キレイの先生

ホーム > 美肌 > 美容にいい食べ物 > 

シミ予防はターンオーバー活性化!食事は栄養バランス良く

Salon Theresia  桜宮 美奈 先生

1200039_a01

「キレイの先生」編集部です。

スキンケアは化粧品だけじゃない。先生方に取材をしていて、そう強く感じます。

ある先生が「お肌は内臓の鏡だ」と仰っていたことがありました。身体が健康でなければ、それがお肌に表れます。きれいなお肌を作るには、健康がもっとも大切なのかもしれません。

そして、私たちの身体の働きは、食べたものが栄養源になっています。それはもちろんお肌も同じです。

食事を改善することも、スキンケアといえます。

シミの予防にも、食事が大切です。

Salon Theresia 桜宮 美奈 先生によると、ターンオーバーを活性化できるように、栄養バランスの良い食事をすることが、シミ予防の基本になるそうです。

今回は、桜宮 先生にシミ予防のアドバイスをいただきました。

目次

シミのメカニズム
・1. 活性酸素
・2. メラニン色素
・3. ターンオーバーの乱れで色素沈着
・紫外線以外のシミの原因

シミ予防の基本はターンオーバーの活性化
・シミは予防が大切な理由
・ターンオーバーを活性化するには?
・ビタミン・ミネラル検査
・ビタミンC等、シミ予防におすすめの栄養素
・その他

シミが出来たときは
・FCRハーブ

まとめ

シミのメカニズム

1. 活性酸素

シミ予防に大切なことを理解するにはまず、シミのメカニズムを知ることから始めましょう。

シミのいちばんの原因である紫外線を例に、シミが出来るまでの流れをみていきたいと思います。

紫外線は身体に害があります。特に現在は、オゾン層の破壊などで、地上には強い紫外線が降り注いでいます。

私たちのお肌は紫外線を浴びると、「攻撃されている!」と活性酸素が発生します。

活性酸素のことは、ご存知の方も多いのではないでしょうか? おそらく、お肌に悪いものというイメージが強いのではないかと思います。

ただ本来は、この活性酸素は細菌やウイルスを退治してくれる優れものです。正義の味方ともいえます。

1200039_a02

ただ、正義の味方でも、度が過ぎてしまうと、トラブルの原因になります。

2. メラニン色素

活性酸素が過剰に発生したりすると、メラノサイトという細胞が働き始め、メラニン色素を作り出します。

ちなみに、このメラニン色素も活性酸素を抑えるための働きがあり、一概に悪いものとはいえません。

3. ターンオーバーの乱れで色素沈着

メラニン色素は通常、ターンオーバーではがれ落ちていきます。

ターンオーバーとは、お肌の新陳代謝です。新しい肌が奥から生まれて、表皮(表面の古い肌)を押し上げるようにして、はがれ落とします。このお肌の入れ替わりのことを、ターンオーバーといいます。

20歳くらいのターンオーバーの周期が約28日とされ、それ以降は年を取るごとに、その周期は少しずつ遅くなります。

また、加齢以外にも、ストレス・睡眠不足などの生活習慣や、ホルモンバランスの乱れによって、ターンオーバーの周期は乱れます。

そして、ターンオーバーの働きが悪化して、お肌の生まれ変わりが遅くなると、メラニン色素が落ちずに色素沈着してしまいます。

それが、シミです。

そのため、シミの予防にはターンオーバーを活性化させ、肌の中のメラニン色素をはがし落としてあげることが大切です。

紫外線以外のシミの原因

活性酸素は、ストレスや睡眠不足などでも発生します。

生活習慣の乱れがお肌の敵であることが、こんなところからもお分かりいただけるのではないでしょうか?

また、お肌をかいたりすることも、シミの原因になります。摩擦や外部の刺激は、お肌を傷つけます。メガネ跡の鼻の部分なども、シミが出やすいです。

その他にも、皮脂*のバランスが崩れていても、シミにもつながります。皮脂のバランスを整えるには、適度な運動をして汗をかくのがおすすめです。

そして、ホルモンバランスの乱れによるシミもあります。それを「肝斑(かんぱん)」といい、特に治すのが難しいシミです。

* 編集部:皮脂については、「皮脂の働きを理解しオイリー肌・脂性肌のスキンケアにいかす」も合わせてご覧ください。

シミ予防の基本はターンオーバーの活性化

シミは予防が大切な理由

シミは表に出てくるまで時間がかかります。昔浴びた紫外線で、お肌の中ではシミが順番待ちしていることもあります。

だからこそ、シミには予防が大切です。

1200039_a03

そのためには、ターンオーバーを活性化することが基本です。

お肌の中でメラニン色素が作り出されても、ターンオーバーではがし落とし、色素沈着してシミまでならないようにしましょう。

ターンオーバーを活性化するには?

お肌のターンオーバーは、代謝の働きのひとつです。

これは前回の記事*でもご紹介しましたが、代謝が働くには、
・酵素
・ビタミン
・ミネラル
の3つの栄養素がセットで必要です。

(詳細は「ファスティングの効果と基本的な方法とは?一食置き換えも可」をご覧ください)

ビタミンCは、シミに効果的な栄養素としてよく知られています。

しかし、ビタミンCばかりを摂っていても、他の栄養バランスがとれていないと、有効に働いてくれません。

ワインの樽を想像してみてください。樽を作っている一枚一枚の細長い板が、栄養素です。

1200039_a04

もし、この中の栄養素のどれかが、必要な半分の量しかなかったらどうなるでしょうか?

