キレイの先生

ホーム > 美ボディ > エクササイズ > 

マスターストレッチの効果!丸底靴で美脚になるエクササイズ

Luna Studio  山口 知夏 先生

マスターストレッチの効果!丸底靴で美脚になるエクササイズ

「キレイの先生」編集部です。

上の写真のエクササイズ、とっても面白そうじゃないですか?

これは、丸底(舟形)の靴をはいて行う「マスターストレッチ」といいます。

最初にLuna Studio の山口 知夏 先生からその名前をお聞きしたとき、「ストレッチ」というくらいだったので、通常のストレッチの延長をイメージしていました。

それが、写真を見てびっくり。こんなエクササイズがあったんですね。

美脚に効果的だそうですが、それも納得です。足にしっかり負荷をかけられそうですもんね。

「これは話をお聞きしなければ!」と山口 先生に、マスターストレッチについて教えていただきました。

目次

マスターストレッチとは

マスターストレッチの効果
・美脚
・柔軟性
・お腹のシェイプアップ等
・こんな方におすすめ

マスターストレッチの方法
・1) 美脚におすすめ
・2) お腹のシェイプアップにおすすめ
・3) 姿勢矯正におすすめ
・4) 小尻におすすめ

まとめ

マスターストレッチとは

マスターストレッチは、イタリアのバレエダンサーが開発したエクササイズです。元は、「ダンスのクオリティをもっと高めたい」というところから考案されたといいます。

マスターストレッチが日本に入ってきたのは2010年くらいで、まだ若いエクササイズといえます。

私がマスターストレッチと出会ったのは産後で、「身体を引き締めたい」、「骨盤を締めたい」と思っていたときでした。

腹筋などの筋肉も弱まっていて、身体を立て直すのに良い方法を探しているときに、マスターストレッチのことを知りました。

そのころはまだインストラクターがあまりいらっしゃらなくて、バレエダンサーの方に師事して学びました。

マスターストレッチは、丸底の専用シューズを使用します。

マスターストレッチ専用の丸底靴

底が舟形になっているので不安定で、バランスを取るのに、お腹に力を入れてコントロールします。

バレエのつま先立ち(ルルべ)などのトレーニングにもなります。

マスターストレッチのイメージは、「立って行うピラティス」というのが近いかもしれません。

マスターストレッチの効果

美脚

マスターストレッチの専用シューズは底が舟形になっていて、不安定です。

例えば、下の写真のように立ったとき、お尻の方まで足裏全体にストレッチがかかります(筋肉が伸びます)。

マスターストレッチの効果

中でも、ふくらはぎやハムストリングなどは、特にストレッチがきく場所です。

そのためマスターストレッチは、O脚やX脚などの崩れた足のラインを整え、足を正しい状態に戻す効果があります。

足が引き締まっていき、美脚におすすめのエクササイズです。

柔軟性

マスターストレッチは、身体の固い方は痛みを感じることがあるかもしれません。

その分、足裏をはじめ身体にしっかりとストレッチをかけることができ、柔軟性にとても効果があります。

お腹のシェイプアップ等

マスターストレッチは、お腹の「コア」を鍛えることができます。

コアとは、肋骨(胸下あたり)からから胎盤(下腹部)までの間のことをいいます。コアには骨がなく、その場所は筋肉で支えられています。そのため、ここの筋肉を鍛えることは、とても大切です。

マスターストレッチでは、不安定なバランスをコントロールするためにお腹にも力が入り、腹筋が鍛えられます。

それが、お腹のシェイプアップにもつながります。

また、腹筋が弱まっていると猫背の原因にもなるため、姿勢矯正にも効果的です(マスターストレッチは、背中にもストレッチがかかります。それも姿勢矯正につながります)。

こんな方におすすめ

このように、マスターストレッチは美脚をはじめ、様々な効果があります。

そのため、下記のような悩みのある方にマスターストレッチはおすすめです。

・O脚やX脚
・足のむくみ
・腰痛
・ダイエット
など

先程お話ししましたように、私自身は産後の身体の立て直しで、マスターストレッチを始めたことがきっかけでした。産後の身体のことでお悩みの方は、特にお試しになってほしいと思います。

バレエやジャズダンスやチアダンスなど、あらゆるダンスの軸の安定やレベルアップにも最適です。

マスターストレッチの方法

マスターストレッチは専用のシューズがあれば、ご自宅でも行うことができます。

ただ、間違った身体の使い方をすると、かえって身体を傷つけてしまう原因になります。そのため、専門インストラクターの指導の元、行うことをおすすめします。

ここでは、マスターストレッチの基本的なポーズを4つ、ご紹介させていただきます。

1) 美脚におすすめ

両足を拳ひとつが入るくらいに開いて、歩くようにして足を左右交互に足踏みします(すると、身体が上下にアップダウンします)。

エクササイズ中の呼吸は、いつも通りで大丈夫です(他のポーズも同じです)。

マスターストレッチの方法1

このエクササイズは、足のふくらはぎや足の甲にストレッチがかかり、日常ではあまり伸ばさない筋肉も伸ばすことができます。

特に足のむくみには効果的で、美脚におすすめです。

2) お腹のシェイプアップにおすすめ

先程と同じように両足を拳ひとつが入るくらいに開いて、つま先立ちします。

マスターストレッチの方法2

これは、足にストレッチがかかるのもそうですが、お腹にも力が入ります。

ウエストラインのシェイプアップにおすすめです。

3) 姿勢矯正におすすめ

両足を拳ひとつが入るくらいに開いて、下の写真のようにテーブルなどに手をついて、体重を後ろにかけていくように意識します。このとき、専用シューズも後ろの方に倒します。

マスターストレッチの方法3

マスターストレッチには、専用のバー(編集部記:鉄棒のようなバーをイメージください)があります。こういったポーズには、それがあると便利です。ただ、バーがなくても、写真のように机などで代用することができます。

このポーズは、足のストレッチに加え、背中や肩甲骨にも力が入ります。

きれいな背中のラインを作ったり、姿勢を矯正したりするのにもおすすめです。

4) 小尻におすすめ

両足を肩幅よりも少し広めに開きます。そして3) と同じように、テーブルなどに手をついて、体重を後ろにかけます。その状態で、上半身を左右にひねります。

マスターストレッチの方法4

マスターストレッチの方法5

これは、お尻にストレッチをかけることができます。

そのため、ヒップラインを整えたり、小尻を作ったりするのにおすすめです。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

とても面白いエクササイズですよね。

山口 先生のマスターストレッチを見ているだけでも、足がピンと伸びて(ストレッチがかかって)、足に負荷が入っているのがよく分かります。

足を引き締めるのには、本当に効果的ですね。

普段あまり使わない筋肉もしっかり伸ばせるようで、生徒の皆さんもレッスン後には、筋肉痛でパンパンになる方も少なくないそうです。

マスターストレッチは、まだ知られていない方の多いエクササイズと思います。山口 先生も「(マスターストレッチが)もっと広がってほしい」とおっしゃっていました。

美脚やシェイプアップに効果的で、普段使えていない筋肉を使うことができるエクササイズなので、ご興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】美容にも効果的なボディワークあります!

女性ホルモンUPの新スローストレッチ♪音楽で簡単楽しい!

姿勢改善におすすめピラティス!スタンディングロールダウン

ヨガの自律神経を整える呼吸法!椅子に座り簡単ヨガの紹介付

本日のキレイの先生

7000077_b

山口 知夏 先生