美容のスペシャリストが教えるキレイ

ちりめんじわを消すには?11個の解消法!芝浦の隠れ家エステに聞く

本日のキレイの先生

小島 直子 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ちりめんじわ」です。

東京都芝浦・田町・三田 アンチエイジングフェイシャル専門サロン Celeseville の小島 直子 先生にインタビューさせていただきました。

シワはいくつかの種類に分けることができますが、ちりめんじわは乾燥から来る細かい小じわのことをいいます。

ちりめんじわを消すには、どんなことができるでしょうか?
小島先生に、ちりめんじわの解消法を教えていただきました。

目次

ちりめんじわとは
・ちりめんじわが出やすい年齢は?

ちりめんじわの原因
・スキンケアや生活習慣で原因になること

ちりめんじわを消すには
・クレンジングを見直す
・スキンケアのアイテムや付け方
・生活習慣

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

アンチエイジングフェイシャル専門サロン Celeseville

小島 直子 先生

「キレイの先生」編集部

ちりめんじわとは

小島先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「ちりめんじわ」です。

まずは、ちりじめんじわというのは、どんなシワのことをいうんですか?

ちりめんじわは、お肌の乾燥によって出来る目元や口元の浅くて細かいシワのことをいいます。

ちりめんじわは、くっきりしたシワの初期段階といえるんですか?

どうでしょうか…ちりめんじわは、真皮(しんぴ)性のシワや表情ジワとは別物と考えていいと思います。

ちりめんじわが深くなって、そういったシワになるかというと、違う気もします。

ちりめんじわは、純粋にお肌の保湿不足・うるおい不足から来るものです。

もちろん、(お肌の)乾燥からちりめんじわが深くなることはあると思いますが。

シワの種類

皮膚は、表皮(ひょうひ)・真皮・皮下組織(ひかそしき)の3層構造になっています。真皮のシワは、真皮の部分の衰えから出来るため、ちりめんじわと比べると、深いシワといえます。

また、表情ジワは、顔の筋肉の動かす癖などから出来るので、やはりちりめんじわと比べると、深さもあってくっきりと出やすいです。

ちりめんじわが出やすい年齢は?

ちりめんじわがあると、顔はどんな印象に見えてしまいますか?

やっぱり、実年齢よりも老けて見えますし、疲れている印象にもなると思います。

そうですよね…(苦笑)。

ちりめんじわも、老けて見える因にもなりますよね。

サロンのお客様にも、ちりめんじわを気にされている方はいらっしゃいますか?

いらっしゃいますが、すごく多いというわけではありません。

どちらかというと、もっと深いシワを気にされている方の方が多いかもしれません。

ちりめんじわは、年齢的には意外に若くて、30代中盤から40代前半の方に多い傾向があるように感じます。

サロンのお客様でも、30代になってアンチエイジングが気になりだした頃に、目の下に細かいシワが出来始めたという方もいらっしゃいます。

ちりめんじわは、エイジングの初期段階ともいえるので、どちらかというと、若めの方に多くみられるお悩みなのかなと思います。

ちりめんじわの原因

ちりめんじわは、お肌の乾燥から来るとのことでした。

後は、年をとるにつれて代謝が低下してお肌の水分保持力も低下してきますので、ちりめんじわは、そういったことも影響しますよね。

それから、紫外線も良くありません。

それは、紫外線でお肌も乾燥しやすくなるからですか?

それもありますが、紫外線でお肌のコラーゲンが破壊されてしまいますので、そういったことも影響があると思います。

スキンケアや生活習慣で原因になること

日々の生活習慣やスキンケアで、ちりめんじわの原因になることはありますか?

少ない量のクレンジング料で、かつ、過度な力でクレンジングをすることです。

以前、お手入れのレッスン会をしたことがあるんですが、そのとき、ほぼ100%といっていいくらいの方が、「お化粧品の量が少ないな…」という印象を受けました。

特にクレンジングは、少ない量でお顔全体をまかなおうとすると、無理やり伸ばしたり、目の周りのお化粧が落ちづらくてゴシゴシやったりする方も多いんですね。

そうすると、お肌の表皮が過度にこすられ、それがシワの原因にもなります。

私もケチ症なので、化粧品をついケチりたくなる気持ちは分かります…(苦笑)。

でも、それが肌悩みの原因にもなってしまうんですね。

そうですね、クレンジングでは、たっぷりのクレンジング料を取って、優しく汚れを浮かび上がらすようなイメージでケアしてあげると、ちりめんじわも増えていかないのかなと思いますよ。

ちりめんじわはお肌の乾燥から来るものですが、どんな生活を送っていると、乾燥肌に傾きやすくなりますか?