それは、樽のどれかの板が半分しかない状態です。すると、樽の中には、ワインが半分しか入りませんね。

栄養も同じです。ビタミンCをたくさん摂っても、例えば他の栄養素が不足していれば、ビタミンCもその力を最大限に発揮することはできません。サプリメントを飲んでも、栄養バランスが偏っていれば、あまり効果を感じられないこともあります。

健康に気を使い、栄養バランスのとれた食事を心がける方が、結果的には効果を実感しやすいかもしれません。

シミの予防にも、まずは栄養バランスの良い食事で、ターンオーバーを活性化させることが基本です。

その上で、ビタミンCを多めに摂取すれば、さらに効果的なのではないでしょうか?

もちろんこれは、シミ予防だけに限った話ではありません。他のお肌の悩みにも当てはまることです。

ビタミン・ミネラル検査

ひとえにビタミン・ミネラルといっても、下記のように色々な種類があります。

■ ビタミン
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンC
・ビタミンE
など

■ ミネラル
・カルシウム
・カリウム
・マグネシウム
・鉄分
・亜鉛
など

それぞれ、身体に必要な量は異なります。この内のひとつでも不足していると、代謝は十分に働けません。

いま自分の身体は、どの栄養素が不足しているのか? それが分かるのが、ビタミン・ミネラル検査です。

ひとつひとつの栄養素が足りているのか、どのくらい不足しているのか、すぐに分かります。

検査をしていただくと、「自分はこんなに栄養が足りていないんだ…」と驚きになる方も、少なくないと思います。

また、健康に気をかけた食事をしていても、栄養に偏りが出てしまうこと、それを感じられると思います。野菜をメインに食べるようにしていても、こういった野菜が多い、というような癖があるんですね。

ビタミン・ミネラル検査の結果を見ながら、食事を改善していくと、とても効果的でしょう。

ビタミンC等、シミ予防におすすめの栄養素

このように、シミの予防には、栄養バランスの良い食事で、ターンオーバーを活性化させることが基本です。

その上で、シミに効果的な栄養素を摂るのが良いと思います。では、シミにはどんな栄養素が良いのでしょうか?

真っ先に挙げられるのは、先程もご紹介した「ビタミンC」です。

1200039_a06

ビタミンCは活性酸素をコントロールする働きがあります。活性酸素が発生すると、ビタミンCが消費されて不足しがちになりますので、シミ予防にしっかり摂りたい栄養素です。

また、「ビタミンE」もアンチエイジングの働きがあるため、おすすめです。

その他にも、「亜鉛」なども効果的です。

その他

その他、心がけられるシミ予防には、下記のようなことがあります。

■ 白砂糖やカフェインを摂り過ぎない
食事面では、白砂糖やカフェインを摂り過ぎないことも、シミの予防になります。白砂糖は摂り過ぎると、シミの出来やすい成分が出るとされています。また、カフェインはメラニン色素を広げる働きがあり、こちらも摂り過ぎには注意しましょう。

■ 入浴
代謝を上げるには、栄養をバランス良く摂ることもそうですが、体温を上げることも大切です。入浴は体温が上がり、血行促進になるのでおすすめです。

■ 睡眠をしっかりとる
先程ご紹介したように、睡眠不足は活性酸素が発生する原因になりますから、睡眠をしっかりとるようにしましょう。シミ予防だけではなく、健康にも大切なことですね。

■ 保湿
お肌が乾燥していると、角質(お肌の表面の古い肌細胞)が乱れて、ターンオーバーの働きも悪化してしまいます。そのため、日頃からスキンケアできちんと保湿してあげることも大切です。

シミが出来たときは

最後に、予防していてもシミが出来てしまったときのケアを、簡単にご紹介させていただきます。

基本は、やはりターンオーバーを活性化させることです。そのために、栄養バランスよい食事が大切なのは、予防と同じですね。

シミのスキンケアには、下記のような成分の配合された化粧品がおすすめです。

・ビタミンC誘導体
・プラセンタ
・ハイドロキノン*
など

* ハイドロキノンは皮膚科の塗り薬などにも使用される成分です。

FCRハーブ

「Salon Theresia」で、シミのお悩みの方におすすめしているのが、「FCRハーブ」というメニューです。

FCRハーブは、ハーブを顔に乗せる施術で、珊瑚(さんご)の細かなかけらをお肌に刺すとイメージしてください。すると、お肌は「ヒャッ!」と驚いて、それを押し返そうとして、ターンオーバーの活性化につながります。

シミをはじめ、お肌の再生が滞ることによる悩み(たるみ、ニキビ、吹き出物、しわなど)に良いです。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

「食事はバランス良く食べなさい」

皆さまも子どもの頃から言われたのではないでしょうか? そういう当たり前のことが、美容の基本でもあるんですね。

桜宮 先生の取材の中で、印象に残った話がありました。

日本人はこれが良いとなったら皆して「右向け右!」という傾向が強いのかな、と感じることがあるそうです。

私にも耳が痛い話です。

例えば、炭水化物は、「炭水化物ダイエット(食事で炭水化物を抜くダイエットの方法)」があるように、悪者にされがちです。ただ、炭水化物は三大栄養素のひとつで、身体には必要なものでもあります。大切なのは、炭水化物をまったく摂らないのではなく、過剰に摂取しないよう、全体をコントロールすることかもしれません。

きっと何事もバランスが大切なのでしょうね。

それがシミの予防にも当てはまります。ビタミンCも良いけど、まずは栄養をバランス良く摂ること。

私もたり前のことから見直していきます。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Salon Theresia 桜宮 美奈 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】肌トラブルを予防しよう!

笑顔は眉間やおでこのしわ予防!口角ストレッチの簡単方法有

顔のたるみ防止!側頭筋をほぐす簡単マッサージの方法まとめ

便秘で肌荒れ?腸と肌の関係!美肌作りに知るべきことまとめ

本日のキレイの先生

7000065_b

桜宮 美奈 先生