キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

スキンケアの順番とは?美容液や乳液はいつ付ければいいの?

ape relax  上野 佳子 先生

スキンケアの順番とは?美容液や乳液はいつ付ければいいの?

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、スキンケアの基本的な内容です。

「スキンケアの順番」について、もういちど見直してみます。

ape relax の上野 佳子 先生に取材させていただきました。

スキンケアの順番には、きちんと意味があります。

それぞれの工程の目的を知ることで、普段のスキンケアの理解がさらに深まるのではないかと思います。

スキンケアはどんな順番で行うのか、そして、それぞれどんな役割があるのか、上野 先生に教えていただきました。

目次

スキンケアとは

スキンケアの順番
・1. クレンジング
・2. 洗顔
・3. 化粧水
・4. 美容液
・5. 乳液・クリーム

いつ美容液・乳液・クリームを付ける?

まとめ

本日のキレイの先生

ape relax

上野 佳子 先生

「キレイの先生」編集部

スキンケアとは

上野 先生、よろしくお願いします。

今回は、スキンケアの基本について、話をお聞きしたいと思います。

そもそも、スキンケアとは何なのでしょうか?

まずは、そこからお話しいただけますか?

スキンケアは、お肌をお手入れして整える目的があります。

それによって、お肌をきれいに保つことができます。

もし、スキンケアを怠ると、お肌はどうなりますか?

お化粧をしていても、していなくても、スキンケアを怠ると乾燥を招きます。

そして、乾燥は、シミ・シワ・たるみ・くすみ・毛穴の開きなど、色々な肌トラブルの原因となります。

お肌が乾燥すると、毛穴が開き、皮脂(ひし・毛穴から分泌される油分)が出やすくなることで、お化粧崩れをしやすくなったり、肌がごわついて化粧ノリが悪くなったりします。

また、お肌がくすむので、肌色が悪くなり疲れた印象を与えますし、第一に老化を早めます。

スキンケアを怠ることで、多くのトラブルの原因になるのですね…。

はい、そうですね。

最近は、「スキンケアをしない方が良い」という人もいます。

睡眠や食生活などライフスタイルが整っていて、内臓が正しく機能しているのであれば、スキンケアを行わなくても良いかもしれません。

ただ、ストレス社会といわれている現代で、ましてや食生活が乱れがちな人や、睡眠不足の人は、やはり、スキンケアは必要だと思います。

スキンケアの順番

スキンケアは、どのような順番で行うと良いのでしょうか?

基本的には、クレンジングから入って、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム、といった順番です。

朝のスキンケアは、ここにUVケアが入ってきます。

スキンケアの順番

1. クレンジング

2. 洗顔

3. 化粧水

4. 美容液

5. 乳液・クリーム

6. (朝のスキンケアでは)UVケア

では、それぞれに、どんな役割があるのかを教えていただきたいと思います。

1. クレンジング

まずは、スキンケアの最初の工程である「クレンジング」についてです。

クレンジングは、どんな役割があるのでしょうか?

メイクなどの密着性の高い脂汚れや、毛穴につまった角栓(かくせん・角質が毛穴をふさいで固まったもの)や黒ずみなどの汚れを落とします。

油溶性ということは、皮脂(ひし)も、クレンジングで落とすのですか?

皮脂について

皮脂は、毛穴から分泌されている油分です。皮膚の水分を保持したりする役割がありますが、過剰に分泌されると、べたつきの原因などになります。

(クレンジングで)皮脂も落ちますが、余分な皮脂を落とすのは、洗顔になります。

エステサロンの先生方に取材させていただくと、「スキンケアの中で、クレンジングがもっとも大切」という先生が多くいます。

そうですね。

クレンジングは、本当に大切です。

クレンジングで、(メイクなどの)汚れを落とすことができていないと、毛穴の詰まりなどから、肌荒れにもつながりますし、その後の化粧水などの栄養も入りづらくなります。

クレンジングには、いくつか種類があります。

どんなタイプのものがありますか?

