美容のスペシャリストが教えるキレイ

ベルガモットの効能は?オールマイティな効能の柑橘系アロマ

本日のキレイの先生

瀧口 聖美 先生

ベルガモットの効能は?オールマイティな効能の柑橘系アロマ

「キレイの先生」編集部です。

このサイトでは、アロマサロンの先生方に取材させていただく機会も多く、私もすっかりアロマファンになりました。

それが乗じて、「ローズウォーター」を基材(ベースの材料)にしたオールインワン美容液も開発しました。

今回のテーマは、「ベルガモット」です。

おうちサロン ketoru の瀧口 聖美 先生に取材させていただきました。

ベルガモットは、柑橘系のアロマです。

ベルガモットは、どんな香りで、どのような効果・効能が期待できるのでしょうか?

瀧口 先生に教えていただきました。

目次

ベルガモットのアロマについて
・香り
・価格

ベルガモットの効果・効能

ベルガモットの使い方

おすすめのベルガモットの精油は?
・ゼフィール
・生活の木
・カリス成城
・ニールズヤード レメディーズ

まとめ

うるおいが肌奥までギュッと引っ張られる感じがあって、肌がフワフワになって、毛穴もキュッと引き締まりました!(サロン結香 矢澤 ともみ 先生)

本日のキレイの先生

おうちサロン ketoru

瀧口 聖美 先生

「キレイの先生」編集部

ベルガモットのアロマについて

瀧口 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、アロマの「ベルガモット」です。

ベルガモットは、どんな植物なのですか?

ベルガモットは、ミカン科の植物で、「ビターオレンジ」と「グリーンレモン」をかけ合わせた交配種です。

ベルガモットは、小さな緑色の柑橘系の果物なのですよね?

はい、形はオレンジっぽく、色はグリーンレモンのグリーンを継いでいます。

ちなみに、グリーンの果物は「まだ熟していないな…」となることが多いと思いますが、ベルガモットは中身がすっぱくて、マーマレードなどに用いられることはあっても、基本的に食べることはできません。

それよりも、紅茶のアールグレイの香り付けや、コロンなどの香水に、昔から用いられていたようです。

では、ベルガモットは、昔から香りの良いものとして使われていたのですね。

日本でいうと、「ユズ」みたいな感じかもしれませんね。

なるほど、ユズといわれると、イメージが付きやすいですね。

ちなみに、ベルガモットは、どこの産地のものが多いのですか?

主に、イタリアやコートジボワールなどです。

ベルガモットの精油は、植物のどこから抽出されるのですか?

柑橘系の精油は、基本的に実は使わず、周りの皮の「果皮(かひ)」から抽出します。

そうなのですか!? (柑橘系の精油は)実から抽出するイメージがあったので、少し意外です…。

例えば、みかんを食べるとき、皮をペリッとむくと、香りがフワッとすると思います。

それは、皮のところにブツブツとした点々があるのですが、それが香りを包んでいるカプセルになっていて、皮をむくときに弾け、中の香りが出てきます。

柑橘系の果物の香りは、実のものと思われがちですが、果皮のものなのです。

私はずっと、みかんの香りは果実のものだと思っていましたが、そうではなく、果皮のものだったのですか…。

では、ベルガモット(の精油)は、どのように、果皮から精油を抽出するのですか? 水蒸気蒸留法ですか?

水蒸気蒸留法について

水蒸気蒸留法は、精油を抽出するもっとも代表的な方法です。ハーブを蒸して、成分を蒸気に抽出してから冷却し、精油を抽出します。

柑橘系の精油は、「圧搾法(あっさくほう)」という方法で、果皮そのものをギュッとつぶして、(精油を)抽出することが多いです。

圧搾法で抽出した精油は、(原料の)成分をそのまま抽出しやすいです。

それに対して、水蒸気蒸留法では、(原料の)成分を蒸気に移すため、圧搾法とでは、取れる成分が微妙に違ってくる場合があります。

例えば、柑橘系の精油には、光毒性(こうどくせい)のあるものが多いです。

光毒性というのは、精油を高濃度に塗布して紫外線を浴びると、お肌への刺激が強くなったり、シミや肌荒れの原因になったりすることをいうのですが、ベルガモットは、柑橘系の精油の中でも、その光毒性が強いといわれています。

