美容のスペシャリストが教えるキレイ

椿油の効能と使い方!肌はモチモチ髪もしっとり!アロマ専門家に聞く

本日のキレイの先生

青木 めぐみ 先生

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「椿油」です。

木の家のサロン mocca の青木 めぐみ 先生にインタビューさせていただきました。

椿油は、日本のキャリアオイル(植物オイル)です。

お肌や髪の油分に含まれる成分が豊富なため、浸透性が良く、しっとり保湿してくれます。

青木先生のサロンでは、椿油を、主にフェイシャルのコースで使用されているといいます。

椿油は、ホームケアでも、スキンケアやヘアケアにおすすめだそうです。

そんな椿油の効果・効能や使い方について、青木先生に教えていただきました。

目次

椿油とは
・椿油のテクスチャなどについて

椿油の効果・効能
・オレイン酸が豊富で肌なじみが良く保湿にも
・髪の油分を補って髪がしっとりする

椿油の使い方
・スキンケアに使用する
・ヘアケアに使用する

編集部の選ぶ椿油好きにおすすめの化粧品

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

椿油とは

青木先生、よろしくお願いします。

先生には以前、「米油・ライスオイル」についてインタビューさせていただきましたが、そのときのお話が面白かったので、今回もキャリアオイルについて話をお聞きしたいと思います。

ありがとうございます(笑)。

今回のテーマは、「椿油」です。

先生のサロンでも、椿油をお使いになっているとのことでした。

はい、サロンでは、椿油とライスオイルがブレンドされたオイルを使っています。

椿油は、椿から抽出されるオイルなのですよね?

はい、椿は、ツバキ科ツバキ属の植物で、椿油は、その種子から抽出されます

椿油は、どの産地のものが多いのですか?

例えばアルガンオイルは、モロッコが原産国として知られています。

(参考:美容セラピストに聞くアルガンオイルについて

椿油で有名なのは、伊豆大島です。

他にも、長崎県や宮城県の気仙沼などの椿油もあります。

ちなみに、サロンでは、新潟県の佐渡島の椿油を使っているのですが、それは、野生の椿から抽出されています。

それに、冬の積雪など厳しい環境の中で育つため、オイルの質がいいといわれています。

私は最初、椿油は独特な香りがしてあまり好きではなかったのですが、佐渡島の椿油は、他の産地の椿油よりも独特な香りが少ないので使いやすいです。

話をお聞きしていると、椿油は、日本のオイルなんでしょうか?

はい、そもそも、椿の学名は「Camellia japonica(カメリア・ジャポニカ)」といい、椿は、その名前をみても分かる通り日本の植物です。

そうなんですか!?

椿の学名からして、椿油が日本のキャリアオイルということが分かりますね(笑)。

椿油のテクスチャなどについて

椿油は、どんなテクスチャのオイルですか?

べたつきはあまりありません

ですので、使いやすいオイルですよ。

それから、オイルは、酸化には気を付ける必要があると思います。

例えば、ホホバオイルは酸化しづらいといいますよね。

それから、以前インタビューしたライスオイルも酸化しづらいとのことでした。

(参考:アロマセラピストに聞くホホバオイルについて

椿油は、酸化という点では、いかがですか?

椿油は、比較的、酸化しづらいオイルになると思いますよ。

椿油の効果・効能

オレイン酸が豊富で肌なじみが良く保湿にも

サロンでは、椿油をどのようにお使いになっていらっしゃるのですか?

主に、フェイシャルのコースに使用しています。

お肌に付けるとしっとりして、お肌が変わる感じがします。

それは、椿油に含まれる成分が関係しているんでしょうか?

