美容のスペシャリストが教えるキレイ

毛穴レス肌になる方法7つ!毎日の洗顔で毛穴やわらかく!プロに聞く

本日のキレイの先生

高橋 かな 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「毛穴レスのお肌にする方法」です。

aging care Joelle 自由が丘 の高橋 かな 先生にインタビューさせていただきました。

鏡をみて毛穴が目立っていると、気分も下がりますし、化粧ノリも悪くなります。

毛穴レスのお肌になるには、毎日の洗顔も大切といいます。

ただ、それは、毛穴汚れを取ることだけが目的ではないそうです。

洗顔をはじめ、毛穴レスのお肌になる方法を、高橋先生に教えていただきました。

目次

毛穴が目立つ原因とは
・毛穴が目立ちやすい場所は?
・生活習慣で原因になること
・加齢で毛穴もたるみやすくなる?

毛穴レス肌になる方法
・洗顔は毎日行って毛穴をやわらかくする
・スキンケアは乳液・クリームで仕上げて保湿する
・表情筋を鍛えるなど

編集部の選ぶ毛穴レス肌になるのにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

毛穴が目立つ原因とは

高橋 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「毛穴レスのお肌になる方法」です。

先生のサロンのお客様にも、毛穴悩みをお持ちの方はいらっしゃいますか?

はい、ほとんどですよ。

ほとんどですか!?

はい、多いですね。

毛穴の黒ずみでお悩みの方もいらっしゃいますし、たるみ毛穴でお悩みの方もいらっしゃいます。

(参考:エステティシャンに聞く毛穴の黒ずみについて

当サロンのお客様は、年齢層が高めですので、お顔の下垂(かすい)によって、毛穴も落ちてきて縦に広がっていくような方も多くいらっしゃいます。

(参考:美容セラピストに聞く毛穴のたるみについて

毛穴が目立ちやすい場所は?

顔の中で、特に毛穴が目立ちやすい場所はありますか?

高さがトップのと、その横のなどは、紫外線の影響を受けやすいこともあって、毛穴のトラブルが出やすいです。

たしかに、鼻と頬は、どちらも毛穴が目立ちやすい場所です。

特に鼻は、皮脂(ひし・けあなから分泌されている)の分泌が多いですもんね。

毛穴が目立っていると、見た目の印象も変わりますか?

そうですね、人間は年齢とともに細胞も衰えていきますし、重力と戦っていかなければ、どうしてもお顔も下垂してきますから、それで毛穴も落ちてくると、お顔のたるんだ印象や疲れた印象が強くなってしまいますよね。

生活習慣で原因になること

毛穴悩みは、何から起こるんでしょうか?

原因は、その方の生活環境によっても違います。

ですので、サロンでも、その原因を突き止めるのにカウンセリングが必要です。

例えば、サロンのお客様の学生さんには、油まみれの仕事場でアルバイトをしていて、そこから黒ずみになっていた方もいらっしゃいました。

毛穴悩みにも、そうした生活環境によって、色々な原因が考えられます。

先程のお話では、鼻や頬は、紫外線の影響もあって毛穴悩みが出やすいと、おっしゃっていました。

毛穴悩みは、紫外線も影響しているんですか?

そうですね、紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は、シミの原因になるものですよね。

はい、それに、細胞が衰える原因にもなります。

「老化」ということですね。

たしかに、紫外線でお肌が衰えてくると、毛穴悩みにもつながっていきます…。

そういった点では、パソコンの光にも紫外線を少し含んでいるので、パソコンが毛穴悩みにつながる場合もあります。

それから、毛穴悩みは、普段のお手入れによるところも大きいです。

例えば、洗顔がきちんとできていなかったり、ローション(化粧水)でスキンケアを終わらせていたりして、お手入れがおろそかになっていると、毛穴が開く原因にもなります。

(参考:エステティシャンに聞く毛穴の開きについて

それに、メイク汚れの過酸化脂質(かさんかししつ)が毛穴に残っていたり、皮脂が過剰に出てしまったりしているところに、紫外線を浴びると、黒ずみの原因になります。

特に、最近はメイクを始める年齢も早いので、スキンケアの基礎はしっかりされたほうがいいと思います。

後は、暖房などに長時間当たっていたりして、お肌の水分が不足すると、毛穴もたるみやすくなります。

加齢で毛穴もたるみやすくなる

毛穴悩みは、年齢も関係しているんですか?

年が行くほど、毛穴悩みが出やすくなったりするんですか?

