キレイの先生

ホーム > 美肌 > 美容にいい食べ物 > 

果物と砂糖を混ぜるだけ?手作り酵素ジュースの簡単な作り方

エステサロン La Paisible  北島 みゆき 先生

果物と砂糖を混ぜるだけ?手作り酵素ジュースの簡単な作り方

「キレイの先生」編集部です。

今回は、エステサロン La Paisible の北島 みゆき 先生に取材させていただきました。

北島 先生はエステティシャンとして活動されている他、ローフードの講師としてもご活躍されています。

ローフードについて

「生の(law)食べ物(food)」のことをいい、食材の栄養を摂ることができます。

そんな北島 先生に、酵素ジュースの作り方を教えていただきました。

とても身体に良いですよね。

酵素ジュースは、どんな飲み物なのでしょうか?

そして、どんなレシピで作ることができるのでしょうか?

目次

酵素ジュースとは

酵素ジュースの効果・効能

酵素ジュースの作り方
・材料など
・レシピ

酵素ジュースの使い方

まとめ

本日のキレイの先生

エステサロン La Paisible

北島 みゆき 先生

「キレイの先生」編集部

酵素ジュースとは

北島 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「酵素ジュース」です。

酵素ジュースは、どんな飲み物のことをいうのですか?

飲み物というよりも、果物に砂糖を入れて発酵させて作られた濃い原液という感じです。

それを、炭酸水やお水で割ったり、ホットで飲んだりします。

果物を発酵させることで、何が変わるのですか?

果物には元々、酵素があり、(発酵させることで)それが倍増します。

この記事をご覧になられる方の中には、酵素のことをあまりご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

酵素とはどんなものか、簡単に教えていただけますか?

酵素とは、簡単にいうと、生命活動を行っている物質です。

人間の身体には「潜在酵素」があり、個人差はありますが、一日の(生産)量は決まっています。

そして、潜在酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。

消化酵素と代謝酵素について

「消化酵素」は、食べ物を消化するときに使われる酵素です。

「代謝酵素」は、それ以外の生命活動のすべてに関係する酵素です。例えば、心臓が動くのにも、呼吸をするのにも、身体を動かすのにも、いまこの記事をご覧いただいているのにも、すべて代謝酵素が働いています。

(潜在酵素は)まず食べ物の消化にエネルギーが使われ、残ったものが代謝に回されます

例えば、消化に負担のかかる食べ物ばかりを摂っていると、それを「消化しなければ」と、消化にエネルギーがどんどん使われて、代謝に十分なエネルギーを回せなくなってしまいます。

それによって、疲れが取れにくくなったり、身体に不調が出たりする場合もあります。

そこで、生の野菜や果物が持っている「食物酵素」を摂取することで、消化の負担を減らし、その分のエネルギーを代謝に回せるようになります。

食物酵素について

食物酵素は、消化を助けることはできますが、代謝酵素の代わりにはなりません。食物酵素を摂って消化の負担を減らし、消化に使う(潜在酵素の)エネルギーを節約することで、その分を代謝酵素に回せるようになります。

酵素ジュースは、その(食物酵素を摂って消化を助けることのできる)アイテムのひとつです。

酵素ジュースの効果・効能

酵素ジュースは、どんな効果・効能を期待できるのですか?

(食物酵素を摂って消化酵素を節約できることで)代謝を上げてくれたり、免疫を上げてくれたりする他、お通じが良くなったりもします

体重を気にされている方は、普通のジュースよりも、酵素ジュースをお飲みになられる方がおすすめです。

(酵素ジュースで)代謝が上がりますから、ダイエットにもつながるためですね。

はい。

それから、(手作りの)酵素ジュースで甘味を補うと、自然な味覚に戻っていきます。

後は、(酵素ジュースは)代謝を上げられるので、アンチエイジングにも良さそうです。

はい、美肌にも効果がありますよ。

新陳代謝が活発になって、ターンオーバーがきちんと働くことにもつながりますから。

ターンオーバーについて

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。その新陳代謝を、「ターンオーバー」といいます。

酵素ジュースの作り方

では、酵素ジュースの作り方を教えていただきたいと思います。

材料など

酵素ジュースを手作りするには、どんな材料を用意すれば良いですか?

季節の果物と、砂糖だけです。

(酵素ジュースを手作りするのに)砂糖は、一般的には白砂糖が使われることが多いと思いますが、サロンでは、「てんさい糖」を使用しています。

白砂糖とてんさい糖は、何が違うのですか?

てんさい糖は、寒い地域で栽培される甜菜(てんさい)から作られる砂糖のことで、身体を温める作用があるといわれています。

それに対して、上白糖は、白く精製されていて、(精製の過程で)色々なものが取られてしまっていて、身体を冷やすと言われています。

果物と砂糖は、どのくらいの量を用意するのですか?

