キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

唇をぷるぷるにするには?美容家の教えるぷるぷる唇の作り方

フェイシャルサロン&スクール SUHADA  永松 麻美 先生

2100050_a01

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「唇をぷるぷるにする方法」です。

フェイシャルサロン&スクール SUHADA の永松 麻美 先生に取材させていただきました。

ぷるぷるな唇は、女性らしさがアップしますよね。

ただ、唇は乾燥しやすくてカサカサになりやすい場所です。

メイクで唇をぷるぷるに見せる方法もあると思いますが、今回は、日頃のお手入れでぷるぷる唇を作る方法について、話を聞いてきました。

唇をぷるぷるにするには、どんなケアをすると良いでしょうか?

永松 先生に教えていただきました。

目次

ぷるぷる唇にするには…

唇が乾燥しやすい原因

ぷるぷる唇の作り方
・リップメイクの落とし方
・リップケア

まとめ

本日のキレイの先生

フェイシャルサロン&スクール SUHADA

永松 麻美 先生

「キレイの先生」編集部

ぷるぷる唇にするには…

永松 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ぷるぷる唇の作り方」です。

ぷるぷる唇というのは、どんな唇のことをいいますか?

唇がふっくらとしていて、うるおいのある状態のことですね。

唇がカサカサしているよりかは、ぷるぷるな方が魅力的ですよね…。

そうですね、唇がふっくらしてうるおっている方が、若々しくて活力があるように見えます。

それから、唇は、男性が性的な魅力を感じるパーツといわれているので、(唇で)魅力を感じるかどうか、ということもありますよね。

20代の方はあまりピンと来ないかもしれませんが、お姉さん世代になってくると、唇にも年齢が出てきてしまいます。

唇をぷるぷるにするには、メイクによるところも大きいのではないかと思います。

そうですね、例えば、テレビや雑誌で取り上げられるような「ぷるぷる唇」にするには、(リップ)グロスでしたり、自然界にはないものを付けていかないと、なかなかそういった唇を作るのは難しいと思います。

グロスを塗らずに、グロスを塗ったように感じにはならないですよね。

ただ、(唇の)うるおいがなくなって乾燥してきて縦ジワが出来たりすると、口紅や(リップ)グロスもきれいに塗れなくなります。

それに、年をとると、ハリと弾力のクッションの部分がなくなってきて(唇の)厚みがなくなり輪郭も不明瞭になる他、(唇の)色も変わってきます。

(唇をぷるぷるにするのにメイクではなくても)そうしたケアをすることはできますよ。

ぷるぷるの唇にするには、メイクだけではなく日々のケアも大切ということですね?

はい、メイクである程度(ぷるぷるの唇を)作り込むことはできますが、例えば唇にシワがあれば、そこに(リップメイクの)色素が入り込んだりして、メイクを落としたときに汚れが残って見えてしまう場合もありますから。

唇が乾燥しやすい原因

唇は、乾燥してカサカサになりやすい場所だと思いますが、皮膚とは別物なのですか?

(唇の)構造自体は皮膚とほぼ一緒なのですが、唇には、油を出す皮脂腺(ひしせん)がほとんどないといわれています。

さらに、汗をかくところ(汗腺・かんせん)もほとんどないので、皮脂膜(ひしまく)が作れないんです。

皮脂膜について

皮膚は、毛穴の皮脂膜から油分(皮脂・ひし)が分泌されていて、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って、天然の保護膜(ひしまく)を作ります。

皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防ぎ、外部の刺激から肌を守るバリア機能の役割があります。

