キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

本当は怖い「冷え」美容編:そのお肌の老化は冷えが原因かも

La Chance  堀 友賀 先生

1100061_a01

私はフェイシャルのお客様にも、「よもぎ蒸し(漢方を蒸して、蒸気を下半身に当てる健康法)」から始められることをお勧めしています。それは、冷えが美容の大敵だからです。お肌の老化の原因にもなってしまいます。

「血流」が悪くなる

私たちの身体は、血液が酸素や栄養を運んでいます。

しかし、身体が冷えると、血流が悪くなります。

すると、身体の末端まで、酸素や栄養を運べなくなってしまいます。

内臓を守るために、血液が末端を端折って、Uターンしてしまうイメージです。

例えば、足のかかとのひび割れは、そこまで栄養や酸素が行き届いておらず、ターンオーバーがうまくいっていない表れです。

つまり、身体が冷えているということですね。

お肌まで酸素や栄養が行き届かない

頭部には、首を通じて、血液が送られています。

そして、血管が、首から「頭」と「お顔」に分かれていくとお考えください。

血流が悪くなると、私たちの身体は、頭に優先的に血液を送るようになります。

それは、頭に脳があり、脳は生命維持のために必要なためです。

すると、結果的に、お顔は後回しにされてしまいます。

1100061_a02

お顔には、必要な酸素や栄養が行き届かなくなりますから、肌荒れも出やすくなってしまいます。

「酵素」の働きも低下する

また、身体が冷えると、「酵素」の働きも低下します。

酵素とは

酵素のことは、ご存知の方も多いでしょう。

少なくとも、目にしたり耳にしたりするのではないでしょうか。

酵素は、食べるものを分解してエネルギーにする働きがあります。

つまり、食べ物の栄養を吸収するのには、欠かせないものです。

体温が1度違うと酵素の働きは50%に

身体が冷えると、この酵素の働きも低下します。

酵素がもっとも働く体温は、36.5度とされています。

それ以下に体温が下がると、エネルギーの生産力が落ちます。

せっかく栄養のある食べ物を食べても、それが「実」になっていない状態です。

例えば、ビタミンCが豊富な食べ物を食べても、酵素の働きが十分でなければ、その栄養をしっかり吸収できません。

ちなみに、体温が1度違うと、酵素の働きは50%に落ちるといわれています。

すると、体温が35.5度では、酵素は本来の半分しか働かないことになります。

1100061_a03

当然、食べたものから吸収できる栄養の量も少なくなります。

体温が違えば、吸収できる栄養の量にも差が出てきてしまうのです。

血流の悪化と合わせて悪循環

その上、身体の冷えは、先述の通り、血流を悪くします。

・酵素の働きの低下で、食べたものからの栄養を十分に吸収できない
 ↓
・その栄養を血液で全身に運ぶが、その血流も悪い

まさに悪循環です。

「ターンオーバー」の働きも悪くなる

酸素や栄養が足りなければ、身体の新陳代謝もうまく働きません。

先程の酵素ではありませんが、体温が1度下がると、基礎代謝も12%下がるといわれています。

1100061_a04

それは、お肌も同じです。

お肌はターンオーバーが働いており、古い肌細胞がはがれ落ちて、新しいお肌に生まれて変わっています。

お肌の新陳代謝ですね。

しかし、身体が冷えていると、そのターンオーバーの働きも悪くなってしまいます。

古い肌細胞(角質)がはがれ落ちずに、残りやすくなっていますから、カサカサしたお肌になりがちです。

冷えが肌荒れの原因になる

1100061_a05

このように、身体の冷えによって、
・血流が悪くなり
・吸収できる栄養の量も少なくなり
・ターンオーバーの働きも悪くなり
ます。

すると、お肌にも影響が表れます。

「お肌の老化」といわれるトラブルです。

乾燥・しわ

血流が悪くなると、酸素や栄養がお肌まで行き届かなくなります。

すると、お肌のバリア機能も低下しますから、紫外線のダメージも受けやすく、お肌は乾燥しがちです。

そして、お肌が乾燥すると、しわも表れやすいです。

シミ

ターンオーバーがうまく働かないと、シミも長期間、お肌に残ってしまいます。

また、バリア機能の低下で紫外線のダメージを受けやすくなっているのも、マイナスです(ご存知のように、シミのいちばんの原因は、紫外線です)。

くすみ

血流が悪くなると、くすみになります。

また、目の下のクマも出やすいです。

ちなみに、目の下のクマは、血流の悪化と、血液が汚れている表れです。

目の周りの皮膚はとても薄いですから、血液の色がうっすらと見えているのです。

老廃物が排出されていないと、血液は汚れてしまいますから、それも血流に深く関係しています。

身体を温めることはアンチエイジング

冷えは美容の大敵です。

お客様でも、お肌を見ると、身体が冷えていらっしゃるか分かります。

身体が冷えている方は、お肌にもツヤがありません。

シミやそばかすが目につき、ターンオーバーの働きの低下が見受けられます。

お肌を化粧品でケアしてあげることは、大切です。

ただ、それと同じくらい(それ以上に)、身体を温めてあげることも大切になります。

それも、アンチエイジングです。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:La Chance 堀 友賀 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】冷え対策にはこれ!

白湯で健康に?アーユルヴェーダで見るあなたにお勧め健康法

身体の不調の原因「冷え」対策! 湯たんぽを活用して温める

【ミニコラム】半身浴で代謝UP・デトックスして美肌作り

本日のキレイの先生

7000051_b

堀 友賀 先生