キレイの先生

ホーム > 美ボディ > 手技・セラピー > 

腸もみのやり方!小腸と大腸をマッサージする簡単な方法とは

プライベートボディケアサロン sogandso  大谷 滋子 先生

腸もみのやり方!小腸と大腸をマッサージする簡単な方法とは

「キレイの先生」編集部です。

腸は、身体の中でも、とても大切な働きをしている臓器です。

健康や美容にも深く関係していて、このサイトでも、何回か取り上げたことがあります。

今回のテーマは、「腸もみ」です。

腸を活性化させる効果があるといいます。

プライベートボディケアサロン sogandso の大谷 滋子 先生に取材させていただきました。

腸もみとは、どんな手技・セラピーのことをいうのでしょうか?

そして、どんな効果が期待でき、どんなやり方で行うと良いのでしょうか?

大谷 先生に教えていただきました。

目次

腸(小腸・大腸)について

腸の動きが悪くなると?

腸もみのやり方
・腸もみとは
・効果
・やり方(小腸)
・やり方(大腸)
・いつ行う?

まとめ

本日のキレイの先生

プライベートボディケアサロン sogandso

大谷 滋子 先生

「キレイの先生」編集部

腸(小腸・大腸)について

大谷 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「腸もみ」です。

まずは、腸がどんな働きをしている臓器なのか、教えていただけますか?

腸は、「腸活(ちょうかつ)」や「腸セラピー」などで注目を集めていますね。

腸は、大きく分けると、「小腸」と「大腸」に分けられます。

小腸がおへそ周辺の真ん中あたりにあり、大腸がその周りを囲んでいるイメージです。

腸のイメージ

小腸は、3つの「十二指腸(じゅうにしちょう)」、「回腸(かいちょう)」、「空腸(くうちょう)」から、大腸は6つの「盲腸(もうちょう)」「上行結腸(じょうこうけっちょう)」、「横行結腸(おうこうけっちょう)」、「下行結腸(かこうけっちょう)」、「S状結腸(えすじょうけっちょう)」、「直腸(ちょくちょう)」から成り立っています。

小腸と大腸は、さらに細かく分類することができるのですか…。

ぞれぞれ、どんな働きがあるのでしょうか?

小腸は、全身の免疫を司る免疫細胞を60~70%保有し、鼻や口から入ってきた菌・ウイルスなどを退治して、(体内に)それ以上入れさせないようにする頼りになる臓器です。

また、リンパ管は全身に張り巡らされていますが、小腸には特にリンパ管が集中していて、全身のリンパ管の内、6~7割が小腸にあるといわれています。

リンパは、細胞の無駄な水分や老廃物を運んで外に排出する、排水管のような働きをしています。

つまり、小腸もそのような機能を有しているといえます。

そのため、お腹の調子が悪くなると、その(老廃物などを排出する)力も低下して、むくみや冷えなどの原因にもなります。

他には、小腸は、食べ物を消化吸収するために働きますが、その際に幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」が分泌されます。

セロトニンの約90%は、小腸で分泌されるといわれています。

セロトニンについて

セロトニンは、「幸せホルモン」と呼ばれるように、心を安らげる作用があります。食事を食べたときに幸せを感じるのは、セロトニンの働きも関係しています。

小腸の働きとしては、その3つが大きいです。

では、大腸はどんな臓器ですか?

大腸では、排便やエネルギー再生のために、腸内細菌が活躍しいます。

腸の動きが悪くなると?

「腸の動きが悪い」と言ったりしますが、それはどういうことなのでしょうか?

例えば、オーバーワークで残業が続くと、(仕事の)パフォーマンスが下がると思います。

腸も同じように、飲み会が続いたり、外食などが多くなったり、不規則な生活で食が乱れると、腸に負担がかかり気持ちよく働いてくれなくなります。

そうしたことが、腸の不調につながっていきます。

腸も、オーバーワークになってしまうということですね。

分かりやすいです(笑)。

腸の動きが悪くなると、身体にはどんな影響が出ますか?

