美容のスペシャリストが教えるキレイ

白ニキビの改善に特別ケアは必要なし!美肌専門家に聞く対処法6つ

本日のキレイの先生

大川 真紀 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「白ニキビ」です。

千葉県柏市 フェイシャルサロン サロン・ド・フォンテーヌ の大川 真紀 先生にインタビューさせていただきました。

白ニキビは、毛穴に汚れが詰まって、毛穴が白くポコッと盛り上がったような状態のことをいいます。

ニキビの初期症状ですので、きちんとケアを行えば、改善もしやすいです。

ただ、だからといって、クレンジング・洗顔で洗いすぎるのは逆効果になる可能性もあるそうです。

それよりも、お手入れを正しい方法で丁寧に行うほうが有効だといいます。

白ニキビを改善する方法を、大川先生に教えていただきました。

目次

白ニキビの原因
・白ニキビとは
・白ニキビが出やすい場所は?
・生活習慣で原因になること

白ニキビを改善するには
・スキンケアのポイント
・ピーリングもおすすめ
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

白ニキビの原因

白ニキビとは

大川先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「白ニキビ」です。

まずは、白ニキビとは何ですか?

白ニキビは、古い角質(肌表面の古くなった肌細胞)・大気汚染・ファンデーションなどの洗い残しといった様々な原因で、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)が毛穴から出られなくなって、毛穴が白くポコッと盛り上がったような状態のことをいいます。

それも、「ニキビ」というんですね(笑)。

私がイメージしていたニキビとは、少し違いました。

はい、その状態から、毛穴が開いて酸化すると「黒ニキビ」になります。

アクネ菌がその皮脂をエサにして増殖して、毛穴が炎症を起こすと「赤ニキビ」になります。

そして、その赤ニキビを治そうとして、アクネ菌と戦った白血球の残骸(ざんがい)が残った状態が、「黄ニキビ」となります。

白ニキビは、それらの最初の症状といえますね。

白ニキビが出やすい場所は?

白ニキビが出来やすい場所はありますか?

ニキビは、頬にも出たりしますし、顎(あご)やおでこにも出ます。

それから、お顔だけではなく、デコルテや背中に出る場合もあります。

その中でも、特に白ニキビが出来やすい場所はあるんですか?

サロンのお客様にも多いのは、口周りでしょうか。

口周りのニキビは、ストレス食べ物なども原因になりますね。

鼻も、ニキビが出来やすいイメージがありますが、どうでしょうか?

そうですね、鼻にニキビが出来ることもありますが、鼻は皮脂の分泌が多い場所ですので、毛穴詰まりがポロっと取れたり、毛穴が開いて黒ニキビになったり、炎症を起こして赤ニキビになったりするほうが多いように思います。

それに対して、白ニキビに関していうと、口周りのほうが多い印象です。

ちなみに、白ニキビが出来やすい年齢はあるんですか?

ニキビは、10歳くらいから出来始めます。

特に、生理が始まるくらいの年齢は、ホルモンバランスが崩れやすいので、思春期はニキビができやすいですよね。

大人になってからは、どうですか?

白ニキビは、普段のスキンケア・ストレス・食べ物などが関係してきますので、年齢はあまり関係ありません。

それと、お肌の「スキンタイプ(肌質)」は一生の内に何回か変わるのですが、年齢で、お肌の機能も低下してきます。

例えば、オイリー肌の方も、年齢とともに皮脂の分泌が落ち着いてきたりします。

ですので、一般的には、年齢を重ねるほど、ニキビは出来にくくなります。

ただ、それでも、スキンケアの方法を間違えていたりすると、ニキビが出来たりしますね。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、白ニキビの原因になることはありますか?

昔から共通する原因としては、油っぽい食べ物や甘いものの摂りすぎもそうですし、ストレスも、ホルモンバランスの乱れにつながってニキビの原因になります。

それから、生まれ持ったスキンタイプによるところもあります。

オイリー肌で皮脂分泌が多ければ、ニキビも出来やすいですよね。

はい、ですので、普段から、お肌に合ったスキンケアを行っていれば、そのニキビが、食べ物によるものなのかホルモンバランスによるものなのか、原因がみえやすいです。

ただ、現代社会で特に多いのが、間違ったスキンケアによって、自分でニキビが出来やすいお肌にしてしまっているケースです。

特にニキビが出来ると、皮脂を取りすぎてしまう方が多いです。

それによって、お肌はカピカピに乾燥してしまいます。

そうすると、お肌は優秀ですので「乾燥しているからもっと皮脂を出さなきゃ」と、皮脂が余計に出るようになります。

それが、ニキビを悪化させる原因にもなります。

特に、現代社会は情報があふれていますから、そういったケースは「現代病」といえるほど多くみられますね。

皮脂について

皮脂は、肌表面で汗などの水分と混ざり合い天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分の蒸発を防いだりする役割があります。
そのため、肌が乾燥していると、水分の蒸発を防ぐために、皮脂の分泌が増えやすくなります。

白ニキビを改善するには

先程のお話ですと、白ニキビは、ニキビのタイプの中でも初期の症状とのことでした。

そうすると、白ニキビは早く治すことができるんですか?

はい、白ニキビに気付いた段階で、そのときのお肌に合ったケアを行ってあげれば、改善も早いですよ。

サロンのエステのお客様でも、次の日には白ニキビが治っていたりしますし、施術後には落ち着く方もいらっしゃいます。

先生のサロンでは、白ニキビを治すには、どんな施術・ケアが効果的なんですか?

