キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

ほうれい線をなくすには?たるみ専門セラピストからのアドバイス8つ

たるみ専門ハーブフェイシャルサロン ラーガ  菊池 江美子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ほうれい線をなくす方法」です。

北海道旭川市 たるみ専門ハーブフェイシャルサロン ラーガ の菊池 江美子 先生にインタビューさせていただきました。

ほうれい線があると、どうしても老けた印象が強くなってしまいます。

ほうれい線をなくすには、どうしたら良いのでしょうか?

菊池先生に教えていただきました。

目次

ほうれい線の原因
・ほうれい線は何から来ている?
・ほうれい線の出やすい年齢は?
・生活習慣で原因になること

ほうれい線をなくすには
・スキンケアできちんと保湿するなど
・舌回しで表情筋を鍛える
・表情に緊張感を持つことを意識するなど

まとめ

本日のキレイの先生

たるみ専門ハーブフェイシャルサロン ラーガ

菊池 江美子 先生

「キレイの先生」編集部

ほうれい線の原因

菊池先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ほうれい線」です。

先生のサロンのお客様にも、ほうれい線を気にされている方はいらっしゃいますか?

はい、いらっしゃいますよ。

早い方ですと、20代後半から、ふと気付くとほうれい線があったという方もいらっしゃいます。

ただ、全体的には、サロンのお客様は40代以降の方が多いので、ほうれい線とたるみをセットで気にされている方が多いですね

ほうれい線が出ていると、見た目の印象も変わりますよね…。

そうですね、ほうれい線が1cm伸びると、見た目年齢は6歳もアップするといわれています。

たった1cmで、6歳もですか!?

はい、ですので、ほうれい線がはっきり分かるくらいですと、10歳は見た目年齢を損していますから、もったいないですよね。

(参考:美容セラピストに聞く老け顔の原因とは

ほうれい線は何から来ている?

ほうれい線は、何から来ているんですか?

お肌の衰えですか? 筋肉の衰えですか?

そのどちらもです。

ほうれい線は、シワなどとは違い、主には頬のたるみが原因です。

頬は、お顔の中で、もっとも脂肪が厚い場所です。

ですので、その脂肪を支える皮膚や、その下の弾力を作る部分がたるむと、頬の位置が下がってほうれい線につながります。

それに、筋肉も大切で、笑ったりしゃべったりするときに使う筋肉は皮膚にくっついていて、その筋肉も年齢とともに減少して衰えるので、それによってたるみが起きて口角が下がり、ほうれい線を作る原因にもなります。

ほうれい線の出やすい年齢は?

ほうれい線は、何歳くらいから出来やすいんですか?

ほうれい線は、10歳でも出来るものなんですよ。

え、10歳から!?

いくらなんでも早すぎじゃないですか…。

はい(笑)。

ほうれい線は、年齢を重ねるからできるものではなく、10歳くらいから進行していって、年齢を重ねることでより目立つようになってくるんです。

そうすると、若くても、ほうれい線が出る場合があるんですか?

はい、ほうれい線を気にされるようになるのは30代後半くらいからが多いと思いますが、中には、20代でも「ほうれい線が気になって…」という方もいらっしゃいますよ。

生活習慣で原因になること

日々の生活習慣で、ほうれい線の原因になることはありますか?

皮膚を強く引っ張り過ぎるようなお顔のマッサージ表情筋(表情を形作る顔の筋肉)エクササイズは、逆効果です。

それから、普段から口を半開きにしていたり、だらんとした表情をしていたりすると、口周りの筋肉が衰えて、ほうれい線の原因になります。

後は、食事のときに同じ側ばかりで噛んでいたり横向きの姿勢で寝たりすることも、ほうれい線が深くなる原因になります。

それは、どうしてですか?

食事で同じ側ばかり噛むことも、顔の筋肉の衰えにつながるんですか?

いえ、それは骨の歪みの原因になります。

骨と筋肉はくっついていますので、骨が歪んで正しい位置にいないと、筋肉もあらぬ方向に引っ張られてしまい、たるみやほうれい線にもつながります。

(参考:美姿勢トレーナーに聞く顔の歪みの原因

ほうれい線をなくすには

先生のサロンでは、ほうれい線には、どんな施術・ケアが効果的ですか?

ほうれい線の根本的な原因は、シワと同じなので、お肌にコラーゲンを増やすようケアが大切です。

ただ、ほうれい線に関しては、それだけでは効果が表れにくいため、サロンでは、定期的なピーリングや骨格矯正をおすすめしています。

ピーリングは、顔の余分な角質を除去する角質ケアですが、ほうれい線にもいいんですか?