体調不良は、イコール「腸の不調」といっても過言ではありません。

あらゆる不調は、腸(の状態)と関係していると思います。

例えば、下痢や便秘もそうですし、だるさを感じる、疲れが取れにくい、冷え、肌荒れ、むくみ、アレルギー症状の悪化、気持ちの落ち込み、イライラ、などといったこともそうです。

そういった状態になったら、腸に気を向けてあげてみましょう。

腸もみのやり方

腸もみとは

「腸もみ」は、どんな手技・セラピーのことをいうのでしょうか?

腸は、身体が冷えていたりすると、自然な蠕動(ぜんどう)運動がされづらくなります。

腸もみは、外から腸に刺激を与えて蠕動運動を促し、腸の働きを手助けします。

蠕動運動について

蠕動運動は、(臓器の)収縮する動きによって、中のものを移動させることをいいます。食べたものは、蠕動運動によって、腸を流れていきます。

効果

腸もみは、どんな効果が期待できるでしょうか?

まずは、お通じが良くなります。

それは、即効性があるのですか?

はい、(腸もみをすると)便意を感じる人も多いです。

すると、(腸もみは)便秘でお悩みの方にも良さそうですね。

後は、身体が冷えている人は、(腸もみで)腸を動かすと、身体が温まるのを感じられると思います。

また、リンパの働きが活発になり、代謝も良くなりますので、ダイエットにもつながります。(腸もみは)身体に良いことしかありませんね(笑)。

そうですね(笑)。

やり方(小腸)

では、腸もみのやり方を教えていただきたいと思います。

サロンでは、小腸を中心としたマッサージと、大腸を中心としたマッサージを分けて行っています。

また、背中があまりにもカチカチに固まっている人は、背中をほぐすことも大切です。

自宅では腸もみを行うには、どうしたら良いでしょうか?

まずは、小腸です。

おへそに両手を当て、(手をすべらせるのではなく)その場所が動かさないようにして、気持ち良いくらいの力で、10~20回くらい回します。

すると、次第にお腹が温かくなるのを感じられると思います。

腸もみのやり方(小腸)

このマッサージは、ゆったりめのリラックスした洋服のときに行うのがおすすめです。

やり方(大腸)

次が、大腸です。

右の腸骨(ちょうこつ)のキワからスタートし、右の肋骨のキワ、みぞおち、左の肋骨のキワ、左の腸骨のキワの順番で、手を添えて4指でグイグイと押しながら、それぞれの場所を5回ずつくらい回します。

腸もみのやり方(大腸)

腸もみのやり方(大腸)

大腸は、腸の順番に沿って、マッサージするということですね。

腸もみのやり方(大腸)

1. 右の腸骨のキワ
2. 右の肋骨のキワ
3. みぞおち
4. 左の肋骨のキワ
5. 左の腸骨のキワ

そして、(腸を)押すときは、息を吐くようにすると尚良いです。

また、便秘気味の人は、左の腸骨のキワを、特に念入りに行うことがおすすめです。

いつ行う?

腸もみを行うのにおすすめのタイミングはありますか?

産前産後の人や病気をされている人は(腸もみを行って良いかを)お医者さんに相談してほしいですが、それ以外の人でしたら、起床したとき、寝る前、お風呂の中、お風呂を出た後など、腸もみは、いつやっても、いくらやっても良いです。

では、やればやるほど良さそうですね(笑)。

また、お仕事中も、お腹の調子が気になるときに(腸もみは)できます。

ただ、いちばんのおすすめは、お風呂を出て身体が温まり(体内の)めぐりが良くなっている状態のときに、(腸もみを)やることです。

また、腸がオーバーワークしているのが分かっているときは、半日や一日、固形物を摂らない断食をしながら、その間に腸もみを行うと、相乗効果があります。

それは、断食で腸の働き(お仕事)を休ませているときの方が、排泄や代謝にエネルギーを使いやすいためです。

まとめ

腸もみは、外からの刺激で、腸の煽動活動を促す効果があります。

やり方は、とても簡単です。

出先でも、どこでも行うことができます。

大谷 先生は、「腸もみはいつでも、いくらでもやって良い」とおっしゃっていました。

私も、大谷 先生の取材を終えた日から、お風呂上がりに腸もみを行うようにしています。

お腹の調子も良いです。

皆さまも、「体調がすぐれないな…」「お腹の調子がいまいちだな…」というときから、そうでない日常のひとときにも、腸もみで腸の働きを手助けされてはいかがでしょうか?

本日のキレイの先生