白ニキビは、肌表面にたまった角質が負担になっている場合が多いです。

ですので、特にピーリング(余分な角質を取り除くお手入れ)は有効です。

その後は、お肌にたっぷりと水分を染み込ませてあげて、「ビタミンC誘導体」や、ターンオーバーを整えてくれるような成分を入れ込んであげたりしています。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

スキンケアのポイント

白ニキビを治すには、クレンジング・洗顔で、すっきり洗えるようなアイテムを使ったほうがいいんですか?

いいえ、そういうわけではありません。

サロンのお客様にも、ニキビが出来ると「きれいに洗わなきゃ」と、クレンジング・洗顔をしすぎてしまう方もいらっしゃいます。

ただ、それによって、お肌が乾燥してしまうと、またニキビが出来る原因になります。

ですので、ニキビだからすっきり洗えるアイテムを使うのではなく、自分の肌に合ったもので、クレンジング・洗顔を行うことがいちばんです。

それで、朝と夜のスキンケアで、普通にきちんと洗っていただければ大丈夫です。

その上で、お肌に水分と油分を与えてあげます

お肌の水分と油分のバランスがとれていれば、白ニキビが出来ることもほとんどありません。

特に白ニキビの場合は、水分をたくさん入れていただきたいです。

お肌が乾燥していると、皮脂の分泌が増える原因にもなりますので。

お肌に水分を与えるのは化粧水の役割だと思いますが、化粧水のアドバイスはありますか?

化粧水を付けて、まだビチャビチャ感が残っている内に、次の工程に移る方もいらっしゃいます。

ただ、化粧水は、そのビチャビチャ感がなくなるまで押し込んでいただきたいです。

その後に、次の工程に移ります。

それから、「セラミド」や「ヒアルロン酸」などはお肌のバリア機能を強化してくれるので、そういった成分が配合されているスキンケア化粧品もいいですよ。

白ニキビが出来たときは、クリームは付けないほうがいんですか?

いえ、そんなことありませんよ。

ニキビは、お肌の乾燥で起こっている場合もあります。

特に白ニキビに関していうと、そちらのケースのほうが多いように思えます。

元々、皮脂の分泌が多くなければ、白ニキビが出来たとしても、アクネ菌が増殖するまでは行きづらいです。

ですので、白ニキビばかりが出来る方は、お肌の乾燥が原因になっていることが考えられます。

そういった方は、お肌に油分が足りていない状態ですので、お肌に合ったクリームをしっかり塗っていただきたいです。

逆に、皮脂を出せるスキンタイプの方は、クリームをベタベタ塗ると、ニキビが悪化する可能性もあります。

そういった方は、スキンケアの最後は、クリームの油分で覆(おお)うのではなく、水分が多めのジェルクリームに変えたり、コメド(毛穴詰まりが固まったもの)になりづらい化粧品を使ったりするのもいいですよ。

ピーリングもおすすめ

後は、乾燥から来ている白ニキビの場合、お肌に合ったピーリングや酵素洗顔なども有効です。

角質ケアを行うということですね。

はい、ただ、角質ケアを行ったときは、その後に、いつもの倍以上の保湿が必要です

角質ケアを行った後は、幼いピヨピヨのお肌が出てきているような状態ですので、水分をたっぷりと染み込ませて、お肌がきちんと働くように整えてあげましょう。

それから、角質ケアは、お肌がつるつるになるので、ついやりすぎてしまいがちです。。

そうすると、スキンケア化粧品がしみるようになったり、お顔全体に赤みが出たりします。

角質ケアの化粧品の中には、毎日使えるようなものもあります。

ただ、そういったものでも、最初の内は、角質ケアは一週間にいちどくらいにして、お肌の様子をみながら、頻度を増やしていくことをおすすめします。

生活習慣で心がけたいこと

白ニキビを改善するのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

ひとつは、睡眠です。

きちんと睡眠時間がとれていて免疫力が上がっていれば、ニキビも比較的落ち着いてきやすいです。

それから、油っぽい食べ物や甘い食べ物は…特に白いお砂糖を使った食べ物などは、できるだけ控えていただくことをおすすめします。

後は、カフェインには、身体の水分を排出する作用があります。

それによって、お肌の乾燥につながる場合もあります。

ですので、カフェインを控えることも、お肌にはいいですよ。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、白ニキビの改善方法をまとめます。

1. クレンジング・洗顔は、肌に合ったアイテムで普通にきちんと行えば良い(洗浄力の強いアイテムを使用する必要はない)
2. お肌に水分をたっぷりと与える(化粧水は、ビチャビチャ感がなくなるまで押し込んであげる)
3. 白ニキビが肌の乾燥から起きている場合は、クリームを使用する(オイリー肌の場合は、ジェルクリームやノンコメド化粧品を使用すると良い)
4. ピーリングを行う(その後は、たっぷりと保湿する)
5. きちんと睡眠をとる
6. 食生活を見直す(油っこい食べ物や甘いものを食べすぎない、カフェインを控えめにする、など)

白ニキビは、お肌の乾燥から起こっているケースが多いとのことでした。

そのため、特別なケアを行うというよりも、お肌に合ったスキンケア化粧品で普通にきちんとお手入れすることが大切といえそうです。

白ニキビは、ニキビの初期症状ですから、その段階で適切なケアを行えば改善もしやすいです。

白ニキビに気付いたときは、大川先生のアドバイスを参考にしてみて、早めに対処することをおすすめします。

関連キーワード