それは、圧搾法によって、(果皮に元々含まれている)光毒性の「フロクマリン」が、(精油にも)そのまま残っていることも関係しています。

例えば、「フレグランスアース」というイギリスのアロマメーカーは、ベルガモットなどの柑橘系の精油を、水蒸気蒸留法に抽出しているのですが、それは、光毒性がなく使用できるといいます。

つまり、ベルガモットの精油は、圧搾法で抽出されているか、水蒸気蒸留法で抽出されているかで、成分が違い、光毒性にも差があるということですね。

はい、メーカーによって違いがありますね。

香り

ベルガモットは、どんな香りのアロマなのでしょうか?

柑橘系のさわやかな香りです。

その中に甘みがあり、それだけではなく、グリーンな青みも感じられます。

今日お持ちしているので、試してみますか?

はい! ありがとうございます!

(ベルガモットの精油の香りをかがせていただき)柑橘系の本当に良い香りです…。

先生のおっしゃるように、柑橘系のさわやかさの中に、どこか甘みを感じますね。

この香りは、嫌いな人はほとんどいないのではありませんか?

そうですね、(ベルガモットは)柑橘系で甘すぎない香りなので、女性だけではなく、男性にも受け入れられやすい香りだと思います。

例えば、香水でも、女性向けのものだけではなく、ユニセックスのものにも、ベルガモットが入っていたりします。

価格

精油はたくさんの種類がありますが、その中でも、ベルガモットは、定番のアロマになるのでしょうか?

はい、定番に入ると思いますよ。

大抵のアロマメーカーには、(ベルガモットの精油は)ありますか?

はい。

ちなみに、(ベルガモットは)価格的には、どのくらいのアロマになるのですか?

メーカーによって差はありますが、10mLで2,000~3,000円くらいでしょうか。

精油は、種類によって、値段差があります。

例えば、ローズやジャスミンなどは、抽出できる量が少ないため高価です。

それらと比べると、柑橘系の精油は、圧搾法でたくさんの量を取れるので、コスト的にも手に取りやすいものが多いです。

ベルガモットは、柑橘系の中では、少し高めになると思います。

ベルガモットの効果・効能

ベルガモットの効果・効能

ベルガモット(の精油)は、どんな効果・効能を期待できるのでしょうか?

(ベルガモットは)精神面では、オールマイティな作用を期待できます。

脳の色々な指令を出している「視床下部(ししょうかぶ)」の安定化を図ってくれ、気持ちの浮き沈みを落ち着かせる他、更年期や生理前のPMSなど女性特有のお悩み・不眠・うつ病・パニック障害などにも良いです。

サロンでも、お客様から「メンタル面をどうにかしたい」とご相談を受けたときや、不眠のお客様で「ラベンダーは甘すぎてちょっと苦手…」という方に、ベルガモットをおすすめすることが多いです。

(ベルガモットは)イライラというよりも、悲しみ・不安・落ち込みなど(の精神状態のとき)に向いているでしょうか。

柑橘系の精油は、「さっぱり!」、「スッキリ!」というイメージがあるのですが、ベルガモットは少し違いそうですね。

そうですね、例えば、レモンやグレープフルーツ(の精油)は、リフレッシュや集中力アップの作用が高いですが、ベルガモットは、もう少し優しい香りで、(効能的にも)リラックス寄りです。

また、(ベルガモットは)健康面では、例えば、ストレス性の胃腸など、メンタル面から来るお悩みにお使いいただけます。

美容面では、(ベルガモットは)敏感肌には刺激のある可能性もあるため、お顔に積極的に使われることは少ないです。

先生の先程のお話では、ベルガモットには光毒性もあるとおっしゃっていましたからね。

ベルガモットの使い方

ベルガモット(の精油)のおすすめの使い方はありますか?

