キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

【ミニコラム】石油系界面活性剤のクレンジング剤はNG

サロン ド クゥ  百川 紅実 先生

1100027_a01

メイク化粧品は、基本的に油性です。「油を油で落とす」オイルクレンジングは、メイクを落としやすい特徴があります。ただ、オイルクレンジングには、水と油を混ぜ合わせるための「石油系界面活性剤」が入っている場合が多いです。石油系界面活性剤が入っているクレンジング剤は、お肌への負担も大きいので、お勧めしません。

洗剤にも入っている石油系界面活性剤

クレンジング剤以外では、石油系界面活性剤はどのような日用品に入っているのでしょうか? 代表的なところでは、洗剤(洗濯、食器洗い、など)が知られています。

食器洗いの洗剤のCMで、油汚れした食器に洗剤を垂らして、油が分離していくところを、見たことがあると思います。それは、界面活性剤による働きもあります。

つまり、とても極端にいってしまうと、石油系界面活性剤の入ったクレンジング剤を使用するのは、「食器洗いの洗剤」でお顔を洗っているようなものです。洗顔でお肌をきれいにしているにも関わらず、お肌に負担がかっているといえます。

また、その洗浄力の高さゆえに、お肌に本来必要な皮脂まで取りすぎてしまうこともあります。お肌は、水分と脂分のバランスを保つことが大切ですから、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

(編集部)皮脂とお肌の関係については、下記の記事も合わせてご覧ください。
「毛穴の開き」の原因にも! 過度な皮脂分泌に気をつける
乾燥肌は生活習慣病? あなたの洗顔・クレンジングは大丈夫?

いちばん大事なクレンジングは良いものを

スキンケアでは、クレンジングがもっとも大事な工程です。

とても濃い(がっつりした)メイクでなければ、洗浄力の強すぎるクレンジング剤は必要ありません。本当に良いクレンジング剤をお使いになっていれば、そのあとの洗顔が必要なくなる場合もあります。

安価なクレンジング剤には、石油系界面活性剤が入っているタイプが多いです。みなさんにも、クレンジング剤は良いものをお使いいただきたいと思っています。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生