(参考:美容セラピストに聞くピーリングの効果

はい、当サロンでは、皮膚表面を溶かすようなケミカルピーリングではなく、幹細胞とハーブを用いたピーリングを行っているのですが、それは、代謝の向上だけではなく、お顔全体の血流を上げることもできます。

それによって、衰えているコラーゲンやエラスチンを増やすことにもつながりますし、皮膚に届けられる酸素量が増えることで、新しい細胞がより元気になっていきます。

表面のケアだけではお肌にハリが出ませんので、ほうれい線には、お肌を内側からいかに持ち上げてハリを出すかということも大切です。

スキンケアできちんと保湿するなど

ほうれい線をなくすのに、スキンケアでやれることはありますか?

もちろん、スキンケアでの保湿も大事です。

それには、どうしたらいいですか?

まずは、スキンケアでは、強く引っ張らないことは基本です。

それから、化粧水は重ね付けすることを、私はおすすめしています。

清潔な手の平に化粧水を取っていちど付けた後に、少し時間を置いてから、2~3回付け加えていきます。

その後は、化粧水だけで終わらせずに、乳液やクリームで仕上げます

ちなみに、当サロンでピーリングをされたお客様には、角質をふやかすのに、シートパック・ローションパックもおすすめしています。

シートパックは、お顔に乗せた後、乾かさずに、まだ濡れている状態で終わらせるようにしましょう。

(参考:エステティシャンに聞くローションパックのやり方

後は、シワやたるみに有効な美容液をお使いになるのもいいと思います。

サロンでも、ピーリングをしてスキンケア化粧品の浸透の良くなった状態で、そういった美容液をお使いになることをおすすめしています。

成分としては、例えば「レチノール」などがシワやたるみに有効ですが、目の周りは避けるようにしましょう。

また、レチノールは、陽に当たると効果が弱まりますので、夜のケアにお使いになるのがおすすめです。

お肌の弱い方にはレチノールは刺激になりやすいので、「ビタミンC」などもいいですよ。

舌回しで表情筋を鍛える

表情筋を鍛えるのに、いちばん簡単なのは、舌を口の中でグルグルと回すエクササイズです。

「舌回し」ですね!

はい、エクササイズは続けなければ意味がありません。

舌を口の中で回すエクササイズは、家事のとき・仕事中・運転中に「ながら」でもやれるのでいいですよね。

それから、無理にお顔をグイグイ引き上げるようなマッサージは逆効果ですので、注意していただきたいです。

表情に緊張感を持つことを意識するなど

ほうれい線をなくすのに、生活習慣で心がけたいことはありますか?

普段から、「口が半開きなっていないか?」など、表情に緊張感を持たせるように意識したいです。

それから、呼吸は、口をきちんと閉じて、鼻呼吸(鼻で息を吸って口で息を吐く呼吸)を心がけてほしいです。

それは、どうしてですか?

口呼吸(口で息を吸って口で息を吐く呼吸)は、口が常に開いているような状態で、口輪筋をあまり使わなくなって、口元のたるみの原因になります。

そういった表情のだらしない方は、お肌もたるみやすいですし、体型もだらしない場合が多いです。

それから、思考や口癖も、お顔に出ます。

屁理屈(へりくつ)ばかり言っている方は、口が「へ」の字になって、ほうれい線も深くなりやすいですし、マリオネットラインも出来やすいです。

ですので、常にキュッと口角を上げる意識を持つことも大切ですよ。

(参考:小顔矯正家に聞く口角の上げ方

後は、食事のときに同じ側ばかりで噛むような癖も、お顔の歪みにつながって、ほうれい線の左右の深さ・長さが変わってくる原因にもなりますから、注意していただきたいです。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、ほうれい線をなくすのにホームケアでやれることをまとめます。

1. スキンケアは強く引っ張らない
2. 化粧水を手で重ね付けする
3. レチノールやビタミンCなどのシワ・たるみに有効な成分の美容液を使う
4. 舌回しで表情筋を鍛える
5. 表情に緊張感を持たせるように意識する
6. 鼻呼吸を心がける
7. キュッと口角を挙げる意識を持つ
8. 食事のときに同じ側ばかりで噛まないように気を付ける

ほうれい線をなくすには、スキンケアできちんと保湿することや、表情筋を鍛えることなどが、効果的といえそうです。

ほうれい線の気になる方は、菊池先生のアドバイスをご参考にされてみてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生