そうですね、年齢も関係があります。

加齢で筋肉も衰えてきますので。

身体は、骨から骨の間に筋肉が付いていますが、お顔は、薄い皮膚に筋肉が付いています。

ですので、筋肉が衰えると、その上の皮膚もたるんできますから、それで、毛穴も下に落ちていきやすくなります。

ちなみに、それは、何歳くらいから起こりやすいですか?

お肌の曲がり角は、2325で来るといわれています。

(参考:美容セラピストに聞くお肌の曲がり角について

かなり早いんですね…。

はい、それまでは、お肌の中で「コラーゲン(お肌の弾力成分)」などもどんどん作られますので、お肌はそれらで支えられています。

ただ、コラーゲンは、加齢で減少してきます。

そうすると、お肌はハリがなくなってきて、たるんでしまいます…。

はい、そうですね。

それで、たるみ毛穴も起こるんですね…。

毛穴レス肌になる方法

先生のサロンのお客様は、ほとんどの方が毛穴悩みをお持ちとのことでしたが、サロンでは、どんな施術・ケアをされているんですか?

サロンでは、毛穴の悩みにどのようなケアをされているんですか?

フェイシャルエステは、まずは通常のクレンジングをして、その後に、超音波洗浄などで毛穴を洗浄する「深部洗浄」を行います。

それから栄養分を導入して、マスクをしてあげて、といった流れで行っています。

毛穴悩みをお持ちの方には、特に深部洗浄のラインをしっかりするようにします。

ただ、お客様によっては、超音波洗浄を使える方と使えない方がいらっしゃいます。

超音波洗浄を使えない方には、粧剤(化粧品)のクリームだけで洗浄するケースもあります。

(参考:エステティシャンに聞く超音波毛穴洗浄について

ただ、皮膚は、ティッシュ一枚分の厚さの中で何層にも分かれていて、そのどこにトラブルが出ているかによって、対応も変わってきます。

毛穴悩みが、お肌の表面的な皮脂の過剰分泌から来ている方もいらっしゃいますし、その下の乾燥から来ている方もいらっしゃいます。

他にも、コラーゲンやヒアルロン酸の不足から来ている場合もありますし、筋肉の衰えから来ている場合もあります。

先程、毛穴の悩みの原因を突き止めるにはカウンセリングが大切とおっしゃっていましたが、サロンでは、その原因に合わせた対応をされているんですね。

洗顔は毎日行って毛穴をやわらかくする

毛穴レスのお肌になるのに、自宅でのお手入れでやれることはありますか?

まずは、洗顔が重要になります。

それは、洗顔で毛穴汚れをきちんと取るということですか?

はい、それもありますが、毎日洗顔することで、毛穴がやわらかくなってきますので、それで汚れも取れやすくなります。

お肌の乾燥が始まると、皮膚の防御反応が働いて、お肌はごわついて毛穴も硬くなってしまいます。

(参考:美容セラピストに聞く肌のごわつきについて

そうすると、毛穴汚れも取りづらくなってしまいますね…。

はい、洗顔は、毛穴をやわらかくする効果もありますので、汚れを取りやすくするという点でも大事ですよ。

それから、スキンケアの役割として、クレンジングはメイクの汚れを落として、洗顔はその下の部分の汚れを落とします。

(参考:エステティシャンに聞くスキンケアの役割

ですので、クレンジングと洗顔がセットになっているダブル洗顔不要のクレンジングではなくて、できればクレンジングと洗顔は別々に行うことをおすすめします。

洗顔するときのポイントなどはありますか?

お顔を上下にゴシゴシと洗顔されている方もいらっしゃいますが、それよりも、まずは丸く円を描くようにしてOライン(輪郭のライン)を洗ってから、その後にTラインを丁寧に洗っていただくのがおすすめです。

洗顔のやり方

1. 円を描くようにOラインから洗う
2. Tラインを丁寧に洗う

どうして、洗顔は、Oラインから洗い始めるのがいいんですか?

Tラインは、皮脂の分泌が多い場所ですから、そこをしっかり洗ったほうがいいのは分かるんですが…。

Oラインは髪の毛が触れたりして、整髪料などの汚れも付きやすい場所です。

そうか、そこの汚れをきちんと落とせていないと、毛穴に詰まってしまいますもんね。

はい、それで、Oラインにニキビも出来たりしますよね。

特に、フェイスラインのくぼみは、洗顔がおろそかになって汚れが残りがちな場所ですので、そこもしっかり洗っていただきたいです。

後は、洗顔は、手ではなく泡で洗うことが大切といいますよね。

(参考:エステティシャンに聞く洗顔石鹸の泡立て方

はい、そうですね。

後は、寝ている間も、お顔に汚れは付着しますから、朝も洗顔を軽くやったほうがいいですよ。

スキンケアは乳液・クリームで仕上げて保湿する

毛穴レスのお肌になるのに、化粧水などで心がけたいことはありますか?

