美容のスペシャリストが教えるキレイ

40代のスキンケア!アラフォーの肌は?美容家のアドバイス10個

本日のキレイの先生

中根 美幸 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「40代のスキンケア」です。

埼玉県入間市 ビューティーコンシェルジュ ラ・ミュー の中根 美幸 先生にインタビューさせていただきました。

先生のサロンは、40代以降のお客様も多いといいます。

40代は、お肌の変化を強く感じるようになる年頃だと思います。

40代は、どんなスキンケアを心がけると良いでしょうか?

中根先生にアドバイスをいただきました。

目次

40代の肌は…?
・40代の肌悩みの原因

40代のスキンケア
・肌に負担をかけないクレンジング・洗顔
・スキンケアで水分をたくさん与えるなど
・生活習慣で心がけたいこと

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

ビューティーコンシェルジュ ラ・ミュー

中根 美幸 先生

「キレイの先生」編集部

40代の肌は…?

中根先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「40代のスキンケア」です。

先生のサロンは、40代以降のお客様が多いとのことでしたが、40代になると、若いときとはお肌の状態も変わってきますか?

そうですね、これまで何千人という方のお肌をみてきていますが、フェイシャルのマッサージをしていても、ホルモンバランスの影響もあってか、アラフォーの方は、例えばお肌のハリや弾力がなくなってきていることをすごく感じます。

40代になると、どんな肌悩みが増えてきますか?

お客様にカウンセリングをしていると、必ずといっていいほど挙がるのが、ほうれい線です。

(参考:美容セラピストに聞くほうれい線について

ほうれい線があると、老けた印象が余計強くなってしまいますよね…。

はい、それから、目の下のトラブルです。

例えば、小じわや表情ジワもそうですね。

後は、シミが増えてきたという方も多いです。

(参考:美容セラピストに聞く目の下のしわについて

お肌の乾燥はいかがですか?

そうですね…乾燥は当たり前になって、お悩みとしては、そこは通り過ぎてしまっているように思えます(苦笑)。

なるほど…(苦笑)。

40代になると、お肌の乾燥以上に深刻な悩みが出てきやすいということですね。

40代の肌悩みの原因

40代以降は、お肌のハリや弾力がなくなってくる方も多いとのことでしたが、それはどうしてなのでしょうか?

皮膚の真皮層(しんぴそう・皮膚の内側の層で弾力を司っている)は、「コラーゲン」が網状になっていて、その交差する場所を「エラスチン」が押さえていて、その網の中に「ヒアルロン酸」が入っていて壁のようになっていて構成されています。

年をとると、それらの成分が減少して、お肌のハリや弾力もなくなってきます。

40代以降のお悩みとして挙がることの多いほうれい線は、何から来ているんですか?

たるみですね。

それは、お肌のたるみもそうですし、筋肉のたるみもそうです。

筋肉という点では、お顔の筋肉だけではなく、太ももの筋肉が衰えることでも、ほうれい線が出来やすくなります。

太ももの筋肉の衰えが、ほうれい線につながるんですか!?

はい、全身の筋肉はつながっていますので。

それから、スマホで下を向く姿勢は、お顔も重力の影響を受けますし、首や背骨などにも良くないです。

40代以降は、シミのお悩みも増えてくるとのことでしたが、それはどうしてですか?

例えば、お子さんは、夏に外で遊んで真っ黒に日焼けしても、秋になると日焼け跡も残らずきれいになくなると思います。

それは、ターンオーバーで、メラニン色素(シミの元になる色素)が垢になって、きちんと剥がれ落ちているからです。

それが、年齢でターンオーバーが低下すると、日焼けしたときのメラニン色素がお肌に残ってしまい、それが浮かび上がってきたものがシミです。

ですので、シミは、今日一日で出来たものではないんですね。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ち、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞く「ターンオーバー」とは

ターンオーバーの周期は、年齢とともに遅くなるといいますから、たしかに年をとるほど、シミは出来やすくなりますよね…。

はい、ですので、ターンオーバーを整えて排泄していく力を付けない限り、シミの出来にくい肌質にはなりませんよ。

40代のスキンケア

先生のサロンでは、40代のお客様には、どんな施術・ケアがおすすめですか?

サロンでは、ハンドのフェイシャルメニューもご用意していますが、「フォトフェイシャル」もおすすめです。

フォトフェイシャルは、マシンで光を当てていくんですよね?

はい、真皮層でコラーゲンやエラスチンを作り出す「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」に光を当てて、元気にしていきます。

(参考:エステティシャンに教わるフォトフェイシャルの効果

後は、お肌のたるみなどには、「炭酸ミスト」も即効性があります。

例えば、炭酸のバスバブルは、お風呂につかるとすぐポカポカすると思いますが、それは炭酸には血行を良くするような作用があるためです。

炭酸ミストもそれと同じように、お顔の血行を良くしてくれて、その後の美容成分の浸透を助けてくれます。

(参考:美容セラピストに聞く炭酸美容の効果

ですので、フェイシャルエステでも、半顔にフォトフェイシャルと炭酸ミストを行うと、お顔の左右で、口角や目尻の高さが1cmくらい変わる方もいらっしゃいます。

後は、お客様のご要望に合わせて、そこにハンドのフェイシャルを付け加えていただいたりしています。

肌に負担をかけないクレンジング・洗顔

40代以降、クレンジング・洗顔で心がけた方がいいことはありますか?

