キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

40代で気をつける3つのポイント【年代別スキンケア(全4回)】

美癒 biyu  海保 直子 先生

1100016_a01

40代になると、シミややしわ、たるみ、乾燥など、お肌の老化といわれる現象が、一気に表に出やすくなります。お客様でも、40代になって気づいたら、お肌の老化が急に表れ始めたという方が多くいらっしゃいます。40代でお肌になにをしてあげるかで、それ以降のお肌が決まるといっても過言ではありません。ですので、私はお肌にとって、40代がもっとも大切だと思っています。

40代はお肌の老化が一気に表れやすい

なぜ40代でお肌の老化が表れやすいのか考えると、30代までのお肌の変化の延長にあることがひとつです(詳しくは「30代のスキンケアで気をつける5つのポイント」をご覧ください)。

そして、30代までの生活習慣が大きな原因になっているように感じます。お客様のお話をお聞きすると、30~40代は、仕事や子育てで忙しく、自分自身にあまり時間をかけられない方が多いようです。

それが、お肌の老化として表れるのが、40代です。

たるみで顔の輪郭が変わる

特に、たるみは日々の中で気付きにくいものです。お肌が少しずつたるんでくるため、毎日鏡をみていても、お肌の変化はわかりづらいと思います。

そして、20代のころの立体感があるお顔から、顔のつくりも変わっていきます。

40代を過ぎると、頬のお肌が、外側の方向(斜め)に下がっていく特徴があります。その結果、それまで丸みのある輪郭だったのが、ぼこぼこした輪郭になりがちです。

また、お顔だけではなく、体にも変化があります。体重は変わらないが、お腹がぽっこりと出てくるのも、40代が多いようです。

1. 「排出 + 補給」の化粧品

40代からのスキンケアには、エイジングケアの化粧品をお使いいただくのがお勧めです。お肌に不要なものは排出し、必要な成分を補給できる化粧品です。

例えば、私は「純金入り」の化粧品を使用しており、現在はお店でも使用しています。その理由は、金がマイナスイオンを発生させる働きがあることです。

現代社会、プラスイオンを浴びる機会がとても多いです。排気ガスや紫外線、パソコンやドライヤーの電磁波も、プラスイオンです。

そして、プラスイオンがお肌についたままでは、お肌の中で活性酸素が生まれやすいとされています。活性酸素は、シミの原因として知られていますね。当然、お肌の老化にも良くありません。

お肌についたプラスイオンは、マイナスイオンでバランスを整えてあげるのが良いです。そこで私は、マイナスイオンが発生する「金」の入った化粧品を選んでいます。

2. 適度な運動

適度な運動も、30代まで以上に大切になります。体を動かすことで、成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンは、お肌のハリのもとです。

海外で運動をしているご老人をみたときに驚いたのですが、お顔は日焼けでシミやしわが少し目立っていたのですが、筋肉のついた腕や足のお肌は、ハリがあって、とてもきれいでした。

お顔も筋肉がなければ、お肌がたるんできてしまいます。適度な運動だけではなく、お顔にもマッサージをしてあげるのが良いでしょう。

また、筋肉をつけると、基礎代謝が上がりやすくなります。基礎代謝は年を重ねるにつれて下がり、お肌のターンオーバー(お肌の生まれ変わり)にも関わっています。

基礎代謝を上げるという点でも、適度な運動は、お肌に良いといえます。

3. 良質な睡眠

質の良い睡眠も、成長ホルモンの分泌を促しますので、適度な運動と同じ理由で、40代ではより強く心がけたいことです。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生