(ベルガモットは)メンタル面でのアプローチがあるので、香りを気に入った方は、ティッシュに精油を2~3滴垂らして、ディフューザーの代わりにするのも良いと思います。

それを、寝る前に枕元に置いておけば、香りを楽しめます。

精油は揮発(きはつ)するので、香りが何時間も続くわけではありませんが、眠りにつくまでは(香りが)もちます。

また、ティッシュに精油を垂らしてハンカチで包み、(ベルガモットを)お守りのアロマとして持ち歩いていただくのも良いと思います。

出先でも、それを鼻先に持っていけば、香りを楽しむことができます。

ちなみに、柑橘系の精油は黄色の色が付いていることもあるので、例えばハンカチに付けると、汚れてしまう場合もあります。

おすすめのベルガモットの精油は?

ゼフィール

先生は、どのアロマメーカーのベルガモット(の精油)をお使いになっているのですか?

「ゼフィール」というメーカーの精油を使用しています。

ゼフィール、ですか…?

私の勉強不足で申し訳ないのですが、初めてお聞きした(アロマ)メーカーです。

どんなアロマメーカーなのですか?

フランスのブランドで、(精油の)成分を自社ではなく第三者機関で分析を行い、(精油は)医療機関なども用いられています。

一般的には、あまりポピュラー(なアロマメーカー)ではないかもしれませんが、日本でもアロマテラピーなどのプロ用として長らく使われています。

生活の木

(ベルガモットの精油を)一般の方でも手に入りやすいところでは、どんなアロマメーカーがありますか?

「生活の木」は、ベルガモット(の精油)を探しに行っても、他の精油がたくさん並んでいるので、色々お試しいただけるのが良いですよね。

また、(精油が)3~5mLの少量から取り扱っているので、「(精油を)あまりたくさん使わないかな…」という方でも、使い切りやすいと思います。

生活の木は、私もよく利用します(笑)。

精油を少量から取り扱っているので、アロマ初心者の方でも手に取りやすいかもしれませんね。

生活の木

・3mL
・通常価格:税別600円(2017年10月時点)

カリス成城

後は、「カリス成城」も、生活の木と同じような感じでしょうか。

カリス成城

・5mL
・通常価格:税別1,000円(2017年10月時点)

ニールズヤード レメディーズ

精油もあって化粧品もそろっているのが、「ニールズヤード レメディーズ」です。

ニールズヤード レメディーズは、イギリスのブランドで、お値段は少々高いですが、香りの良いアロマが多いです。

(ニールズヤード レメディーズの精油は)雑貨というよりも、「アロマ」という感じがして、持っておくだけでもテンションが上がります。

分かります!

ニールズヤード レメディーズ(のアイテム)はおしゃれですし、世界観も素敵ですよね。

はい、「ちゃんとした精油を買いたいな…」というときは、ニールズヤード レメディーズはおすすめです。

ニールズヤード レメディーズ

・5mL
・通常価格:税別2,000円(2017年10月時点)

まとめ

柑橘系のアロマを嫌いな方は、ほとんどいないと思います。

私も大好きです。

その中でも、ベルガモットは、メンタル面でオールマイティな効果・効能を期待でき、アロマ初心者にもおすすめです。

瀧口 先生も、「メンタル面をどうにかしたい」という(サロンの)お客様には、ベルガモットをおすすめすることが多いとのことでした。

「これからアロマを始めたいな」という方は、最初の精油の一本に、ベルガモットを候補に入れてはいかがでしょうか?

柑橘系の香りが良く、使いやすいアロマですよ。

ちなみに、アロマでいうと、このサイトからも、バラの自然な香りの優しい「ローズウォーター」を基材(ベースの材料)にしたオールインワン美容液を出しています。

瀧口 先生にも商品をお試しいただき、感想をいただいていますので、下をご覧になってみてください。