そうですね、椿油は「オレイン酸」が豊富で、その85%がオレイン酸といわれています。

もちろん、その数値は商品や生産年によっても異なりますが。

オレイン酸の「オレイン」の語源は、「オリーブ」から来ているのですが、そのオリーブオイルよりも、椿油はオレイン酸が8~10%多く含まれているといわれています。

すごい! 名前の由来になっているオリーブオイルよりも、椿油のほうが、オレイン酸が豊富なんですね(笑)。

(参考:アロマセラピストに聞くオリーブオイルについて

そのオレイン酸は、どんな成分なんでしょうか?

人の皮膚の油分(皮脂・ひし)にも含まれている成分です。

ですので、椿油は、お肌への浸透性が高いです。

お肌が乾燥している方は、油分が少なくなっていることも原因のひとつですから、椿油で、それを補うこともできます。

そうすると、椿油は保湿力も高そうですね(笑)。

はい、そうですね。

肌の油分が少ないと?

皮膚は、毛穴から油分の皮脂が分泌され、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って、保護膜の「皮脂膜(ひしまく)」を作ります。皮脂膜は、皮膚の水分が蒸発しないように防いだり、外の刺激から皮膚を守ったりする役割があります。

そのため、皮脂の量が少ないと皮脂膜を十分に作ることができず、皮膚の水分が蒸発しやすくなって、乾燥肌につながりやすくなります

それから、椿油は、角質(皮膚表面の古い肌細胞)を除去したりターンオーバーを改善したりするのにもいいといわれています。

(参考:エステティシャンに聞く角質の除去について

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちることで、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを「ターンオーバー」といいます。

(参考:美容セラピストに聞くターンオーバーとは

ですので、サロンのフェイシャルトリートメントで椿油を使うと、お肌がやわらかくなって、ふっくらモチモチする効果を感じられます。

椿油の効果・効能

オレイン酸が豊富なため肌なじみが良い
皮脂にも含まれるオレイン酸を補うことができる
余分な角質を除去する
ターンオーバーを整える
など

髪の油分を補って髪がしっとりする

椿油は、ヘアケアの効能も優れているイメージがあります。

そうですね、髪の毛も、皮膚と同様に水分と油分があって、その油分にはオレイン酸が含まれています

そうすると、オレイン酸を豊富に含む椿油は、美髪効果も高そうです。

はい、髪は、水分が逃げるとパサパサになりますし、油分が少なくてもゴワゴワしてまとまりづらくなります。

椿油を髪に付けてあげることで、その油分を補って、髪の水分が逃げないようにカバーしてくれて、髪の毛がしっとりします

それに、椿油は、髪のUVケアにもなります。

椿油は、UVケアにもなるんですか(笑)。

はい、椿油は、昔から髪の毛のケアに使われていたといいますから、昔の方は椿油の効能をすでにわかっていたんですね。

椿油の使い方

スキンケアに使用する

先生のサロンでは、椿油をフェイシャルコースにお使いとのことでしたが、ホームケアでは、椿油をどう使うことができますか?

私は、椿油を、朝の洗顔前に付けています。

洗顔には、オリーブオイルで手作りしたマルセイユ石鹸を使っているのですが、その後に椿油を使うと、オイルとオイルで相性がいいのか、石鹸の泡立ちが良くなる感じがします。

それで、洗顔後はお肌がふっくらとするので、はまっています(笑)。

それから、椿油はオイルですから、スキンケアのクレンジングにもお使いいただけますし、

化粧水の後のふたをするのにも使うことができます。

それは、椿油を乳液代わりに使うということですか?

はい、椿油は「パルミトレイン酸」という成分も含まれていて、パルミトレイン酸は、水と油を乳化する作用があるといわれています。

それで、椿油がスキンケアのふたになるんですね

はい、ただ、椿油は、お肌への浸透がいい分、冬場などの乾燥しやすいシーズンには、少し物足りなさを感じるかもしれません。

私はそういったときは、最後にシアバターを使うようにしています。

(参考:美容セラピストに聞くシアバターについて

椿油の使い方

朝の洗顔前に使う
クレンジングの代わりに使う
スキンケアの仕上げに乳液代わりに使う
など

ヘアケアに使用する

椿油は、ヘアケアにはどんな使い方ができますか?