スキンケアを化粧水で終わっている方は、お肌が乾燥しやすいです。

特に、化粧水にエタノールなどが入っていたりすると、お肌の水分が蒸発しやすくなります。

そうしてお肌が乾燥すると、ごわついて、毛穴汚れも落ちづらくなります。

ですので、スキンケアは化粧水で終わらずに、乳液やクリームなどで仕上げていただきたいです。

毛穴悩みには、お肌の水分を保持してあげることも大切ですよ。

そうすると、鼻や頬は毛穴悩みが出やすいので、そういったところは、スキンケア化粧品をよりしっかりと塗ってあげたほうが良さそうですね。

そうですね、例えば頬は、フェイスラインなどと違って、骨がなくて支えがない場所といえます。

そういったところには、しっかりスキンケア化粧品を塗って保湿してあげたいです。

表情筋を鍛えるなど

毛穴レスのお肌になるのに、スキンケア以外でやれることはありますか?

お顔の表情筋(表情を形作る顔の筋肉)を鍛えることもおすすめですよ。

それは、表情筋を鍛えることで、たるみを改善していくということですね?

(参考:顔のたるみ専門家に聞く表情筋のトレーニング

はい、それには、例えば、表情を豊かにすることを意識したり、口を大きく開けてしゃべるようにしたりするだけでも、お顔の筋肉を動かすことができます。

まずは、そういったことから意識するのもいいと思います。

後は、お顔の筋肉をもみほぐしてあげることで、むくみの解消にもつながります。

そういったことも、毛穴悩みの改善にもなりますよ。

編集部の選ぶ毛穴レス肌になるのにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、高橋先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだ毛穴レス肌になるのにおすすめの化粧品をご紹介します。

キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初に付けるミルクです。みずみずしいミルクが、うるおいを肌の奥までグングンと引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」が、そのうるおいをプールします。さらに、エイジングケアに欠かせない「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」などを配合し、乾燥肌年齢肌の方にはもちろん、肌がふっくら引き締まるので毛穴にもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


おすすめのクレンジング

毛穴悩みには、クレンジングで汚れをきちんと取ることも大切ですが、肌に必要なうるおい成分を取りすぎないことも大切です。

美容のスペシャリストの先生方にクレンジングをお試しいただき、そのバランスの良い商品をまとめましたので、下の記事も合わせてご覧になってみてください。

【Pick Up】アテニア スキンクリア クレンズオイル

アテニア スキンクリア クレンズオイルは、@コスメのベストコスメアワードのクレンジング部門で2年連続の第1位に輝いたクレンジングオイルです。肌くすみの原因を根本除去するという新発想で「ロックローズオイル」を日本で初めて化粧品に配合し、「イモーテルオイル」や「バオバブオイル」・「アルガンオイル」で、陶器のようななめらか肌に整えます。公式サイトからは、送料無料のプレゼント付きでお求めいただけます。

●内容量:175mL
●通常価格:税別1,700円

美容家の感想

鼻のざらつきもなくなってまさに陶器肌!でも洗い上がりはしっとり!

なめらかなテクスチャーで、肌にピタッとくっつくようで気持ち良かったです。お化粧がすぐになじみ、お湯ですすぐと簡単に汚れが落ちます。鼻のざらつきもなくなって、商品コピーの「陶器のような肌」を実感できました(笑)。それでいて、オイルの残り感もなく洗い上がりはしっとりです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

今回のインタビューで挙がった、毛穴レスのお肌になる方法をまとめます。

1. クレンジングと洗顔は別々で行う
2. 毎日洗顔する(毛穴をやわらかくして汚れが取りやすくなる)
3. 洗顔はOラインを洗ってから、Tラインを丁寧に洗う(フェイスラインのくびみは洗い残しが出やすい場所なので気を付ける)
4. 朝も洗顔を軽く行う(睡眠中も顔に汚れが付着するため)
5. スキンケアは乳液やクリームで仕上げる
6. 顔の筋肉を鍛える(表情を豊かにする、口を大きく開いて話す、など)
7. 顔の筋肉をほぐしてむくみを解消する

洗顔は、汚れを取るだけではなく、毛穴をやわらかくする効果もあるといいます。

毛穴がやわらかくなれば、毛穴汚れも取れやすくなりますから、その点でも、毎日洗顔することは大切といえそうです。

毛穴レスのお肌になるのに、毎日洗顔を行って、その上で、高橋先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか?

* 2018年1月30日に公開した『毛穴レスの肌になるには?お手入れのポイントを美容家がアドバイス!』を再編集しました。

関連キーワード