キレイの先生

ホーム > 肌荒れに答える > 

シミができたときのスキンケア・対処の方法

リラクゼーションエステ Soin  行木 亮子 先生

1200003_a01

お客様のお悩みの中でも多いのが、シミです。特に、紫外線が強い季節には、注意が必要です。もし、気をつけていても、シミができてしまったときは、どうすれば良いのか、アドバイスさせていただきます。

ターンオーバーでシミをはがれ落とす

シミができてしまったときは、シミを薄くすることよりも、まずはターンオーバーでシミをはがし落とすことを目指しましょう。

ターンオーバーとは、古い肌細胞がはがれ落ち、新しいお肌に生まれ変わることをいいます。ターンオーバーが正常に働けば、お肌の新陳代謝でシミもはがれ落ちますので、シミを薄くすることができます。

お肌を潤わせて代謝を上げる

ターンオーバーを正常に働かせるには、お肌を潤わせ、代謝を上げることが大切です。

シミができてしまったときは、まずはその部分をしっかりと保湿してあげてください。

美白化粧品が効かないときは化粧品を替えてみる

お肌に潤いを与えてあげつつ、美白化粧品でケアをしていくことも大切です。ハイドロキノンなどは、美白でよく知られている成分ですね。

ただ、これは美白以外の化粧品でも同じですが、ある人には効いたけど、ある人には効かない、ということが往々にしてあります。

肌質がちがうから不足成分もちがう

それは、人によって肌質が異なるため、お肌に不足している成分、必要な成分が、人それぞれ異なっているためです。

ある人がシミにドクターズコスメが効いたからといって、ご自分に合うとは限りません。

同じ化粧品ではお肌が慣れてしまう

また、同じ化粧品をお使いになり続けると、お肌が慣れてしまう、ということもあります。慣れてしまうと、やはり効果は少しずつ薄まってしまいます。

そのため、お使いの美白化粧品がシミに効かないようでしたら、別の化粧品をいちどお試しになってください。

アロマ成分でリラックスすることが効くことも

お客様でも、お使いの美白化粧品が効かない、という方がいらっしゃいいました。そのお客様に化粧品を替えてみることをお勧めし、化粧品を替えられると、目を見張るような効果が表れました。

お話をお聞きすると、その中に入っていたアロマの成分の香りが良く、お肌につけると、とてもリラックスできたそうです。

ストレスはターンオーバーの悪化を起こしたり、活性酸素を発生させたりして、シミの原因となります。そのお客様は、新しい化粧品の美容成分はそうですが、アロマの成分でリラックスできたことも、効き目が表れた大きな理由のひとつだと思います。

まとめ

シミができてしまったときは、まずはその部分をしっかりと保湿させてあげて、ターンオーバーが働くように促してあげましょう。ターンオーバーが働けば、シミもはがれ落ちていきます。

そして、お使いの化粧品で、なかなかシミがきれいにならないときは、美容成分だけにこだわるのではなく、アロマの香りでリラックスできるような化粧品を試してみるのも良いかもしれません。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生