私は、朝、髪の毛を乾かした後、椿油を手に少量取って、サラサラとした感じで髪全体に付けて、髪の水分が逃げないようにしています。

もしくは、洗髪してタオルドライ後、椿油を付けてから、ドライヤーで髪を乾かしてもいいですよ。

それから、お風呂で、シャンプー前の頭皮や髪の毛に椿油を付けて、マッサージを行い、しばらくそのまま置いて、ヘアパックにすることもできます。

それを行うことで、オイルで汚れを取る「頭皮のオイルクレンジング」になります。

それに、頭皮に椿油の栄養を染み渡らせることができますので、髪の生育にもつながりますよ。

椿油の使い方

朝、髪の毛を乾かした後に、髪全体に椿油を付ける
洗髪してタオルドライ後に椿油を付けてから、髪を乾かす
シャンプー前に、椿油を頭皮・髪の毛に付けて、マッサージを行い、しばらくそのまま置いておく(頭皮の汚れを取るのに加えて、頭皮に栄養を与えられる)
など

編集部の選ぶ椿油好きにおすすめの化粧品

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、青木先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、椿油にご興味のある方におすすめの化粧品をご紹介します。

ヴァーチェ マルラオイル

南アフリカで「神の木」とも呼ばれるマルラの木の実から採れる希少なエイジングケアオイルです。マルラの木が乾燥の厳しい環境で育つだけに高保湿で、アルガンオイルの約3.6倍の抗酸化力を備え、「ビタミンC・E」や「オメガ6・9」などの年齢肌に大切な成分を豊富に含んでいます。オイルとは思えないサラサラした質感が特徴で、肌にすっと浸透して油浮きの不快感もなく、オイル独特の匂いもほとんどありません。

●内容量:18mL
●通常価格:税別3,680円

美容家の感想

オイル苦手女子にもすすめられるサラサラ感!保湿力も高くて肌がふっくら!

オイルだけどサラサラで浸透がいいから肌にスッとなじんで、オイルのべたつきな苦手な方にもすすめられる使いやすさです。それでいて、オイルならではの保湿感は高くて、夜のお手入れの仕上げに使うと翌朝までうるおいが保てましたし、肌に弾力が出てふっくらして乾燥小じわも改善されました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


キレイの先生 ブースターミルク

キレイの先生 ブースターミルク

美容のスペシャリストの先生方と開発した、洗顔後の最初に付けるミルクです。みずみずしいミルクが、うるおいを肌の奥までグングンと引き込んで、肌の水分保持成分の「セラミド」と「天然保湿因子」が、そのうるおいをプールします。さらに、エイジングケアに欠かせない「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」などを配合し、乾燥肌年齢肌の方にはもちろん、肌がふっくら引き締まるので毛穴にもおすすめです。

●内容量:30mL
●通常価格:税別2,980円

開発協力者の声

みずみずしいミルクがうるおいを肌奥までギュッと引っ張りフワフワ肌の毛穴レスに!

まずは、ミルクのイメージを裏切るようなみずみずしさにびっくりしました。まるで乾いたスポンジに水分がギューッと入っていくみたいに、うるおいが肌の奥にギュッと引っ張られて、肌がフワフワにやわらかくなりました(笑)。それに、肌に透明感も出て、毛穴もキュッと引き締まって目立ちにくくなりました!

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

まとめ

椿油は、日本のキャリアオイルです。

お肌や髪の油分にも含まれている「オレイン酸」が、その名前の由来になっているオリーブオイルよりも、豊富です。

そのため、浸透性が高く、お肌や髪をしっとり保湿することができます。

オイル美容にご興味のある方は、日本のオイルでもある「椿油」も、スキンケアからヘアケアにまでおすすめですよ。

* 2017年2月7日に公開した『日本のオイル「椿油」の効果・効能!髪や顔での使い方とは?』を再編集しました。