にも優れたものがたくさんあります。

それによって、表皮や真皮のケアをしたり、お顔の血流をアップして脂肪や筋肉をほぐしたりするのにも、とても効果的だと思います。

まとめ

顔が丸くなるのには、いくつかのケースがあるとのことでした。

この記事では、頰骨のキワに脂肪が付いたケースについて、まとめました。

菅沼 先生に教えていただいた、顔の(頰骨のキワの)脂肪を移動していく「顔痩せ」ともいえる方法を、まとめます。

顔痩せの方法

1. 指先で優しくタッピング

頬骨の脂肪の付いているところを、指先で優しくタッピングします。骨に響かせるようなイメージです。脂肪層の下の筋肉をゆるめることにもつながります。

2. 頬骨のキワに沿って脂肪を移動する

頬骨のキワに沿って、脂肪を少しずつ耳の方へ移動していきます。携帯電話の保護シールの空気を、少しずつ移動して抜いていくイメージです。

これなら、ホームケアでも簡単に行えそうです。

頰骨のあたりがふっくらして、「顔が丸い…?」と気になったときは、お試しになってみてはいかがでしょうか?

尚、顔が丸くなるのは、輪郭などに老廃物が付くことも、原因になるといいます。

そのお話は、別の記事でまとめます。

こちらと合わせて、ご覧になってみてください。

本日のキレイの先生

7000209_b

菅沼 きわこ 先生