主なところでは、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、拭き取りタイプ、リキッドタイプなどがあります。

ちなみに、先生のおすすめの種類はありますか?

クリームタイプ」です。

クリームタイプは、お肌に対して、クッション性が高いため、負担がかかりにくく、保湿力もあるので乾燥を防げます。

(それに対して)例えば、オイルタイプは、サラサラしていて、お肌に手が触れやすいので、お肌に負担がかかりやすいといわれています。

クレンジングの種類

ちなみに、下の記事での取材でも、クレンジングの種類の中では、「クリームタイプ」がおすすめとのことでした。クリームタイプは、クッション性が高い他、お肌の負担になる界面活性剤の量も、(クレンジングの中では)少なめです。

* 界面活性剤は、本来混ざらない水分と油分を混ぜ合わせる役割があります。メイク化粧品は、油分が多く含まれているため、油分で落とす必要があります。そのため、クレンジングには、界面活性剤が入っています。

2. 洗顔

クレンジングの後の工程は、「洗顔」です。

洗顔は、どんな役割があるのでしょうか?

洗顔は、皮膚の表面に残っている余分な皮脂や汗、古くなった角質、ホコリなどを落とす役割があります。

洗顔の種類には、石鹸や洗顔フォームなどがあると思いますが、先生のおすすめはありますか?

私は、「クリーム(クレイ)タイプ」のものを使用していて、泡立てずに使うことができます。

私の勉強不足ですが、泡立てないタイプの洗顔料もあるのですね。

クリームタイプの洗顔料があることは、初めて知りました。

泡立てる洗顔料も良いのですが、私は乾燥肌で、(泡立てる洗顔料を使うと)洗顔後に、ツッパリ感が出てしまうことがあるのですが、泡立てずに使うクリーム(クレイ)タイプ(の洗顔料)は、美容成分もたっぷり入っていて、汚れを落としながら、保湿することができます。

3. 化粧水

洗顔の後の工程は、「化粧水」です。

化粧水は、どんな役割がありますか?

化粧水は、お肌に水分を与えて整える役割があります。

化粧水には、色々な種類のものがあります。

選び方のポイントはありますか?

お肌の状態によって、「さっぱり」や、「こってり」など、タイプを変えると良いと思います。

例えば、お肌が疲れていたり、乾燥してごわついたりするときは、とろみのある化粧水は、お肌になかなか浸透しないと思います。

そういうときは、初めにシャバシャバ(さっぱりタイプ)の化粧水を使って、まずは皮膚を柔軟にします。

皮膚を柔軟にすると、浸透力が高まりますので、とろみのあるこってりタイプ(化粧水)の吸収もしやすくなります。

乾燥が気になる方は、お化粧水の二本使いがおすすめです。

もちろん、こってりタイプの化粧水を、時間をかけて浸透させるのでも良いです。

4. 美容液

化粧水の後の工程は、「美容液」です。

美容液は、どんな役割がありますか?

美容液は、美容成分が多く、栄養がたっぷり入ったスキンケアアイテムです。

お悩み集中ケア」として使用します。

化粧水で皮膚をやわらかくしたところに、栄養をギュッと入れていきます。

小じわや、美白など、お悩みに合わせたものをお選びになると良いです。

それにより、お悩みを改善へと導いてくれるので、お肌が良くなり満足感を得られます。

美容液は、複数を併用することもできるのですか?

美容液は、「お悩み集中ケア」なので、基本的には、1種類の場合が多いと思います。

もし、特定の悩みがないときは、トータルのケアができるものをお選びになっても良いと思います。

私の周りでは、普段のスキンケアで、美容液を使っていない人もいます。

美容液は、やはり使った方が良いですか?