クレンジング・洗顔の両方が合わさっているアイテムもあると思います。

ダブル洗顔が不要のクレンジングですね。

はい、そういったものは洗浄力が強いので、特に40代以降は控えた方がいいと思います。

最近では、クレンジングと洗顔は別物の方がいいという意識をお持ちの方も増えてきたように感じます。

そうすると、ある程度の年齢になったら、洗浄力の優しいクレンジング・洗顔を使ったほうがいいんでしょうか?

そうですね、年齢とともにお肌の抵抗力もなくなってくるので、汚れは優しく落とすようにしたいです。

例えばクレンジングであれば、お客様には、クリームタイプをおすすめしています。

クレンジングクリームは、クレンジングの中でも、洗浄力が優しいといいますね。

はい、それに、優しく汚れを落とすのは、手の動かし方にもいえることで、クレンジング・洗顔では、とにかくこすらないことです。

年齢でお肌のバリア機能も弱くなるので、クレンジング・洗顔でゴシゴシしたりすると、お肌が赤くなったりしてしまいます。

ですので、洗顔も、ホイップのような泡を立て、その弾力でこすらないように洗っていただきたいです。

それから、汚れを洗って落とすということもそうですが、血行を良くして代謝を働かせて、お肌自身で古い角質を吐き出す力を付けることも大切ですよ。

スキンケアで水分をたくさん与えるなど

年齢を重ねるほど、スキンケアでの保湿も大切になるんですよね?

はい、もちろんです。

40代の方には、家事やお仕事で忙しくて、オールインワン化粧品を好まれる方も多いように感じます。

ただ、40代を過ぎると、オールインワン化粧品では対応できなくなることも増えてくるので、きちんとお肌をみつめて、そのときに合ったものをセレクトしていただきたいです。

特に、お肌に水分が入っていないと、高いクリームを付けても100%の効き目は得られません。

お肌にしっかり水分が入っていると、クリームの伸びも良くなりますし、100%の効果を得られます。

お肌は皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)で油分は作り出せますが、水分は作り出せません。

お肌が水分を欲している状態でクリームを塗ると、お肌が吸収してしまうので、量もたくさん使うことになります。

逆に、お肌がうるおっていれば、クリームの量も少なくて済みます。

ですので、ローションの少ない方ほど、高い美容液やクリームをお使いになっていることが多いです。

お客様にも、「ローションが足りていないから、美容液・クリームでお金がかかってしまうんですよ」ということはお話ししています。

先生には「黄ぐすみ」についてもインタビューさせていただきましたが、化粧水はコットンでパッティングして付けるのがおすすめとのことでしたね。

(参考:中根先生の黄ぐすみについてのインタビュー記事

はい、手で化粧水を付けると、手の平にも化粧水が吸収されるので、コットンに化粧水を浸して、200回くらい優しくパッティングすることをおすすめしています。

後は、サロンでも取り入れている「炭酸ミスト」を、ご自宅でするのもいいですよ。

自宅でのお手入れでは、炭酸ミストはいつ使うのがいいんですか?

化粧水前です。

それによって、その後のスキンケア化粧品の入りがとても良くなりますよ。

生活習慣で心がけたいこと

40代以降、お肌のために生活習慣で心がけたいことはありますか?

太ももは大きな筋肉ですので、それを動かすだけでも代謝が良くなりますし、冷えの解消にもつながります。

先程のお話では、太ももの筋肉の衰えによっても、ほうれい線が出来やすいとのことでした。

はい、ですので、ウォーキングやスクワットで太ももを鍛えることもおすすめです。

それから、スマホをみるときも、姿勢を正して、頭はいつも骨盤の上にあるように意識していただきたいです。

後は、睡眠です。

成長ホルモンの働く22時から2時の間に、睡眠がどれだけ取れているかで、人間の身体は変わってきます。

その前に寝るのが難しくても、その時間帯には、お化粧をオフしてスキンケアが済んでいる状態で、ゆっくりとリラックスして、できるだけその間に寝るようにしてほしいと思います。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、40代のスキンケアのアドバイスをまとめます。

1. ダブル洗顔不要のクレンジングは控える
2. クレンジング・洗顔はお肌をこすらない
3. クレンジングは、クリームタイプがおすすめ
4. 洗顔は、ホイップのような泡を立てて、その弾力で洗う
5. オールインワンよりも肌に合ったスキンケア化粧品をセレクトする
6. 化粧水はコットンでパッティングして水分をたっぷり与える
7. 化粧水前に炭酸ミストをかける
8. ウォーキングがスクワットで太ももの筋肉を鍛える
9. スマホをみるときも頭が骨盤の上にあるように姿勢を正す
10. 22時から2時の間には寝るようにする

40代は、お肌の弾力成分の減少や代謝の衰えから、お肌の変化を感じやすい年代だと思います。

バリア機能の低下を意識してスキンケア化粧品を選んだり、お肌に負担のないお手入れを意識したりすることが、大切になってくるといえそうですね。

関連キーワード