睡眠不足もあります。

それから、身体の冷えで体内のめぐりが悪くなっていると、お顔だけに限らず乾燥しやすくなると思います。

ですので、血行の良い状態を作っておくことも大事ですよね。

ちりめんじわを消すには

サロンでは、どんな施術がちりめんじわの改善におすすめですか?

高周波機器の「RAFOSトリートメント」がおすすめです。

高周波のマシンということは…身体の中から温めることができるんでしょうか?

はい、それによって血行促進にもなるので、隅々までうるおいに満ちたお肌を作ることができますし、コラーゲン生成を促すよう作用もあるので、真皮性の深いしわにもおすすめで、トータルでのシワ対策になります。

ちりめんじわにも、即効性が高そうですね(笑)。

そうですね、お肌がふっくらする感じもありますので(笑)。

クレンジングを見直す

スキンケアで、ちりめんじわを消すのにできることはありますか?

まずは、お手入れの基本であるクレンジングを見直すことです。

お肌や日常のメイクに対して強すぎるクレンジングをお使いになっていると、お肌の潤いを逃がして乾燥を招く原因になります。

クレンジングでうるおい成分まで取り過ぎてしまうと、乾燥肌の原因になりますもんね。

はい、ですので、サロンでは、強すぎるクレンジングをお使いのお客様には、ミルククレンジングをおすすめしたりしています。

クレンジングミルクについて

商品にもよりますが、一般的に、クレンジングの種類の中では、ミルククレンジングがもっとも洗浄力が優しいといわれています。

スキンケアのアイテムや付け方

ちりめんじわには、目元専用の美容液やクリームをお使いいただくこともいいですし、水分保持力の高いヒアルロン酸配合のスキンケア化粧品をお使いになることも、サロンではおすすめしたりしています。

それから、(化粧水などの)浸透を高めるブースターをお使いいただくこともいいですよ。

後は、日中に、目元だけでもメイクの上から美容液などを塗り直して保湿してあげるのもいいですし。

それは、お使いの化粧品にもよるところもありますが。

それから、日中にお肌を乾燥させないためのオイル美容液など、日中のアイテムを重視いただくこともおすすめです。

普段使っているスキンケア商品の付け方を工夫したりすることで、ちりめんじわの解消にできることはありますか?

朝はあまり時間がないかもしれませんが、クリームをお顔に塗った後、もういちど目元は二重に塗ったりするのもいいと思います。

シワの出やすい目元は、頬とは皮膚の構造が違うといいます。

目元は、手でお肌を押さえてピンと張らせて、化粧品を細かく細かく塗り込むようにすると、持ちが良くなるそうですよ。

生活習慣

ちりめんじわを解消するのに、生活習慣で心がけられることはありますか?

ご自宅でのセルフマッサージで肌代謝を上げることもおすすめです。

ただ、マッサージの力加減が間違っていたりすると、かえってシワの原因となりますので、できればいちどマッサージの方法をプロに習っていただくといいと思います。

後は、血行を良くするのに入浴もいいですし、運動も大事です。

お酒を飲み過ぎると、お肌の乾燥を招くことにもなるので、そういったことにも注意してほしいですね。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、ちりめんじわの解消法をまとめます。

1. 強すぎるクレンジングを使っているときは見直す
2. シワの出やすい目元には専用の美容液やクリームを使う
3. 水分保持力の高いヒアルロン酸が配合されたスキンケア化粧品を使う
4. 浸透を高めるブースターを使う
5. 日中に目元だけでも美容液などを塗り直して保湿する
6. 日中のお肌の乾燥を防ぐようオイル美容液を使う
7. クリームを目元だけ二重で塗ってあげる
8. 目元は手でお肌をピンと張らせて化粧品を細かく細かく塗り込む
9. 自宅でのセルフマッサージ(いちどプロに習うのがおすすめ)
10. 入浴や運動で血行を良くする
11. お酒の飲み過ぎには注意する

ちりめんじわは、お肌の乾燥が原因になりますから、乾燥を防ぐことと、しっかりと保湿してあげることが大切といえそうです。

真皮のシワや表情ジワと比べると解消しやすいですから、ちりめんじわが気になったときは、早めにケアしてあげましょう。

関連キーワード