そうですね。

もし、お肌のトラブルやお悩みがある場合は、使った方が良いと思います。

お肌のお悩みがない人や、若い人は、使わなくても良いかもしれません。

ただ、お肌のお手入れは、トラブルが出る前からのケアが大切です。

最初(トラブルが出る前)から、美容液を使っておくと、良い状態をキープすることにもつながりますし、トラブルが出た場合も、元に戻す時間と労力が変わってきます。

5. 乳液・クリーム

スキンケアの最後の工程は、「乳液・クリーム」です。

乳液・クリームには、どんな役割がありますか?

乳液・クリームは、油分なので、スキンケアのふたをする役割があります。

スキンケアを、化粧水や美容液を付けただけで終わらせてしまうと、それまで付けたスキンケア化粧品が蒸発しやすく、乾燥を招いたり、肌トラブルにもつながったりする可能性があります。

乳液とクリームは、どんな違いがあるのですか?

大きくは、油分が違います。

スキンケアは、化粧水、美容液、と徐々に固くなってきます。

まずは、やわらかいテクスチャーのもので、お肌を柔軟にして、次の固いテクスチャーのものを入りやすくします。

スキンケアの順番には…

上野 先生の話をお聞きするまで、私も意識したことがなかったのですが、たしかに、スキンケアの順番は、(アイテムが)徐々に固くなっていきます。

3. 化粧水

4. 美容液

5. 乳液・クリーム

乳液とクリームを両方使うときは、乳液の方が(クリームよりも)やわらかいですから、順番は、「乳液 → クリーム」となりますね。

乳液とクリームは、そのときのお肌の状態や、肌質によって、使うものを変えると良いと思います。

例えば、油分が多い肌質で、「クリームはちょっと苦手…」という人は、水溶性成分の割合の多い乳液だけでも良いでしょう。

また、お肌の乾燥が気になる人は、乳液を付けた後にクリームを付けることで、お肌の保護の働きが強くなり、保湿の持続力も高まります。

また、全体的には乳液を付けて、乾燥しやすい場所に、クリームを部分使いするような使い方もできます。

いつ美容液・乳液・クリームを付ける?

いつ美容液・乳液・クリームを付ける?

スキンケアでは、次の工程に移るタイミングがあるとのことでした。

それは、どういうことでしょうか?

はい。

例えば、化粧水を馴染ませずに「付けたから良い」といったような感じで、ぬるぬるした状態で、次の美容液を付けてしまう人もいます。

それではスキンケアの意味がなく、無駄となってしまいます。

ポイントは、化粧品をお肌にきちんと馴染ませて、浸透させることです。

お肌から手を離したときに手のひらにお肌がモチッと吸い着いてきたら、化粧品が浸透したサインです。

そしたら、次の工程へと進みます。

それは、美容液を付けた後、乳液・クリームに移るタイミングでも、同じことがいえるのですよね?

はい、そうです。

スキンケアで次の工程には…

スキンケアは、お肌から手を離したときに、お肌が吸い着いてきたタイミングで、次の工程に移るのがポイントといえそうです。

まとめ

最後に、スキンケアの順番と、それぞれの役割をまとめてみます。

1. クレンジング
メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった角栓、黒ずみなどの汚れを落とす。

2. 洗顔
皮膚の表面に残っている余分な皮脂や汗、古くなった角質、ホコリなどを落とす。

3. 化粧水
お肌に水分を与えて整える。

4. 美容液
「お悩み集中ケア」として栄養をポイントで与える。

5. 乳液・クリーム
油分でスキンケアのふたをする。

今回の取材で印象的だったのが、スキンケアが「やわらかいものから、固いものを入れていく」順番になっているということです。

たしかに、お肌が乾燥していたり固かったりしていると、固いものを入れることはできません。

やわらかいもので、お肌を柔軟にした上で、固いものを入れられるようにするのですね。

今回、上野 先生には、スキンケアのポイントもお話しいただきました。

それは、後編でまとめますので、そちらも是非合わせてご覧ください。

こちらも、今日のスキンケアから、役に立つ内容です。

本日のキレイの先生

7000187_b

上野 佳子 先生