(唇に)皮脂膜がなければ、乾燥しやすいですよね…。

はい、それに、外からの刺激にも弱いですね。

しかも、唇は、皮膚の表面の層である角質層がとても薄いです。

角質層について

角質層は、皮膚のもっとも表面の約0.2mmしかないとても薄い層で、皮膚の水分を保持したり、外部の刺激から皮膚を守ったりする役割があります。

唇は、皮脂膜がない、角質層も薄い…道理で乾燥しやすいわけですね。

そうですね、唇は、老化症状の出やすい特徴を持っていると思います。

後は、(唇が乾燥しやすいのは)食べ物の刺激を受けやすいこともありそうです。

はい、それもそうですが、唇は、胃腸など消化器系の反射区でもあるんです。

反射区とは

反射区は、ツボの考え方と近いのですが、特定の臓器や器官とつながっているとされる場所のことをいいます。

例えば、食べ過ぎた翌日、口周りにニキビが出来たりするのは、唇が(消化器系の)内臓の影響を受けて症状として出やすいこともあると思います。

ですので、食べてすぐに寝てしまったり消化に悪いものを食べたりして、胃腸の調子が悪いと、唇もガサガサになりやすいです。

ぷるぷる唇の作り方

2100050_a04

では、ぷるぷる唇の作り方です。

今回は、メイクで唇をぷるぷるにするというよりも、日々のケアの方法について教えていただきたいと思います。

リップメイクの落とし方

まずは、口元のメイクは、専用のもので優しく落としてほしいと思います。

リップメイクは、顔全体のメイクを落とすクレンジングではなく、専用のリップリムーバーなどを使う、ということですか?

はい、それから、(リップメイクを落とすときに)できるだけ刺激を減らしてあげることも大切です。

摩擦は避けたいので、(リップメイクを)クレンジングシートで拭き取ったりするのではなく、クレンジングをコットンに湿らせて、それを唇に当ててなじませてからメイクを取ってあげたりして、ひと手間かけてあげることをおすすめします。

(全体のメイクとリップメイクを)別々に落としても、(リップメイクを落とすときに)ガシガシとこすったりして摩擦の刺激があるようでしたら、あまり意味はありません。

リップケア

唇には皮脂膜がないので、(その役割のするものを)自分で補ってあげることも大切です。

(唇を)乾燥させる時間を作らないように、こまめにリップクリームを塗ってあげましょう

リップクリームは、食べたりしゃべったりする間にも落ちやすいですから。

それから、夜寝ている間は体温が上がって、身体の水分が蒸発しやすい時間です。

ですので、寝る前にリップクリームを使ってあげることで、乾燥の予防にもなり、翌朝に良い状態を作ることができます。

夜のスキンケアのときも、リップクリームを塗ってあげた方が良いですか?

そうですね、それが理想ですが、(夜のスキンケアの)その後に、飲んだり食べたりする方もいらっしゃると思います。

そうすると、リップクリームが落ちてしまったりするので、最低でも、夜寝る前には付けてほしいと思います。

それから、(サロンの)お客様でも時々気になることがあるんですが、スティックタイプで固めのリップクリームをお使いになっていて、力を入れないと付かないのでゴリゴリと塗るような方もいらっしゃるんですね。

私自身、ちょっと思い当たる部分があります…。

「ちゃんと塗れた方がいいんだよね」と、結構力を入れてしまっている気がします…。

そうして、(リップクリームを塗るときに)こすると摩擦が強くなって、皮膚の表面にダメージを与えてしまったり、色素沈着の原因になったりしてしまいます。

ですので、リップクリームは優しく付けてあげてほしいです。

例えば、最初は指に(リップクリームを)付けてから、唇でポンポンと乗せてあげると刺激が少ないですよ。

そういったちょっとした心遣いで、効果も大きく変わりそうですね。

はい、後は、リップクリーム自体も、うるおい成分が多くて(テクスチャーも)ゆるめのものの方が摩擦は起こりづらいです。

特に唇が荒れている方は、そういったことにも気を付けると良いと思いますよ。

まとめ

唇には皮脂膜がありません、角質層も薄いです。

そういった性質からも、唇が乾燥しやすいことが分かりますね。

永松 先生のおっしゃったように、メイクである程度、唇をぷるぷるにすることはできるのかもしれませんが、素の状態がカサカサで乾燥していては、それにも限界があるでしょう。

唇が老化現象の表れやすい場所だからこそ、日々のケアが大切になります。

リップメイクは刺激にならないように専用のメイク落としで落とす、リップクリームをこまめに優しく塗る、そういったことも、ぷるぷるの唇を作ることにもつながりますよ。

本日のキレイの先生