果物が1kg、砂糖はそれと同量の1kgです。

酵素ジュースを手作りするのに、必要な道具はありますか?

サロンでは、市販されていない専用の容器を使用しています。

酵素ジュースは、(果物と砂糖を)かき混ぜて手作りするのですが、その容器は、手で混ぜるのではなく、(容器を)振ってかき混ぜられるようになっていて、衛生的です。

また、(果物が)発酵してくると、ガスがプクプクと出てくるのですが、それを抜く小さな口も付いていたりします。

先生が(酵素ジュースを手作りするときに)お使いの容器は、市販されていないとのことでしたが、他の容器でも代用できるのでしょうか?

例えば、梅酒を作るような容器などもあると思います。

(酵素ジュースを作るのに)私は基本的に専用の容器を使っていますが、(梅酒を作るような容器でも)大丈夫だと思いますよ。

酵素ジュースの材料

旬の果物 1kg

砂糖 1kg

尚、容器は、梅酒を作る容器などでも大丈夫とのことでした。

レシピ

酵素ジュースの作り方の手順を教えてください。

まずは、できれば、果物の皮に農薬が付いたりするので、農薬を除去したいです。

そして、果物を適当な大きさに刻みます

手作りの酵素ジュースは、ミカンなども使えると思いますが、皮はむいた方が良いのですか?

いいえ、(果物の)皮にも栄養はあるので、皮も一緒に使います

そうすることで、果物まるごと全部の栄養が摂れます。

(果物の)皮に付いた農薬を除去したいのも、そのためです。

次に、(切った)果物と砂糖を容器に入れます

ちなみに、サロンではこのとき、専用のミネラルを入れて、ミネラルもたっぷりの酵素ジュースにします。

ご家庭で酵素ジュースを手作りするときは、ミネラルを入れなくても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

後は、(果物と砂糖を)混ぜて終わりです

ここから発酵が始まります。

え? それだけですか?

はい(笑)。

酵素ジュースの作り方

(酵素ジュースの作り方は)とても簡単なのですね。

酵素ジュースは、どのくらいで出来上がるのですか?

サロンでおすすめしている酵素ジュースは出来上がりまで、約2ヶ月です。

発酵期間について

他の酵素ジュースの作り方では、発酵期間は1~2週間の場合が多いそうです。

(発酵には)結構、時間がかかるのですね…。

はい、その間は、毎日(容器を)30回程度振って、かき混ぜるようにします。

容器は、どこに保管しておけば良いのですか? 冷蔵庫の中ですか?

発酵させているときは、キッチンなど直射日光の当たらないところに、常温で保管いただければ大丈夫です

2ヶ月が経ったら、漉(こ)して果物とジュースに分け、ジュースは冷蔵庫で保管するようにします。

ちなみに、果物のカスも、ドライフルーツやジャムにしたりして、余すことなく食べることができます。

酵素ジュースの作り方

酵素ジュースの作り方をまとめます。

1. 果物の皮に付いた農薬を除去する

2. 果物を適当な大きさに切り分ける

3. 容器に果物と砂糖を入れて混ぜる

4. 2ヶ月間、毎日かき混ぜる(容器を振るなどして)

5. 漉して果物とエキスに分ければ出来上がり

酵素ジュースの使い方

手作りした酵素ジュースは炭酸水やお水で割って、ドリンクにするとのことでしたが、どのくらいの比率で割ると良いのですか?

(比率は)その方のお好みで大丈夫ですが、私的には、(酵素ジュースとお水が)普段は1:5の割合で薄めて飲んでいます

味覚は体調によっても変わるので、そのとき、ご自分がおいしいと感じる濃さで加減いただけたら良いと思います。

先生は、酵素ジュースを何で割るのがお好きですか?

私はお水をよく飲むので、お水で割ることが多いです。

ただ、炭酸水もおいしいですし、寒い季節はお湯で割ってホットにするのもおすすめです。

また、牛乳や豆乳で割ると、ヨーグルト風になります。

(酵素ジュースを)牛乳や豆乳で割るのも、とてもおいしそうですね!

手作りした酵素ジュースは、ドリンク以外にも使えるのですか?

はい、例えば、ヨーグルトにかけたり、料理に使ったりすることもできますよ。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

私も、手作りの酵素ジュースをいただいたことがあるのですが、甘さが本当に優しいのですよね。

手作りの酵素ジュースも、砂糖を使って発酵させますが、果物の自然なさっぱりとした甘みが出ています。

砂糖がたっぷりと使われている市販のジュースとは、甘さの感じが違います。

心がホッとするようなおいしさです。

それでいて、酵素ジュースは、健康や美容への効果・効能を期待できるのですから嬉しいですよね。

ご興味のある方は、北島 先生に教えていただいた酵素ジュースの作り方をご参考にしてみてください。

本日のキレイの先生

7000086_b

北島 みゆき 先生